日本探訪キーワード「美しすぎるモノたち」


日本探訪キーワード「美しすぎるモノたち」

日本には驚くべき「魅惑の美」が点在しています。そこでご紹介します「日本探訪キーワード/美しすぎるモノたち」です。「青いジャム」「グラスジェムコーン」「土偶」「図書館」「「茶室」「ファクトリー」「木道」「ビーチ」「星空」「スイーツ」「アイランド」「サンセット」です。

「美しすぎるジャム/青森の青いジャム」

20160730_20656541

出典元:http://img-cdn.jg.jugem.jp/7c2/2005994/20160730_2065654.jpg

 20160730_20656701

出典元:http://img-cdn.jg.jugem.jp/7c2/2005994/20160730_2065670.jpg

インフォメーション:商品名は「青い森の天然青色りんごジャム」。このジャムは青森とタイの架け橋になるプロジェクトから生まれたものです。誕生したのは青森県内で英会話教室を経営する小山優子さんが「タイの魅力を日本に伝えたい」というタイ人留学生と交流する中で、日本とタイとの架け橋になる事業を始めたいと考えたのがきっかけ。SNSへの投稿が契機になり「美しすぎる青いジャム」と、話題になっています。青森県中小企業団体中央会によると、通販サイトは現在製作中で、決済システムの構築などで10月迄かかる見込みとのことですから、購入するのは至難の業です。また青森県内で販売店舗も数少なく商品は品薄状態とのことで、地元の人はもちろん、観光で青森を訪れて見つけた時はすぐ購入しておいたほうがよさそうです取り扱いは「中三青森本店(青森市)」「さくら野青森本店(青森市)」「さくら野弘前店(弘前市)」「土産品店:青森ふるさとショップアイモリー(青森市)」「三春屋(八戸市)」「中三弘前店(弘前市)」。

公式サイト:http://syojikimura.com/jam.html

公式ブログ:http://blog.syojikimura.com/

参考TWITTERhttps://twitter.com/breakdoll1106/status/759014039208898561/photo/1

あおもり正直村」所在地:030-0862青森県青森市古川3-14-8(株式会社 福島屋内)

問合せ:TEL 017-775-3003FAX 017-718-3009

con3-ilvuaajaks1

出典元:https://pbs.twimg.com/media/Con3-IlVUAAjAKS.jpg

conhzcsusaefl5y1

出典元:https://pbs.twimg.com/media/ConhzCsUsAEFl5y.jpg

「美しすぎる野菜/グラスジェムコーン」

931841501

出典元:http://img05.shop-pro.jp/PA01311/841/product/93184150.jpg?cmsp_timestamp=20150901161045

93184150_o31

出典元:http://img05.shop-pro.jp/PA01311/841/product/93184150_o3.jpg?cmsp_timestamp=20160120171045

インフォメーション:SNSで話題の「虹色トウモロコシ」はアメリカインディアンに伝わる農作物(遺伝子組み換えではない)です。宝石のよう虹色の実をつける世にも不思議な色をしたトウモロコシで、作付も数少ないので手に入れるのは結構大変かも。食用は当然できますが、インテリアのツールとしてもお勧めです。WEB通販も行われていますので、その情報を添付しておきます。(以下参照)

通販業者「マルシェ青空」公式サイト:http://www.marcheaozora.com/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

所在地:愛知県名古屋市中区富士見町13-19 八木ビル703

問合せ:052-331-5001 農場に出ているので誰も出ません。お問い合わせはメールで。

メールアドレス:info@marcheaozora.com

93184150_o41

出典元:http://img05.shop-pro.jp/PA01311/841/product/93184150_o4.jpg?cmsp_timestamp=20160120171045

93184150_o61

出典元:http://img05.shop-pro.jp/PA01311/841/product/93184150_o6.jpg?cmsp_timestamp=20160120171045

「美しすぎる土偶/国宝・縄文の女神」

top_megami1

出典元:http://megami.town.funagata.yamagata.jp/_common/themes/image/top_megami.png

shutsudo_megami1

出典元:http://megami.town.funagata.yamagata.jp/_common/themes/image/shutsudo_megami.jpg

インフォメーション:土偶は、縄文時代を代表する遺物の一つで、人や動物の形につくられた土製品です。 そのほとんどは、故意に壊された状態で発見され、完全な形の土偶は、極めてめずらしく、しかも後に、復元されたものも決して多くはありません。 大きさも、大きいもので、高さが平均約1520cm30cmを超えるものは非常に稀れです。 西ノ前遺跡の土偶は、高さ45cmと日本の土偶の中で現在一番大きくしかも欠損部がなく完全に復元された学術的にも、造形的にも縄文時代を代表する土偶です。 張り出した胸部、腹部、そして後ろに突き出た尻。表面の丁寧な調整とともにシャープな造形は見た者を魅了する力があります。

舟形町教育委員会公式サイト:http://megami.town.funagata.yamagata.jp/index.html

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

所在地:山形県最上郡舟形町舟形126

問合せ:0233322246

shutsudo_tsuketari1

「国宝附/土偶残欠」出典元:http://megami.town.funagata.yamagata.jp/_common/themes/image/shutsudo_tsuketari.jpg

 


「美しすぎる図書館/中島記念図書館」

14g110951_01_880x6601

出典元:https://www.g-mark.org/media/award/2014/14G110951/14G110951_01_880x660.jpg?w=880&h=660&m=0

14g110951_03_880x6601

出典元:https://www.g-mark.org/media/award/2014/14G110951/14G110951_03_880x660.jpg?w=880&h=660&m=0

インフォメーション:国際人輩出を目的に掲げた気鋭の大学、国際教養大学。7万冊以上の図書と180種類以上の雑誌が並ぶ国際教養大学の図書館は、日本初の24時間、365日オープンしている図書館として話題になりました。建築家 仙田 満氏(東京工業大学名誉教授)の設計で村野藤吾賞、日本建築家協会賞国際建築賞2010、グッドデザイン賞他多数の賞を受賞しています。

公式サイト:http://web.aiu.ac.jp/undergraduate/library/

関連サイト:http://www.g-mark.org/award/describe/41646

国際教養大学所在地:秋田市雄和椿川字奥椿岱

問合せ:018-886-5907

14g110951_02_880x6601

出典元:https://www.g-mark.org/media/award/2014/14G110951/14G110951_02_880x660.jpg?w=880&h=660&m=0

page_kv011

出典元:http://web.aiu.ac.jp/wp/wp-content/themes/aiu2016/images/undergraduate/library/page_kv01.jpg

「美しすぎるベンチ/ガラスのベンチ(waterblock)」

160425_waterblock_0021

出典元:http://www.tokujin.com/new/construct/wp-content/uploads/2016/04/160425_Waterblock_002.jpg

13322021_1147468338608682_1246653218919657235_n1

出典元:https://scontent-sit4-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/13322021_1147468338608682_1246653218919657235_n.jpg?oh=1097c56fd74e449474b7df4baf344375&oe=586C5025

11099543_977019992320185_768218942850561047_n1

出典元:https://scontent-sit4-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/11099543_977019992320185_768218942850561047_n.jpg?oh=21f3f564fbaddfb49d52940c0da442aa&oe=58741624

インフォメーション:「ガラスのベンチ(waterblock)」は気鋭のアーチストYOSIOKA TOKUJIN(吉岡徳仁)氏の作品で、パリ・オルセー美術館に常設展示されていますが、YOSIOKA氏の評価が高まるとともに最近では、この作品はしばしば国内で展示される企画が急増しています。どこかで出会えるかも知れません。

公式サイト:http://www.tokujin.com/

FACEBOOKhttps://ja-jp.facebook.com/TokujinYoshioka/

吉岡徳仁デザイン事務所所在地150-0034 東京都渋谷区代官山町9-1

問合せ:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

13315249_1147468441942005_6029179668558699280_n1

「制作過程」出典元:https://scontent-sit4-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/13315249_1147468441942005_6029179668558699280_n.jpg?oh=fd4b443838e2147f3fdd20ec02c7d1b9&oe=58AC0899

13043520_1123536641001852_6175913686448564302_n1

「アメリカ大使館での展示」出典元:https://scontent-sit4-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/13043520_1123536641001852_6175913686448564302_n.jpg?oh=4ad441add8ac6ed20815195734fbe804&oe=5876C8E9

「美しすぎるファクトリー/ニッカウイスキー仙台蒸溜所」

miyagikyo_b1_21

出典元:http://www.nikka.com/distilleries/miyagikyo/img/miyagikyo_b1_2.jpg

miyagikyo_b1_11

出典元:http://www.nikka.com/distilleries/miyagikyo/img/miyagikyo_b1_1.jpg

インフォメーション:北海道・余市で第一の蒸溜所をスタートさせてから、約30年。竹鶴政孝は、新しい蒸溜所建設の地を求めて動き始めました。「異なる蒸溜所で生まれた複数の原酒をブレンドすることで、ウイスキーはより味わい深く豊かになる」という信念を抱く竹鶴にとって、第二の蒸溜所は夢を実現するためにどうしても必要なものだったのです。 当時の北海道工場長・竹鶴威をはじめとしたスタッフが調査した候補地の中から、竹鶴政孝が選んだ地は仙台・宮城峡。仙台の街から西へ約25km、山形との県境に近いこの地は、広瀬川と新川というふたつの清流に恵まれた緑豊かな峡谷です。竹鶴は初めてこの地を訪れた時、新川の清流で持っていたブラックニッカを割って飲み、味わいを確認。その場で蒸溜所建設を決定したと言われています。

公式サイト:http://www.nikka.com/distilleries/miyagikyo/index.html

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

所在地:989-3433 宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地

問合せ:022-395-2111

miyagikyo_b1_61

出典元:http://www.nikka.com/distilleries/miyagikyo/img/miyagikyo_b1_6.jpg

feature_b2_11

出典元:http://www.nikka.com/distilleries/miyagikyo/feature/img/feature_b2_1.png

「美しすぎる木道/知床高架木道」

201508140901-728x5461

出典元:http://shimaumaclub.sakura.ne.jp/wpbae359/wp-content/uploads/2015/08/201508140901-728×546.jpg

201508160101-728x5461

出典元:http://shimaumaclub.sakura.ne.jp/wpbae359/wp-content/uploads/2015/08/201508160101-728×546.jpg

インフォメーション:世界遺産知床ウトロ側ナンバーワンの探勝スポットが知床五湖です。その探勝方法は二つ。一つは「地上遊歩道」もう一つが全長800mの高架木道です。地上遊歩道はヒグマの出没時に閉鎖される他、植生保護期の春夏には人数の制限・レクチャーの受講、5月上旬〜7月のヒグマ活動期には登録引率者が引率するツアーに参加(小グループの場合は12500円/当日、先着順)という「不便」が余儀なくされています(詳細は公式HPを参照下さい)。時間に余裕がない場合には知床連山の絶景を心ゆくまで堪能できる高架木道がおすすめで多分、尾瀬と並ぶ素晴らしい絶景の木道です。

公式サイト:http://www.goko.go.jp/elevated_boardwalk.html

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

所在地:北海道斜里郡斜里町遠音別村(知床国立公園内)

問合せ:0152-24-3323

営業期間4月下旬~11月下旬
営業時間730分~18時(閉館は時期により変動)

2015081409031

出典元:http://shimaumaclub.sakura.ne.jp/wpbae359/wp-content/uploads/2015/08/201508140903.jpg

2015081409061

出典元:http://shimaumaclub.sakura.ne.jp/wpbae359/wp-content/uploads/2015/08/201508140906.jpg

次ページ・パート2.もご覧ください≫

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 一度は訪れたい全国の名旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒ 復興支援・宮城からのお取り寄せ
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選


ads by google


スポンサードリンク

ads by VC