2017夏の日光満喫情報


「日光の夏そば処」

①「石臼挽きそば古代村」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/5109/320x320_rect_5109142.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/15410/320x320_rect_15410690.jpg

店舗インフォメーション:美味しい蕎麦が自慢の日光でも、トップの味を誇るのがここ、古代村。東武鉄道・鬼怒川線から相互乗り入れする、野岩鉄道が中三依に開通した1986年に、オープンしたのが、この店。この辺りは縄文・弥生時代の複合遺跡が残る場所だったので、鉄道開通と共に、石斧や矢じりなどの展示館として開業した。「古代村」と名付けられたのは、そのためです

価格情報:「蒸し蕎麦」1400円・「さくら」1000円・「おきむら」2000円・「せいろ」750

公式サイト:http://www.kodaimura.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tochigi/A0903/A090303/9003245/

所在地:日光市中三依688-1

問合せ:0288-79-0520

営業時間:11001500

定休日:木曜日(12月~3月は休業)


②「三たて蕎麦長畑庵」

出典元:http://kankou.4-seasons.jp/data/img/1219_34585867.jpg

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/gourmet/201404/img/main-article_img_11.jpg

店舗インフォメーション:蕎麦畑の中にぽつんと立つ蕎麦屋「三たて蕎麦長畑庵」。ここはまさに地元の蕎麦で育ってきた、サラブレッドたちが蕎麦を打つお店。蕎麦のほかに売り物はなく、天ぷらなどサイドオーダー品が全くありません。まさに蕎麦通のための店です。「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の三たてをモットーに、そばの風味を守るため、そば以外のメニューは置いてありません。そば湯も濃厚でおすすめです。

価格情報:「三合打」1250円・「五合打」2100円・「一升打」4100

参考サイト:http://www.nikko-teuchisoba.org/tenpo_details.shtml?1219

所在地:日光市長畑635-1

問合せ:0288-27-2488

営業時間:11001600

定休日:火曜・金曜日


③「そば処報徳庵」

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/gourmet/201404/img/main-article_img_22.jpg

出典元:http://kankou.4-seasons.jp/data/img/1223_34587149.jpg

店舗インフォメーション:水車を飾りに飾った上今市の駅舎から、清々しい日光杉街道(国の天然記念物)を歩くこと約10分、右手に公園が現れます。そこには江戸時代を思わせる古民家が2軒立っており手前がお土産屋、奥が蕎麦屋「そば処報徳庵」です 蕎麦食いの「通」は仲間と来て、「五合打ち」や「一升打ち」をオーダー、女性や子供などは「損得そば」をオーダーすることが多いと言います。「損得そば」は「尊徳」の掛けことばで付けた名前でが、実は量が少ないので値段も安いが、損か得かは自分で考えて欲しい、という意味合いもあるのだそうです

価格情報:「天ざる」1290円・「金次郎そば」1130円・

参考サイト:http://www.nikko-teuchisoba.org/tenpo_details.shtml?1223

所在地:日光市瀬川383-1

問合せ:0288-21-4973

営業時間:11001600

定休日:年中無休


「快適!日光夏牧場」

「霧降高原キスゲ平園地」

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201407/img/spot_img_01.jpg

出典元:http://kirifuri-kogen-jp.check-xserver.jp/cgi-bin/cms/cms_res/img/000/000/1425432844_41.jpg

インフォメーション:東武日光駅から「霧降高原」行きバスに乗ること約22分。緑に囲まれた坂道を上がって終点で降りると目前に「霧降高原レストハウス」があります。この隣から「キスゲ平園地」に入っていきます。「天空回廊」と呼ばれる1445段の木の階段が設置されており、関東平野を一望できる小丸山展望台まで繋がっています。脚力に自信のない人は、緩やかなな傾斜の遊歩道を歩いて、園内に咲き誇る季節の花を楽しむことができます。

所在地:日光市所野1531

問合せ:0288-53-5337

公式サイト:http://www.kirifuri-kogen.jp/

レストハウス営業時間:4月~119時~1712月~310時~16

定休日:年末年始


「大笹牧場」

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201407/img/spot_img_05.jpg

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201407/img/spot_img_10.jpg

インフォメーション:放牧場には白×黒の姿のおなじみホルスタイン牛もいますが、自慢はふんわりした茶色の毛並みを持つブラウンスイス牛です。優しい顔ブラウンスイス牛での酪農体験(乳搾り)ができます5分間100円)。動物ふれあい広場では、羊やヤギたちには餌を与えることができ、乗馬体験も可能(引き馬1000手綱を持ち歩く乗馬体験3000騎乗4000円など。お子様用でポニーを使ってのレッスンも可)。お子様連れならわんぱく広場に行ってジャンボすべり台や、アスレチックで遊ばせるのもお勧めです。こども自動車100円もあり、またレストハウスの二階では「食の体験工房」があってアイスクリーム作り600円やバター作り350ワッフル作り850も楽しめます。

所在地:日光市瀬尾大笹原3405

問合せ:0288-97-1116

公式サイト:http://www.tochiraku.or.jp/

営業時間:8:4516:45(12月~翌3月は9:0016:00

定休日:年始


「日光ならでは夏の古民家巡り」

日光には江戸時代以前からの平家の家が、また日光街道には明治~昭和に建てられたモダンな家が多数残ります。それぞれ喫茶店や土産物屋になっていて外観だけでなく、屋内の古い家具を見ることもできます。お茶菓子などを戴きつつの古民家巡りはお勧めです。

①「ハーブ茶屋Sotto Voce

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201403/img/spot_img_01.jpg

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201403/img/spot_img_04.jpg

インフォメーション:日光市のセットバック要望に従い、家ごと後ろに引いてしまったのが「ハーブ茶屋」です。大正時代に作られた家屋ですが、かつてはタクシー会社でし。ここで育った現在の店主の意向で、現在は土日祝日のみ、喫茶を営業しています。ハーブティーメインで、カレーやおにぎりをいただくこともできます。クラシカルモダンの家具の中で、ゆったりとした時間を楽しめます

所在地:日光市松原町262

問合せ:0288-54-1624

参考サイト:https://tabelog.com/tochigi/A0903/A090301/9005647/

営業時間:9:00~(土日祝)

定休日:月曜~金曜日


②「寺村伝次郎酒店」

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201403/img/spot_img_53.jpg

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201403/img/spot_img_56.jpg

インフォメーション:昭和4年に建てられた酒店は、外観も中も、生きたレトロワールド! かつて二荒山神社・輪王寺・東照宮に納めた酒瓶のコレクションなども飾られていますお店を訪ねると栃木の地酒か地ビールの1本も買って帰ってみたくなります

所在地:日光市安川町8-11

問合せ:0288-54-0028

公式サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・

営業時間:9001700

定休日:水曜日


③「日光珈琲 御用邸通」

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201403/img/spot_img_62.jpg

出典元:http://nikko-coffee.com/nc_mng/wp-content/uploads/61dbeb1b2fe09972937aab3475f92780-940×627.jpg

インフォメーション:昭和3年に建てられた家をカフェにした御用邸通りで一番新しいお店ですこちらは鹿沼や今市で展開する「日光珈琲 kyo-cha-an4号店にあたり、昭和3年に建てられた家をリベーションして、美しいカフェに変身させています

所在地:日光市本町3-13

問合せ:0288-53-2335

公式サイト:http://nikko-coffee.com/

営業時間:10001700

定休日:月曜・第三火曜日


④「竹内物産店」

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201403/img/spot_img_46.jpg

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201403/img/spot_img_47.jpg

インフォメーション:創業文久3年(1863年)の土産屋店です。この建物は大火を経て、明治の終わり頃に建て直しされたもの、風格は充分。山椒の若葉煮、日光彫などお土産品は当店でどうぞ

所在地:日光市上鉢石町1022

問合せ:0288-54-0648

参考サイト:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201403/

営業時間:9001800

定休日:不定休


⑤「野菜cafemeguri

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/35866/320x320_rect_35866774.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/3201/320x320_rect_3201825.jpg

インフォメーション:欧文の看板がひときわ目を引くここは、かつて外国人相手の骨董屋さんだったところ。建物自体は大正時代くらいに建てられており、すでに100年の月日が経とうとしています。現在はヴィーガンカフェ(動物性のものを食品に一切使わない飲食店)として営業中で12025食の定食ランチ1490円の他、オーガニックコーヒーやスウィーツも楽しめます

所在地:日光市中鉢石909-1

問合せ:0288-25-3122

参考サイト:https://tabelog.com/tochigi/A0903/A090301/9008885/

営業時間:11:301800

定休日:木曜・金曜日(その他臨時休業あり)


⑥「日光総合支所庁舎」

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201403/img/spot_img_30.jpg

出典元:http://tabi.tobu.co.jp/area/nikko/kanko/201403/img/spot_img_31.jpg

インフォメーション:明治38年に外国人向けの「大名ホテル」としてオープンする筈でしたが、ホテルとして使用されることはなく、昭和23年日光町役場になります。現在は日光市役所を経て、分所となっています。中はレトロな雰囲気が漂っていて、一見の価値あり。無料で見学できるので是非立ち寄ってみては如何でしょうか。

所在地:日光市中鉢石町999

問合せ:0288-53-3795

公式サイト:http://www.city.nikko.lg.jp/

営業時間:8301715

定休日:土日祝日

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8