2017新春・ペットと出かける初詣/首都圏近郊編2018年1月更新

Pocket

「鶴見区・鶴見神社」

300px-tsurumishrineyokohama11

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/93/TsurumiShrine%28Yokohama%291.jpg/300px-TsurumiShrine%28Yokohama%291.jpg

image-403-680x4521

出典元:http://jinjamemo.com/wp-content/uploads/2016/05/image-403-680×452.jpeg

image-402-680x4521

出典元:http://jinjamemo.com/wp-content/uploads/2016/05/image-402-680×452.jpeg

image-396-680x4521

出典元:http://jinjamemo.com/wp-content/uploads/2016/05/image-396-680×452.jpeg
参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%B4%E8%A6%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82)

参考サイト:http://jinjamemo.com/archives/post-2920.html

インフォメーション:

当社は往古は杉山大明神と称し、境内地約五千坪を有する社でした。その創建は推古天皇の御代(約1,400年前)と伝えられていますが不祥な部分もあります。昭和三十七年、境内より弥生式後期から土師「古墳時代」を中心として鎌倉期に及ぶ、多数の祭祀遺物(祭りに使用された道具)が発見され、推古朝以前より神聖な地として、すでに祭祀が行われていたことと共に、横浜・川崎間最古の社であることが立証されました。横浜最古の神事芸能田遊びは、明治五年を最後に廃絶となりましたが、昭和六十二年に再興されました。以来杉山祭と呼称して田祭り保存会が結成され、毎年例祭日に奉納されています。又天王宮の大神輿は、鶴見川に流れついたと言い伝えられる横浜最古の神輿で、毎年古式豊かに渡御され、天王祭として盛大に取り行なわれています。なお大正九年、鶴見神社と改称されました。社殿前にある狛犬は中々見事な造りですが境内には数々の狛犬が点在しており、これを探索するのも楽しそうです

所在地:230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1丁目14−1

問合せ:045-501-4122

関連料金:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「横浜西区・戸部杉山神社」

公式サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FACEBOOKhttps://ja-jp.facebook.com/tobesugiyamajinja/

インフォメーション:

入口に石鳥居が南面して立ち扁額には杉山神社とあります。鳥居の右手には同じく杉山神社と刻まれた社号標が立っています。当社の正式な社号は「杉山神社」ですが、横浜近郊には杉山神社という名の神社が数十社あり区別のために、社号を戸部杉山神社と称しています。社殿の前に普通狛犬がありますがその少し前、手水舎のあたりの参道の両脇に
鼠の狛犬というか狛鼠があります。祭神・大己貴神(大国主命)神使です。狛鼠は台座の上が回転するようになっており、回しながら願いを唱えます

所在地:220-0051 神奈川県横浜市西区中央1丁目131

問合せ:045-321-1980

関連料金:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「横浜栄区・思金神社」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ペット御守」出典元:http://nossl.thumb.fc2.com/480×480/cache.cart-imgs/user_img/omoikane/5bc123b9aea139a8903be93a17762e1a.JPG

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ペット絵馬」出典元:http://nossl.thumb.fc2.com/480×480/cache.cart-imgs/user_img/omoikane/67604eb0bd27410e9fcc1544f87ea585.JPG

公式サイト:http://omoikane.or.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/omoikanejinja/

インフォメーション:

日本神話の知恵の神・オモイカネを祀ったのが思金神社です。この神社には珍しいペット絵馬があります。ある時、愛犬の具合が悪く祈祷をしてほしいとお願いされ、その体調が回復したことをきっかけにペットの絵馬を設置したそうです。また様々な御朱印を授与して頂ける神社としても有名です。

所在地:247-0013 神奈川県横浜市栄区上郷町7451

問合せ:045-895-2411

関連料金:ペット根付600円・ペット御守600円・ペット絵馬500


「横浜旭区・旭鎮守八幡神社」

1_21

出典元:http://www7b.biglobe.ne.jp/~kawaihachiman/1_2.jpg

2_21

出典元:http://www7b.biglobe.ne.jp/~kawaihachiman/2_2.jpg

img_61

出典元:http://www7b.biglobe.ne.jp/~kawaihachiman/img_6.jpg

公式サイト:http://www.hachimanjinja.jp/#

インフォメーション:

社伝によると平安時代後期、奥州(東北地方)で起きた後三年の役(108387年)に出征する源義家が、行軍の途中で当地に宿営し、矢場を設けて弓矢を鍛えて、自らの守護神である八幡大神を祀り戦勝を祈願。反乱を起こした清原家衡を討ち、勝利をおさめて凱旋の帰途、現在の鎮座地に祠を建てたのが、当社の始まりであるとされています。当初は矢場八幡とも称しました。江戸時代は、長源寺(上川井町・真言宗)が別当寺でしたが、明治時代以降、神仏分離により旧川井町(現・川井本町、川井宿町、都岡町)の氏神として村社に列格、戦後は全国8万社の神社と同様に神社本庁包括下の宗教法人となり現在に至っています。なお現在の社殿は昭和48年に改築されたものです。こうした歴史から、かつては武芸上達、武門の神として崇敬されましたが、現在では受験合格やスポーツなどの必勝祈願の他、家内安全、交通安全、厄除け開運など諸祈願成就の神として、氏子地域はもとより旭区内外からも広く崇敬を集めております。

所在地:241-0804 神奈川県横浜市旭区川井宿町662

問合せ:045-951-2007

関連料金:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「横浜港北区・菊名神社」

12020691

出典元:http://www.kanagawa-jinja.or.jp/jinja_image/1202069.jpg

zyuyo_101

出典元:http://www.kikunajinja.jp/profile/img/zyuyohin/zyuyo_10.jpg

公式サイト:http://www.kikunajinja.jp/

参考サイト:http://www.kanagawa-jinja.or.jp/search_dtl.php4?jid=164&cd=1202069&scd=&npg=6

インフォメーション:

ここ菊名の地には、昭和の初期まで神明社(天照皇大神)、杉山神社(日本武尊)、浅間神社(木花咲耶姫命)、八幡神社(譽田別命)、阿府神社(武内宿禰命)の5社が村社として地域の人々の信仰を集めて参りました。中でも記録に残るものとして最も古くからあるのが、阿府(あぶ)神社であり、その歴史は任和元年(885年)に遡るといわれております。時の天皇、光孝天皇が師岡に勅使を遣わされ熊野神社を創建なされた時、勅使がその途上、馬具の鎧をお納めになったことからその名が付いたと史書には書かれております。この5社が昭和10年、現在は菊名町公園となっている杉山神社の地に合祀され、名も「菊名神社」と改められました。その後、太平洋戦争の戦火を逃れてからは、同所を保健所建設用地として提供するため、当時の八幡神社の地(現菊名神社の地)に社殿を移設、以降この地で菊名の総鎮守として地域の人々とともに歩み、またその生活を見守り続けて参りました。この間、氏子崇敬者の厚いご協力の下、昭和32年には社殿の改修および社務所・神楽殿が建設され、信仰の対象としてだけでなく、地域住民の交流と青少年の研修の場としても大きな役割を担うこととなりました。そしてこの度平成23年には、50年ぶりの大々的な社殿改修工事を終え、21世紀に相応しい姿となって生まれ変わりました。

所在地:222-0011 神奈川県横浜市港北区菊名6丁目5−14

問合せ:0454319344

関連料金:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「神奈川・座間神社」

image041

出典元:http://www.zamajinja.or.jp/topImage/image04.jpg

omamori_700_031

「干支ストラップ」出典元:http://www.zamajinja.or.jp/omamori/image/omamori_700_03.jpg

omamori_panda1

「ペット絵馬」出典元:http://www.zamajinja.or.jp/omamori/image/omamori_panda.jpg

公式サイト:http://www.zamajinja.or.jp/

インフォメーション:

かつて庭で番犬として飼っていた時代とは異なり、現代では多くの人が愛するわが子同様に家族の一員として犬や猫などペットと生活を共にしており、人間の家族以上に愛情を注ぐ人も少なくありません。この伊奴寝子社は、大切なペットの健康や幸せを願い、病気や怪我の回復を祈り、事故などに遭遇しないため全ての愛しい生き物たちをお守りするための神社として、平成二十四年八月に創建された全国でも珍しいペットたちのための唯一の神社です。お気軽に犬や猫などペットとご一緒にご参拝下さい。なお、社務所にペット用のお守り・ご神札など用意してありますので、是非お立ち寄り下さい。

所在地:252-0027 神奈川県座間市座間1丁目3437

問合せ:046-251-0245

関連料金:御守600800

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8