2018お洒落お年賀ガレット・デ・ロア選


2018お洒落お年賀ガレット・デ・ロア選

フランスの新年の生活習慣ですが、日本でも新年のお祝いにガレット・デ・ロアを楽しむ方が増えてきました。そこでご紹介します「お洒落お年賀ガレット・デ・ロア選」です。「パティシエ・シマ」「パティスリー・レザネフォール」「ジョエル・ロブション」「エシレ・メゾンデュブール」「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」「ピエール・エルメ・パリ」「ビゴ・トーキョー」「エコール・クリオロ」「パティスリー・メゾンドゥース」「ドゥブルベ・ボレロ」「フレデリック・カッセル」「ラデュレ」「ジャンポール・エヴァン」。*2018年用の商品が未発表の場合は参考画像として昨年の商品を掲示しています。

「パティシエ・シマ」

出典元:https://imgcp.aacdn.jp/img-a/288/auto/matome/item/2016/12/22/cl000000018431_1482395252062.jpeg

出典元:http://www.patissiershima.co.jp/images/boutiques/patissiershima01.jpg

公式サイト:http://www.patissiershima.co.jp/boutiques.html

参考サイト:https://allabout.co.jp/matome/cl000000018431/

ショップインフォメーション:東京の中心、麹町に1998年オープン。常に40種以上の生菓子と、30種以上の焼菓子が並びパティシエ・シマの世界を表現しています。

アイテムインフォメーション:当店の島田進シェフは正統なガレット・デ・ロワを普及させるための団体「クラブ・ドゥ・ガレット・デ・ロワ」の会長を務め、こだわりのガレット・デ・ロワを焼き続けていらっしゃいます。例年、1月末まで販売され地方発送もされていますので以下の問合せ番号から直接ご確認ください。

参考価格:税込2916円(2018年用はまだ未確認です)

予約方法:電話問い合わせにてご確認ください。

店舗所在地:102-0083 東京都千代田区麹町3丁目124

問合せ:0332391031

営業時間:11001900(土祝日は~1700まで)

定休日:日曜日

オンラインショッピング:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「パティスリー・レザネフォール」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/34132/320x320_rect_34132039.jpg

出典元:http://lesanneesfolles.jp/images/about/photo1.jpg

公式サイト:http://lesanneesfolles.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13149501/

ショップインフォメーション:Les Années Folles(レザネフォール)」とは、フランスの1920年代の時代を指す言葉。19世紀末から第一次世界大戦前に、パリが反映した華やかな時代とその文化を「Belle Époque(ベル・エポック)=良き時代」と呼びます。これに対して、第一次大戦後、世界大恐慌が勃発するまでの1920年代は「狂乱の時代」とも呼ばれ、ピカソやコクトー、ココシャネルといった数多くの文化人が活躍し、クラシックスタイルからモダンスタイルへ移行していく自由と活気に満ちた繁栄の時代でした。「温故知新」「レトロモダン」をテーマにパティシエ菊地賢一が様々なフランス菓子の伝統と革新を表現していくパティスリーです

アイテムインフォメーション:毎年1月初旬から発売されます。

参考価格:例年直径15cm2200

予約方法:ご予約は店頭またはお電話にて。Tel.03-6455-0141まで。

店舗所在地:150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1丁目213

問合せ:0364550141

営業時間:10002200

定休日:年中無休(不定休)

オンラインショッピング:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「ジョエル・ロブション」

出典元:https://www.j-cast.com/trend/assets_c/2016/12/trend_20161213154640-thumb-645xauto-100758.jpg

公式サイト:http://www.robuchon.jp/

参考サイト:https://www.j-cast.com/trend/2016/12/20285997.html

アイテムインフォメーション:フォーシーズ(東京都港区)が運営する「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」、「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」では、「ガレット デ ロワ」を12 下旬に発売。「ガレット デ ロワ」は、甘みとコクのあるアーモンド生地をパイで包んだフランスの伝統菓子。16日の公現祭の日に家族で切り分けて食べる習慣があります。菓子の中に「フェーヴ」と呼ばれる磁器製のチャームが入っていて、それが当たった人には、その一年幸運に恵まれると言われています

参考価格:2017年は小さいサイズが1944円、大きいサイズは3456円(いずれも税込)。1月下旬までの販売でした2018年度の予定はまだ未発表です。

予約方法:各店に直接お問い合わせください。

販売予定店舗:ラブティックドゥジョエル・ロブション「恵比寿ガーデンプレイス店」「六本木ヒルズ店」「丸の内ブリックスクエア店」/ルパンドゥジョエル・ロブション「渋谷ヒカリエShinQs店」「ニュウマン新宿店」

ラブティックドゥジョエル・ロブション各店電話番号:以下参照

「恵比寿ガーデンプレイス店」0354241345

「六本木ヒルズ店」0357727507

「丸の内ブリックスクエア店」0332172877

オンラインショッピング:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「エシレ・メゾンデュブール」

出典元:https://myrecommend.jp/wp-content/uploads/2015/12/1f95534097a8a8562e8253446ee0d364.jpg

出典元:http://www.kataoka.com/images/echire-shop-about_ph01.jpg

公式サイト:http://www.kataoka.com/echire-maisondubeurre.html

参考サイト:https://myrecommend.jp/gifts-of-sweets-40/

ショップインフォメーション:200993日、東京・丸の内ブリックスクエアに誕生した、世界初のエシレ バターの専門店です。エシレバターのフル ライン アップはもとより、エシレ バター100%のお菓子やヴィエノワズリーなど、世界でもここにしかないものを取り揃えました。

アイテムインフォメーション:エシレバターをたっぷり使用したアーモンドクリームをエシレバターを織り込んだパイ生地で包んで焼き上げられた贅沢なエシレのガレット・デ・ロワ。アンヴェルセという広げたバターに生地を折り込む製法で作られた生地は、しっとりとしたアーモンドクリームに、芳醇なバターやアーモンドの風味が広がり、サクサクのパイ生地食感が楽しめます。今年2017年は12日~9日まで店頭販売されました。2018年予定は現在まだ未確認です。

参考価格:2017年は税込価格5400

予約方法:基本的に店頭販売ですが予約できるかも含めお電話にてご確認ください。

店舗所在地:100-6901 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F

問合せ:0362699840

営業時間:10002000

定休日:年中無休

オンラインショッピング:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」

「ガレット・デ・ロワ/シロサツマ」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/61207/320x320_rect_61207463.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/15645/320x320_rect_15645044.jpg

公式サイト:http://www.sadaharuaoki.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13032302/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13018800/

ショップインフォメーション:お菓子の本場パリを拠点とし、世界をリードするパティスリーの1つ『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ』フランスTOP5ショコラティエに選出され、国内外問わず根強い人気を誇り、2016年には日本人で唯一C.C.C.最高位を6年連続受賞。サダハルアオキがお菓子づくりにかける想いや信条、素材との向き合い方を各店で提案します。

アイテムインフォメーション:フランス産発酵バターを贅沢に使用したパイ生地の、コクとサクサク感がたまらないパティスリー・サダハル・アオキ・パリの「ガレット デ ロワ」。2017年は濃厚なアーモンドクリームがたっぷりの定番の「ナチュール」に加え、シロサツマを加えたアーモンドクリームを使って仕上げた新作「シロサツマ」が登場しました2017年は1230日~翌年115日まで販売されました。2018年の予定はまだ未発表です。

参考価格:定番ナチュールタイプ直径16cm・税込3240円/シロサツマ税込3456

予約方法:基本的に店頭販売ですが予約できるかも含めお電話にてご確認ください。

丸の内店舗所在地:東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル1F

問合せ:0352932800

営業時間:11002000

定休日:不定休

オンラインショッピング:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「ピエール・エルメ・パリ」

「ガレット・オ・ザマンド」出典元:https://www.pierreherme.co.jp/assets/img/journal/photo_galette-des-rois-2017_03.jpg

「ガレット・イスパハン」出典元:https://www.pierreherme.co.jp/assets/img/journal/photo_galette-des-rois-2017_02.jpg

出典元:https://www.pierreherme.co.jp/assets/img/boutique/aoyama01.jpg

公式サイト:https://www.pierreherme.co.jp/

ショップインフォメーション:青山通り沿いに位置するピエール・エルメ・パリの日本旗艦店。201612月にリニューアルオープンした店内には、マカロン、ショコラ、ケーキに加え、エルメ自身がセレクトしたフランスワインなど、豊富なラインナップを揃えます。店内のオーブンで焼き上げるヴィエノワズリーや焼き菓子の豊潤な香りが店内に漂い、焼き立てをコーヒーとともにいただけるカウンター席も。2階、オートパティスリー(高級菓子)の体験空間『Heaven(ヘブン)』では、カウンター越しにパティシエが目の前で仕上げるデセール ア ラシェット(お皿盛りのデザート)を提供します。

アイテムインフォメーション:新しい年には新しい計画や新たな決心を胸に抱きながら、ピエール・エルメ・パリの『ガレット イスパハン』を皆で賞味するひとときを楽しむのはいかがでしょうか。今やピエール・エルメ・パリの代表作とも言える、バラとライチとフランボワーズの3つのハーモニーが圧倒的な存在感を誇る「イスパハン」。さくさくとした完璧な逆折込パイ生地と、バラの香る柔らかなアーモンドクリームとのコントラストが見事な逸品です。 しかし、やはり伝統的な『ガレット オ ザマンド』はエピファニーの大横綱だと言ってよいでしょう。ぜひ、新年の願いを唱えながら、五感をフルに働かせて素晴らしいガレットをご堪能ください。

参考価格:以下参照

「ガレット・オ・ザマンド」直径18cm3672円/「ガレット・イスパハン」 直径18cm4320

予約方法:基本的に店頭販売ですが予約できるかも含めお電話にてご確認ください。

青山本店店舗所在地:150-0001東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山12F

問合せ:0354857766

営業時間:11002000

定休日:未確認

オンラインショッピング:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「ビゴ・トーキョー」

出典元:http://bigot-tokyo.co.jp/broccoImg/142.jpg

出典元:http://bigot-tokyo.co.jp/userPic/2.jpg

公式サイト:http://bigot-tokyo.co.jp/

ショップインフォメーション:1989年フィリップ・ビゴよりのれん分けを認められ独立。同年に、(株)ビゴ東京を設立し「ビゴの店」鷺沼店をオープン。以降、1999年に玉川田園調布(自由が丘)「エスプリ・ド・ビゴ」、2000年に港南台高島屋「トントン・ビゴ」、2003年に玉川高島屋SC「オ・プティ・フリアンディーズ」をオープン。2011年には鎌倉に「モン・ペシェ・ミニョン」をオープンし、5店舗のシェフ・パトロン(オーナーシェフ)となり、「パン・オ・ルヴァン」、「カヌレ」、「ガレット・デロワ」に「クイニーアマン」など、フランスの食文化を数多く日本に送り出す。パン業界だけでなく、洋菓子業界においても太いパイプを持ち、長年の構想、駐日フランス大使が名誉会長を務め、フランス伝統菓子の普及と継承を目的とした団体、「クラブ・ドゥ・ラ・ガレットデロワ」を設立。設立より副会長を務め、フランス伝統菓子の日本へにおける普及活動を勢力的に行う。

アイテムインフォメーション:BIGOT TOKYOシェフFUJIMORIはムッシュ・ビゴの教えを忠実に守り、このガレット・デ・ロワという素晴らしいフランスの伝統菓子をひとりでも多くの日本のお客様に知って召し上がって頂くべく、この時期になると日々何台も焼き続け、30年以上に渡りその普及活動に勤しんでて参りました。近年では日本でもこうして沢山のパティスリー・ブーランジュリーでもこのガレットが登場し、皆様にもお求め頂きやすくなったことを何よりの喜びとムッシュ・ビゴそしてFUJIMORIは考えます。BIGOT TOKYOのガレット・デ・ロワはフランス本国本来の伝統をそのまま継承するべく、ガレットの中に本物のフェーヴ(小さな陶器の置き物)が入っております。1月中は毎日このガレット・デ・ロワをご用意いたします。新年のお祝いや運試しに、是非ご家族と、大切な方たちと幸せを切り分けてシェアしませんか。

参考価格:Sサイズ税込2592円~

予約方法:基本的に店頭販売ですが予約できるかも含めお電話にてご確認ください。

東京本店店舗所在地:216-0007 神奈川県川崎市宮前区小台1-17-4 FUJIMORI鷺沼ビル

問合せ:0448567800

営業時間:7001900

定休日:月曜日

オンラインショッピング:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8