2018美味しいお洒落お年賀


2018美味しいお洒落お年賀

老舗の菓子舗には素敵な年賀菓子がございます。お客様が毎年楽しみに待ちかねるアイテムをご紹介します「2018美味しいお洒落お年賀」選です。「豆福」「銀座菊廼舎」「鶴屋吉信」「鶴屋八幡」「両口屋是清」「とらや」「まめや金沢萬久」「泉屋東京」「銀座あけぼの」「日本橋屋長兵衛」「本家船はしや」「落雁諸江屋」「宇佐美煎餅店」。

「豆福」

出典元:http://www.mamefuku.co.jp/news/wp-content/uploads/2015/11/-e1448254032823-499×1024.jpg

出典元:http://www.mamefuku.co.jp/img/information/ph_1.jpg

公式サイト:http://www.mamefuku.co.jp/index.html

お店からのインフォメーション:名古屋城下町のはずれに位置する豆福本店は、全国でも稀な工房併設の豆菓子専門店です。国産大豆製品を中心に常時30種類以上の豆菓子を取り揃える店内からは、仕切り窓を通じて豆菓子の製造工程をご覧いただけます。

お薦め:「開運豆福だるま」

商品インフォメーション:毎年、12月に発売される数量限定の豆菓子です。豆福人気の小袋を詰め込んだ真っ赤なだるまが迎春に華を添えます。

参考価格:予約販売時期、価格も含めお店に直接お問い合わせください。

オンラインショッピング:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豆福本店店舗所在地:451-0043 愛知県名古屋市西区新道2-14-10

問合せ:0525714057

営業時間:9001800

定休日:元旦


「銀座菊廼舎」

出典元:http://ec.ginza-kikunoya.co.jp/shop/home/2805/item_img/2145324_detailImage1.jpg

出典元:http://www.ginza-kikunoya.co.jp/dcms_media/image/about_img04.jpg

公式サイト:http://www.ginza-kikunoya.co.jp/

お店からのインフォメーション:創業明治23年、初代は現在の歌舞伎座のそばで開業し、歌舞伎煎餅を売り出し、大評判になりました。大正後期、二代目が茶時の干菓子をヒントに登録商標『冨貴寄』を考案して以来、ロングセラーですが、いまだにメディアで紹介されると店の電話が通じなくなるほどの人気となります。

お薦め:「開運干支缶富貴寄」

商品インフォメーション:古来より茶事には欠かせないお菓子として親しまれている「吹きよせ」。 郷土菓子の素朴さを損なうことなくかたどり、上品に小型化しました。 赤い缶には、新しく砂糖をかけた落花生と黒豆をお入れしたお菓子もおつくりしています。 しゃきっとした歯ざわり、自然の息吹きを思わせるような優しげな色合いと香ばしさは、 どなた様にもお楽しみいただける逸品です。

参考価格:内容量210g税込1998

オンラインショッピング:http://ec.ginza-kikunoya.co.jp/shop/item_detail?category_id=484124&item_id=2145324

銀座本店店舗所在地:東京都中央区銀座5-8-8銀座コアビル地下一階

問合せ:0335714095

営業時間:11002000

定休日:年中無休


「鶴屋吉信」

出典元:http://www.turuya.co.jp/syoukai/image/higashi_fukurai1.jpg

出典元:http://www.turuya.co.jp/syoukai/image/higashi_fukurai2.jpg

出典元:http://www.turuya.co.jp/tenpo/image/honten/slide/slide01.jpg

公式サイト:http://www.turuya.co.jp/

お店からのインフォメーション:鶴屋吉信本店は織り物のまち京都・西陣堀川今出川の交差点北西にございます。平成4年(1992年)竣工の建物には、京の伝統建築である「町家」の様式を生かし数寄屋建築の粋を採り入れて日本美の感性が匂う和の空間といたしました。京菓子にふさわしく、しっとりと、こころ和む空間となっています。

お薦め:「福来」

商品インフォメーション:紅白の梅、羽子板、かわいい手まり・・・おめでたい意匠のお干菓子数々と、干支の焼き印をあしらった麸焼きせんべいのお詰合せ。 新しい年をむかえるのにぴったりなお菓子でございます。

参考価格:一箱1620円(発売受付12月初旬~1月初旬)

オンラインショッピング:http://www.turuya.co.jp/syoukai/higashi_fukurai.html

店舗所在地:602-8434京都市上京区今出川通堀川西入る

問合せ:0754410105

営業時間:9001800

定休日:元旦/水曜日の一部に休業日があります


「鶴屋八幡」

出典元:http://img.omni7.jp/co/productimage/0002/product/53/99999992017200124053/image/spec_800_99999992017200124053_main_l.jpg

出典元:http://www.tsuruyahachiman.co.jp/shop/images/osaka.jpg

公式サイト:http://www.tsuruyahachiman.co.jp/

お店からのインフォメーション:今中家は、代々大坂で刀屋を営んでおりましたが、その昔、家の庭に鶴が巣を作った瑞祥と、恩人である八幡屋辰邨さんのご恩を忘れまいと「鶴屋八幡“つるややはた”」と命名し、今では“つるやはちまん”と呼び慣らされています。江戸時代より書き留めた多くの菓子帳は、現在も鶴屋八幡の菓子の基本となっており、代々大切に保管しております。また、主家には遺族がなかった為、その菩提寺(法界寺)にある墓石を百数十年経た現在も守り続け、ご恩に報いるべく毎年創業記念日に幹部社員 一同で法要を営んでおります。創業より多くの人々に支えられてきた弊店。それだけに人と人、そして人と 和菓子の出会いを大切に、これからも精進を重ねて参りたいと存じます。

お薦め:「招福戌歳せんべい/和菓子詰合せ」

商品インフォメーション:2018年の干支「戌」と迎春をあしらった季節限定銘菓。お正月楽しめる鶴屋八幡の和菓子詰め合わせです。小豆本来の風味を引き出したひと口サイズの羊羹、小麦粉を水で溶いて砂糖などで軽い甘みを付けた関西風の招福戌年せんべい、大粒の黒大豆を使用し、時間をかけてを引き出した丹波黒豆寒天寄せ。3つのおいしさをどうぞ。

参考価格:税込3694

西武そごうオンラインショッピング:http://edepart.omni7.jp/detail/99999992017200124053

大阪本店店舗所在地:5410042大阪市中央区今橋4丁目49

問合せ:0662037281

営業時間:8301900(土日祝日は8301700

定休日:年中無休


「両口屋是清」

2017年酉年デザイン」出典元:http://www.ryoguchiya-korekiyo.com/user_data/packages/default/img/item/etosasara_tori.jpg

出典元:http://www.ryoguchiya-korekiyo.co.jp/shoplist/aichi/img/15_01.jpg

公式サイト:http://www.ryoguchiya-korekiyo.co.jp/top.html

お店からのインフォメーション:両口屋是清は寛永十一年(1634年)に大阪の菓子司・猿屋三郎右衛門が尾張藩御用菓子製造のため召され、那古野本町に開業したのが始まりと記録に残されています。創業350周年の昭和59(1984)年には、名古屋城博があり、名古屋城内に再現された城下町「味くらべ尾張城下町」の一角に出店。江戸時代の創業当時の面影を彷彿させる店舗にて和菓子を販売いたしました。また創業370周年を越えた平成17(2005)年には、愛知万博が開催されました。21世紀最初の万博を記念し「みどりの精」「地球もなか」といった記念菓を出品しました。和菓子は長い時間をかけて土地に育まれるもの。これからも名古屋の人たちはもとより、多くの人々に愛されつづけていくことを目指します

お薦め:「干支羊かん/干支ささらがた(戌)」

商品インフォメーション:毎年干支にちなんだ羊羹が発売されます。販売期間は毎年121日から翌年115日まで干支ささらがた専用の包装紙でお届けします。

参考価格:予約販売時期、価格も含めお店に直接お問い合わせください。

オンラインショッピング:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本店店舗所在地:名古屋市中区丸の内3-14-23

問合せ:0529616811

営業時間:8301900

定休日:未確認


「とらや」

「酉年商品」出典元:https://toraya-prd.s3.amazonaws.com/__/_news/toraya/2016/11/content_jp_1611080932532.jpg

出典元:https://toraya-prd.s3.amazonaws.com/__/_shop/toraya/6_1.jpg?_=-62170016400

公式サイト:https://www.toraya-group.co.jp/

お店からのインフォメーション:とらやは室町時代後期の京都で創業。五世紀にわたり和菓子屋を営んできました。後陽成天皇の御在位中(15861611)より、御所の御用を勤めています。明治2年(1869)東京遷都にともない、天皇にお供して、京都の店はそのままに東京にも進出、現在に至ります。

お薦め:「干支パッケージ小形羊羹」

商品インフォメーション:2017干支パッケージ小形羊羹は「夜の梅」「おもかげ」「新緑」の三種類を、干支「酉」のパッケージで販売されました。期間は20161120日~20171月下旬。2018年向けの販売予定はまだ未確認です。

参考価格:2017年酉年の販売価格は1260円(本体価格 240円)、5本入1,404円(本体価格 1,300円)でした。2018年戌年の商品は未発表です。

オンラインショッピング:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

銀座店店舗所在地:東京都中央区銀座7-8-6

問合せ:0335713679

営業時間:10002000(日曜祝日は~1900まで)

定休日:元旦


「まめや金沢萬久」

出典元:http://mameya-bankyu.com/pic-labo/llimg/k_choco1n.jpg

「戌デザイン」出典元:http://www.mameya-bankyu.com/images/box/animal/l_inu.jpg

出典元:http://www.mameya-bankyu.com/pic-labo/honten02.jpg

公式サイト:http://www.mameya-bankyu.com/

お店からのインフォメーション金沢ぶどうの木生まれのブランド「まめや金澤萬久」が金沢にあるぶどうの木敷地内に「本店」を開業。白を基調として店内は、吹き抜けになった天井を仰げば、茶室の障子から覗く金箔貼りの天井と、躙り口への続く細いガラスの回廊。小さな中にも遊び心とおもてなしの心が見える新しい本店に、ぜひお越しくださいますようお願いいたします。

お薦め:「ちょこ豆/黒豆ショコラ豆箱入り」

商品インフォメーション:黒豆甘納豆を、ほろ苦チョコレートでコーティングしました。ほくほくした甘さ控えめの黒豆甘納豆とチョコレートの組み合わせは、和洋菓子の新たな味わいです。また、季節ごとに異なる豆型容器の絵柄も魅力。石川が誇る九谷焼の四季感覚を取り入れ、その季節にあった商品をご用意しております。お好きな絵柄をお選びください。

参考価格:一箱80g税込972円(オンラインショッピング価格)

オンラインショッピング:http://www.mameya-bankyu.com/SHOP/3049.html#prettyPhoto

本店店舗所在地:金沢市岩出町ハ50-1ぶどうの木本店敷地内

問合せ:0762583366

営業時間:9301900

定休日:不定休

≪次ページパート2.≫もご確認ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8