2018美味しいお洒落お年賀/2018年4月更新

Pocket

「泉屋東京」

出典元:https://www.izumiya-tokyoten.co.jp/e-commex/images/i_1a-takafuji1454639936.jpg

出典元:https://www.izumiya-tokyoten.co.jp/e-commex/images/i_2a-takafuji1454639936.png

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/4212/320x320_rect_4212922.jpg

公式サイト:https://www.izumiya-tokyoten.co.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13022232/

お店からのインフォメーション:泉屋は日本で初めてクッキーを販売しました。その歴史は、泉家のキッチンに舶来のオーブンが届いた日から、はじまりました。子供たちのために、愛情いっぱいに焼き上げた優しい味わい。その家庭のぬくもりが伝わる暖かなおいしさを、皆さまにお届けするために・・・。泉屋では、機械化や大量生産が優先される現在でも、手作りの部分を多く残した、心のこもったお菓子づくりを続けています。

お薦め:「赤富士缶」

商品インフォメーション:「浮世絵缶シリーズ」に縁起物の『赤富士』が登場しました。泉屋東京店のスペシャルクッキーズを葛飾北斎の「富嶽三十六景 凱風快晴」がデザインされた缶に入れました。日本文化の象徴ともいえる「浮世絵」デザインは、ご自宅用に限らず、国内外へのお土産用としても最適です。缶のサイズは弊社のスペシャルクッキーズの1000円の商品と同じです。

参考価格:税込1296

オンラインショッピング:https://www.izumiya-tokyoten.co.jp/e-commex/cgi-bin/ex_disp_item_detail/id/a-takafuji/item/a-takafuji/subitem/a-takafuji/subitem2/a-takafuji/image/2/

本店店舗所在地:東京都千代田区麹町31

問合せ:0332615546

営業時間:9001900(土曜は~1730まで)

定休日:日曜祝日


「銀座あけぼの」

出典元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/akebono/cabinet/regular/24setsuhana/14nijushi40_260x260.jpg

出典元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/akebono/cabinet/regular/24setsuhana/14nijushi04_670x576.jpg

出典元:http://www.hakuichi.co.jp/activities/construction/results/assets_c/2012/03/akebono_00-thumb-980xauto-769.jpg

公式サイト:http://www.ginza-akebono.co.jp/

参考サイト:http://www.hakuichi.co.jp/activities/construction/results/post-18.html

お店からのインフォメーション:銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋ですまだ焼跡の匂いが残る終戦直後銀座四丁目交差点近くに冬はおしるこ夏はカキ氷の店として誕生しました

当時は甘いものが大変貴重であり敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ明日への活力の素になったそうです「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが「あけぼの」という名前に込められております創業以来時代やお客様の好みの変化とともにつねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日までやって参りました

お薦め:「二十四節花」

商品インフォメーション:素材・味わいを選び抜いたおかき八菓撰です。個包装には、二十四節気に咲く花と、花にちなんだ俳句を載せています。和花があしらわれた化粧箱にお入れしてお届けいたします。

参考価格:税込1240円(あけぼの楽天通販価格)

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/akebono/10000775/?s-id=rk_shop_pc_rnkInShop

銀座本店店舗所在地:東京都中央区銀座5719

問合せ:0335713640

営業時間:10002100(日曜祝日は~2000まで)

定休日:年中無休


「日本橋屋長兵衛」

出典元:http://www.nihonbashiya.jp/data/item/1/thumbnail.jpg

出典元:http://www.nihonbashiya.jp/images/tenpo.jpg

公式サイト:http://www.nihonbashiya.jp/

お店からのインフォメーション:江戸時代、さまざまな文化や歳時記がはぐくまれました。わたしたちは、江戸時代の豊かな文化や歳時記を、和菓子づくりを通して現代へとつなげたいと考えています。中でも、「粋」という江戸の人々の心に根付いた文化を現代風にアレンジし、和菓子と融合させ、少しの洒落を込めて発信してまいります。かつて、五街道の起点となった日本橋で、定番菓子、季節菓子、暦菓子、おかきやせんべいなど幅広い和菓子を取りそろえて皆さまをお待ちしております。

お薦め:「天下鯛へい」

商品インフォメーション:鯛は「めでたい」ものとして、その鮮やかな赤い体色や、勇壮な姿形、上品な味などから古来貴ばれてきました。江戸時代に入ると、慶祝事の際には頭から尾まで完全に揃った尾頭付きの鯛が「終わりを全うし、人生を全うしうる」縁起の良いものとして饗されるようになりました。その縁起良い鯛の姿をそのままに、愛らしい姿に仕上げました。

参考価格:税込価格/単品162円・6個入り1080円・9個入り1620

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/nihonbashiya-choube/c/0000000110/

店舗所在地:東京都中央区日本橋室町1-6-2

問合せ:0332423030

営業時間:9301800

定休日:日曜日・年末年始


「本家船はしや」

出典元:http://www.funahashiya.com/material/images/fukudaruma3.jpg

出典元:https://www.shinise.ne.jp/funahashiya/uimg/7.jpg

出典元:http://www.funahashiya.com/about/images/photo_03.jpg

公式サイト:http://www.funahashiya.com/

お店からのインフォメーション:鴨川にかかる三条大橋は、京のシンボルとして知られています。現在の姿は1950年(昭和25年)に作られたものですが、その歴史は古く、豊臣秀吉が造営した1590年(天正18年)まで遡ります。以来この周辺は、数々の歴史の舞台となってきました。京都にお越しの際は、是非三条大橋へも足をお運びください。そして、歴史に思いを馳せながら、そのたもと「本家船はしや」の五色豆の味をご堪能ください

お薦め:「福だるま」

商品インフォメーション:笑った顔、すました顔、何か考えているような顔…。指先ほどの小さな「だるま」たちが、さまざまな表情を見せており、 袋にぎゅっとつまった個性豊かなかわいらしさに思わず頬がゆるみます。三条大橋西詰にある「本家船はしや」の「福だるま」。小麦粉に砂糖、卵などを加え、焼き上げたいわゆる「ぼうろ」で、サクサク、カリッとした食感と、素朴な甘さがうれしいお菓子です。5年ほど前に発売したところ、若い女性を中心に「かわいい」と評判を呼び、テレビや雑誌で取り上げられるなど、すっかり同店の人気菓子になりました。おめでたいだるまがモチーフ名だけに「結婚式の2次会などの、ちょっとした引き出物としても人気」という縁起がよいお菓子です。

参考価格:一袋90g税込330

オンラインショッピング:https://www.shinise.ne.jp/funahashiya/item/4417/

店舗所在地:604-8004 京都府京都市中京区三条通河原町東入ル中島町112

問合せ:0752212673

営業時間:10002000

定休日:年中無休


「落雁諸江屋」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/316/320x320_rect_316256.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/2669/320x320_rect_2669137.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/20492/320x320_rect_20492907.jpg

参考サイト:https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17001538/

お店からのインフォメーション:当店は江戸時代末期の嘉永二年(1849年)に創業以来、160年にわたり「金沢」と共に歩み続けております。歴史的な由緒を有する「方丈菓子」や「加賀宝生」「花うさぎ」など加賀名菓の伝統を今に伝え、昔ながらの製法にこだわりながらも、現代にも愛される味覚や商品作りに努力を続けてまいりました。

お薦め:「福徳せんべい」

商品インフォメーション:十二代加賀藩主前田斉広(なりなが)公の文化六年(1809)、金沢城二の丸御殿が新造された折、その祝賀用に創案された菓子で。創案者は前田家御用の七代樫田吉造の内儀とされています。よほど斉広公が気に入られたの、文政六年(1823)の竹沢御殿落成時にも用いられた記録が残っています。おめでたい福俵、打出の小槌、砂金袋をかたどった餅種を焼き、金を表す黄と銀を表す白に仕上げられています。中に金沢の婚礼調度に用いられる土人形のミニチュアと、小型の金花糖を入れたところが妙味で

明治以降、正月菓子として金沢の菓子屋がこぞって売り出しましたが、現在も扱っているのは諸江屋のみで。この商品は毎年12月中のみ製造販売されます

参考価格:今年の予定価格等は未確認です。直接、下記電話にてご確認ください。

オンラインショッピング:http://moroeya.net/

店舗所在地:921-8031 石川県金沢市野町丁目359

問合せ:0762452854

営業時間:9001900

定休日:年中無休


「宇佐美煎餅店」

出典元:http://www.karakara.co.jp/photo01.jpg

出典元:http://www.karakara.co.jp/new_karakara1890.jpg

公式サイト:http://www.karakara.co.jp/

お店からのインフォメーション:昭和24年に創業した宇佐美煎餅店201412月にユネスコ食文化創造都市に認定された山形県鶴岡市で、江戸時代から伝わる庄内名物「からからせんべい」を製造販売しています。

お薦め:「からから煎餅」

商品インフォメーション:からからせんべいは、当地鶴岡に江戸時代から伝わる郷土性豊かなお菓子です。宇佐美煎餅店の販売するからからせんべいは、沖縄産の黒糖を使い、昔ながらの素朴な味わいを楽しめるたいへんおいしいお菓子です。ちいさなおせんべいの中には、今の食玩を彷彿させる楽しいおもちゃが和紙に包まれてはいっています。 おもちゃのバラエティは豊かで民芸品などのちいさなちいさなおもちゃがはいっています。又、民芸品のほかに、オリジナルな小物を入れる事も可能です。結婚式での引き出物やパーティのアトラクション、企業ノベルティまで幅広くご活用いただけます。

参考価格:税込単品184円・10個入り化粧箱1944

ショッピングガイド:http://www.karakara.co.jp/2013/06/post_8.html

店舗所在地:997-0031 山形県鶴岡市錦町10−10

問合せ:0235220187

営業時間:8001700

定休日:土日祝日・元旦・お盆期間

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8