2018/全国主なアウトレットモール一覧

Pocket

8「八ヶ岳モールマネージメント」

公式サイト:https://www.y-mm.jp/index.html

参考サイト:http://www.yatsugatake-outlet.com/index2.php
参考サイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000171125/?screenId=OUW3701

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/images/ryotei/0/001137/XL/000011377001001000000A001.jpg

運営拠点数:「1プラス1

拠点一覧:八ヶ岳・大洗(閉鎖売却先決定)・島田(計画中)

基幹店:「八ヶ岳リゾートアウトレット」

構成店舗数:70

基本インフォメーション:以下参照

八ヶ岳山麓の森の中にある自然調和型アウトレットモール。モール内は7エリアに分かれ、ブランドファッションや雑貨など充実した約70のショップが立ち並びます。自然の景観を損なわないよう、以前から根を張っていた木々や坐禅草の群生地、古くからある湧き水などをそのまま残すように設計されており、また八ヶ岳や南アルプスを見渡せる眺望の中、大自然を身近に感じながらショッピングが楽しめます。大半のショップでペット同伴での入店が可能(詳細は各店で異なるため要問合せ)。全飲食店のテラス席でペットと一緒に食事ができるなど、ペット連れにも優しいアウトレットです。

拠点店所在地:408-0044山梨県北杜市小淵沢町4000

問合せ:0551205454

営業時間:10002000(冬季は~1800まで)

定休日:年中無休

駐車場:2000


9「アジア太平洋トレードセンター」

アジア太平洋トレードセンター(英語名Asia & Pacific Trade Center、略称:ATCは、大阪市住之江区の咲洲に建設した大規模複合施設、およびその運営会社名。O’s棟とITM棟とからなる。通称大阪南港ATC大型展示場、アメニティ施設、インターナショナル・トレードマート(ITM)、アウトレットモール、ビジネスサポート施設、オフィスなどで構成される。飲食・娯楽施設などもあるほか、海沿いを歩くことができ、日没を真正面に見ることができる。キャッチフレーズはI♡NANKOであり、これが表記された看板が施設内の随所にある。本来は貿易のためのトレードセンターとして大阪市により総事業費1,465億円で建設された。施設全体が保税地域(総合保税地域)の許可を受けていることから、国内外の大小の卸売業者や貿易業者、専門商社などの企業が入居し、関税を払うことなく世界各国から商品を輸入し、加工・展示・催事・輸入取り扱いの商談・販売などができる拠点となることが期待されていました。またこれらを補佐する各種機関や大小の会議室など「ビジネスサポート機能」も用意されました。しかし高い賃料や都心からのアクセスの不便さなどにより入居企業が相次いで撤退したため、資金繰りが悪化し、経営破綻。現在は小売業・デザイン関連企業・福祉関連企業のためのショールーム・開業支援機関・経営支援機関を開設し、関連産業の集積を意図しているほか、アウトレットモールの運営など活性化のてこ入れを図ってい。なお、保税地域としての機能はほとんど使われないまま、既に許可を失効。2004に民間人で前伊藤忠商事副社長の秋本穣が社長に就ます任し、再建に取り組んでいます

公式サイト:http://www.atc-co.com/

参考サイト:http://www.atc-mare.com/

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/ff/Atc_osaka03s3200.jpg/252px-Atc_osaka03s3200.jpg

運営拠点数:「1

基幹店:「大阪ATCタウンアウトレット・マーレ」

基本インフォメーション:以下参照

大阪ベイエリアの大型複合商業施設ATC(アジア太平洋トレードセンター)内にあるアウトレットモール『ATCタウンアウトレットMARE』。すぐそばに海があり、散歩を楽しみながら買い物ができるデートにもオススメなスポットです。オシャレな吹き抜けになっているATC46階フロアには、ファッションやインテリア、スポーツ・アウトドア、雑貨など様々なジャンルのアウトレットショップが30店以上並びます。オフプライスが更に安くなるセールイベント等もシーズン毎に開催されているので要チェック!ニュートラムテクノポート線「トレードセンター前」駅と直結、ビルドインなので天候を気にせず買い物できます。ATCには他にも巨大スペースを誇る「大塚家具」のショールームがあります。複数フロアに渡って様々な家具が陳列されており、家具を買うつもりでなくても、見ているだけで楽しくなっちゃいます。ご家族はもちろん、一人暮らしや引越し、結婚を考えて家具を探している人なら是非、立ち寄ってみて下さい。フットサルコート、キッズパークなどがあり、ショッピング以外のアミューズメント施設も充実。隣接する施設には、WTC(大阪ワールドトレードセンター)があり、西日本一の高さを誇る展望台から、地上252m360度の眺望が楽しめます。アウトレットだけでなく、周辺の施設と併せて多目的で楽しめるお得な総合スポットです。隣接する施設には、WTC(大阪ワールドトレードセンター)があり、西日本一の高さを誇る展望台から、眺め360℃の大パノラマが楽しめます。ショップも充実していて、スカイレストランで食事をするのもオススメです。周辺の施設と併せて楽しむのがオススメのアウトレット施設です。

構成店舗数:50

拠点店所在地:559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2丁目110

問合せ:0666155555

営業時間:11001800

定休日:年中無休

駐車場:2200


10「住商アーバン開発」

公式サイト:https://k-cancan.jp/

参考サイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_27202ga3552060408/

出典元:https://www.jalan.net/jalan/img/0/spot/2060/KXL/27202ga3552060408_1.jpg

運営拠点数:「1

基幹店:「岸和田カンカンベイサイドモール」

構成店舗数:100

基本インフォメーション:以下参照

「だんじり祭り」で有名な大阪府岸和田市にある『岸和田カンカンベイサイドモール』。このカンカンとは岸和田だんじり祭りの見所「カンカン場」の前にあることに由来します。阪神高速湾岸線「岸和田南」インターを降りてすぐ、「南海岸和田」駅から徒歩10分という好アクセス。イギリスの港町にある倉庫街をイメージした建物がエキゾチックな雰囲気を演出し、異国風空間で楽しめるアウトレットモールです。『岸和田カンカンベイサイドモール』は、2つの建物で構成されており、1つは、地元のお客様をターゲットとした地域密着型スーパー「イズミヤ」をキーテナントとした専門店街の「EAST」。もう1つが、広域から来られる若いお客様をターゲットとしたアウトレットモールとシネマコンプレックスで構成される「WEST」です。アウトレットモール内には、ファッション、インテリア、雑貨など、さまざまなジャンルのショップが集結。グルメ・レストランゾーンは、全店がオーシャンビューです。さらに関西最大級のシネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ岸和田」やアミューズメント施設も併設し、魅力が目白押し。周辺には、マンションや公園、ウェディングゲストハウス「リヴァージュブラン」、室内テニスコートのある「カンカンアリーナ」、文化施設の「浪切ホール」などがあり、ベイエリア全体で沢山の人で賑わっています。

拠点店所在地:大阪府岸和田市港緑町3-1

問合せ:0724369955

営業時間:10002000

定休日:年中無休

駐車場:2500


11「マリーナホッププロパティ/第一ビルサービス」

2008516運営会社のミキシングが大阪地裁民事再生法適用を申請。当面の営業は継続されました。20081029ミキシングに変わり、ディスプレー業大手の丹青社の子会社、丹青モールマネジメントと契約を締結。当面の営業は継続し、20105月までに大規模リニューアルを実施。2012111丹青モールマネジメントに変わり、第一ビルサービスが運営母体にな正式名称を現在の物に改めています

公式サイト:http://www.marinahop.com/

参考サイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000184505/

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/img/1/kuchikomi/2881/KXL/8e81a_0002881533_1.JPG

運営拠点数:「1

基幹店:「広島マリーナホップ」

構成店舗数:60

基本インフォメーション:以下参照

中国地区初のアウトレットモール『広島フェスティバル・アウトレットマリーナホップ』として2005年にテナント数114店舗でオープンしました。(2012年に『広島マリーナホップ』に名称変更)パステルカラーで華やかなアウトレットモールは、1950年代アールデコの面影を残す異国情緒あふれる空間になっています。四季折々の花が咲き乱れるフラワープロムナードは、バス停からグリーンゲートまでを色とりどりに演出。週末には常時イベントが行われ、まるでテーマパークのような楽しさを体感できます。施設内の通路を流れる運河や、ヨットハーバーを見下ろすシーサイドレストランなどもリゾート気分を盛り上げてくれます。敷地内にはゆったりとくつろげるベンチやパラソルがあり開放感も抜群!ミニ遊園地も併設され、瀬戸内海が一望できる観覧車、2歳から乗れるピエロコースター、水上コースを回る急流すべりなどお子様が楽しめるアトラクションが満載。20176月にはマリホ水族館もオープンしました。

拠点店所在地733-0036 広島県広島市西区観音新町4丁目1435

問合せ:0825032025

営業時間:10002000

定休日:年中無休

駐車場:1500


12FJ都市開発(福岡地所)」

1961719日に、福岡相互銀行(現:西日本シティ銀行)の保険代理店として法人設立。1970年代に不動産業に進出し建物の保守管理を担う子会社「サン・ライフ」を設立。2005年には福岡リート投資法人が福岡地所の58%の出資により、国内初となる地域特化型リートとし、東京証券取引所および福岡証券取引所に上場しました。現在は「キャナルシティ博多」「マリノアシティ福岡」「リバーウォーク北九州」「木の葉モール橋本」など様々な商業施設を手掛けています。

公式サイト:https://www.marinoacity.com/

参考サイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_40135ga3550153646/?screenId=OUW3701

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/img/7/kuchikomi/4057/KXL/6a7a7_0004057500_1.jpg

運営拠点数:「1

基幹店:「マリノアシティ福岡」

構成店舗数:169

基本インフォメーション:以下参照

エフ・ジェイ都市開発株式会社(2005年に福岡地所株式会社が吸収合併)により、200010にオープンしました。20047にアウトレットII棟部分を、20079にアウトレットIII棟部分を、それぞれ開業。通称マリノアと省略されることもあります。結婚式場ヨットハーバー西福岡マリーナに隣接する施設の外観は、海の波止場を連想させ、マリノアシティ福岡全体が立地を生かした開放的な造りとなっています。アウトレットショピングのほか、リゾート施設としての利用者も数多いスポットです。ショッピングゾーンには、ベビーザらススポーツデポユニクロなどが大型テナントとし入居しており、施設内にはスカイホイールという高さ60m観覧車もあります。2001にスカイホイールの隣接地でエバーグリーンマリノアホテルが運営する日本最大の高さ120mの観覧車Sky Dream Fukuokaが開業しました。このため、大小2つの観覧車が双子状に隣接するという珍しいスポットとなりました。しかし、Sky Dream Fukuoka2009926をもって観覧車の営業を終了し、現在はマリノアシティ福岡の所有するスカイホイール一基の営業となっています。隣接する西福岡マリーナは、ふくおか・マリノア海の駅として国土交通省より海の駅に登録されており西側は博多湾に面しています。

拠点店所在地:福岡県福岡市西区小戸2-12-30

問合せ:0928928700

営業時間:10002100

定休日:年中無休

駐車場:2500


13「大和情報サービス」

公式サイト:http://www.ashibinaa.com/

参考サイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_47212ga3552013072/

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/images/ryotei/0/000148/XL/000001488008003000000A001.jpg

運営拠点数:「1

基幹店:「沖縄アウトレットモールあしびなー」

構成店舗数:107

基本インフォメーション:以下参照

本格的なリゾートショッピングを満喫できる沖縄初の超大型アウトレットモール『沖縄アウトレットモールあしびなー』。世界的な建築デザイナー、ジョン・ローが「ヨーロピアンブランドを中心にしたアウトレットモール」のコンセプトのもとに、古代のギリシャ建築のイメージを現代風にアレンジ。モダンな街並みにハイセンスなブランドアイテムが驚きの価格で溢れています。絶好のロケーションを背景に「マーク ジェイコブス」「ヴィヴィアンウェストウッド」など日本初上陸の有名ブランドを含め、約70余の人気ブランドが勢ぞろい。憧れの高級ブランドがアウトレットならではのリーズナブルな価格で、思いっきりショッピングを楽しめます。約400席のフードコートとレストランでショッピングと同時にここでしか出会えないオリジナルの味も堪能できます。「あしびなー」とは古くから沖縄で「遊ぶ庭」として使われている言葉で、老若男女が集い交流する神前の場を示します。この『沖縄アウトレットモールあしびなー』は現代の「遊ぶ庭」を再現。沖縄をはじめとしたさまざまな民族文化を楽しめるイベントなど、エンターテイメントも充実しています。

拠点店所在地:沖縄県豊見城市豊崎1-188

問合せ:0988916000

営業時間:10002000

定休日:年中無休

駐車場:1000


14「東急モールズデベロップメント」

公式サイト:http://www.tokyu-tmd.co.jp/

参考サイト:https://www.ryutsuu.biz/store/k032741.html

出典元:https://www.ryutsuu.biz/images/2018/03/20180326minamimachida2.jpg

出典元:https://www.ryutsuu.biz/images/2018/03/20180326minamimachida1-544×296.jpg

運営拠点数:「1

基幹店:「町田グランベリーモール」2018年現在リニューアル閉鎖中

構成店舗数:200店予定

基本インフォメーション:以下参照

東京急行電鉄と町田市は2018322日、田園都市線南町田駅前に2019年秋に商業施設「グランベリーパーク」を開業すると発表しました。商業施設の敷地面積は約83000㎡、延床面積約151000㎡、店舗面積約53000㎡、店舗数約200店、駐車場約2100台を計画。田園都市線南町田駅周辺で官民共同で事業推進中の「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」について、鶴間公園と商業施設を含むまち名称を「南町田グランベリーパーク(MINAMIMACHIDA GRANDBERRY PARK)」、商業施設名称を「グランベリーパーク(GRANDBERRY PARK)」に決定しました。計画の中央部分に、地域の方々と来街者のコミュニティ形成の場「パークライフ・サイト(仮称)」を計画し、2019年秋のまちびらきを目指します。「南町田グランベリーパーク」という名称は、鶴間公園の身近な自然と、憩いや活動がともにある暮らしを表す「パーク」と、17年間地域で親しまれ、2017212日に一時閉館した「グランベリーモール」の「グランベリー」を組み合わせ、自然とにぎわいが融合する新しいまちの拠点としたいという想いを込めて、名付けたものです。計画の中で東急電鉄が開発する商業施設についても「グランベリーパーク」と名付け、買いものだけでない「体験」や「発見」の場とすることで、地域の方々や来街者に驚きや感動を提供し続け、「モール」から「パーク」へと進化させる予定です

*≪商業施設計画概要≫
所在地:東京都町田市鶴間3-3-14-1
交通:交通田園都市線南町田駅直結、東名高速道路横浜町田ICから約1
敷地面積:約83000
延床面積:約151000
店舗面積:約53000
店舗数:約200
駐車場:約2100
着工:201759
開業予定:2019年秋
設計:東急設計コンサルタント
施設デザイン:LLT(ラグアルダ・ロウ・棚町建築事務所)
ランドスケープデザインFd Landscape


15「レスパスコーポレーション」

公式サイト:http://www.lesp.co.jp/cools/

参考サイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000161673/

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/img/1/kuchikomi/3951/KXL/0f07e_0003951245_1.JPG

運営拠点数:「1

基幹店:「愛媛クールス・モール」

構成店舗数:25

基本インフォメーション:以下参照

愛媛県東温市見奈良地区ある四国で唯一のアウトレットモール『クールス・モール』は総合レジャー施設「レスパス・シティ」内のアウトレットモールです。約30店舗が並び、インポートファッション、ジーンズ、化粧品、雑貨などあらゆるアイテムが驚きのOFF率。四国初出店ブランドやアウトレット初デビューショップもあります。また、「レスパス・シティ」内には魅力的な施設がタップリ!「利楽」地下1500mから湧き出た天然温泉もあり宿泊もできます。「坊ちゃん劇場」は西日本初の地域文化発信の常設劇場です。「ジョイグリーン」フットサルやゴルフの他にもバーベキューガーデンを併設した総合的なレジャー施設です。

拠点店所在地:愛媛県東温市見奈良1125

問合せ:0899907200

営業時間:10002000

定休日:年中無休

駐車場:2500台

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8