2018戌年の話題/日本で有名なワンちゃん列伝

Pocket

2018戌年の話題/日本で有名なワンちゃん列伝

2018年は戌年。この程度のワンちゃん知識は知っておきましょう。ご紹介します「戌年の話題/日本で有名なワンちゃん列伝」情報です。「スヌーピー」「アジュール」「キャスキッドソンの愛犬」「忠犬ハチ公」「白戸家のカイ」「ビクター犬ニッパー」「名犬ラッシー」「フランダースの犬」「南極犬のタロ・ジロ」「西郷どんの愛犬ツン」。

1「スヌーピー」

出典元:https://www.snoopy.co.jp/media/2016/10/161004_happydance_bnr_780_430-1.png

出典元:https://www.snoopy.co.jp/media/2017/12/171214_jp50th.jpg

スヌーピー公式サイト:https://www.snoopy.co.jp/

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%BC

インフォメーション:以下参照

wikipediaより)スヌーピーSnoopy)は、アメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツが1950年から書き始めた漫画『ピーナッツ』に登場するビーグル犬。性別はオス。作品の主人公チャーリー・ブラウン少年の飼い犬である。趣味は変装、スポーツ、小説の執筆など多岐にわたる。生まれた場所はデイジーヒル子犬園で、8匹兄弟の1匹。誕生秘話を語るアニメ作品もある。漫画への初登場は、連載開始から2日後の1950104日のことである。 世界的に知られるキャラクターであり、その愛らしさから日本でも人気が高い。

エピソード:以下参照

wikipediaより)チャーリー・ブラウンの飼い犬である。お互いの絆は強いのだが、いつまでたってもチャーリーの名前を覚えず「丸頭の男の子(round-headed boy)」と呼んでいる。チャーリーがスヌーピーの飼い主となる前には、ライラという少女によって飼われていた。しかし引っ越し先のマンションがペット禁止のため飼えなくなってしまい、いったん生まれ故郷のデイジーヒル子犬園へと戻されていた。チャーリーがスヌーピーを飼う事になった経緯は漫画『ピーナッツ』によると以下の通りである。あるとき幼いチャーリーが砂場で遊んでいると、隣にいた見知らぬ子供に頭からバケツいっぱいの砂を浴びせかけられた。彼は泣き出し、母親が慌てて家へと連れ帰った。翌日チャーリーの両親は彼を車でデイジーヒル子犬園へと連れてゆき一匹の仔犬を買い与えた、というものである。アニメ版では、新聞広告を見たチャーリーがライナスとともに引き取りにでかけ、5ドルで引きとったことになっている。誕生日は810。初めは、この日か828かはっきりしなかったが、201161付のソニー・クリエイティブプロダクツ発行のプレスリリース及び同年74付の日本のスヌーピー公式サイト発行のメールマガジン111号にて、それが810日に決定したことが発表され、これに伴い同サイトでは、スヌーピーのバースデー特設サイトをオープンさせた。また2015年に日本記念日協会に「スヌーピーの日」と認定された。

日本における版権元:株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ

住所:〒102-8353 東京都千代田区六番町 4-5

TEL 03-3515-5726 FAX : 03-3515-5733

URLhttp://www.scp.co.jp

版権内容の概要:http://www.scp.co.jp/biz/release/160622.pdf

スヌーピーオンラインストア:http://okaimono-snoopy.jp/?official=txtmenu01

スヌーピーミュージアム公式サイト:http://www.snoopymuseum.tokyo/

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/img/5/kuchikomi/1565/KXL/85b94_0001565349_1.jpeg

出典元:http://www.snoopymuseum.tokyo/smt_wp/wp-content/uploads/2016/04/23132eae313456823c841b8adf4e74cc-1.gif

スヌーピーミュージアムインフォメーション:以下参照

アメリカ・カリフォルニア州サンタローザにある「シュルツ美術館」の世界初となる公式サテライト。4552枚のコミックで作られたチャーリー・ブラウンとスヌーピーのモザイク壁画、スヌーピーの歴史がわかるオリジナルアニメーション、貴重な原画やヴィンテージアイテムの展示など見どころがいっぱい。館内にはオリジナルグッズなどが揃うミュージアムショップ「BROWN’S STORE」、スヌーピーが生まれたカリフォルニア州があるアメリカ西海岸風の料理やスイーツが味わえる「Cafe Blanket」もあり、世代を問わず愛される「スヌーピー」の世界をたっぷりと楽しめ期間限定でイルミネーションも見られます

所在地:106-0032東京都港区六本木5620

問合せ:0363281960

開館時間:10002000

休館日:年末年始

参考サイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000184636/?screenId=OUW3701


2「アンジュール/ある犬の物語」

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81-5LAWhDNL.jpg

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81DxiqMj4KL.jpg

出典元:http://www.bear-green.com/brc/images/aut01-1.jpg

参考サイト:http://www.bear-green.com/brc/aut01.htm

インフォメーション:以下参照

そのイラスト、ストーリーが大変話題になった字のない絵本です。白黒のデッサン画がこの絵本のすべてです。ですがそこに登場する犬や景色は何と生き生きとしていることでしょうか1本のエンピツでこれだけの世界を描けるのかと唸ってしまう作品です。

エピソード:以下参照

犬が車から捨てられてしまいます。走り去る車、それを追う犬。犬はずっと車を追います。でも車は見えなくなってしまいます。犬はにおいをかぎ始め、方向を見定めると歩き始めますが、犬が道路へ出たせいで車同士が衝突し、大事故に。犬はそれを振り返りながらも、ひたすらに歩き続けます。あきらめて野をさまよう犬。そして街にたどり着き、ひとりぼっちの子どもと出会うのでした。

作者ガブリエル・バンサン/プロフィール:以下参照

ベルギーのブリュッセルに生まれ。ブリュッセルの美術学校で絵画を学び、以後長期にわたりデッサンに専念した。彼女の絵の最大の特長である線描の確かさは、そのたまものである。「くまのアーネストおじさん」シリーズは各国で高い評価を受け、世界10数か国で出版されている。ビアトリクス・ポターに影響を受けたという彼女は、作品で愛の深さ、他人に尽くす喜び、気取らない素朴な生活などを表現したかったという。「くまのアーネストおじさん」シリーズのほかの作品としては、話題のデッサン絵本『アンジュール-ある犬の物語』たまご』『マリオネット』さらには大作の『セレスティーヌ-アーネストとの出会い』『天国はおおさわぎ-天使セラフィーノの冒険』などのデッサン絵本や、『ちっちゃなサンタさん』 『テディ・ベアのおいしゃさん』『おやすみのまえに』『老夫婦』、画集『砂漠』、三部作に『パプーリとフェデリコ』がある。

日本国内出版元:ブックローン出版

出版年:19865

販売価格:1404円(アマゾン通販価格)

オンラインショッピング:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E2%80%95%E3%81%82%E3%82%8B%E7%8A%AC%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E3%82%AC%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%AB-%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3/dp/4892389579


3「キャスキッドソンの愛犬/ビリーBillie

出典元:http://www.cathkidston.jp/campaign/findingbillie/img/main.jpg

出典元:http://www.cathkidston.jp/campaign/findingbillie/img/photo_01.jpg

公式サイト:http://www.cathkidston.jp/top/CSfTop.jsp

参考サイト:https://www.linkedin.com/pulse/cath-kidston-inspiring-success-blue17-.co.uk

インフォメーション:(昨年2016年のプロモーション記事から)ノスタルジックで遊び心のあるプリントで知られる、ロンドン発の雑貨ブランド「キャス キッドソン」は日本市場で初出店をしてから今年2016年で10周年にあたります。この10周年を祝うキャンペーンの一環として、キャス キッドソン社のアイコニックな存在である犬、ビリー(Billie)が日本を正式訪問しています。ビリーはいつもより大きなサイズのオブジェになって都内名所に出現。日本でも珍しい犬種シーリハムテリアのビリーと、写真を撮る絶好のチャンスです。ビリーの都内名所めぐりの様子は特設サイトやSNSで紹介しています。また「正式に日本のお客様をお迎えしたい」ということで、ビリーがいくつかの店舗を訪問する予定です。

このプロモーション以後、ビリーの人気が高まりキャスキッドソンのお店ではビリーがモチーフとなったグッズ販売が行われています。

キャスキッドソン・エピソード:以下参照

出典元:http://www.cathkidston.jp/include_html/about/images/brand_img_01.jpg

キャスキッドソン:1993年、1つの小さなヴィンテージショップからすべてがはじまりましたロンドン西部に位置する町ノッティングヒル。のどかな住宅街がひろがる静かな通りに、キャス キッドソンは自らの名前を冠した小さなヴィンテージショップをひらきました。店内は美しいヴィンテージファブリックや、フリーマーケット・カーブートセールで集めた小物、鮮やかな色でペイントした古い家具などで埋め尽くされ、それらと一緒にヴィンテージファブリックを用いたクッションカバーやコットンバッグ、花柄のアイロン台カバーなどのオリジナル商品を店頭にならべました。この「ヴィンテージファブリックを意外な生活雑貨に使う」というアイデアは瞬く間に人気を集め、花柄のアイロン台カバーが各メディアにとり上げられたことをきっかけに、世界中からファッション関係者や感性ゆたかな人々が集う場所になりました。

キャスキッドソンジャパン株式会社所在地:東京都港区北青山3543

問合せ:0345506900

*①「そっくり犬WOODY君」

出典元:https://stat.profile.ameba.jp/profile_images/20150905/13/95/Hd/j/o048004991441427154525.jpg

稀少犬種シーリハムテリアはなかなか見かけませんが、東京にビリーとよく似たシーリハムテリアがいます。ブログもあり、日々の生活がレポートされて楽しいブログですのでご紹介します。

シーリハムテリアWOODYブログ:https://ameblo.jp/woodyblog/

*②「絶滅危惧種犬2017年最新情報」

Bonvoyagejapanにも上記の人気ページがあり、シーリハムテリアを紹介しています。ぜひご参照ください。

参照サイト:http://bonvoyagejapan.com/zetumetu-kigusyuken-2017/


4「忠犬ハチ公」

「晩年のハチ公」出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/6b/Hachiko.JPG/220px-Hachiko.JPG

「大舘駅前像」出典元:http://www.city.odate.akita.jp/dcity/kankou/files/ireisai.jpg

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%A0%E7%8A%AC%E3%83%8F%E3%83%81%E5%85%AC

参考サイト:http://www.city.odate.akita.jp/dcity/sitemanager.nsf/doc/1596170476AC0007492577760029A50B.html

参考サイト:http://www.gotokyo.org/jp/kanko/shibuya/spot/p_0050.html

エピソード:以下参照

忠犬ハチ公は、牡の秋田犬で、大正1211月大館市大子内(おおしない)の斎藤義一宅で、父・大子内山号、母・胡麻号の間に生まれました。ちょうどその、東京帝国大学農学部教授・上野英三郎博士が、純系の日本犬を捜していました。それを聞いた博士の教え子の世間瀬千代松氏は部下・栗田礼蔵氏の知り合いの斉藤宅から子犬をもらうことを思い付いたのです。大正13114日、こうして生後50日前後の幼犬が上野博士のもとへ送られました。幼犬は博士と共に食事をするほど可愛がられ「ハチ」と名付けられました。やがてハチは立派な秋田犬に成長し、博士の送り迎えもするようになり、ハチと博士の間に強い絆が結ばれました。しかし大正14521日、いつものようにハチに送られて出勤した博士は大学の教授会において講演中、脳溢血に倒れ急逝。通夜・葬儀の間、ハチは食事を与えても口にせず、その状態はしばらく続いたといいます。

博士の没後、浅草に引っ越した後も、夜、8キロ離れた渋谷方面に走って行くハチの姿がたびたび見られました。そんな状況が1年も続いたため、ハチの心情を想って顔なじみの代々木の植木職人・小林菊三郎宅に預けられることになりました。しかし夕食を終えると小林宅から700ⅿ800mの上野邸あたりをうろつき、その後渋谷駅の改札口前にじっと座ります。暑い日も、雨の日も、雪の日もハチは改札口前に座り続けました。ハチは人間や仔犬に対しては決して牙を向けたり吠えたりしませんでしたが、一度だけ、ほかの犬に咬みつかれたことがあり、それ以降左耳が垂れてしまいました。このようなハチの姿に、いつしか多くの人々が同情を寄せるようになり、次第に弱りはじめたハチを気遣い渋谷駅の職員も面倒を見るようになりました。昭和10年、ハチは海外にも紹介されたり、映画になったりと有名になっていましたが、フィラリアにより35日、容態が急変、その3日後の38日、ハチは駅から離れ、孤独に13年(人間にすると90歳)の一生を終えました。現在もハチは青山墓地上野博士とともに眠っています。

出典元:http://www.gotokyo.org/jp/kanko/shibuya/spot/images/p_0050_main.jpg

忠犬ハチ公像参考サイト:http://www.gotokyo.org/jp/kanko/shibuya/spot/p_0050.html

インフォメーション:渋谷駅前にはハチの銅像が「忠犬ハチ公像」として設置され、渋谷の待ち合わせ場所のシンボルとなっています。「ハチ」は1923年秋田県で生まれた雄犬で東京帝大教授上野英三郎氏の飼い犬です。上野氏が急死した後も渋谷駅前で主人の帰りを待つ姿が美談となりました。

設計デザイン者:安藤士

寸法:342cm(台座180ハチ公像162㎝)

所在地:東京都渋谷区道玄坂21

問合せ:0334628311(忠犬ハチ公銅像維持会)


5「白戸家の北海道犬カイ」

出典元:https://i.ytimg.com/vi/fXuFhC5Jfgk/maxresdefault.jpg

出典元:https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20080708/56045_200807080528192001215525788c.jpg

参考サイト:https://www.oricon.co.jp/news/56045/photo/1/

参考サイト:https://www.youtube.com/watch?v=fXuFhC5Jfgk

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%81%8F%E3%82%93

インフォメーション:北海道犬カイ20031010生まれ)はCMなどに出演するタレント湘南動物プロダクション所属。SoftBankCMで有名になり、愛称は「(白い)お父さん」。

プロフィール:以下参照

北海道勇払郡むかわ村生まれの北海道犬で、北海道の「海」にちなんで名づけられた。好物はソーセージロケ弁シャケきゅうり。妹にネネ、弟にポロという犬がいる。NHK朝の連続テレビ小説天花」(2004年)、TBS系ドラマ「里見八犬伝」(2006年)に出演後、2007年に開始されたSoftBankホワイトプラン・ホワイト学割などを主に宣伝する「白戸家の人々」の広告に、ある事情で人間から白い犬に変身してしまった「お父さん」役として出演し一躍有名となった。このTVCMではカット毎に演技の得意不得意に応じてネネを代わりに出演させている二犬一役の場合がある。お父さん役の吹替声を出している人物北大路欣也である(誰の声なのか憶測を呼んだがCM開始前に声優は発表されていた)。CM総合研究所2007年度CMタレント好感度調査によると、SoftBankCMでは「お父さん(犬)」がキャラクター部門の1位であった。このブレイクにより、カイくんやネネを主演にしたイメージビデオDVDが制作・発売されている。2009413にはプロ野球福岡ソフトバンクホークス2009年の応援隊長になった。そのためホークスのユニフォームの肩の所にソフトバンクモバイルの宣伝のため写真が貼り付けられている。20091027には北海道犬保存会鵡川支部長の飼い犬の同じ北海道犬と「見合い結婚」した。2010612ペアリングした北海道犬「ピリカ」との間に、雄雌2匹の仔が誕生した。雄の子の名は「そら君」、雌の子は「ゆめちゃん」。201077、もう一方のパートナーである北海道犬「灯希奈(ときな)」との間に雌雄3匹の仔が誕生。うち一匹「海斗(かいと、雄)」が帯広の個人に譲られた。ソラとユメについては、2010817に映画「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」の試写会に出演したカイくんと揃ってメディアにお披露目された。ウィルコムCMもおこなっていた佐々木希が登場するピエトロドレッシングCMにもカイくんの子犬を使用したとテレビ東京系『広告の番組』で仲畑貴志がコメントしている。20144月、老齢のため、すべての仕事から引退。CMは海斗に引き継いでいます

所属先:湘南動物プロダクション

公式サイト:http://www.shonan-animal.jp/

所在地:287-0225 千葉県成田市吉岡12181

問合せ先:0476738021

≪次ページパート2≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8