日本の伝統伎・青森刺し子(こぎん刺し)


日本の伝統伎・青森刺し子(こぎん刺し)

青森には生活に密着した見事な生活デザインが存在します。その「こぎん刺し」と言う野良着図案が今、注目を集めています。ご紹介します「日本の伝統伎・青森刺し子(こぎん刺し)」情報です。

「こぎん刺しの歴史」

出典元:https://sashiko.jp/res/images/content/about-sashiko-fig01.jpg

「刺し子」とは布地を綴り縫いや刺し縫いする針仕事のことです。かつて貴重だった布地を繰り返し補修し、長く大切に使う生活の過程で発達してきました。特に東北では、厳しい寒さを凌ぐために、布を何枚にも縫い重ねて保温をする独自の技術が広まりました。こぎん刺しとは津軽に伝わる刺し子の技法のひとつであり「刺しこぎん」とも呼ばれます。津軽地方では、野良着の事をこぎん(小布、小巾とも)と呼んだためこの名前が付いたと云われ、一般に青い布に白い木綿糸で刺されています。他の刺し子との違いは、縦の織り目に対して奇数の目を数えて刺すことで偶数の目でさすと青森県南部菱刺しになります。元来、寒冷地の津軽地方では木綿の栽培ができず、移入に頼らざるを得ない綿製品は高価でした。

出典元:https://sashiko.jp/res/images/content/about-sashiko-fig02.jpg

また1724享保9年)「農家倹約分限令」により、農民は仕事着、普段着において木綿の使用が禁止され、麻布を着衣として用いていました。しかし粗い仕立ての麻布は通気性が良すぎるため、津軽地方の冬の寒さを防ぐことができませんでした。 そのため明和1764頃)になり木綿の糸が手に入るようになると、農家の女性は麻布に刺繍をして布地の目を埋める事で暖かい空気を着衣の中に留めこみ、快適な被服にしたと云われています。さらに刺繍を細かくすることで、肩に背負う籠ヒモからの摩耗を防ぎ、装飾性の向上にもつながりました。こぎん刺しそのものは、津軽の土着的な衣類にすぎませんでしたが、昭和初期柳宗悦らの民藝運動で再評価されたことが契機となり全国的に知られるようになりました。


「その種類と紋様」

出典元:https://sashiko.jp/res/images/content/about-sashiko-fig03.jpg

日本三大刺し子といわれる刺し子は青森県津軽の「こぎん刺し」、青森県南部の「南部菱刺し」、山形県庄内の「庄内刺し子」です。こぎんは岩木川流域に分布していますが、模様や刺し方によって三区分されています。

「東こぎん」/太目の糸の生地に、大柄の総刺しをしたものが多く、他の小ぎんと違い縞模様がありません。弘前城から見て東の南津軽郡平賀尾上黒石周辺地域に伝承されるため東こぎんと呼ばれています

 

「西こぎん」/細めの繊維に織られた布を使い、肩の部分に横縞と背中に魔除けや蛇よけのための「逆さこぶ」と呼ばれる模様されています弘前城から見て西の弘前市から中津軽郡一帯に伝承されるため西こぎんと呼ばれています

 

「三縞こぎん」/肩から下に太い3本の縞が刺されていますが、これは肩から荷物を背負うときの補強をかねています西津軽郡木造町北津軽郡金木町の辺りで伝承されており、3本の線が特徴的なので三縞こぎんと呼ばれています

刺し子の基本模様は約300あり、これを繋げていくことで独特の美しい紋様を作っています。代表的な基本模様として 「テコナ(ちょうちょ)」「ハナッコ(花)」「マメッコ(豆)」「ウロコ(鱗)」「ベゴ(牛)」などがあります。


「大槌刺し子/復興プロジェクト」

出典元:https://sashiko.jp/res/images/content/about-concept-fig01.jpg

インフォメーション:実は大槌町は東日本大震災で大打撃を受けました。この災害は刺し子の存続にとってもとても大きな問題になりましたが、地元の皆さんが立ち上がり、刺し子と地元の復興を目標としたプロジェクトが発足しました。ここでは、その活動や内容を簡単にご案内したいと思います。特に、皆さんが力を入れておられる「オリジナルブランド」化を図り、身近に使える現代風の生活アイテムを通販サイトで販売されていることです。ホームページから活動の詳細は閲覧できますので、是非ご覧ください。以下、通販サイトのアイテムをご紹介します。

①「大槌刺し子マルチクロス/ひょうたん島」

出典元:http://img11.shop-pro.jp/PA01145/199/product/112395086.jpg?cmsp_timestamp=20170118212337

大槌の海に浮かぶ蓬莱島。「ひょっこりひょうたん島」のモデルになったとも言われる蓬莱島は大槌の町の人が愛してやまない町のシンボルです。そんなみんなが大好きなひょうたん島をモチーフにしたマルチクロス。ひょうたん島の周りには、鮭、ヒトデ、イカが泳いでいます。

価格:税込1000

オンラインショッピング:http://store.sashiko.jp/?pid=112395086-87679231.1499297446

②「ツナグ/刺し子ポーチ・小(紺色)」

出典元:http://img11.shop-pro.jp/PA01145/199/product/107281524_o1.jpg?cmsp_timestamp=20160913182819

ポーチ小は、ペンケースです。職場や学校で活躍する一枚で、平型で軽く、かさばらないため、いつでもかばんに忍ばせておくのにぴったりです。デザインは、刺し子の伝統柄である米刺しを使い、紺地に生成色の糸で仕上げたものと、生成地に橙色の糸で仕上げた2色を用意しました。

価格:税込3500

オンラインショッピング:http://store.sashiko.jp/?pid=107281524-87679231.1499297446

③「大槌復興カモメ刺し子パーカー(杢グレー)」

出典元:http://img11.shop-pro.jp/PA01145/199/product/50461298_o2.jpg?cmsp_timestamp=20161024195341

ボディには、パーカーの定番として人気の「MAXIMUM(マキシマム)」を使用。スリムなラインが特徴の、薄手で着心地の良いパーカーです。ボディの色は、杢グレー(薄いグレー)をご用意。前面の胸部分には、虹色のカモメが1羽。そして右ポケットからは、さりげないステッチを施されたカモメの羽が1枚顔をのぞかせます。背面には、「大槌復興刺し子プロジェクト」の象徴ともいえる「かもめ」が羽ばたき、そのうち1羽がフードへも飛び出しています。さらに、フード部分と左の袖口には、段染め糸でぐるりと一周チェーンステッチが施され、シンプルなパーカーをカラフルに彩ります。背面の針と糸をモチーフにした「otsuchi sashiko ロゴ」部分にも刺繍が施されています。ポケットにはおなじみの「大槌刺し子タグ」付きです。

価格:税込5500

オンラインショッピング:http://store.sashiko.jp/?pid=50461298

正式名称:「大槌復興刺し子プロジェクト」

公式サイト:https://sashiko.jp/project

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/otsuchi.sashiko/

事務局所在地:028-1121岩手県上閉伊郡大槌町小鎚第26地割字花輪田128番地4

問合せ:0193-55-5368

運営団体:特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス


「こぎん刺しの体験スポット」

出典元:http://www.aptinet.jp/OR_0_640_00001608_1.jpg

体験施設:「(有)弘前こぎん研究所」

インフォメーション:弘前こぎん研究所では資料説明と作業場の見学後、しおりの制作をします。実施期間/実施時間:年間通期/9:0012:0013:0015:00(事前予約必要)

所要時間:90120

体験費用:1500

公式サイト:http://www.aptinet.jp/Detail_display_00001608.html

所在地:036-8216 青森県弘前市在府町61

問合せ:0172-32-0595

営業時間:9001630

休業日:土・日曜日


「こぎん刺し展示箇所」

出典元:http://youko-kogintenjikan.com/4.jpg

スポット名:「佐藤陽子こぎん展示館」

インフォメーション:完全予約制の展示館ですから、事前の電話予約連絡は必須です。展示館には100点以上の作品が展示されていますが、「西こぎん」「東こぎん」の作品が中心になっています。

公式サイト:http://youko-kogintenjikan.com/contact.html

所在地:0361323青森県弘前市大字真土字東川1991

問合せ:0172823367

入館料:500


「こぎん刺しイベント(こぎんフェス)」

出典元:http://kogin-fes.net/wp-content/uploads/2017/04/mian-visual01.jpg

出典元:http://kogin-fes.net/wp-content/themes/kokin-fes-6th/images/kogin-tenji.jpg

イベント正式名:「KOGIN FES/こぎんフェス」

公式サイト:http://kogin-fes.net/

インフォメーション:こぎんフェスは毎年、弘前市民文化交流館ホールで開催されています。津軽こぎん刺しの展示はもちろんのこと、こぎんグッズの販売やトーク、ワークショップなど、盛りだくさんの内容で実施されます。弘前市内・青森県内はもちろん、全国からお客様が参加されています。また全国各地からこぎん作家が集い、オリジナルこぎん作品や関連商品を展示・販売されるので毎年、会場はにぎわいます。

開催日/期間:今年度は2017428(),29(),30() 3日間でした。

開催箇所:弘前市民文化交流館ホール

住所:036-8003 青森県弘前市駅前町920

問合せ:0172-35-0154

関連費用:入場無料です。

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8