家淹れコーヒーの人気商品コレクション

Pocket

8「ハワイアンアイルズ/レギュラーコーヒー コナ バニラマカダミア」

出典元:https://kaldi-online.com/client_info/KALDI/itemimage/0091903207016.jpg

公式サイト:http://www.hawaiianisles.com/

豆生産国:ブラジル・コロンビア・その他

原産国:アメリカ

挽き方:中挽き

輸入元:丸長株式会社など

商品インフォメーション:以下参照

ハワイアンアイルズ・コナコーヒーカンパニーはハワイ3大コーヒーメーカーの1つで、
地元ハワイでは誰もが知っているコーヒーブランドです。KonaKauiで取れた上質な豆を使った、風味豊かなコナブレンド。控えめながらハワイ独特の風味が味わえるフレーバーコーヒー。共に日本での人気も高く、日本のハワイアンレストランでも多く使われています。その個性的な香りとすっきりした味わいをどうぞお楽しみ下さい。

参考価格:200g/税込1209円(カルディコーヒーファーム通販価格)

オンラインショッピング:https://kaldi-online.com/item/0091903207016.html


9「キーコーヒー/LPトラジャブレンド」

出典元:https://m.media-amazon.com/images/S/aplus-media/vc/f288a2a2-a4e4-4bc1-a066-63847f62e5e8._SR150,300_.jpg

出典元:https://m.media-amazon.com/images/S/aplus-media/vc/3b0bf315-7062-4cd3-9e11-3ad19839f3fd._SR300,300_.jpg

公式サイト:https://www.keycoffee.co.jp/products/regular/bean/bean01.html

豆生産国:インドネシア・メキシコ・など

原産国:日本

製造販売元:キーコーヒー株式会社

商品インフォメーション:以下参照

トアルコトラジャをベースにした、格調高い味わいです。キーコーヒーだけのプレミアム トアルコ トラジャ。キーコーヒーは、「幻の名品トラジャコーヒー」を復活させるために、インドネシア スラウエシ島のジャングルを開墾し、理想的なコーヒー生産を行なう直営農場を作りあげました。その後30年にわたる農場周辺地域への苗木配布や栽培技術支援によって、標高の高い地域でのコーヒー栽培が可能になり、トアルコ トラジャは更に高品質なコーヒーに生まれ変わりました。トアルコ トラジャは、アラビカ種の傑作としてキーコーヒーが誇る、唯一無二のコーヒーです。世界でもまれに見る厳しい品質基準が行われており、香り高く味わい深いコーヒーとして親しまれています。トラジャ及びトアルコは登録商標です。

参考価格:200g822円(アマゾン通販価格)

オンラインショッピング:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC-LP-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89-200g-%E8%B1%86/dp/B002OB3ZL4


10「ゴディバ/フレーバーコーヒー ヘーゼルナッツクリーム」

出典元:https://www.godiva.co.jp/images/items/drink/869050_1.jpg

公式サイト:https://www.godiva.co.jp/items/drink.html

豆生産国:メキシコ・コロンビア・その他

原産国:アメリカ

輸入元:ゴディバジャパン株式会社

商品インフォメーション:クリーミーな風味のヘーゼルナッツ香料を使用したフレーバーコーヒー。アラビカ種コーヒー豆の豊かな香りをそのままパックし、ゴディバらしさを追求しました。甘い香りはしますが、糖分は入っていないのですっきりとおいしく飲むことができます。ヘーゼルナッツとコーヒーが織り成すハーモニーをお楽しみください。淹れ方は、ドリップ、コーヒーメーカーで通常のレギュラーコーヒー1カップ(140cc)あたり、1012gをご使用ください。お好みによりコーヒーの量を調整してください。

参考価格:57g756円(ゴディバ・オンラインショッピング価格)

オンラインショッピング:https://www.godiva.co.jp/onlineshop/ITEM/869050


11「ロイヤルコナコーヒー/バニラクリームブリュレ」

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Q4T6ShpCL._SL1500_.jpg

公式サイト:http://www.orientcommerce.jp/products/royalkonacoffee

豆生産国:未確認

原産国:アメリカ

輸入元:オリエントコマース株式会社

商品インフォメーション:ロイヤルコナコーヒーはハワイのトップブランドで、高級品としてABCストアをはじめ、ほとんどの小売店で売られています。デューティーフリーショップのおみやげ品のベストセラーで、ハワイアンコーヒーでは No.1 です。ロイヤルコナ・フレーバーコーヒーにはハワイコナが10%以上ブレンドされてます。またロイヤルコナ取扱商品全てがミディアムロースト、中挽きとなってます。「バニラ クリームブリュレ」はフランスの焼菓子クレームブリュレを思わせる濃厚な香りとバニラの甘い香りを香料により再現したものですので、トロピカルなアロマをほぼノンカロリーでお楽しみ頂けます。夏場にはドリップ後に冷蔵庫で冷やすアイス・フレーバーコーヒーがトレンドです。

参考価格:227g1364円(アマゾン通販価格)

オンラインショッピング:https://www.amazon.co.jp/Royal-Kona-%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%8A-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%AC-227g/dp/B001JTXXP0


12KUKUコーヒー/ベトナムブレンド」

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61bVoH68-dL._SL1000_.jpg

公式サイト:http://www.trungnguyencafe.com/index.php

豆生産国:ベトナム

原産国:ベトナム

輸入元:株式会社エピス

商品インフォメーション:KUKU(クク) コーヒー ベトナムブレンド 250gはコーヒーの生産量世界第二位のベトナムで昔から現地の人々に親しまれている味わいのベトナムコーヒーです。ココアやチョコレートのような風味と苦味がバランス良く楽しめるベトナムコーヒーです。深煎り焙煎なので、アイスコーヒーにしても、しっかりとした味わいがお召し上がりいただけます。牛乳やコンデンスミルクを入れて本場のベトナムコーヒーと同じチョコレートドリンクのような味わいになります。またお好みでレギュラーコーヒーに少量ブレンドしていただいても美味しく召し上がっていただけます。ベトナム南部の高原地帯BAOLOC(バオロック)で丹精込めて作られたロブスタ豆を使用しております。

参考価格:259g842円(アマゾン通販価格)

オンラインショッピング:https://www.amazon.co.jp/KUKU-%E3%82%AF%E3%82%AF-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC-%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89-250g/dp/B0053O5X3C


13「チュングエンコーヒー/クリ ロブスタ」

出典元:https://www.wisecart.ne.jp/img_server/co_img1/daitsu/user/coffee/no1%20500g%20new.jpg

出典元:http://www.trungnguyencafe.com/170120161356/user_images/01.jpg

公式サイト:http://www.trungnguyencafe.com/

豆生産国:ベトナム

原産国:ベトナム

輸入元:株式会社エピス

ベトナムコーヒーについて:以下参照

コーヒーの生産国はブラジル、コロンビア、エチオピアが有名です。しかし、今日の世界第二の輸出国はベトナムです。30年の間にベトナムコーヒーシェアは0.1%から20%へ上昇しました。 ベトナムの人々は、コンデンスミルクや卵でカプチーノを飲みながら、コーヒーを楽しみます。しかし、ベトナムで栽培されたコーヒーは主に輸出用のものでもあります。 コーヒーは19世紀にフランス人がベトナムに紹介し、コーヒーの製造、加工工場は1950年に開始されました。ヨーロッパでは一般的にコーヒーは、主にアラビカ豆を使用するのに対して、ベトナムはロブスタ豆のコーヒーを栽培しています。アラビカ豆は11.5%のカフェインが含まれていますが、ロブスタ豆には約1.6%~2.7%を含まれているため、濃厚で苦みを感じます。かつて、多くのベトナムコーヒーは生豆として輸出された後にヨーロッパなどで焙煎されていましたが、15年前からは徐々に自国で焙煎・販売しています。その中でベトナムで最初の国際的コーヒーブランド「チュングエンコーヒー」が有名です。チュングエンコーヒーはコーヒー生産地として有名なバンメトートーにて栽培されています。

商品インフォメーション:以下参照

良質なロブスタ豆のみを使用したコーヒーです。ロブスタ種の豆はベトナムで生産されている主要なコーヒー品種のひとつです。ベトナムコーヒーの生産量の8090%はこの品種から作られています。苦みが強く酸味がないのが味の特徴でエスプレッソに近いコーヒーです。ボディーの効いた味わいで、アイスコーヒーでお飲みいただくと美味しさが引き立ちます。こちらの商品はベトナム国内のチュングエンカフェで使用されている卸用のコーヒーです。

参考価格:500g/税別1600

オンラインショッピング:https://www.wisecart.ne.jp/daitsu/7.1/001-a124/


14「キンボ/エスプレッソ ゴールド」

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51-hZRET8FL.jpg

公式サイト:http://montecp.jp/kimbo/

豆生産国:ブラジル・エルサルバドル・グアテマラ

原産国:イタリア

輸入元:モンテ物産

メーカーインフォメーション:以下参照

エスプレッソの聖地ナポリに1940年に開店した小さなカフェから始まったキンボ社は今ではイタリアの小売市場No.2になるまで成長しました。創業当初からナポリ伝統の味をエスプレッソを愛する人たちに提供することに情熱を燃やし続けております。濃厚でコクが強く芳ばしいアロマを放つキンボ社のエスプレッソは、50年以上の間、世界中から熱狂的な支持を受けています。エスプレッソ発祥の地といわれるナポリ生まれのキンボ。ナポリの街を歩けば、カフェでコーヒーを立ち飲みしながら、バリスタや友人とおしゃべりを楽しむ人々をたくさん見かけます。

商品インフォメーション:以下参照

ナポリのエスプレッソは濃厚でコクが強く、甘みの中にぴりっとしたスパイスを感じられます。芳しいアロマも魅力。キンボは世界中のコーヒー愛好家から「真のナポリコーヒー」として熱狂的な支持をうけています。 ゴールドは中南米の高知からの最高級アラビカ豆のみでつくる特別ブレンドです。完璧な焙煎により上品なチョコレートやバランスのとれた酸味と甘みによる心地よい後味をお楽しみください。豆の比率アラビカ種100

参考価格:250g1380

オンラインショッピング:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%9C-003110-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E7%B2%89-%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-250g/dp/B00SR41XI4/ref=pd_sim_325_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=3N7AM5338JHJ3083WA8N

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8