デニッシュペストリーの美味しい店


デニッシュペストリーの美味しい店

時々無性に、サクサク生地の甘いデニッシュを食べたくなります。そんな方にご紹介します「デニッシュペストリーの美味しい店」情報です。「カフェオーバカナル」「ビーバーテイルズ」「シェ カザマ」「アンデルセン」「ロンポワン」「マンマーノ」「ユヌクレ」「タップハウス」「ブーランジュリーオーヴェルニュ」「ル・パン・コティディアン」「プルクル」「トーチドットベーカリー」。

「カフェ オーバカナル」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27261/320x320_rect_27261017.jpg

①出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/48394/320x320_rect_48394673.jpg

②出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/21030/320x320_rect_21030611.jpg

公式サイト:http://www.auxbacchanales.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13002748/

ショップ情報:オーバカナルは1995321日、原宿のビルの1Fに誕生しました。「カフェ」や「ブラッスリー」「ブランジェリー」といった言葉がまだまだ日本では認知されていなかった当時、オープンカフェというスタイルを日本に紹介しました。カフェ、ブラッスリー、ブランジェリーという3つの異なるスタイルが共存する、まったくオリジナルのブランドとして、流行や文化がオーバカナルから生まれました。大人の日常使い”という新しい提案が受け入れられ当時の流行の先端を行く敏感な人々が仕事にプライベートにと集いました。学生は沿道から様子を覗ったり、背伸びをしてカフェに入ったり、そんな独特の空気感が原宿を包み込みました。ビルの老朽化により、原宿店を2003年に閉店しましたが、現在、都内に5店舗(赤坂、紀尾井町、銀座、高輪、東山)、大阪、京都、博多、計8店舗のオーバカナルがあります。

お薦め:以下参照

「ダノワーズ・パティシェール」デニッシュにカスタードクリームをたっぷりとのせて焼き上げました。

②「ダノワーズ・アルリコ」アルリコットのデニッシュです。

インフォメーション:(HPより)フランス直輸入の厳選素材で作る本格派バゲットなどハード系からデニッシュやキッシュ、サンドウィッチまで、70種類以上をバリエーション豊かに取り揃えています。フランスの日常の味にこだわった焼きたてのパンの香りにつつまれます。(Boulangerie併設店舗のみの取扱いとなります。店舗により取扱い商品が異なります。)

参考価格:以下参照

①「ダノワーズ・パティシェール」230

②「ダノワーズ・アルリコ」230

③「パン オ ショコラ」210

赤坂店店舗所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル2F

問合せ:03-3582-2225

営業時間:月~金8001930/土日祝日10001930

定休日:年中無休


「ビーバーテイルズ」

出典元:http://beavertails.jp/wp-content/uploads/2015/08/82308.jpg

出典元:http://beavertails.jp/wp-content/uploads/2015/08/photo_gallery03.jpg

出典元:http://beavertails.jp/wp-content/themes/beavertails/images/lib/menu/img01.png

公式サイト:http://beavertails.jp/

ショップ情報:1978年、ビーバーテイルズの歴史はカナダの首都オタワの小さな売店から始まります。「ビーバーテイルズ®」は店名が商品名であり、形がカナダの象徴的な動物であるビーバーの尻尾に似ているためその名がつきました。フッカー夫妻のファミリーレシピにより作られたペイストリーは評判を呼び、現在ではカナダ国内で100店舗以上展開されていて、今もなおファンが増え続けています。カナディアン・アイコンであるビーバーテイルズ®にはオバマ大統領やヒラリー・クリントン氏をはじめ各界著名人が多く訪れます。またダボス会議等の権威ある国際大会にもカナダ代表として出店要請を数多く受けています。

お薦め:ペイストリー「シナモンシュガー&レモン」・「オバマテイル」など

インフォメーション:粗挽き小麦粉を使った生地は注文を受けてから手で伸ばし揚げられ、クラシックシナモンやヘーゼルナッツチョコ等をトッピング。揚げたて熱々のペイストリーをお楽しみください。ビーバーテイルズ®のメニューにはペイストリーの他に「ビーバーサンデー」や「スムージー」、「ジェラート」があります。ビーバーサンデーはキャンディー、カラメル、チョコレート、ピーナッツバターいずれかに冷たいソフトジェラートをトッピングしたもの。スムージーはお客様ご自身でお選びいただいた数種類の冷凍フルーツにオーガニックジュースベースを加え提供させていただきます。

参考価格:ペイストリー「シナモンシュガー&レモン」430円・「オバマテイル」480円など

店舗所在地:158-0083 東京都世田谷区奥沢7丁目4−12 UPビル

問合せ:03-6809-8628

営業時間:11001900(土日は10001900

定休日:年中無休

インストア席数:23


「シェ カザマ」

出典元:http://www.chez-kazama.jp/gallery/up_img/1306242575-406006.jpg

出典元:http://www.chez-kazama.jp/shopping//product_img/1310599559-530957_1.jpg?r=258353928

出典元:http://www.chez-kazama.jp/shopping//product_img/1313285752-726152_1.jpg?r=2061286801

公式サイト:http://www.chez-kazama.jp/

ショップ情報:シェ カザマは、1992年のオープン以来、「人を感動させるパン」を理念に掲げ、パンをつくり続けてまいりました。私たちが目指すのは、ただ美味しいだけのパンではなく、目で見て楽しめ、味わっても楽しめる、新しい発見や驚きに出会えるパンです。「幸せはパンのある食卓から」。その想いを込めながら、小麦の香ばしさを引き出し、じっくり焼き上げ、ひとつひとつ丁寧につくっています。ひとりでも多くの方に“食による感動”を体験していただき、食卓に“美味しい笑顔”を増やすことが、私たちの一番の願いです。ご友人・ご家族など、大切な方との団らんのひとときに真心を込めてつくった当店こだわりのパンを、ぜひご賞味ください。

お薦め:①「クリームペストリー」・②「アップルペストリー」

インフォメーション:「クリームペストリー」はお店自慢のカスタードクリームがたっぷり入っています。またペストリーはいずれもバターたっぷりの生地なので、サクサクとした食感が満喫できます。

参考価格:①「クリームペストリー」税込220円・②「アップルペストリー」税込220

店舗所在地:102-0082東京都千代田区一番町10 一番町ウエストビル1F

問合せ:03-3263-2426

営業時間:8302030

定休日:日曜日・お盆・年末年始


「アンデルセン」

出典元:http://www.andersen.co.jp/shop/assets_c/2011/11/_DSC1031-thumb-300xauto-7179.jpg

出典元:http://www.andersen.co.jp/item/popular/assets_c/2016/05/%E3%82%BF%E3%82%99%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC-thumb-240xauto-22508.jpg

出典元:http://www.andersen.co.jp/item/popular/assets_c/2016/05/%E3%82%B9%E3%83%8F%E3%82%9A%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%99%E3%83%AF%E3%83%BC-thumb-240xauto-22509.jpg

公式サイト:http://www.andersen.co.jp/

ショップ情報:デンマークの童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンが童話を通じて世界の人々に夢や希望を与えたように、私たちはパンのある食卓を通じて豊かな暮らしをお届けしたい-「アンデルセン」は1967年に広島で誕生しました。以来、「お手本は、いつもデンマーク。」 デンマークの人々の食を楽しみ、日々の暮らしを大切にする姿勢に学び続けています。サクッとした軽い口当たりと、豊かなバターの香り。私たちの創業者がデンマーク・コペンハーゲンのホテルで出会い、そのおいしさに魅了されたのは1959年のこと。それから3年後、試行錯誤をかさねてようやく日本初のデニッシュペストリーが生まれました。

お薦め:①「ダークチェリー」・②「スパンダワー」

インフォメーション:以下参照

「ダークチェリー」マジパンのコクが隠し味。カスタードクリーム、ダークチェリーを重ねました。

「スパンダワー」卵とミルクの素朴な味のカスタードクリームとアーモンドが香ばしい、ペストリーの代表格。

参考価格:①「ダークチェリー」260円・②「スパンダワー」216

新宿伊勢丹本店店舗所在地:160-0022新宿区新宿3-14-1伊勢丹新宿本店B1F

問合せ:03-5269-8636

営業時間:10302000

定休日:新宿伊勢丹に準じる


「ロンポワン」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/18431/320x320_rect_18431405.jpg

①出典元:http://www.rond-point.jp/CL01_02/64_S1.jpg

②出典元:http://www.rond-point.jp/CL01_02/65_S1.jpg

公式サイト:http://www.rond-point.jp/index.html

ショップ情報:1996年に福岡県福岡市で誕生した、石窯パンと欧風菓子のお店「ロン・ポワン」。石窯でていねいに温度調節をしながら焼き上げるバラエティ豊かなパンと焼き菓子を中心とした欧風菓子は、そのおいしさからわざわざ遠くから買いに訪れる人が多いほど人気です

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13153804/

お薦め:①「クロカント」②「メープルシュガーデニッシュ」

インフォメーション:天然酵母100%クロワッサンや、ソフトフランス、明太バケットなど、魅力的なメニューが並ぶなか、焼き菓子で一番人気を誇るのがパンみたいなお菓子「クロカント」(270円)。デニッシュ生地に、胡桃とカシューナッツを混ぜ、ラスクのようなサクサクな食感に焼き上げている。デニッシュ生地の底には、溶けたブラウンシュガーがキャラメル状になっていて、ちょっぴり甘さをプラス。ナッツの香ばしさと、デニッシュ生地のサクサク感、ブラウンシュガーの甘さが見ごとなハーモニーを生み出し、リピーターが耐えない人気商品となっています

参考価格:①「クロカント」税込281

丸の内店所在地:東京都千代田区丸の内2-7-2JPタワーB1F KITTE GRANCHE

問合せ:03-6256-0858

営業時間:月~土8002100/日曜祝日8002000

定休日:不定休(KITTEに準じる)


「マンマーノ」

出典元:http://www.mainmano.jp/images/material/company_img003.jpg

①出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/9598/320x320_rect_9598847.jpg

②出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/1196/320x320_rect_1196899.jpg

公式サイト:http://www.mainmano.jp/

ショップ情報:(HPより)

パリの16区をイメージしたブーランジェリー&カフェ「Main Mano (マンマーノ)」を代々木上原の地に20081216日オープンいたしました。店名はフランス語で“main(マン)”、イタリア語“mano(マーノ)”がそ れぞれ“手作り”の意味で、“手と手を繋ぎたい”という想いで名づけました。焼きたての味を時間差なくお楽しみいただけるよう朝8時から営業し、併設のカフェではオリジナルブレンドのコーヒー・紅茶などもお楽しみいただけます。常に“もっと美味しく、より幸せになれるパン”を追求し、最高の素材で、“本場 の味、本物のパン”を創り続けてまいります。

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13059417/

お薦め:①「パンオショコラ」②「ポミエ」

参考価格:①「パンオショコラ」②「ポミエ」③「グリオット」388円④「コロネ」120円⑤「ナッツデニシュ」280円⑥「シナモンロール」230

店舗所在地:東京都渋谷区西原365 MH代々木上原1F

問合せ:03-6416-8022

営業時間:8002000

定休日:火曜日・第一月曜日

インストア席数:13

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8