ディープ東京「愛すべき喫茶店」/2016年3月20日修正更新版


ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


ディープ東京「愛すべき喫茶店」

今時の人には、昭和半ばの喫茶店文化は判らないだろうな、と思います。そもそもジャンルがあって「名曲喫茶」「画廊喫茶」「ジャズ喫茶」「純喫茶」「高級喫茶」「美人喫茶」「歌声喫茶」と多様な区分が有りました。必要に応じて多分使い分けしていたと思うのですが、いつのまにか絶滅危惧産業になってしまいました。でも、おっとどっこい頑張っている喫茶店が東京には結構残っています。独特の雰囲気と存在感は一見の価値ありです。ご案内します、東京のノスタルジック喫茶店です。

 

浅草・ロッジ赤石

店の中に入ると、「これぞ喫茶店!」とヒシヒシと感じます。奥の壁にはたくさんの柱時計が並び、麻雀ゲームがそのままテーブルになったりしています。いまどきオール喫煙OKだなんて、ありえませえん。昭和セピア感が店全体からあふれ出しているのであります。ロッジ赤石は、9時から翌5時まで営業しています。夕方5時ではなく、朝の5時までなんです!なお名物はモーニングとナポリタンです。今、喫茶店のナポリタンが話題になっていますが、『ロッジ赤石』に行かずして、ナポリタンを語るなかれです。

住所:東京都台東区浅草3-8-4

電話:03-3875-1688

営業時間:[火~土]9:00~翌6:00[日・祝]9:00~翌1:00

URL:不明


浅草・アンヂェラス

浅草オレンジ通り沿いにあり外観はヨーロッパ風の山小屋をイメージし、店内には売店と落ち着いた雰囲気の喫茶室があります。浅草でほっとする憩いの場所といえばこちらです。 昭和の古典喫茶店の代表格的店の『アンヂェラス』。下町の浅草でひときわ目を引く、ヨーロッパの山小屋と思しき外観が目印です。看板メニューは、店名と同じ名前をしたロールケーキ「アンヂェラス」。ホワイトチョコレートとチョコレートの2種類があり、どちらも絶品です。

住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目17−6

電話:03-3841-2208

営業時間:10:00~19:00

公式サイト:http://www.asakusa-angelus.com/

出典元:http://www.asakusa-angelus.com/shared/img/about/sec04_img01.png

出典元:http://www.asakusa-angelus.com/shared/img/about/sec04_img07.png

出典元:http://www.asakusa-angelus.com/shared/img/cake/sec02_photo_01.png

上野・古城

まず入口を見て度肝を抜かれます。歴史的なゴージャス系の純喫茶の中でもここは人の想像の範囲を遥かに超えるかも知れません。地下の入口に足を踏み出すと、いきなり暖炉。その上になぜか、ゴージャスな金の置き時計があります。すべてがそんな感覚です。それは1963年開店し上野で50年、ヨーロピアンスタイル大型純喫茶の古城のことなんです。シャンデリア、ステンドグラス、彫刻。ここは完璧にレトロな香りで満ちています。

住所:〒110-0015 東京都台東区 3丁目39−10 光和ビル B1F

電話:03-3832-5675

営業時間:8:30~22:00

URL:不明


東大前・COFFEEこころ

東京大学の前、本郷通りといえば純喫茶の密集エリアです。「ルオー」「万定フルーツパーラー」「ボンナ」といった珠玉の純喫茶が連なっています。そして、「こころ」。夏目漱石の小説が店名の由来です。お客さんは教授、生徒など東大関係者が多いと言います。また1日に3回来るお客さんもいたり、お客さん同士で仲良くなったり、お客さんのお気に入りの品々を店内に置いたり。棚には、手作りの毬、バカボンの人形、コンペイトウなど、趣味嗜好統一性なしのノンジャンル。そして2階は絶景です。窓が大きく、東大が見えます。沿道の木々の新緑は爽やかで秋には黄色く色づき、それも見ごたえがあります。

住所:〒113-0033 東京都文京区本郷6丁目18−11

電話:03-3812-6791

営業時間: 9:00~19:00、土 10:00~17:00

URL:不明


銀座・トリコロール本店

昭和11年(1936年)銀座に創業以来、香り高いコーヒーと手作りのケーキでお客様に心地よい 時間を提供し続けています。中米産の高品質なコーヒー豆を、ネルを使用したハンドドリップ でお客様のご注文を頂いてから丁寧に抽出しています。 人気のアップルパイはリンゴの皮を剥くなどからすべて店内で手作り。おいしいコーヒーと ケーキでくつろぎの時間をお過ごしいただけます。

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5−9−17

電話:03-3571-1811

営業時間:[月~金]8:00~20:30(L.O.20:00)[土・日・祝]8:00~21:00

URL:http://www.tricolore.co.jp/

menu_img1[1]

出典元:http://www.tricolore.co.jp/

menu_img3[1]

出典元:http://www.tricolore.co.jp/


銀座・カフェ・ド・ランブル

都内には珈琲の名店として名高い喫茶店がいくつかありますが、その中でも特に有名なのが銀座にあるランブルだと思います。看板には「珈琲だけの店」としっかり明記されていてコーヒー好きが美味しいと通う有名店「カフェ・ド・ランブル」だけのことがあります。人気の「グアテマラ」は、ストレートな苦さがウリで、ふわっと良い香りが鼻をくすぐります。味も濃く苦みが感じられますが、まろやかな香りが口の中に広がりとっても美味しいと評判です。その他にも色々な種類が揃っていますし、好みを伝えるとマスターがオススメの一品を提案してくれるので安心して利用することが出来るお店です。

住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座8−10−15

電話:03-3571-1551

営業時間:[月~土]12:00~22:00(L.O.21:30)[日・祝]12:00~19:00(L.O.18:30)

URL:http://www.h6.dion.ne.jp/~lambre/

signboard5[1]

出典元:http://www.h6.dion.ne.jp/

table[1]

出典元:http://www.h6.dion.ne.jp/

beans3[1]

出典元:http://www.h6.dion.ne.jp/

 

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫

スポンサードリンク

ads by A8