外国人オーナーの人気グルメ店


外国人オーナーの人気グルメ店

在日外国人の方が日本で飲食店を開業することは至難の業と言われます。それでも頑張っていいる人気店が目白押しです。そこでご紹介します「外国人オーナーの人気グルメ店」情報東京編です。「池袋トマト・トマト・デ・ルーチェ」「日暮里ザクロレストラン」「浅草カンピオンエール醸造所」「目白ル・テロワール」「神楽坂カルミネ」「渋谷エル・カステリャーノ」「赤坂SCHMATZ」「要町ザ・キャット&カスク タヴァーン」「板橋花門」「神楽坂メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ」「下新明巨人のシチューハウス」「麻布十番ミルコローネ」「神楽坂ステファノ」。

「池袋トマト・トマト・デ・ルーチェ」

①出典元:http://tomato-de-luce.com/food/pasta/04.jpg

出典元:http://tomato-de-luce.com/food/main/07.jpg

出典元:http://tomato-de-luce.com/food/rissoto_pizza/05.jpg

出典元:http://tomato-de-luce.com/layout/footShopIMG.jpg

公式サイト:http://tomato-de-luce.com/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オーナー国籍:アモビ氏(ナイジェリア)

インフォメーション:以下参照

2012年、池袋にオープンした「トマト・トマト・デ・ルーチェ」。トマト料理専門店として開業した店主のアモビさんは15年前、ナイジェリアから来日し、お台場のイタリア料理店で腕を磨き、さらに、本場イタリアに渡って修業を重ねました。一番人気のトマト・カルボナーラはオリジナルのトマトソースが味の決め手。リピーター続出の逸品で、それ以外にも、工夫を凝らしたオリジナルのトマト料理が楽しめます。

お薦め人気メニュー・参考価格:以下参照

①「オリジナル カルボナーラ パスタ」1300

②「トマトビーフシチュー」2000

③「マルゲリータヒピッツア」1300

④「クラムチャウダー」600

店舗所在地:170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目1313

問合せ:03-6914-1411

営業時間:11:3014:3017:0023:00

定休日:日曜日

席数:10


「日暮里ザクロレストラン」

①出典元:http://nippori-zakuro.com/wp/wp-content/themes/cloudtpl_849/images/dinn
er.jpg

②出典元:http://nippori-zakuro.com/wp/wp-content/themes/cloudtpl_849/images/siawase.jpg

出典元:http://nippori-zakuro.com/wp/wp-content/uploads/S_4355233946796.jpg?w=410&h=307

出典元:https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/13731730_1159278754092389_4317316829734062299_n.jpg?oh=fcc34cf2518b16958d73bb99778b09c3&oe=59737A9B

公式サイト:http://nippori-zakuro.com/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3-395233810496891/

オーナー国籍:アリ氏(イラン)

インフォメーション:以下参照

「レストラン ザクロ」は日暮里の谷中銀座商店街入り口にあります。ここだけ異様な雰囲気を放っており、道行く人が不思議そうに中を覗いています。ちなみに、イラン・トルコ・ウズベキスタン料理を提供するレストランです。天井には無数のトルコランプが飾ってあります。ここが日暮里であることを忘れてしまうような幻想的なムードに、うっとりされられます。ディナーで99%の人が注文するという「食べきれないコース」(1人前 2,000円)が人気です。

お薦め人気メニュー・参考価格:以下参照

①「食べきれないコース」2000円/3000

②「幸せランチ・おなかペコペココース」1000

③「日替わりランチ・普通におなかへったコース」600

店舗所在地:116-0013 東京都荒川区西日暮里3丁目13−2 スタジオ谷中

問合せ:03-5685-5313

営業時間:11002300

定休日:水曜日

席数:60


「浅草カンピオンエール醸造所」

出典元:https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/16864150_1091132241033430_5185464747652922938_n.png?oh=9e44ccc9a1dfdff52b199ecac901d809&oe=593D1E30

出典元:https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/62143/320x320_rect_62143613.jpg

出典元:https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/34769/320x320_rect_34769749.jpg

出典元:https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/23914/320x320_rect_23914114.jpg

出典元:https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/56736/320x320_rect_56736935.jpg

公式サイト:http://www.campionale.com/jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/CampionAle/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13163537/

オーナー国籍:ジェームス・ウィリアムス氏(イギリス)

インフォメーション:カンピオンエール ブリティッシュパブ&ブリュワリー(ビール醸造所)へようこそ。浅草寺とかっぱ橋道具街の間にある、店内で造ったビールを楽しめるゆったりした雰囲気のパブです。最近クラフトビールという言葉が流行し始めていますが、まだまだ知られていないのがブルーパブという形態。ブルーパブの魅力はその抜群の鮮度。ビールを移動する必要が無いため、ビールの劣化が無く、造りたてのフレッシュなビールが飲めるというのはブルーパブの最大の魅力です。そしてさらに、ブルーパブはそのお店でしか飲めないオリジナルレシピのビールとそのビールに合わせたおつまみが楽しめる、というのがまた魅力なのです。

お薦め人気メニュー・参考価格:以下参照

UK12 PINT600

UK23 PINT750

UK 1PINT1000

店舗所在地:111-0035 東京都台東区西浅草222

問合せ:03-6231-6554

営業時間:17002300(土日は12002300

定休日:年中無休

席数:50


「目白ル・テロワール」

出典元:http://4.bp.blogspot.com/-E8Xasr9_6dM/Vhdvvg4EqHI/AAAAAAAAAZc/u0obIdOlXyk/s1000-r/FB%2Bterroir-01.jpg

出典元:https://cdn-rs.ikyu.com/rsDatas/rsData105000/r104635/104635p10000040.gif

出典元:https://cdn-rs.ikyu.com/rsDatas/rsData105000/r104635/104635p10000039.gif

出典元:https://cdn-rs.ikyu.com/rsDatas/rsData105000/r104635/104635p10000012.jpg

出典元:https://www.cordonbleu.edu/Files/MediaFile/16077.jpg

公式サイト:http://leterroir-winebar.blogspot.jp/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト:https://restaurant.ikyu.com/104635/

参考サイト:https://www.cordonbleu.edu/news/new-wines/jp

オーナー国籍:イヴ ラングレー氏(フランス)

インフォメーション:(HPより)

本格的に、純粋にフランスワインを楽しんで頂ける場所として誕生したのが目白駅前の隠れ家的空間。フランス直輸入の600種類以上のワインを当店オーナーが生産者から直接買い付けし、リーズナブルな価格でご提供しております。ワインにあわせた御料理も大人気!仲間と一緒にワイワイでも、お一人様でゆったりとでも、御気軽にお越しくださいませ。「ル・テロワール」では、南フランス(ローヌおよびラングドック-ルシヨン地方)を中心としたフランスワインをご用意しております。ローヌ渓谷南部にある「シャトー・マスヌフ」のオーナーであるイヴは、これまで数多くのフランスの醸造家たちと親交を深めてきており、彼らのワインを日本に輸入してきました。その中から当店のいずれのお料理にも合うように、慎重に吟味した中からワインリストが作られています。また、ほとんどのワインが、グラスにてご注文いただけます。

お薦め人気メニュー・参考価格:以下参照

メニュー一覧:http://leterroir-winebar.blogspot.jp/p/desserts.html

店舗所在地:171-0031東京都豊島区目白3-4-15 プラネットメジロ 2F

問合せ:03-6915-3857

営業時間:18002300

定休日:月曜日

席数:30


「神楽坂カルミネ」

出典元:https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/389447_221013571362072_562677872_n.jpg?oh=b05b09511e6a491b0263c098109a87c8&oe=596F011D

出典元:http://www.carmine.jp/common/img/main_carmine_05.png

出典元:http://www.carmine.jp/common/img/main_carmine_04.png

出典元:http://www.carmine.jp/common/img/main_carmine_02.png

出典元:http://www.carmine.jp/common/img/main_carmine_01.png

出典元:http://www.carmine.jp/img/recruit/photo_main.png

公式サイト:http://www.carmine.jp/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オーナー国籍:カルミネ・コッツォリーノ氏(イタリア)

インフォメーション:(HPより)

19877月、神楽坂、「いつもと違った雰囲気の中で、本当のイタリアの味を楽しんでもらえたら」をコンセプトに私の最初の店「リストランテカルミネ」が誕生しました。それから20年の時が流れ、今では4つの店でイタリア料理の美味しさ、 楽しさをご提供できるようになりました。窯で焼き上げる本格ピッツァや、気取らずありのままのイタリア料理を、お好きなワインとともに、世代を問わず気楽にお愉しみ頂けます。

お薦め人気メニュー・参考価格:以下参照

①「カルボナーラ スパゲッティ」1250

②「アラビアータ・ペンネ」1100

③「ピッツア・クラシカ・マルゲリータ」1200

店舗所在地:162-0838 東京都新宿区細工町119 西川ビル

問合せ:03-3260-5066

営業時間:1130143018002330

定休日:年中無休

席数:50


「渋谷エル・カステリャーノ」

出典元:http://www.el-castellano.jp/images/topimg1.jpg

出典元:http://www.el-castellano.jp/images/omuretsu.jpg

出典元:http://www.el-castellano.jp/images/paella_s.jpg

出典元:https://d35omnrtvqomev.cloudfront.net/photo/article/article_part/image_path_1/19512/314105c488419c9ba8f2e23d587a16.jpg

出典元:https://d35omnrtvqomev.cloudfront.net/photo/article/article_part/image_path_1/19499/0676a921f548f402163cb7353a17f2.jpg

公式サイト:http://www.el-castellano.jp/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト:https://tokyo-calendar.jp/article/4523

オーナー国籍:ビセンテ・ガルシア&ビクトル・ガルシア(スペイン)

インフォメーション:本格派スペイン家庭料理、伝統的なスペイン料理にこだわりながらこの青山通りでエルカステリャーノを始めて30数年が経ちました。変わらぬ味とサービスで皆様のご来店をお待ちしております。

お薦め人気メニュー・参考価格:以下参照

メニュー一覧:http://www.el-castellano.jp/menu/index.html

店舗所在地:150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目911 インテリックス

問合せ:03-3407-7197

営業時間:18002300

定休日:日曜日

席数:30


「赤坂SCHMATZ

出典元:https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/13076620_548506541989166_6206921201772979990_n.png?oh=a2a18e4285bd36591a1fb307d87a3a98&oe=596DA303

出典元:https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/16472956_685312261641926_5635695303172603525_n.jpg?oh=9f0ea31726b50d9793083d243e9fe0e6&oe=5972004A

出典元:https://static1.squarespace.com/static/55d9b858e4b0782c9df2c16c/58984a9920099e1b6fc531c0/589922bd2e69cf520dbd55cd/1486431022384/243.jpg?format=1000w

出典元:https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/15823025_665211980318621_6320862724330209947_n.jpg?oh=035f3af3f51e032c08b2a48d53449788&oe=5937AE44

公式サイト:http://www.schmatz.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/schmatzjp

オーナー国籍:マーク/クリストファー/マーカス各氏(ドイツ)

インフォメーション:若いドイツ人の起業家、マーク、クリストファー、マーカスが、世界中のグルメが注目のモダンなドイツ料理を提供するカジュアルビアダイニングを東京でオープン。大きなドイツ風カツレツのシュニッツェルやベルリン発祥のカリーブルストなど本場の「ドイツめし」を、8種類のドイツドラフトビールと季節のビアカクテルと一緒に楽しめます。自慢のソーセージは、ドイツでマイスターの資格をとったソーセージ職人のスモークソーセージなど、9種類をご用意。肉厚ソーセージは注文してからグリルし、熱々の鉄板にのってお客さまへご提供します。

*「Schmatz Stand(シュマッツ スタンド):シュマッツのオリジナルシュニッツェルバーガーと本場ドイツのドラフトビールを大都会の空の下、表参道で楽しめます。

お薦め人気メニュー・参考価格:以下参照

ドリンクメニュー一覧:https://static1.squarespace.com/static/55d9b858e4b0782c9df2c16c/t/5893e8e8e4fcb5b66bf57479/1486088431592/akasaka_drinks.pdf

フードメニュー一覧:https://static1.squarespace.com/static/55d9b858e4b0782c9df2c16c/t/5893e972f5e231c597b00d58/1486088649709/akasaka_food.pdf

店舗所在地:東京都港区3-19-8 赤坂ウエストビル1F

問合せ:03-5545-5424

営業時間:1130150017002300(土曜11302300・日曜11302230

定休日:元旦

席数:45

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】一休 ユーザーからのお勧めホテル
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒  【PR】るるぶトラベルでホテルを検索!今夜の宿がスグ見つかります!
ads by google


スポンサードリンク

ads by VC