静かなる人気画家/ジョージア・オキーフ


 

静かなる人気画家/ジョージア・オキーフ

その生き方、佇まい、ライフスタイル、作品に共感する人たちが数多くいらっしゃいます。ジョージア・オキーフ的な「時の過ごし方」。一寸憧れますが、その一端をご紹介します「静かなる人気画家/ジョージア・オキーフ」伝です。「オキーフ的生き方とその生涯」「ファッションの信条」「居住の変遷」「オキーフの佳きパートナー」「作品記録」「ジョージョア・オキーフ美術館」「関連著作物」。

参考サイト:http://painters.gatag.net/category/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E7%94%BB%E5%AE%B6

参考サイト:http://www.wikiwand.com/ja/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E5%B7%9E

参考サイト:http://www.tagboat.com/contents/column/hiromoto_vol5.htm

参考サイト:https://de.wikipedia.org/wiki/Galerie_291

参考サイト:https://karibovee.com/tag/alfred-stieglitz-and-georgia-okeeffe/

参考サイト:http://www.santafejapan.com/tour_abiquiu.html

参考サイト:http://artofposter.com/posterg_167.htm

「オキーフ的生き方とその生涯」

出典元:https://www.okeeffemuseum.org/wp-content/uploads/2015/03/rc_2011_05-1200×630.jpg

出生情報:18871115日ウィスコンシン州サン・プレイリー生まれ

没年情報:198636日ニューメキシコ州にて没・享年98歳。

サマリーレポート:ジョージア・オキーフは、アメリカ中西部ウィスコンシン州サン・プレイリーの農場に生まれ、シカゴ美術研究所やコロンビア大学などで美術を学びました。1917年、写真家アルフレッド・スティーグリッツに見いだされ、ニューヨークで衝撃的なデビューを果たしました。大半の画家たちがヨーロッパ美術の影響を当然のことと受け止め「フランス的ということがモダンと同じ意味をもった」時代に、オキーフはヨーロッパに行こともなく、その影響を受けることもなく、全く独自の「アメリカ的でモダンな」表現を生み出した稀有な画家です。

 

 

「幼年期」

「ウィスコンシン風景」出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/32/Wisconsinfarm.jpg?1505813988016

インフォメーション:オキーフはウィスコンシン州の農家に生まれました。父はアイルランド系、母はハンガリー移民で、7人兄弟の2番目の子供として長女に生まれます幼いころから絵が好きで、思ったことをやり抜く芯の強い女の子でした。毎週、土曜日には絵の勉強に通い、模写に没頭し、家に帰ると窓の外の景色をスケッチするのが習慣でした。

「ウィリアム・メリット・チェイス」出典元:http://painters.gatag.net/category/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E7%94%BB%E5%AE%B6

12歳になると将来、芸術家になると決心しマディソンで高校時代を過ごしたのち、1905シカゴ美術館附属美術大学で絵画を学びますが、勉学半ば腸チフスに罹り、中退を余儀なくされます。その後1907ニューヨークアート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークに入学、ウィリアム・メリット・チェイスに師事しました。就学したニューヨーク滞在中の1908年、スティーグリッツが経営する話題のギャラリー「291」を一度訪れ、この時、将来の夫となる写真家のスティーグリッツに出会います。

「制作活動期」

「スティーグリッツ撮影ポートレート」出典元:https://www.brooklynmuseum.org/assets/system-images/made/assets/system-images/remote/https_d1lfxha3ugu3d4.cloudfront.net/exhibitions/images/2017_Georgia_OKeeffe_Living_Modern_fig078_El147.084_GOKM_2003_01_06_cleaned_1184w_600_760.jpg

インフォメーション:アート・スチューデント・リーグ・オブ・ニューヨーク在学中、オキーフは成績優秀として奨学金を得ますが、実家の経済難を理由に学業をあきらめ、商業デザイナーの道を選択します。しかし目の病気を患って離職し、1912年ヴァージニア大学、1914年ニューヨーク・コロンビア大学ティーチャーズ・カレッジに入学し、成績優秀として翌1913年から大学の教鞭をとります。

19165月スティーグリッツはオキーフの作品に注目し、1917年に入ると「291」で作品展を一方的に開催します。この時、オキーフの作品だけでなく、スティーグリッツがオキーフをニューメキシコで撮影した撮影作品が展示され大きな話題を呼びます。オキーフにとってエポックとなった展覧会でしたが、彼女の心を奪ったのは展覧会の評価よりも「ニューメキシコの風景」でした。ちなみに、このニューメキシコ行きを契機に、オキーフは以来、ニューメキシコに居を移し、生涯、この地で制作活動を行います。展覧会の好評を背景に、1918年からオキーフはスティーグリッツの援助のもとで画業に専念し、1924年二人は結婚します。

1927年ブルックリン美術館で回顧展が開催され好評を博しますが、この年、胸部の手術を二度受けたりして、その後、健康がすぐれず、1932年になると制作活動を中止します。その間もオキーフの作品評価は高まり、メトロポリタン美術館による作品買い上げなどの栄誉に浴します。

「晩年」

出典元:http://www.santafejapan.com/images/abiquiu_7.jpg

インフォメーション:1945年オキーフはさびれたニューメキシコ州の街ゴースト・ランチのはずれの村「アビキュー」に荒廃した家を購入して修復を始めます。その期間約3年。途中1946年、ニューヨーク近代美術館でオキーフの回顧展が開催され話題を呼びますが、オキーフは淡々と修復活動を行っています。また同年7月スティーグリッツが亡くなり、彼との関係のあるすべての作品を処分し1949年ニューメキシコ州アビキューに移住し、この地を永遠の住処とします。

出典元:https://www.brooklynmuseum.org/assets/system-images/made/assets/system-images/remote/https_d1lfxha3ugu3d4.cloudfront.net/exhibitions/images/2017_Georgia_OKeeffe_Living_Modern_EL147.145_1500w_600_458.jpg

アビキューに移住後、オキーフは様々な旅を経験し、1960年には日本も訪れています。1962年アメリカ芸術文学アカデミー会員に選ばれるとともに、回顧展も数多く開催され、アメリカを代表する芸術家としての地位を築きました。1986年サンタフェにて没・享年98歳。

「ファッションの信条」

出典元:https://www.brooklynmuseum.org/assets/system-images/made/assets/system-images/remote/https_d1lfxha3ugu3d4.cloudfront.net/exhibitions/images/2017_Georgia_OKeeffe_Living_Modern_EL147.219_1500w_600_780.jpg

インフォメーション:画家として評価されるオキーフが存在する一方で、一生活者として生きたオキーフの姿勢に共感する人たちが存在します。画家としてオキーフは70年にも及ぶ長い画歴の中で、花を中心とした植物・風景そして動物の骨をモチーフにし続け、ずっと作品を描きました。画面いっぱいに拡大して描かれた花の作品群や、牛の頭蓋骨をイコンのように威厳を込めて描いた作品群がよく知られています。また抽象画を描きはじめた最初期の画家の一人でもあり、有名な具象的モチーフだけでなく生涯にわたって抽象への関心を抱き続けました。その作品は全て生命力溢れるラインや色彩が印象的です。この鮮烈さに目を奪われ魅了されます。その一方でオキーフの生きる姿勢はモノトーン的です。実際、彼女の服は黒やオフホワイトなどのモノトーンが多いので、鮮やかなオキーフ作品と比較すると意表を突かれます。また、「ありのまま」の姿をさらけ出すオキーフの姿勢も美しい生き方を感じさせます。若いころの凛とした表情、晩年の深いシワが刻まれた姿、直視するまなざし、どれもが美しく、「自分らしく」「自分の思うがまま」暮らす生き方が、今を感じさせます。多分、現代人が渇望する最高の贅沢かもしれません。

 

 

「居住の変遷」

「ゴーストランチ入り口」出典元:http://www.santafejapan.com/images/abiquiu_4.jpg

インフォメーション:オキーフの生涯をトレースすると、「農村サン・プレイリー」「大都市ニューヨーク」「荒野アビキュー/プラザ・ブランカ」という三つのエリアが登場します。そして、その中でオキーフの人生の重要部分を構成するのが最後の「荒野アビキュー/プラザ・ブランカ」です。

出典元:https://www.brooklynmuseum.org/assets/system-images/made/assets/system-images/remote/https_d1lfxha3ugu3d4.cloudfront.net/exhibitions/images/2017_Georgia_OKeeffe_Living_Modern_EL147.127_2000w_600_744.jpg

後年、彼女自身が語った中に、「ここはわたしの居場所。心が静かです。わたしの皮膚がここの土地に近いと感じている」というフレーズがあります。また「ニューヨークで華々しく活躍、評価されるジョージ・オキーフは本来の自分ではない」と感じた根底には、これは個人的推察ですが、彼女の本質的クリエーター体質が存在していたからではないでしょうか。アビキューは本当に何もない荒野です。この荒野に自らの考える居住空間を創ることは、壮大な生活作品を創ることだったと思います。今、アビキューやプラザ・ブランカはアメリカ人の観光ルートとしても絶大な人気を博しています。そこにはアメリカ人の感じるネイティブな憧れを秘めている気がしますし、実際、アビキューはジョージア・オキーフが創出した「オキーフアーキテクチャー」の存在感が漂います。

「オキーフの佳きパートナー/アルフレッド・スティーグリッツ」

出典元:http://www.tagboat.com/contents/column/images/stieglitz_selfportrait.jpg

出生情報:1864年ニュージャージー州生まれ

没年情報:1946年没享年82

プロフィール: アルフレッド・スティーグリッツはニューヨーク・ダダの創立者の一人であるアメリカの写真家です。 スティーグリッツが運営した「291」は写真だけでなく、ヨーロッパの前衛芸術をアメリカに紹介した事でも知られています。また「291」の大きな役割はジョージア・オキーフなどの気鋭の画家を輩出したことです。スティーグリッツはニュージャージーのホボケンで1864年に生まれました。父親エドワード・スティーグリッツはドイツ系ユダヤ人の移民で、当時は陸軍の中尉をしていましたが、その後、会社経営成功しスティーグリッツは6人兄弟の長男として父親の愛情を一身に受けて育ちます。1871ニューヨークで最も格式の高い私立校Charlier Instituteに入学。ニューヨーク市立大学の入学資格を手にいれるため、卒業の1年前に公立に転校しますが、公立高校のレベルはスティーグリッツには低すぎ、父親は大学入学前にドイツで教育を受けさせる決意し、事業を40万ドルで売却して一家でヨーロッパに転居します。しかし1884年両親はアメリカに帰国。スティーグリッツはドイツに残り写真や関連図書を収集して過ごします。(*この資料は後にスティーグリッツ・コレクションとして図書館となります)1890年父親の勧めもあり、アメリカに帰国したスティーグリッツはアメリカの写真の世界で名をはせ、このジャンルでスティーグリッツあり、という存在感を築き上げます。しかし個人的な結婚生活には恵まれず、躁鬱状態が続きました。それを解消したのが運営していた「291」の成功です。「291」はギャラリー、雑誌を保有する現代でいうメディアミックス型の運営組織ですが、時代を切り開いていくイノベーターでもありました。

「ギャラリー2911913年」出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/65/291_exterior_view%2C_before_1913.jpg/330px-291_exterior_view%2C_before_1913.jpg

ピカソ、マティスといった当時の寵児であった連中との交流も頻繁でしたが、そんなスティーグリッツが注目したのが、当時、全く無名だったオキーフの作品でした。彼女に無断で「291」にて展覧会を実施し評判を呼びますが、これを知ったオキーフはスティーグリッツにクレームを入れるため会い、このことが二人の関係の始まりとなります。スティーグリッツはオキーフに惹かれてしまいます。

「スティーグリッツ撮影オキーフ」出典元:https://karibovee.com/wp-content/uploads/2017/08/Georgia-OKeeffe-Alfred-Stieglitz-197×300.jpg

スティーグリッツはそれまでの結婚生活を清算し、1924年オキーフと結婚します。しかし、ニューヨーク育ちのスティーグリッツと、若いころからニューメキシコに居住するオキーフは殆ど同居することなく結婚生活を続けますが、スティーグリッツはその間も数々の女性スキャンダルを重ねます。1946年スティーグリッツは重篤な心臓発作に見舞われ昏睡しますが、この時初めて、オキーフは彼を病院に見舞いますが、そこには、愛人ドロシー・ノーマンがいました。しかし最期を看取ったのはオキーフでした。享年82歳の奔放な人生でした。

≪制作年度・タイトル・所蔵先≫

1915年・赤いカンナ(エール大学付属美術館)

1916年・砂漠の夜の汽車(ニューヨーク近代美術館)

1917年・宵の明星Ⅲ(ニューヨーク近代美術館)

1918年・スペシャルNo.12(ニューヨーク近代美術館)

1918年・音楽とピンクと青Ⅱ(ホイットニー美術館)

1919年・ジョージ湖Coat and Red(ニューヨーク近代美術館)

1919年・スペシャルNo.39(ニューヨーク近代美術館)

1919年・赤い花(ノートン美術館)

1921年・ブルーとグリーンの音楽(シカゴ美術研究所)

1922年・私の小屋、ジョージ湖(フィリップス・コレクション)

1922年・春(フランシス・リーマン・ロブ・アートセンター)

1923年・ふたつのイチジク(フランシス・リーマン・ロブ・アートセンター)

1925年・白地に暗赤色の大きな葉(フィリップス・コレクション)

出典元:http://artofposter.com/okeef56.jpg

1925年・紫のペチュニア(サンフランシスコ美術館)

1926年・ピンクのチューリップ(バルティモア美術館)

1926年・街の夜(ミネアポリス美術館)

1926年・シェラトン・ホテルと太陽の光(シカゴ美術館)

1927年・アブストラクション・ブルー(ニューヨーク近代美術館)

1927年・バレエのスカートあるいはエレクトック・ライト(シカゴ美術研究所)

1927年・白バラとヒエン草No.2(ボストン美術館)

1927年・レッドヒル(フィリップス・コレクション)

1927年・赤のカンナ(アモン・カーター美術館)

1928年・黄色のヒッコリの葉とディジー(シカゴ美術研究所)

1928年・貝No.1(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)

1928年・ピンクの地の上の2本のカラ・リリー(フィラデルフィア美術館)

1928年・抽象 第六番(愛知県美術館)

1929年・ジョージ湖の窓(ニューヨーク近代美術館)

1929年・農場の教会(フィリップス・コレクション)

1929年・黒いタチアオイと青いヒエンソウ(メトロポリタン美術館)

1929年・黒い十字架、ニューメキシコ(シカゴ美術研究所)

1929年・グレーブルーとブラック、ピンクの輪(ダラス美術館)

1929年・黄色のサボテン(ダラス美術館)

1929年・Ranchos ChurchNo.Ⅱ(フィリップス・コレクション)

出典元:http://artofposter.com/okeef02.jpg

1930年・Ranchos Church(メトロポリタン美術館)

1930年・ピーチ(エール大学付属美術館)

1930年・テンナンショウNo.2(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)

1930年・テンナンショウNo.3(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)

1930年・テンナンショウIV(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)

1930年・テンナンショウNo.5(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)

1930年・テンナンショウVI(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)

1931年・ニューメキシコ、アルカルダ近郊(エール大学付属美術館)

1931年・白いキャラコの花(ホイットニー美術館)

1931年・牛の頭蓋骨、赤・白・青(メトロポリタン美術館)

1931年・雌牛の頭蓋と白バラ(シカゴ美術館)

1932年・緑の山、カナダ(シカゴ美術研究所)

出典元:http://artofposter.com/okeef86.jpg

1932年・朝鮮朝顔(水晶橋美術館)

1932年・白い花No.1(水晶橋美術館)

1932年・白のカナディアン・バーン(メトロポリタン美術館)

1934年・タカの爪と豆のネックレス(ニューヨーク近代美術館)

1934年・バナナの花(ニューヨーク近代美術館)

1934年・貝(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)

1935年・青い朝顔(フランシス・リーマン・ロブ・アートセンター)

1935年・ニューメキシコⅡ(フランシス・リーマン・ロブ・アートセンター)

1935年・雄羊の頭(ブルックリン美術館)

1935年・白いタチアオイ(ブルックリン美術館)

1935年・丘(ブルックリン美術館)

1936年・ラバの頭蓋骨と七面鳥の羽(シカゴ美術研究所)

1936年・夏の日(ホイットニー美術館)

1937年・タチアオイの白と緑―ペダーナル山の見える(東京国立近代美術館)

1937年・花と赤い丘(シカゴ美術研究所)

1938年・赤とピンクの岩と歯(シカゴ美術研究所)

出典元:http://artofposter.com/okeef52.jpg

1938年・赤と白い貝(シカゴ美術研究所)

1939年・イアオ渓谷の滝―No.ⅠⅠⅠ(ホノルル美術館)

1939年・イアオ渓谷の滝―道の果て(ホノルル美術館)

1940年・ホワイト・プレイス(フィリップス・コレクション)

出典元:http://artofposter.com/okeef48.jpg

1941年・蘭(ニューヨーク近代美術館)

1943年・骨盤とペダナール山(マンソン・ウィリアムズ・プロクター美術研究所)

1943年・ブラックプレイス(シカゴ美術研究所)

1944年・骨盤Ⅱ(メトロポリタン美術館)

1946年・雪の中の葉の落ちた木の幹(ダラス美術館)

1949年・ブラックプレイスの草原(ホイットニー美術館)

1949年・ブルックリン橋(ブルックリン美術館)

1955年・黒い扉のある中庭(ボストン美術館)

1957年・ペルー、マチュピチュ、朝の光(シカゴ美術研究所)

1961年・道、霧のメーサ(シカゴ美術研究所)

1962年・平らな白い雲との空(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)

出典元:http://artofposter.com/okeef05.jpg

1962年・雲の上の空Ⅰ(ジョージア・オキーフ美術館)

1965年・雲の上の空IV(シカゴ美術館)

1977年・From a Day with Juan Ⅱ(ニューヨーク近代美術館)

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8