静かなブーム「美しい苔の景色スポット」


静かなブーム「美しい苔の景色スポット」

自然の絶景を探索される方がとても増えていますが、そんな中で注目されているスポットが「苔景色」です。そこでご紹介します「静かなブーム・美しい苔の景色スポット」です。このほか近々、苔に関する記事も公開予定です。お楽しみに。

「苔の洞門」

outline_r5_c3[1]

出典元:http://www.welcome-to-chitose.jp/mosscave/outlineinage/outline_r5_c3.png

インフォメーション:「苔の洞門」の名称は、函状の涸沢内の岩壁にコケ(蘚苔類)が密生し、特異な群落景観を形成していることから名付けられました。岩盤に密生したコケは、まるで緑のじゅうたんを敷き詰めたような神秘的な雰囲気を醸し出しています。これは、特殊な地形、日射量、気温、湿度の微妙な調和によって出現したものです。コケの本格的な調査は、19788月にまとめたものが最初とされ、蘚類30種、苔類5種の合わせて35種が報告されています。2011年度には環境省の調査が行われ、現在の確認は、さらに詳細な調査が必要なものを含め蘚類59種、苔類25種の合わせて84種となっています。

所在地:066-0284 北海道千歳市 支寒内

問合せ先:0123-24-3131

料金:自由散策

時間制限:午前9時~午後5開放期間:6月上旬~10月下旬

公式サイト:http://www.welcome-to-chitose.jp/mosscave/

j0055[1]

出典元:http://www.welcome-to-chitose.jp/mosscave/javaimage/j0055.jpg

「苔の森・白駒の池」

ph2[1]

出典元:http://yachiho-kogen.jp/sightseeing/shirakomaike/img/ph2.jpg

ンフォメーション:北八ケ岳の広大な苔と原生林の中にひっそりとたたずむ神秘的な湖。標高2100m以上の天然湖としては日本最大です。周囲を取り巻く苔と原生林の世界はその規模と美しさから「日本の貴重なコケの森」に選定されています。 白駒の池入口に一歩足を踏み入れると、一面に広がる青き苔に目を奪われます。こは485種類の苔が生息する「苔の森」です。苔に包まれた原生林の神秘的な癒しの世界をゆっくりお楽しみください。その日の天候によって表情の違う苔、気になる苔を見つけたら、そっと観察してみてください。ルーペや虫めがねを使うと、緑の絨毯にしか見えなかった苔も、枝分かれのしかたや葉の形など種類ごとに個性が見えてきます。でも、登山道をはずれて森の中に入ってはいけません。道に迷ってしまうばかりではなく、実は登山道周辺が苔の種類が一番多く見られる場所で保守管理の必要があるからです。また白駒の池周辺は10ヵ所の森に名前がつけられており、それぞれの森には特徴があり、苔の種類にも違いがあります。これを探索するのもお勧めです。

所在地:384-0704 長野県南佐久郡佐久穂町八郡

問合せ先:0267-88-3956 (佐久穂町産業振興課)

関連サイト:http://yachiho-kogen.jp/sightseeing/shirakomaike/

ph4[1]

出典元:http://yachiho-kogen.jp/sightseeing/shirakomaike/img/ph4.jpg

ph1[1]

出典元:http://yachiho-kogen.jp/sightseeing/shirakomaike/img/ph1.jpg

「白谷雲水峡」

img_shiratani_photo_1[1]

出典元:http://y-rekumori.com/wp-content/themes/rekumori/img/img_shiratani_photo_1.gif

インフォメーション白谷雲水峡は「人と森林のふれあいの場」として1979年に林野庁により選定された白谷川流域の自然休養林です。幻想的な森の雰囲気が、宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」のにでてくる深い原始の森のモデルになったと言われています。ここは美しい渓流と、何百種類の苔に覆われた深い緑の森をゆっくりと観察しながらめぐるトレッキング「癒しのコース」があり人気を集めています 樹脂が多い屋久杉は数百年前に切り倒され、表面に苔が密生したものが多数ありますが、内部は今でも朽ち果てることなく生き残っています。全てが人の心を魅了して引き付けます。

所在地:891-4200 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦岳・石塚国有林内

問合せ先:0997-42-3508

屋久島レクリエーションの森 保護管理協議会

料金:高校生以上:300(協力金)

時間制限:年中開放(冬季雪のため通行止めの場合あり)

関連サイト:http://y-rekumori.com/shiratani_text/#

関連サイト:http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10740/

関連サイト:http://www.yakushima-guide.com/

course_photo02[1]

出典元:http://www.yakushima-guide.com/forest/images/course_photo02.jpg

「西芳寺」

eikan2[1]

出典元:http://www.pref.kyoto.jp/isan/images/eikan2.gif

インフォメーション:1994年には清水寺や金閣寺などと一緒に「古都京都の文化財-17ヶ所の寺院、神社、城全17物件」の一つとしてユネスコ世界文化遺産に登録されました。 120種類の苔が境内を覆い、一面緑の絨毯を敷き詰めたような美しさから「苔寺」とも呼ばれます。なお西芳寺の拝観には事前申し込みが必要です往復ハガキにて希望日・人数・代表者の住所・氏名を明記して、希望日の1週間前までに届くように申し込むこと。また庭園のみの拝観は行っていない。写経などの宗教行事に参加が必要です。

所在地:郵便番号615-8286京都市西京区松尾神ヶ谷町 56

問合せ先:電話075-391-3631

料金:冥加料3,000円~

時間制限:約2時間

関連サイト:http://www.pref.kyoto.jp/isan/saihouji.html

関連サイト:http://www.kyotocity-taxi.com/niwa/kokedera.htm

tera_koke30918k21[1]

出典元:http://www.kyotocity-taxi.com/niwa/tera_koke30918k21.jpg

「杉本寺」

koke[1]

出典元:http://sugimotodera.com/precinct/image/koke.jpg

インフォメーション:杉本寺は、神奈川県鎌倉市二階堂にある天台宗の寺院。山号は大蔵山。本尊は十一面観音で、坂東三十三箇所・鎌倉三十三箇所の第1番札所で 鎌倉で最も古い歴史をもつお寺です。苔に覆われた緑の階段からは古い歴史をひしひしと感じ取れます。階段を上るとその先には観音像が安置されています。

所在地:248-0002 鎌倉市二階堂903 

問合せ先:Tel:0467-22-3463 Fax:0467-22-5977

料金:大人(中学生以上)200円・小学生100

時間制限:8001630

公式サイト:http://sugimotodera.com/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/%E6%9D%89%E6%9C%AC%E5%AF%BA-515267335316538/


「祇王寺」

tumblr_npao4mMGvC1t2vnddo1_1280[1]

出典元:http://65.media.tumblr.com/d2024e11d63505cc46f99f08fbdefa65/tumblr_npao4mMGvC1t2vnddo1_1280.jpg

インフォメーション:平家物語に登場する「悲恋の尼寺」として知られる竹林と楓に囲まれる奥ゆかしさを感じさせる草庵です。ふかふかのカーペットのように広がる苔は居心地がよく安らぎを与えてくれます。この景色に言葉は不必要です。

所在地:616-8435 京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32

問合せ先:TEL 075-861-3574

料金:拝観料 大人300円・小人(小中高)100

時間制限:午前9時~午後5時(受付終了午後430分)

公式サイト:http://www.giouji.or.jp/season

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/giouji

tumblr_n4q45evH6g1t2vnddo1_1280[1]

出典元:http://65.media.tumblr.com/c511ba2769f4b96c40c54a30a4e96919/tumblr_n4q45evH6g1t2vnddo1_1280.jpg

 

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 一度は訪れたい全国の名旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒ 復興支援・宮城からのお取り寄せ
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選


ads by google


スポンサードリンク

ads by VC