日本の伝統グルメ「全国うなぎ名店列伝」/2017年12月更新


日本の伝統グルメ「全国うなぎ名店列伝」

土用丑の日に限らず、うなぎはいつも食べたいご馳走です。全国に人気の老舗がひしめき合いますが、資源の枯渇も囁かれ、うなぎのお値段はそれこそ「うなぎのぼり」です。そこで、ご紹介します日本の伝統グルメ「全国うなぎ名店列伝」です。

 

浜松「藤田」

ph06[1]

出典元:http://unasen.org/shop/img/shop31/ph06.jpg

ph05[1]

出典元:http://unasen.org/shop/img/shop31/ph05.jpg

インフォメーション:

ハイセンスな店づくり、味わい豊かなお料理、中でも江戸前の背開きでじっくりと蒸し上げた鰻を40数余年間絶やすことなく使い込んだ「タレ」と備長炭で焼かれた蒲焼は、他所では味わえない当店自慢の逸品です。もちろん、それを取り巻くお料理も、又、折り紙付きです。

住所:〒433-8113 静岡県浜松市中区小豆餅3-21-12

電話:053-438-1515

席数:148席

定休日:木曜日

営業時間:11:30~14:00・17:00~21:00

参考価格:「たんぽぽ(うな重・サラダ・茶碗蒸・きも吸い・お新香・デザート)」3780円

URL:http://www.unagifujita.com/

関連URL:http://unasen.org/shop/shop31.html

ph01[1]

「うな重」出典元:http://unasen.org/shop/img/shop31/ph01.jpg

小田原「友栄」

出典元:http://www.tomoei-unagi.com/to-comm/tatemono-yoru.jpg

インフォメーション:

首都圏No.1と言われている神奈川県小田原市にある鰻屋さん。ここは希少な青うなぎを使っています。うな重ももちろん美味しいのですが、白焼きも香ばしくジューシーな脂とわさびのツーンとした香りがたまりません。これでお酒がすすむこと間違いなし。コストパフォーマンス、サービス共に最高と言われているお店です。

住所:〒250-0032 神奈川県小田原市風祭157

電話:0465-23-1011

席数:62席

定休日:木・金曜日

営業時間:午前 11:00~午後7:00

参考価格:上うな重3150円

URL:http://www.tomoei-unagi.com/

「うな重」出典元:http://www.tomoei-unagi.com/to-comm/una.jpg

土浦「三浦柳(みほやぎ)」

インフォメーション:当店では、東京の鰻屋さんで一般的に使用されている鰻よりも少し大きめの国産鰻を使用し、肉厚で香ばしい蒲焼に仕上げています。ご飯には筑波山のふもとで栽培されたコシヒカリ米を使用し、蒲焼とマッチするようサッパリめに炊いています。当店の自慢は、霞ケ浦の景色を眺めながらゆったりとお過ごし頂ける個室。全室個室で湖に面し、法事・結納・お顔合わせ等にも好評です。

住所:〒300-0839  茨城県土浦市滝田2-311

電話:050-5797-1336

席数:50席

定休日:月曜日

営業時間:11:30~19:30

参考価格:「並うな重」税込2484円

関連URL:http://www.tsuchiura-kankou.jp/taberu/taberu.html#taberu_018

023[1]

「並うな重2484円」出典元:http://www.tsuchiura-kankou.jp/taberu/images/023.png

三島「うなぎ桜家」

p_01[1]

出典元:http://www.sakura-ya.net/store/images/p_01.jpg

インフォメーション:

歴史のある老舗のうなぎ店。三島でうなぎといって名前の挙がる有名店です。富士の雪どけ水でしめたウナギを備長炭でていねいに焼き、タレで仕上げた蒲焼きは香ばしくて軟らか。ウナギ本来の味が堪能できると評判です。

住所:静岡県三島市広小路町13-2

電話:055-975-4520

席数:100席

定休日:水曜日

営業時間:11:00~20:00

参考価格:うな重3350円~

URL:http://www.sakura-ya.net/

DSCF0179[1]

「うな重」出典元:http://www.sakura-ya.net/dish/images/DSCF0179.jpg

成田「駿河屋」

出典元:https://www.surugaya-unagi.net/wp-content/uploads/surugaya_img002.jpg

インフォメーション:

成田山総門脇にある駿河屋は江戸時代創業。 旅館や割烹料理屋を経て、うなぎ屋となりました。こちらもうなぎの有名店、老舗中の老舗です。駿河屋のうなぎは大井川・共水うなぎを使っているというこだわりがあります。うなぎの高級店でしか口にすることのできない貴重なうなぎ。駿河屋も是非、一度訪れたい名店です

住所:千葉県成田市仲町359

電話:0476-22-1133

席数:200席

定休日:木曜日

営業時間:11:00〜17:00

参考価格:うな重(肝吸い付き)3600円

URL:http://www.surugaya-unagi.net/index.html

「うな重」出典元:https://www.surugaya-unagi.net/wp-content/uploads/food_img001.jpg

川越「小川菊」

出典元:http://www.ogakiku.com/images/intro3.jpg

インフォメーション:

大正浪漫夢通りにある、埼玉S級グルメ認定店の「小川菊」。川越の鰻屋の中でも、地元民に昔から長く愛されている。店内で活きたまま捌いて提供する鰻は、皮目はこんがり身はふんわりしているのが特徴。タレも適度の甘みととても上品で、まろやかな香味をもった極上のタレと評判。大正13年(1924年)建築の現在の店舗は、市内でも数少ない木造3階建てで、川越市の「都市景観重要建築物等」に指定されております。造りの特徴は、夏の暑さを凌ぐため四方に窓を取り付け、外からの涼しさと通気性を考慮したものとなっています。平成24年秋に耐震補強の大規模な工事を行い、1階はバリア・フリーで、ご年配の方、ベビーカーなどで小さなお子様連れの方にも安心してお越しいただけます。

住所:埼玉県川越市仲町3-22

電話:049-222-0034

席数:80席

定休日:木曜日

営業時間:11:00〜14:00・16:30〜19:30

参考価格:うな重2850円~

URL:http://www.ogakiku.com/

FACEBOOK:https://www.facebook.com/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E8%8F%8A-158313927517234/

参考サイト:https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11000040/

「うな重」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/28393/320x320_rect_28393660.jpg

京都「かねよ」

出典元:http://www.kyogokukaneyo.co.jp/_src/4717977/gallery_06.png
出典元:http://www.kyogokukaneyo.co.jp/_src/4717947/gallery_01.png

インフォメーション:

創業明治、老舗のうなぎ料理専門店「京極かねよ」。職人の熟練した技でふんわりとした食感に焼き上げられた静岡県浜名湖産のうなぎ。創業からつぎ足しつぎ足しで引き継がれてきた味わい深い秘伝のタレがより一層旨みを引き立てます。とくにうなぎ丼の上に京風だし巻きがのったきんし丼が人気メニュー。また大正時代から変わらないレトロな店内も見所で、2階座敷では毎月、落語の寄席も開催されています。

住所:京都府京都市中京区六角通新京極東入ル松ヶ枝町456

電話:075-221-0669

定休日:無休

営業時間:11:30~20:30

参考価格:きんし丼・並1600円

URL:http://www.kyogokukaneyo.co.jp/

「きんし丼」出典元:http://www.kyogokukaneyo.co.jp/_src/4717936/ippuku.png

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8