箱根の神髄「老舗温泉旅館に泊まる」


一の湯本館

11188270_821588381255672_1946150504099291798_n[1]

出典元:https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/11188270_821588381255672_1946150504099291798_n.jpg?oh=08c208c14b875c5169c2a6974e0b606d&oe=582D1C36

歴史:歴史ある旅館の多い塔ノ沢地区にあり、創業380余年の歴史を持つこの宿は、木造4層建て数寄屋造りで、文化財登録されています。

インフォメーション:木造4層建て数寄屋造りの旅情あふれる老舗の箱根温泉の旅館。温泉をかけ流しの浴槽でお楽しみいただける露天(展望)風呂付客室もご用意しております。全室が早川渓谷に面しており窓からは、四季折々に趣のある箱根の自然をお楽しみいただけます。2009年には、国指定登録有形文化財(登録番号14-0155)へ指定され、歴史的景観に寄与している建造物と認定されています。

公式サイト:http://www.ichinoyu.co.jp/honkan/index.html

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/ichinoyu/

所在地:250-0315 神奈川県足柄下郡箱根町塔の沢90

問合せ:0460855311

宿泊企画例:創作和食標準プラン(一泊二食)

設定期間:年間通期

チェックイン&アウト:チェックイン:15:0022:00 チェックアウト:10:00

一泊二食参考料金:9720円~

専用予約サイト:https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/di/?hcod1=39010&hcod2=001&seek=on&def=seek

12079052_894903800590796_4031412662289618328_n[1]

「大浴場」出典元:https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/12079052_894903800590796_4031412662289618328_n.jpg?oh=b0fdf07e600f89c6cf89dcc2c97171a2&oe=582C341A

萬翠楼福住

image_20141103135154_3_l[1]

出典元:http://www.489pro.com/asp/data/user_data/14000032/small/image_20141103135154_3_l.jpg

image_20141103135951_3_l[1]

出典元:http://www.489pro.com/asp/data/user_data/14000032/small/image_20141103135951_3_l.jpg

歴史:創業は寛永2年(1625年)。箱根かごかき唄に「晩の泊まりは箱根か三島ただし湯本の福住か」とうたわれ、江戸時代から旅人や湯治客に親しまれてました。明治12年(1879年)、十代目主人の福住正兄(まさえ)は西洋建築と数寄屋造りが融合する、意匠を凝らした建物を完成させます。その建物(現在の旧館)は現存する希少な擬洋風建築として、国の登録有形文化財となり、神奈川県からは“かながわの建築物100選”に選ばれました。また、当館は昭憲皇太后、有栖川宮熾仁親王、木戸孝充、井上馨、伊藤博文、福沢諭吉、市村羽左衛門、尾上菊五郎、河竹黙阿弥といった多くの文人墨客を迎えていま。萬翠樓の名は明治9年(1876年)、木戸孝充公が逗留の際にいただいたものです。

インフォメーション:明治初期建造の旧館「萬翠樓」と「金泉樓」は伝統的な数奇屋風の日本建築と西洋の技法や意匠を融合した擬洋風建築です。「神奈川の建築100選」に選ばれ、平成14年には現役旅館として初めて国の重要文化財建造物に指定されました。

公式サイト:http://www.2923.co.jp/

所在地:250-0311 神奈川県足柄下郡 箱根町湯本643

問合せ:0460-85-5531

宿泊企画例:【標準プラン】重要文化財の宿萬翠楼福住を楽しむ

プラン内容:創業寛永2(1625)、今年391年を迎える箱根屈指の老舗旅館である萬翠楼福住の標準的なお料理宿泊プランです。芦ノ湖と箱根の山を源流とする早川に面する萬翠楼福住のお部屋からは川沿いの木々を愛でることも出来ます。1年を通して美しい箱根湯本の福住へどうぞ

設定期間:201641日~20161231

チェックイン&アウト:1500分~18301100分まで

一泊二食参考料金:16,200円~

専用予約サイト:http://www.489pro.com/asp/489/menu.asp?id=14000032&ty=ser&list=YES&lan=JPN

image_20141103103936_1_l[1]

出典元:http://www.489pro.com/asp/data/user_data/14000032/small/image_20141103103936_1_l.jpg

image_20150523185058_3_l[1]

出典元:http://www.489pro.com/asp/data/user_data/14000032/small/image_20150523185058_3_l.jpg

菊華荘

img_01[1]

出典元:http://www.fujiyahotel.jp/enjoying/kikkaso/01/images/img_01.jpg

img_02[1]

出典元:http://www.fujiyahotel.jp/enjoying/kikkaso/01/images/img_02.jpg

歴史:明治28年(1885)に皇室の宮ノ下御用邸として建てられた歴史ある建物です。落ち着いた佇まいの旧御用邸の別館は、数奇屋風書院造りの純日本建築と庭園をそのままの形で残しており、長押に残る菊の御紋などが昔日を今に伝えています。その庭園も、当時の皇室庭師によって造られた回遊式庭園で、禅の意思を表した心の字をかたどって作られた「心字池(しんじいけ)」も当時のままです。そんな往時の気品と風格の中で、日本料理をごゆっくりご堪能いただけます。<登録有形文化財><「近代産業遺産」認定>

インフォメーション:現在、食事会場として使用している場所は、「御座所」と呼ばれる広さ約60坪の和室です。この御座所は「田」の字形に配置された4部屋「菊・桐・楓・桜」からなっていて、床の間のある12畳の菊の間は富美宮内親王専用の居室で、桐の間は寝室でした。柱は全て木曽檜で造られています。現在も四方の柱には当時の「かや」をつったヒモが残されており、富美宮内親王や昭和天皇が過ごされた時間に入り込んだようです。他にも菊をかたどった引き手や手の込んだ細工が施された欄間など見所満載です。

公式サイト:http://www.fujiyahotel.jp/enjoying/kikkaso/01/

所在地:神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359 富士屋ホテル

問合せ:0460-82-2211

宿泊企画例:別館「菊華荘」ご宿泊プラン

プラン内容:旧御用邸・別館「菊華荘」でのご宿泊とお食事をお楽しみいただけるプランです。 純日本建築の落ち着いた雰囲気の中に、客室は3室のみ。館内には「菊華荘」にご宿泊のお客様のみご利用頂ける貸切檜風呂をご用意しております。お食事は、基本となる「華会席」、ワンランク上の菊華荘おすすめ「月会席」、そして、料理人の技が光る会席料理「菊会席」よりお好みの会席料理をお選びください。

設定期間:2013/4/1()2017/3/31()

チェックイン&アウト:直接お問い合わせ下さい

一泊二食参考料金:23,760(料理グレードにより価格が変わります)

専用予約サイト:https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/ASPP0200.asp?hidSELECTPLAN=A14DR&hidSELECTCOD1=00001&hidSELECTCOD2=001

img_04[1]

出典元:http://www.fujiyahotel.jp/enjoying/kikkaso/01/images/img_04.jpg

img_02[1]

出典元:http://www.fujiyahotel.jp/stay/plan/plan_kikkaso01/images/img_02.jpg

仙郷楼

49250[1]

出典元:http://www2.489ban.net/v4/image/520/1/49250.png

lobby_mainimg[1]

出典元:http://senkyoro.co.jp/wp2015/wp-content/themes/senkyoro/image/lobby_mainimg.jpg

歴史:『仙郷楼』の創業は1870年。144年の歴史を誇る、老舗旅館です。

インフォメーション:施設全体を囲むように延びる散策路には、四季折々草花が咲き乱れ、金時山を一望できる展望スポットもあるなど、ゆったりと歩きながら自然に親しむことができます。こちらの温泉は、大涌谷の源泉から引いている酸性湯のにごり湯。大浴場からの展望も素晴らしいですが、露天風呂眺めはさらに格別なものとなっています。館内にはエステや陶芸教室、宴会場など、多様なニーズに充分に応えてくれる施設が揃っています。

公式サイト:http://senkyoro.co.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/senkyoro/

所在地:250-0631 神奈川県足柄下郡 箱根町仙石原1284

問合せ:0460-84-8521

宿泊企画例:【旅館でも寝るときはベッド】和洋折衷のお部屋プラン

プラン内容:旅館には行きたいけど、寝るときはベッドがいいという貴方にピッタリ!ツインのベッドと、8畳ほどの和室のある和洋折衷のお部屋のご宿泊になります。 夕食リニューアルされた食事処にてお召し上がりいただきます。先付け・前菜から始まる12~13品の懐石料理です。地のものをはじめ、全国の旬の素材を吟味し、暖かいものは暖かく、冷たいものは冷お召し上がりください。ご朝食も同じく食事処にて朝の光を浴びながらお召し上がりください。

設定期間:年間通期

チェックイン&アウト:IN1500OUT1000

一泊二食参考料金:19440

専用予約サイト:http://www2.489ban.net/v4/client/plan/detail/customer/senkyoro/plan/52159

49235[1]

出典元:http://www2.489ban.net/v4/image/520/1/49235.png

66871[1]

出典元:http://www2.489ban.net/v4/image/520/1/66871.png

玉庭

pic-access-kv[1]

出典元:http://www.gyokutei.com/wp-content/themes/theme-gyokutei/images/pic-access-kv.png

Y312297026[1]

出典元:http://www.jhpds.net/jalan/images/pictL/Y7/Y312297/Y312297026.jpg

歴史:1625年創業、明治時代に建てられた本館に宿泊が可能です。

インフォメーション:玉庭(ぎょくてい)は箱根湯本の高台にある旅館です。箱根湯本の町を流れる須雲川が早川の合流するところ、須雲川の流れによって出来た谷が箱根旧街道に向かって傾斜してゆく途中にあります。旅館からは箱根湯本の町とその向こうの塔ノ峰を始めとする箱根外輪山や、芦ノ湖に通じる箱根の古くからの街道、鎌倉古道の通る湯坂道のある湯坂山などが一望出来ます。客室は全室離れの和室が8室。中庭を中心として離れとなっております。また全ての客室のお風呂は温泉となっております。温泉は自家源泉のナトリウム塩化物・硫酸塩温泉で、美肌の湯として知られております。箱根湯本は新宿からロマンスカーで90分。玉庭はこの箱根湯本の駅から徒歩で約10分。箱根湯本駅前の温泉旅館組合のバスでは約8分と、交通の便のたいへん良い場所でありながら、まるで深山ような閑静な環境にあります。

公式サイト:http://www.gyokutei.com/

所在地:250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本501

問合せ:TEL: 0460-85-8501 FAX: 0460-85-8505

宿泊企画例:自家源泉と懐石料理を愉しむ大人の旅【離れ和室、夕朝食はお部屋で】

プラン内容:

お部屋は京風数寄屋造りの離れで、三間続きのゆったりとした和室です。
お食事は旬の野菜と魚介類を活かした季節の懐石料理でおもてなしさせて頂きます。素材本来の旨味を生かした繊細な料理は、吟味された器とともに目にも美味しい献立となっています。
朝食は朝粥など体に優しい純和風の献立です。
夕朝食ともお部屋でごゆっくりお召し上がり頂けます。
客室のお風呂は美肌の湯として知られる自家源泉より引いた温泉です。お好きな温度にしてご利用下さい。
館内には、箱根連山を一望する展望大浴場もございます。朝な夕な変化に富む山々の景色や湯本の街並をご覧いただけます。

設定期間:201612月末

チェックイン&アウト:15001800/~1100

一泊二食参考料金:38880円~

専用予約サイト:http://www.jhpds.net/gyokutei/uw/uwp3200/uww3201init.do?screenId=UWW3201&planListNumPlan=2_0_0&yadNo=312297&roomTypeCd=0303609&planCd=01699085&roomCountBkup=1&adultNumBkup=2&dateUndecidedBkup=1&roomCrack=200000&roomCrackBkup=200000&roomCount=1&adultNum=2&calYear=2016&calMonth=07&stayCount=1#price_cal

pic-bath-img-01[1]

出典元:http://www.gyokutei.com/wp-content/themes/theme-gyokutei/images/pic-bath-img-01.png

pic-food-visual-01[1]

出典元:http://www.gyokutei.com/wp-content/themes/theme-gyokutei/images/pic-food-visual-01.png
ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8