箱根でひそかに楽しむ(箱根絶品スイーツガイド)2017.3.18更新


箱根でひそかに楽しむ(箱根絶品スイーツガイド)

箱根は都心並のスイーツ激戦地です。実際、デパ地下の人気店に肩を並べるお店が沢山ございます。でもそれはコンフェクショナリーという洋菓子の世界です。その一方でここ箱根には「箱根の和菓子」と言うひそかな甘美な楽しみもございます。忘れかけていた大人の時間へご案内いたします。

 

とらや工房

photo_kishitei[1]

「東山旧岸邸」出典元:https://www.kyu-kishitei.jp/

あの赤坂の虎屋が東山湖の畔に和菓子カフェ的な素敵な空間を出店されています。リゾート地で和菓子老舗の斬新な挑戦を垣間見るようで、それだけでいい気分になります。コンセプトは「和菓子屋の原点を今の時代に再現してみたい」という視点だそうです。実際、お伺いすると自然を堪能出来る和菓子処になっており、大きな木製の門をくぐったら、そこは別世界!竹林を吹き抜ける風はひややか。平屋造りの建物は工房と喫茶の部分に分かれており、その心地良さについつい長居してしまいそうです。

RIMG0239[1]

出典元:https://www.kyu-kishitei.jp/

RIMG0243-2[1]

出典元:https://www.kyu-kishitei.jp/

011-150x150[1]

出典元:http://www.toraya-kobo.jp/

住所:静岡県御殿場市東山1022-1
電話:0550-81-2233
営業時間:[4~9月]10:00~18:00(L.O.17:30)[10~3月]10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:火曜
アクセス:(車)東名高速道路御殿場IC第2出口前、石橋交差点を右折→湖水前交差点を左折→300メートル進むと、右側に『とらや工房 東山旧岸邸 駐車場』
(電車)JR御殿場線 御殿場駅下車タクシーで15分
席数:54席

URL:http://www.toraya-kobo.jp/


公時山まんじゅう

main[1]

出典元:http://www.sengokuhara.net/shogetsu/

昭和初期創業、仙石原の歴史ある和菓子の老舗「箱根松月堂菓子舗」。この箱根松月堂菓子舗の自慢は金太郎伝説の主、坂田公時(幼名 金太郎)にちなんで名付けた箱根名物「公時山(きんときやま)まんじゅう」です。薄皮につぶ餡がぎっしり詰まった昔ながらの手作りの味。上品な甘さで小豆の旨味が感じられる逸品です。お店も包装紙も普通のしつらえなんですが、こんな普通の感覚を本当に大切にしたいですね。

kashi[1]

出典元:http://www.sengokuhara.net/shogetsu/

箱根: 松月堂菓子舗「公時山まんじゅう」
住所:〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原230
電話:0460-84-8526
駐車場:あり
ホームページ:http://www.sengokuhara.net/shogetsu/
※毎週水曜日定休
交通手段:箱根湯本駅箱根登山バス桃源台行きで24分、仙石原案内所前下車・東名高速御殿場ICからR138を箱根方面に11km走った仙石原交差点右折、箱根湿性花園方面に200m


湯もち本舗 ちもと

53a3ed3b610fa1315c000f2f[1]

出典元:http://yumochi.com/

箱根にのれんを出して60余年。先代の製法をそのままに、出来たての和菓子を味わって頂きたいと言う、作りたてにこだわる老舗の和菓子屋です。湯もちは、国産のもち米を使用した白玉粉を練り上げたやわらかいお餅の中に、刻んだ本練羊羹を切り入れ、柚子の香りを匂わせた箱根を代表する銘菓です。神奈川県指定銘菓にも選ばれており、一つずつ竹の皮で包まれ、なめらかなマシュマロのような食感のお餅と本練羊羹に柚子の香りが広がって不思議な食感が楽しめます。

53a3ed355db5b0dd76000b5c[1]

住 所:〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本690
TEL:0460-85-5632
定休日:年中無休
営業時間:9:00~17:00
交通機関:小田急線・箱根登山線 「箱根湯本駅」 より徒歩5分
URL:http://yumochi.com/


 箱根ラスク・グランリヴィエール

07310849_53d984a6a0415[1]

出典元:http://www.hakonerusk.com/upload/top_image/07310849_53d984a6a0415.jpg

出典元:http://www.hakonerusk.com/upload/top_image/07121802_5784b20a84096.jpg

出典元:http://www.hakonerusk.com/upload/top_image/07121804_5784b280b0a95.jpg

独自の配合でブレンドされる小麦粉と、芳醇なバターを用いてつくられる「箱根ラスク」はサックサクなのに口に入れるとスッとなくなってしまう軽やかな口溶けです。お店はススキが広がる仙石原高原近くにある「グランリヴィエール箱根」。シンプルに素材の味を楽しめる「プレーン(10枚入り)」510円、カナダのケベック州産メープルを使ったやさしい甘さの「メープル(10枚入り)」510円ほか、おつまみにできそうな大人テイストのラスクも。本店店舗2階はカフェスペースです。また地元産の“きんたろう牛乳”使用の「箱根ロイヤルソフトクリーム」350円もまろやかでさっぱりした味わいが人気。ぜひお試しを。

出典元:https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/14191982_1163471413720352_7389553499649122678_n.jpg?oh=4bd2d0c7ae14afe6b18808d6628ac2f0&oe=595E5C57

所在地 足柄下郡箱根町仙石原1246-737
TEL 0120-396-852
営業時間:10:00~17:00(季節によって変動いたしますのでご注意下さい)
定休日:なし(季節によって変更する場合がございます)
アクセス 小田急線箱根湯本駅から箱根登山バス「湖尻・桃源台」行き、「仙石高原」下車

URL:http://www.hakonerusk.com/

FACEBOOK:https://www.facebook.com/hakonerusk/

出典元:http://www.hakonerusk.com/upload/save_image/05140352_5736227c0a4eb.jpg

箱根SAGAMIYA

photo_access_1[1]

出典元http://sagamiya-honten.co.jp/

日本では珍しい、オーブンケーキの専門店。7種類の木の実をキャラメルコーティングしたナッツヴェセル1230円をはじめ、すべてオーナーのオリジナルレシピです。ナチュラルな雰囲気の店内に木の実を活かした様々なスイーツが並びます。一番人気の「ナッツヴェセル」はパリパリのキャラメル生地に7種の木の実がちりばめられた銘菓です。

住所:〒250-0311 神奈川県箱根町湯本706-35

電話:0460-85-6610

営業時間:9~17時

URL*http://sagamiya-honten.co.jp/

photo_access_3[1]

出典元:http://sagamiya-honten.co.jp/

product-slide-04[1]

出典元:http://sagamiya-honten.co.jp/

product-slide-15[1]

出典元:http://sagamiya-honten.co.jp/


岡田美術館・失恋チョコレートバー

美術館専属のショコラティエ三浦直樹氏が手がけた「失恋チョコレートバー(1800円)」をご存知ですか。松本潤主演のフジTVのドラマ「失恋ショコラティエ」にも登場して話題になりました。ここ岡田美術館でしか購入できないレア・スイーツです。

住所:〒250-0406 神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1

電話:(0460)87-3931

営業時間;(ミュージアムショップ)9:00~17:00

URL:http://www.okada-museum.com/

 


ことほぎの木・箱根の坂

2009年、箱根に誕生した菓子処「ことほぎの木」には落ち着いたデザインとどこか懐かしい雰囲気につつまれたお菓子が揃います。中でも、しっとりと焼きあげた生地に芳醇なチョコレートソースを丁寧に手塗りして仕上げたガトーショコラ『箱根の坂』は、チョコレートのおいしさを存分に味わえる人気商品です。

住所:〒250-0408神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-550

電話:0120-359-800

営業時間:午前8時30分~午後5時

URL:http://www.kotohoginoki.jp/

 

pro_item2[1]

出典元:http://www.kotohoginoki.jp/

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】一休 ユーザーからのお勧めホテル
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒  【PR】るるぶトラベルでホテルを検索!今夜の宿がスグ見つかります!
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8