本所深川界隈巡り


「明治丸」

出典元:https://www.kaiyodai.ac.jp/overview/img/meijimaru.jpg

東京海洋大学公式サイト:https://www.kaiyodai.ac.jp/overview/facilities/meijimaru.html

スポットガイド:(HPより)以下参照

明治丸は、明治政府が英国グラスゴーのネピア造船所に燈台巡廻業務用に発注し、明治7年に竣工した鉄船(現在の船はすべて鋼船)で、翌8年横浜に回航されました。一等飛脚船同様の出来と言われたこの船は、特別室やサロンを備えた豪華な仕様の新鋭船で、単に燈台業務ばかりでなく、ロイヤルシップの役目も兼ねていました。明治天皇はじめ多くの高官が乗船し、わが国近代の重要な場面で活躍しました。なかでも明治8年、小笠原諸島の領有権問題が生じた際に、日本政府の調査団を乗せ、英国船より早く小笠原に到達しました。このことによって、小笠原諸島はわが国の領土となったのです。その後の沖ノ鳥島、南鳥島の領有を含め、日本は領海と合わせて世界第6位となる447k㎡の排他的経済水域を確保することとなりました。その約3分の1に当たる約150k㎡が東京都小笠原村に属しています。また、 明治9年、明治天皇が東北・北海道巡幸の際、青森から乗船され函館を経由し720日に横浜に安着されました。この日を記念して昭和16年に「海の記念日」が制定され、平成8年に国民の祝日「海の日」となりました。およそ20年間、燈台巡廻船として活躍した明治丸は、明治29年に商船学校(本学の前身)に譲渡されました。それからは係留練習船として昭和20年までの約50年間に、5000余人の海の若人を育てました。大正12年の関東大震災や、昭和20年の東京大空襲では、被災した多くの住民を収容し、災害救援にも貢献しています。昭和53年には、わが国に現存する唯一隻の鉄船であり、鉄船時代の造船技術を今に伝える貴重な遺産として、国の重要文化財に指定されました。船としての重要文化財指定は明治丸が初めてです。その後、老朽化が進んだため、再び平成2512月より、本学と文部科学省により大規模修復工事が行われました。平成273月に竣工し、その美しい姿がよみがえりました。

所在地:東京都江東区越中島2丁目16

問合せ:0352457360

営業日:火曜・木曜・第一第三土曜日10001500

関連料金:入船観覧料無料


「旧弾正橋(八幡橋)」

出典元:http://www.gotokyo.org/jp/kanko/koto/spot/images/01_2715.jpg

出典元:http://www.gotokyo.org/jp/kanko/koto/spot/images/02_2715.jpg

公式サイト:http://www.gotokyo.org/jp/kanko/koto/spot/2715.html

スポットガイド:以下参照

もと、東京市京橋区(現東京都中央区)の楓川に架けられていたものですが、昭和四年現在地に移されて八幡橋と呼ばれています。旧工部省赤羽製作所の製造になる長さ一五・二mの道路橋で、単径間アーチ(タイドアーチ)の形式を採用しています。アーチ部分鋳鉄、他は錬鉄からなり現在ではみられない珍らしい材の組み合わせ方をもっています。東京に架けられた最初の鉄橋であり、日本の土木技術史上遺重な遺構となっています。

所在地:135-0047 東京都江東区富岡1丁目191

問合せ:0336479111江東区役所 土木部道路課橋梁係

関連料金:自由通行(人のみが通行できる人道橋です)


「深川宿本店」

「深川めし」出典元:http://www.fukagawajuku.com/shared/img/access_hachiman/sec2_img01.jpg

出典元:http://www.fukagawajuku.com/shared/img/access_hachiman/sec6_img03.jpg

公式サイト:http://www.fukagawajuku.com/access_honten.html

インフォメーション:以下参照

深川めし(ぶっかけ丼)が食べられるお店は数ありますが、プリプリのあさりが堪能できるこちらの深川めしを、ぜひ一度ご賞味ください、その違いがわかります。それもそのはず、あさりはすべて、江戸前や、伊勢湾の大淀産等、厳選された国産のアサリのみ。冷凍物は一切使用せず、採れたてのものを直送で仕入れています。

所在地:135-0022 東京都江東区三好1丁目67

問合せ:0336427878

参考価格:「深川めし(ぶっかけ)」1950円・「あさりの柳川」1100

営業時間:1100150017002100(土日祝日は11001700

定休日:月曜日

席数:30


「屋形船釣新」

出典元:http://t-greentec.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/02/%E9%87%A3%E6%96%B0.jpg

出典元:http://www.yakatabune-tsurishin.com/images/food_img01.jpg

公式サイト:http://www.yakatabune-tsurishin.com/

参考サイト:http://t-greentec.com/?p=405

インフォメーション:以下参照

つり新の屋形船は、隅田川・うまや橋を出発地点としてスカイツリーを望み、数々の橋をめぐったのち、東京港へ。東京タワー、臨海都市、レインボーブリッジを見ながら通称「屋形船銀座」といわれるお台場まで行きしばし停泊。春には桜が咲き誇る隅田川沿いでお花見も楽しめます。粋で風流なひとときを、どうぞ「つり新」の屋形船で心ゆくまでお楽しみ下さい。季節や時間帯や食事によってさまざまなコースがありますので、詳細はHPからご確認ください。

所在地:130-0004 東京都墨田区本所1丁目311

問合せ:0336223572

参考価格:昼5000円~夜10000円~が目安ですが、詳細はHPからご確認ください。

営業時間:11302300

定休日:年中無休

席数:50席(二艘)


「甘納豆平野屋」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/6716/320x320_rect_6716665.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/6716/320x320_rect_6716651.jpg

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13105193/

インフォメーション:以下参照

浅草線の本所吾妻橋駅から、錦糸町方面に5分位歩いた所にある、計り売りの甘納豆店です。店に入ると、何ともふくよかな甘い香りが広がります。創業は大正10年。テレビ番組などでも紹介された芸能人も御用達の老舗。丹念に作られた、花豆、お多福、イモ甘納豆は絶品です。

所在地:130-0004 東京都墨田区本所3丁目227

問合せ:0336225244

参考価格:「大納言甘納豆」100g330円・ 「白いんげん甘納豆」100g330

営業時間:12001800

定休日:水曜日


「レストラン吾妻」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27373/320x320_rect_27373669.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/26350/320x320_rect_26350954.jpg

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13002953/

インフォメーション:以下参照

創業から半世紀!下町で三代続く最高級の洋食屋。東京・下町で、最高級の本格派洋食が味わえるのが、ここ『レストラン吾妻』です。創業は大正2年。初代・竹山周吉さんは、ランスで修行を積んだ当時としては珍しい本場仕込みの料理人でした。二代目・正次さんは、昭和天皇の料理番だった秋山徳蔵さんの下で修行を積んだ人。そして現在そのあとを受け継いでいるのが三代目・正昭さん。正昭さんの料理には『まごころ』が生きています。そんな正昭さんの自慢のメニューが、『オムライス』こだわっているのが『お米』です。農家の人しか食べられないような、量産されない天日干しの一番美味しい米を全国から取り寄せ、それを注文が入る度にそのつど炊きあげます。ご飯が炊き上がったら、フライパンに自家製のラードをしき、豚肉・筍・玉葱・トマトケチャップと混ぜて炒めます。お次は卵。塩を少々入れてフライパンに流し込み、手早くオムレツの形に整えます。ここからが見物!皿に盛ったご飯にオムレツをのせ、そっと触れると、魔法のようにオムレツが割れて中から半熟のとろとろした卵が溢れてきます。そこに創業当時から使っているデミグラスソースをかければ、まさに夢のようなオムライスの完成です。その他にも、注文を受けてから作る5千円の『チキンカレーライス』や、三重県・的矢湾の牡蠣を使った『牡蠣フライ』、メニューには載せていない最高級の国産和牛を使った『牛刺し』など、数々の本格的な洋食が楽しめます。

所在地:130-0001 東京都墨田区吾妻橋2丁目78

問合せ:0336227857

参考価格:「オムライス」「ハヤシライス」「カレーライス」各3000

営業時間:17302030

定休日:水曜・木曜日

席数:28


「カフェ東亜サプライ」

「モーニングのカフェオレ」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/62729/320x320_rect_62729251.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/69685/320x320_rect_69685273.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/68798/320x320_rect_68798344.jpg

公式サイト:http://www.toa-coffee.co.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13041762/

インフォメーション:以下参照

門前仲町駅の上にある、良き昭和の喫茶店。コーヒー豆に対するこだわりが凄く、スペシャルティコーヒーが揃っていて、訪れる度に選ぶ楽しみも味わえます。コーヒーにとどまらず食事も懐かしい喫茶店メニューが揃っており、美味しいと評判のお店です。

所在地:135-0048 東京都江東区門前仲町1丁目79地下鉄ビル

問合せ:0336417159

参考価格:モーニング「トーストセット」「ホットドッグ」各380円・「レアチーズケーキセット」700

営業時間:7302130/土曜8002130/日曜9002000

定休日:年中無休

席数:80

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8