現代大人のツール「プレミアムな自転車たち」/2016年4月5日修正更新版


現代大人のツール「プレミアムな自転車たち」

家族とはエコカーに乗り、一人の時は「マイサイクル」を使う、というのが今時の大人の生活流儀です。でも、そこにあるのは究極の機能を誇る「高品質サイクルの世界」なんです。今やブームなんかではなく自転車愛好家の趣味は「確固たる大人の領域」の観があります。ではご紹介します、「プレミアムな自転車たち2015~2016」です。

 

「ピニンファリーナ」

1910532_orig[1]

2452226_orig[1]

出典元:http://www.43cycles.com/

フェラーリのデザインを手がけるイタリアの企業「ピニンファリーナ」が、自転車メーカーの「43 Milano」にオーダーした高級自転車「Pininfarina Fuoriserie」を30台限定で発売することを2014年秋、発表しました。

原産国:イタリア

新規モデル名:「Pininfarina – 43 Milano」

機能特性:ハンドルやサドル部分にはフィレンツェのレーザーメーカー「The Bridge」による編み込みレザーが施されています。クロモリ管で高級感あふれるフレームに光り輝くピニンファリーナのロゴ。ヘッドライトには205ルーメンのLEDライトが搭載されています。リアライトには3つの赤色LED。Pininfarina Fuoriserieがすさまじいのは、クラシックなデザインだけでなく、最新の技術を駆使した電動アシストシステム「Bike+」を搭載可能なことです。Bike+は走行中にバッテリーを充電し、坂を登るときなどにモーターで走行を補助するシステムで、後輪に装着させられるくらいコンパクト。

価格:ベーシックモデルが6000ユーロ(約85万円)。フル装備で最も高いものが9000ユーロ(約130万円)

購入販売店:

関連URL:http://www.43cycles.com/pininfarina.html

9464314_orig[1]

出典元:http://www.43cycles.com/


「プレミアム・ミヤタ」のエピソード

出典元:http://www.cycling-ex.com/wp-content/uploads/2014/08/premium_h3.jpg

現在は販売が終了している記念モデルを紹介だけいたします。理由は「日本の自転車マーケット」が実はすごく成熟していて「スーパー・ママチャリ」と言った自転車が見事に完売するバックグランドが存在していることをお知らせしたいからです。普通、企業の周年事業だと「スーパーサイクル」を作って見せると思いますが、ミヤタが親子三代使用できそうな実用自転車の極致に挑戦したことが凄いと思います。

原産国:日本

新規モデル名:Premium Miyata – 125 ANNIVERSARY MODEL

機能特性:Premium Miyata – 125 ANNIVERSARY MODELは、お客様からご注文をいただいてから製造を開始する「完全受注生産」です。これはMIYATAの誇るスポーツバイクのプレミアム車種「MIYATA SPORT」と同様の生産方法となります。海外での低コストな生産システムが主流の現代で、なぜ受注生産なのか。それは厳選した国内メーカー部品の使用と、MIYATAのクラフトマンシップを活かすための唯一の方法だからです。1台1台をハンドメイドで作り上げ、テストや検証を重ねた後、お客様のお近くのMIYATA CARE店に納品。お世辞にも効率的とは言えない受注生産ですが、そこにはMIYATAの伝統工芸の技と、長く愛用してもらいたいという強い意志が込められています。

価格:¥158,000(税込)・125台限定

購入販売店:MIYATA・WEBサイトからの予約方式でした

参考サイト:http://www.cycling-ex.com/2014/08/premium-miyata-125-anniversary-model.html

 


「ターン」

1vergex20[1]

「2016年モデル Verge X20 」出典元:http://www.chari-u.com/

フォールディングバイク開発の先駆者であるDr.David Hon(デービット・ホン)の血を受け継ぐ息子、Josha Hon(ジョシュア・ホン)がクリーンで開放的な世界を目指し、この時代に本当に求められているニーズを的確に提供するため”Tern”を立ち上げ、従来のDAHONの上位モデルを切り離した趣味性の高い質のいい折りたたみ自転車を開発しました。

原産国:アメリカ

新規モデル名:Tern Verge X20(ヴァージュX20)2016年モデル

機能特性:2012年限定生産で早々に完売となったフラッグシップの復刻。ハイドロフォーミング製法による美しい形状のフレーム。SRAM 上位グレードを採用した折りたたみ自転車。フロントW(55×42TTの大バン)×リア10速。軽量、質感ともにプレミアムな製品です。

価格:360,000円(税抜)+消費税

関連URL:http://www.chari-u.com/dahon/tern/01_vergex20.html

1vergex20fo[1]

「2016年モデル Verge X20 ・折りたたみ状態」出典元:http://www.chari-u.com/


「フェルト」

9441111_m[1]

「F FRD2015年モデル」出典元:http://www.riteway-jp.com/

ドイツとアメリカ合衆国の二か所に拠点を構えるメーカーです。大手バイクメーカーのメカニックとしてフレーム開発に従事していたジム・フェルトが1889年、自らが乗るトライアスロン用の自転車フレームを設計したのが始まりです。その後自転車メーカーにスカウトされた彼は、その下で製品開発を続け、2001年に独立を果たしました。ドイツメーカーらしい堅実さと質実剛健さが人気を博し、世界的な自転車メーカーに発展しました。2015年モデルは人気の価格帯は15万円前後のものでラインアップも充実しています。

原産国:ドイツ

新規モデル名:F FRD2015年モデル

価格:1,280,000円(税抜)

購入販売店:ライトウェイプロダクツジャパンが総輸入代理商社

関連URL:http://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2015/9441111.html


「ルイガノ」

「LGS-RSR 1」出典元:https://image.rakuten.co.jp/hakusen/cabinet/cross/lg/imgrc0065031745.jpg

カーボンフレームを採用したRSRシリーズ最上位モデル。軽量でしなやかなカーボンフレームは極上の乗り心地と加速性を提供し、ロードバイクにも負けないほどの走りを実現しました。メインコンポにはフロント2段×リア11段のSHIMANO製105を採用。ホイールにもSHIMANO製WH-RX010を採用、ブレーキには油圧ディスクを採用しハイスピードでのコントロール性能を高めています。シフト・ブレーキ全てのケーブルはフレーム内に収められており、すっきりとしたそのフォルムは、まるでレーシングバイクを彷彿とさせます。

*自転車専門店の株式会社あさひが、アキコーポレーションが所有するブランド「LOUIS GARNEAU」(ルイガノ)「GARNEAU」(ガノー)の日本総販売代理権を取得しました。

原産国:カナダ

新規モデル名:LGS-RSR 1

価格:250,000円(税抜)

購入販売店:輸入元アキコーポレーション

参考サイト:http://www.cb-asahi.jp/sports/

参考サイト:http://www.garneau-japan.com/index.html

参考サイト:https://item.rakuten.co.jp/hakusen/rsr1/


「コルナゴ」

出典元:http://www.colnago.co.jp/2018/product/img/c60/img01.jpg

コルナゴ社創立60周年を記念しデビューしたフラッグシップモデル。 カーボンパイプをカーボンラグ ( 継手 ) による製法は 細かいジオメトリーに対応できる利点があります。 レーシングバイクは速く走ることを宿命づけられてはいますが、 それは高い安全性も兼ね備えていることでもあります。 またフレームに施されたアートのようなペイントは個人の 所有欲を満たしてくれます。

原産国:イタリア

新規モデル名:C60「マペイ」

価格:¥675,000(税抜)DISC ※ 専用コルナゴヘッドセットシステムが付属されます。

購入販売店:株式会社エヌビーエス

関連URL:http://www.colnago.co.jp/


「ビアンキ」

002s[1]

出典元:http://www.cycleurope.co.jp/

2015年6月11日、イタリア北部のFranciacortaで、ビアンキが最新モデル「Specialissima(スペシャリッシマ)」を発表しました。同社が特許を持つ振動除去システムである「Countervail®(カウンターヴェイル) 」がさらに進化。加えて、新たなテクノロジーも搭載した超軽量でミニマルデザインのロードバイクとなっています。カウンターヴェイルは同社のエンデュランス系モデルのインフィニートCVシリーズに採用されているマニア垂涎の素材です。

原産国:イタリア

新規モデル名:Via Nirone 7 Flat

機能特性:780gのフレーム「ビアンキ・スペシャリッシマ」は、ロードフレームの超軽量カテゴリーをがらりと変えてしまいました。パイプを構成するカーボン積層にカウンターヴェイルを挟むことで、軽量フレームの繊細さを感じさせないバイクに仕上がっています。

価格:170,000円・税抜き

購入販売店:サイクルヨーロッパジャパン

関連URL:https://www.cycleurope.co.jp/bianchi/


「ピナレロ」

P16_K8-sTeamSkyH3[1]

 

「DOGMA K8-S」出典元:http://www.riogrande.co.jp/

2016年は、多くのニューモデルが投入されます。注目は、昨年発表されたDOGMA F8をベースに、北のクラシックでの優位性を高めるため、リアにジャガーとの技術提携によって開発された画期的な軽量サスペンション「DSS 1.0サスペンションシステム」を搭載した、サスペンションロード「DOGMA K8-S」です。4月に発表され話題を集めました。2つ目のトピックは、UCIルール改正に伴いロードでの使用が解禁されるディスクブレーキを搭載したレーシングモデ ル「DOGMA F8 DISC」の登場です。この秋より段階的に実戦投入が解禁されるのに伴い、ピナレロが開発を進めてきたリアルレーシングモデルです。3つ目のトピックは、アマチュアサイクリストの多くから登場が待ち望まれていた、ハイエンド~ミドルレンジのニューモデル「GAN(ガン)シリーズ」の登場です。「GAN」は「DOGMA F8」の技術的特長を受け継いだF8直系のレーシングモデルです。

原産国:イタリア

新規モデル名:「DOGMA K8-S」

機能特性:現時点で最高の高強度高剛性カーボン繊維「トレカT1100ナノアロイ」を使用することで、「DOGMA 65.1」より剛性をあげつつ軽量化に成功しました。

価格:定価(税込)¥699,840

購入販売店:イタリア・ピナレロSpa社 日本総代理店ピナレロジャパン

関連URL:http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/pinarello2014/dogma_651.php


「ジオス」

felleoultegra_gb[1]

出典元:http://www.job-cycles.com/gios/

運動性能とスタイルを高次元で両立。且つリーズナブルなリアルレーシングの注目のニューフェースです。SHIMANO NEW ULTEGRA搭載車です。

原産国:イタリア

新規モデル名:2016 GIOS FELLEO ULTEGRA

機能特性:クロモリフレーム・11速アルテグラ完成車

価格:¥225,000

購入販売店:JOB INTERNATIONAL

関連URL:http://www.job-cycles.com/gios/collection/index.html


「アンカー」

rs9_m[1]

「2016 アンカー RS9」出典元:http://www.anchor-bikes.com/

ブリヂストンサイクルは東京都内の記者発表会で9月8日、スポーツサイクルブランド「ANCHOR」(アンカー)の新しいカーボンロードバイク「アンカーRS9」を発表した。アンカーRS9はロード系のフラッグシップに位置づけられるモデルで、フレーム開発の新技術「PROFORMAT」(プロフォーマット)により、ライダーの力を無駄なく推進力に変換するフレームを実現。素材も軽量化し、同ブランド史上「最も進むロードバイクに仕上がった」という自信作だ。

原産国:日本

新規モデル名:2016 アンカー RS9(発売予定日 2016年4月)

機能特性:今回登場したRS9は、ロードバイクのトップモデルとして推進力を最大化することを目的に開発された。特性としてはまず、構造と素材を見直すことで剛性がアップ。さらにフレームリア部の舵角を抑える構造へと進化した。従来モデルのRIS9と同環境下で比較したテスト結果では、時速40km程度で、同じ出力で1時間走行し、走行距離に400mの差が生まれたという。

価格:以下参照

DURA-ACE完成車 ¥775,000・税抜

アルテグラ完成車 ¥520,000・税抜

フレームセット ¥350,000・税抜

購入販売店:ブリジストン自転車取扱店

関連URL:http://www.anchor-bikes.com/


「ジャイアント」

00000067_m[1]

「TCX ADVANCED PRO 1 (2016 NEW)」出典元:http://www.giant.co.jp/giant16/

超軽量・高剛性のカーボンフレーム&ディスクブレーキ仕様のシクロクロス。フォーク剛性を高める15mmスルーアクスル、ペダリング効率のためのアシンメトリチェーンステー安定性を生む低いBBハイトなど、レースの進化に対応するテクノロジーを搭載。泥詰まりにも強く、門田基志の2014全日本シクロクロス準優勝に貢献。

原産国:アメリカ

新規モデル名: TCX ADVANCED PRO 1 (2016 NEW)

機能特性:最高レベルの泥はけ性能、フォーク剛性を高めるOVERDRIVE2と15mmスルーアクスル、ペダリング効率のためのアシンメトリチェーンステイ、安定性を高める低めのBBハイトなど。勝利のために最先端テクノロジーを搭載したTCXカーボンシリーズが世界のCXシーンを席巻します。

価格:¥480,000

購入販売店:日本法人ジャイアントジャパン/パートナーストア(GIANT-Partner Store=GPS)の認定店「細沼自転車店」

関連URL:http://www.giant.co.jp/giant16/index.php


「トレック」

madone-1-600x400[1]

「カーボンフレームDura-Ace Di2」出典元:http://cdn.cyclist.sanspo.com/

まず一番の特徴は、優れたエアロ効果をもちつつもライドクオリティー(乗り心地や振動吸収性)が非常に高い事です。Domane(ドマーネ)に採用されている、Iso Speedテクノロジーが採用されます。シートチューブを縦方向にしならせることで、圧倒的な振動吸収性を誇ります。「レースバイク=堅くダイレクト感のあるフレーム」をイメージしてしまいがちですが、TREK(トレック)は一見矛盾する多面的な性能(耐久性と軽さ、振動吸収性と高剛性など)を、高い次元でバランスを保ち実現している点が特徴です。

原産国:アメリカ

新規モデル名:トレック マドン Race Shop Limited

機能特性:新型KVF(Kammtail Virtual Foil)フレームは、様々なスピード域は勿論単独走行、集団走行、風速などこれまでにない多くのシミュレーションの中でテストし解析を経て誕生しました。センサーやソフトウエアの進化がこのような開発を支えています。

価格:完成車 ¥1,650,000

関連URL:http://www.trekbikes.co.jp/jp/ja/

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8