日本の有力絵画会派


日本の有力絵画会派

絵画の画壇とは、言い換えると思想信条にまつわる会派の集団でもあります。そこでご紹介します「日本の有力絵画会派」情報です。「日本美術院」「文展・帝展」「日展」「二紀会」「春陽会」「二科会」「太平洋画会」「女流画家協会」「創画会」。

「日本美術院」

公式サイト:http://nihonbijutsuin.or.jp/

創設年:1898

創設者:岡倉天心

インフォメーション:日本画団体。その主催する展覧会を「院展」と略称する。岡倉天心(覚三)は1898年(明治313月、東京美術学校の校長を排斥され、同年1010日東京谷中初音町に日本美術院を開設。天心に殉じて東京美術学校を辞職した橋本雅邦ほか17名の作家を中心に、日本画、彫刻、建築装飾、工芸における研究、制作、展覧の三部を設置し、機関誌『日本美術』を発行した。同時に日本絵画協会と連合して第1回展を開催、以後1903年までこの方式を継続。その間、横山大観、菱田春草らは西洋画法を積極的に摂取し、革新的傾向の作品を発表したが、一般には認められず日本美術院の経営不振を招くに至った。そしてついに190611月、美術院は茨城県五浦に絵画研究所を移転、大幅な規模縮小を行い、その活動は有名無実となった。その後1913年(大正2)天心が没し、翌年大観が文展審査員より除かれたのを契機として、大観、下村観山を中心に今村紫紅、小杉未醒(放庵)、安田靫彦らの若手作家が加わり、美術院の再興が図られた。19149月谷中上三崎南町に設立された研究所で開院式を挙行、続いて10月再興第1回展を開催。小林古径、前田青邨、速水御舟などを次々と同人に加え、新日本画の樹立を目ざし、文展をしのぐほどの有力な在野団体として活動した。なお再興院展発足に際し設けられた洋画部は1920年(大正9)に、彫塑部は61年(昭和36)に解散、第二次世界大戦中一時休会したが、現在は日本画団体として春秋二季に展覧会を開催しています

会派を代表する作品:「横山大観・生々流転」

「横山大観・生々流転」出典元:http://search.artmuseums.go.jp/jpeg/momat/s0029014.jpg

「横山大観・生々流転」出典元:http://search.artmuseums.go.jp/jpeg/momat/s0029016.jpg

「横山大観・生々流転」出典元:http://search.artmuseums.go.jp/jpeg/momat/s0029018.jpg

会派の展覧会名称:「院展」

公益財団法人日本美術院本部所在地:110-0001東京都台東区谷中428

問合せ:03-3821-4510

作品参考サイト:http://www.geocities.jp/qsshc/cpaint/seiseirutenmarquees.html


「文展・帝展」

創設年:1907

創設者:*官展

インフォメーション:以下参照

明治末期から昭和戦前期にかけて存在した官設公募美術展。フランスで毎年開催されたサロンに倣って生まれたもので、1907年に文部省美術展覧会(通称・文展)として始まった。19年に文部省管轄下の帝国美術院展覧会(帝展)に改まりました。文展の設立には、先行して活動していた白馬会など、諸美術団体を国家主導のもとに統合する意図がありました。文展発足時には日本画、西洋画、彫刻の三部門からなり、27年に美術工芸部門が新設されるまで工芸が排除されていました。35年には文部大臣松田源治が、在野の諸美術団体から有力画家を帝展審査員に加え、美術の国家統制を強化しようとして多くの紛糾を招く事態にもなりました(松田改組と呼ばれる)。37年には帝展から文部省が主催する展覧会(新文展)となり、40年の紀元二千六百年奉祝展を挟み、44年には戦時特別文展が開催されました。戦後45年の秋には開催されなかったが、46年に日本美術展覧会(日展)として再出発し現在に至ります。文展・帝展のあり方は常に美術の制度への問いかけに晒されていたと言っても過言ではありません。結果的に文展・帝展は、戦前までの日本において最も注目を集める美術展として美術の大衆に大きな役割を果たしました。また一方で、そうした権威の存在は、14年に結成された二科会をはじめとする、反文展・反帝展を掲げた在野の諸美術団体やさまざまな美術運動が生まれる契機になったと言えます

会派を代表する作品:(第一回文展受賞作品)

「南風・和田三造」出典元:http://kousin242.sakura.ne.jp/wordpress013/wp-content/uploads/2016/03/000-1.jpg

「新月・吉田博」出典元:http://search.artmuseums.go.jp/jpeg/momat/S0022023.jpg

「穂高の麓・木下藤次郎」出典元:http://search.artmuseums.go.jp/jpeg/momat/S0022022.jpg

会派の展覧会名称:「日展」に集約されました。

関連インフォメーション:下記記事「日展」の項目を参照ください。

公益社団法人日展本部所在地:110-0002 東京都台東区上野桜木2-4-1

問合せ:03-3821-0453

作品参考サイト:http://kousin242.sakura.ne.jp/wordpress013/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%BE%8E%E8%A1%93/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E7%BE%8E%E8%A1%93/%E5%92%8C%E7%94%B0%E4%B8%89%E9%80%A0/

作品参考サイト:http://search.artmuseums.go.jp/records.php?sakuhin=11077

作品参考サイト:http://search.artmuseums.go.jp/records.php?sakuhin=11098


「日展」

公式サイト:http://www.nitten.or.jp/index.html

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/Nitten.ART

創設年:1907

創設者:*官展

インフォメーション:以下参照

総合美術団体。日本美術展覧会の略称。その前身は1907年(明治40)に開設された文部省美術展覧会(文展)に遡る。これは政府の美術振興策の一環として施行された日本最初の官設展で、明治美術界に大きな影響を与えました。その後19年(大正8)帝国美術院が創設され、帝展(帝国美術院美術展覧会)となり、35年(昭和10)の松田文相による改組を経て、37年新文展へと継承されました。第二次世界大戦後の46年(昭和21)からは日展(日本美術展覧会)と改称。さらに49年、戦後の民主化政策進行のなかで、日本芸術院と日展運営会の共催による半官展となり、58年には社団法人組織を採用、純粋な民間団体となった。その後、運営担当の役員幹部の刷新を図り、新世代の進出を促す目的で69年に組織を改組し、2000年(平成12)現在第32回展を記録しているが、いまだに、日本最大の総合美術団体として、野にあって野にあらずといった性格を有し全体の傾向としても依然穏健な作風が主流となっている。日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門を擁し毎年11月に東京都美術館で公募展を開催、団体展中最高の入場者数を獲得しています。

会派の展覧会作品:以下参照

「潮・李暁剛/第二回改組新日展より」出典元:http://www.nitten.or.jp/collaboration/images/2_li.jpg

「少年の夏・野崎義典/ 第二回改組新日展より 」出典元:http://www.nitten.or.jp/collaboration/images/2_nozaki.jpg

「夏のさかり/岸田竹史1994年第26回日展入賞作品」出典元:https://www.tange-shin.net/about/img/nitten-pic26-b.jpg

会派の展覧会名称:「日展」

関連インフォメーション:(日展HPより)日展東京会場展は、99年間にわたり東京上野の東京都美術館で開催してまいりましたが、日展100年目を迎える節目の年である2007年からは東京・六本木に開館した「国立新美術館」に会場を移し、新たなスタートを切りました。東京会場展終了後は、全国主要都市で巡回展が開かれ、50万人を超す多くの入場者があります。これだけでも世界に類のないことですが、それだけに、わたくしたち日展作家は、これからもいっそう日本の現在美術の健全な発展に大きな責任と、自負を持っていきたいと思います。

公益社団法人日展本部所在地:110-0002 東京都台東区上野桜木2-4-1

問合せ:03-3821-0453

作品参考サイト:http://www.nitten.or.jp/collaboration/2_kouno.html

作品参考サイト:https://www.tange-shin.net/index.php


「二紀会」

公式サイト:http://niki-kai.com/menu.html

二科会創設年:1914

第二紀会創設年:1947

創設委員:宮本三郎

インフォメーション:以下参照

1914年(大正3年)文展洋画部二科設置運動に端をひらき、同年文展から分離して創立された二科会は1914年(昭和19年)、第30回展開催後解散しました。旧二科会会員であった熊谷守一、栗原信、黒田重太郎、田村孝之介、中川紀元、鍋井克之、正宗得三郎、宮本三郎、横井礼市、の9名は旧二科会の活動を第一期とし、戦後新しく第二の紀元を画する意図のもと1947年(昭和22年)、第二紀会を創立しました。その後の発展とともに、名称も二紀会と改め、20周年記念展を期し、ようやく国際間の文化交流の激化にともない、時代の推移に即応出来る態勢に会の機構を整備、近代化を進めるため法人化に踏み切った。こうして1967年(昭和42年)427日、社団法人二紀会(理事長・宮本三郎)が設立されました。事務所を東京都世田谷区玉川奥沢町2丁目304番地に置きこれまでの委員、同人はそれぞれ会員、同人となりました。

会派を代表する作品:(内閣総理大臣賞受賞作品)

「シープリアンとブレックの仲間達・佐々木信平」出典元:http://www.amcac.ac.jp/~suzuki/niki/2001/e01sho01/p01naikaku1sasaki.jpg

「見しこと・遠藤彰子」出典元:http://www.amcac.ac.jp/~suzuki/niki/2006/e06sho01/naikaku1pi06endoakiko.jpg

雷神 樗の風・立見榮男」出典元:http://www.amcac.ac.jp/~suzuki/niki/2011/e11sho01/naikaku01pi11tatsumi.jpg

会派の展覧会名称:「二紀展」

社団法人二紀会本部所在地:114-0014東京都北区田端3-13-2谷中田美術第2ビル

問合せ:03-5685-6791

作品参考サイト:http://www.amcac.ac.jp/~suzuki/niki/0001ichiran/01shoichiran/0kinentai01.html


「春陽会」

公式サイト:http://shunyo-kai.or.jp/

創設年:1922

創設者:小杉放庵等7名(下記参照)

インフォメーション:以下参照

1922(大正11)年、春陽会は日本美術院を離れた小杉放庵、足立源一郎、倉田白羊、長谷川昇、森田恒友、山本 鼎に梅原龍三郎を加えた7名で創立されました。また、この時に石井鶴三、今関啓司、岸田劉生、木村壮八、中川一政、萬鉄五郎等が客員として参加しています。1923(大正12)年には早くも第一回展が上野竹之台陳列場で開催されています。やがて岸田劉生、梅原龍三郎等は会を去りましたが、会場も東京府美術館(現東京都美術館)へと変わり、次第に「優雅で文人画風」と評される春陽会の作風も定着して行きました。1928(昭和3)年には、長谷川潔の入会を得て「版画室」が新設され、また、昭和10年代には岡 鹿之助、三雲祥之助、高田力蔵等、欧州からの帰朝者を新たに迎え、清新にして典雅な雰囲気がもたらされたのも特筆すべき出来事でした。戦時中は一時の中断を余儀なくされましたが、1947(昭和22)年より公募展として復活。版画の駒井哲郎をはじめ多くのすぐれた作家を集め、「絵画」「版画」ふたつの部を持つ有力な美術団体として今日にいたっています。また、若い世代を中心に、新たな造形意識に立った作品が多く見られるようになったのも、春陽会の近来の動向として注目されています。現在絵画部・版画部の会員・会友を合わせて600名を超える団体となっており、2013年に第90回展を開催しました。さらに第100回展に向けて活動を続けています。

会派を代表する作品:(春陽会入選作品)

「酒場・鳥海青児(1925年)」出典元:http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/common/content/000142255.jpg

「檸檬持てる少女・三岸好太郎(1923年)」出典元:http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-mikmu/images/gal03.jpg

「野の娘エチュード・中川一政(1917年)」出典元:http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog/images/2011/09/08/04_1917.jpg

会派の展覧会名称:「春陽展」

春陽会事務所所在地:102-0085 千代田区六番町1番町一番館

問合せ:03-6380-9145

作品参考サイト:http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/55207038280.htm

作品参考サイト:http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mkb/gall3.htm

作品参考サイト:http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/26-0358-6b18.html

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】一休 ユーザーからのお勧めホテル
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒  【PR】るるぶトラベルでホテルを検索!今夜の宿がスグ見つかります!
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8