柿の銘菓コレクション・和菓子編


柿の銘菓コレクション・和菓子編

秋になると柿が一斉に出回ります。和菓子と柿の組み合わせは絶妙で、全国に銘菓がひしめいています。そこでご紹介します「柿の銘菓コレクション・和菓子編」です。「大垣つちや・柿羊羹」「飛騨あずさ屋・福柿」「山形乃し梅本舗佐藤屋・紅柿」「飯田いと忠・市田柿しぼり」「金沢雅風堂・まめ柿」「中津川くり屋南陽堂・栗柿」「奈良総本店柿寿賀・柿寿賀」「中津渓月堂・巻柿」「広島風雅堂・ひろ柿」「小松島山陽堂・不老柿」。

「大垣つちや・柿羊羹」

出典元:http://www.kakiyokan.com/kanri/item/category_ico/20130526234835_ico.jpg?090749

出典元:http://www.kakiyokan.com/shop/img/img_shop_01.jpg

公式サイト:http://www.kakiyokan.com/

お勧め:「柿羊羹」

インフォメーション:以下参照(HPより)

柿羊羹は四代目右助という人が天保九年(1838)に、堂上蜂屋柿の濃密な甘味に注目して、これを羊羹の材料として利用する事に成功して創製しました。竹の容器が使われるようになったのは、五代目祐斎の代の明治二十九年(1896)からであり、親友で竹の研究家であった坪井伊助翁が「竹と柿は相性が良いから柿を植えると、竹も育ち、柿も甘味を増す、一挙両得だよ」のアドバイスを得て、柿羊羹独自の竹の容器を考案しました。しかし、最初は竹筒に柿羊羹を流し込み、竹に彫刻をほどこしたり、漆塗り蒔絵にして中味を食べた後に、一輪挿しと再生利用できる凝ったものをつくっていましたが、筒は中身が取り出しにくく、結局お茶受けに出されたお客の一人が、箸でつついても中味が出ぬことに腹を立て「出て来ぬ羊羹が何になる!」と石に投げつけたところ、真っ二つに割れ、それで今の半割竹の容器が出来たと言われています。

参考価格:以下参照

「柿羊羹一本竹容器入り155g」税込864

「柿羊羹一本竹容器入り220g(化粧箱入り)」税込1512

俵町本店店舗所在地:大垣市俵町39番地

問合せ:0584782111

営業時間:8301900

定休日:年中無休

お取り寄せショッピングサイト:http://www.kakiyokan.com/shopping/item.php?id=10


「飛騨あずさ屋・福柿」

出典元:http://azusaya.co.jp/pic-labo/fukugaki-4.jpg

出典元:http://azusaya.co.jp/pic-labo/fukugaki-2.jpg

出典元:http://azusaya.co.jp/pic-labo/fukugaki-6.jpg

公式サイト:http://www.azusaya.co.jp/

お勧め:「福柿」

インフォメーション:南信州では「福をかき(柿)集める」縁起のよい食べ物としている市田柿。
その市田柿に小豆のこし餡を詰めて贅沢な和菓子を作りました。「福柿」という福を呼ぶネーミングとともに高級掛紙仕立てのパッケージで贈物にも最適です。福柿は冷やしても美味しいので、アイスクリームにスライスをしてトッピングしても簡単和風パフェの出来上がりです。

参考価格:「市田柿銘菓 福柿6個入り」税込3456

発売時期:年間通期

株式会社飛騨あずさ 本社所在地:509-2202岐阜県下呂市森1501-3

問合せ:0576-25-5565

お取り寄せショッピングサイト:http://www.azusaya.co.jp/SHOP/s00111.html


「山形乃し梅本舗佐藤屋・紅柿」

出典元:http://satoya-matsubei.com/benigaki1.gif

出典元:http://satoya-matsubei.com/benigaki-p.gif

公式サイト:http://satoya-matsubei.com/

関連サイト:http://satoya-matsubei.com/intro/benigaki.html

お勧め:「紅柿」

インフォメーション:山形は村山の特産干柿である「紅柿」のおいしさを、和三盆風味の柿羊羹に仕上げました干柿と白餡、国産の寒天のみで作った羊羹に味を引き立たせる梅羊羹を忍ばせて、本物の干柿そっくりながらも味わい深い菓子に仕上がっております。表面にまぶした和三盆の甘さも上品で、根強いファンの多い定番商品の一つです。

参考価格:「紅柿」一箱3個入り税込540

発売時期:年間通期

店舗所在地:990-0031 山形県山形市十日町3丁目1036

問合せ:023-622-3108

営業時間:8301800

定休日:年中無休

お取り寄せショッピングサイト:(HPより)ご注文は、お手数ではございますがお電話のみでの対応とさせていただいております。小さな山形の菓子屋でございます。無理のない商いで、間違いのない美味しい菓子をお届けいたします為にご理解を賜ります様お願い致します。

フリーダイヤル:0120013108


「飯田いと忠・市田柿しぼり」

出典元:http://www.sugomori.co.jp/item/kaki/kakisibori_r7_c1.jpg

出典元:http://www.sugomori.co.jp/shop/item/sugomori/picture/goods/108_thumbnail.jpg

出典元:http://www.sugomori.co.jp/wp/wp-content/uploads/kamisatoten.jpg

公式サイト:http://www.sugomori.co.jp/fs/sugomori/c/ichidagaki

お勧め:「市田柿しぼり」

インフォメーション:市田柿を使った和菓子が完成しました。干柿と生柿をドッキング。二つの味を二層に込め、上の層が干柿、下の層が生柿の味です。市田柿の果肉が入った手造りの生菓子ですので93月の季節限定商品です。なお市田柿しぼりにはπウォーターを使用しています。

参考価格:「市田柿しぼり」6個入り税込1188

発売時期:9月~3月の限定販売

株式会社いと忠本社/上郷店所在地:395-0002長野県飯田市上郷飯沼2218-1

問合せ:0265522464

営業時間:9001800

定休日:日曜日・元日

お取り寄せショッピングサイト:http://www.sugomori.co.jp/fs/sugomori/kaki15


「金沢雅風堂・まめ柿」

出典元:http://www.gafudo.co.jp/introduce/product/pro01/images/mamegakin_01.jpg

出典元:http://www.gafudo.co.jp/introduce/product/pro01/images/mamegakin_02.jpg

出典元:http://www.gafudo.co.jp/introduce/realshop/images/honten.jpg

公式サイト:http://www.gafudo.co.jp/introduce/product/pro01/mamegaki.html

お勧め: 「まめ柿」

インフォメーション:豆柿は日本古来より柿渋をとる為に植えられていました。今では生け花用として使われています。能登のおいしい柿で柚子風味の餡を包み、自然とのふれあいを託しました。

参考価格: 「まめ柿7個入り」税込908

発売時期:年間通期

本店店舗所在地:924-0808石川県白山市布市1丁目239

問合せ:0762763488

営業時間:9001800

定休日:年中無休

お取り寄せショッピングサイト:http://shop.gafudo.co.jp/shopdetail/000000000365/002/002/X/page1/brandname/

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8