神戸老舗スイーツ


神戸老舗スイーツ

神戸は洋菓子のメッカです。そこでご紹介します「神戸老舗スイーツ」情報です。「G線」「ショコラパブリック」「ラブニュー」「モロゾフ本店」「ユーハイム本店」「ケーニヒスクローネ」「元町ケーキ」「ボックサン」「ボンボンロケット」「モンプリュ」「グレゴリーコレ」「パティスリーアキト」「ラ センサスイオン」「シンフォニーナガノ」。

G線」

G線ロールケーキ」出典元:http://www.g-sen.com/product/imgs/roll-img5-lg.jpg

2本入り」出典元:http://www.g-sen.com/product/imgs/roll-img3-lg.jpg

お薦め商品:「G線ロールケーキ」

参考価格:「G線ロールケーキ」2本入り税込1500円(*オンラインショッピング参考価格)

商品インフォメーション:保存料や合成着色料などは使用せず、甘みを抑え非常にシンプルながらも極上な素材の力を生かして仕上げました。味は、宇治の抹茶を贅沢に使用した抹茶クリームと、栗入りクリーム、香り豊かないちごの3種類です。お取り寄せが出来ますので、ご利用下さい。

公式サイト:http://www.g-sen.com/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/GsenKobe

出典元:http://www.g-sen.com/company/imgs/shop-01.jpg

ショップからのメッセージ:ロゴを見て「神戸のジーセン!」と答えれる人はかなりの神戸通。神戸では以前から「ジーセン」と呼び親しまれてきました。御存じない方の大半は「ゲーセン?」「なんて読むの?」とお答えになります。“Gの名前の由来はバッハの組曲を編曲した「G線上のアリア」から。またバイオリンの一番太い弦は「G」で、そこにもちなみ「最低線の味を守る菓子屋でありたい。」そんな思いも込められています。

本店店舗所在地:651-0067神戸市中央区神若通7-2-7

問合せ::078-241-1101()

営業時間:10:0019:00

定休日:毎週水曜日・年末年始

イートイン席数:42


「ショコラパブリック」

出典元:http://chinarj.sakura.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/collection-g-17.jpg

出典元:http://chinarj.sakura.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/collection-b-12.jpg

お薦め商品:「生チョコキャラメルロール」「神戸ショートケーキ」

参考価格:「生チョコキャラメルロール」1400円・「神戸ショートケーキ」470

商品インフォメーション:天然素材本来の味を引き出すため、できる限りシンプルに作られたショコラリパブリックの生菓子は素材にこだわり、安心して召し上がっていただけます。

公式サイト:http://www.chocolat-republic.com/

出典元:http://chinarj.sakura.ne.jp/wordpress/wp-content/themes/chocolat-republic/images/shop_sannomiya_01.jpg

本店からのメッセージ:ファッションや西洋文化が感じられる街神戸。異人館へと続く北野坂に2002年本店としてオープンした三宮本店。1Fはテイクアウト・B1F2Fスイーツカフェ・3Fコーヒーラウンジもございます。新鮮な洋菓子をお楽しみください。

三宮本店店舗所在地:神戸市中央区加納町4-8-7

問合せ:078-321-3666

営業時間:1100000(金土は~100まで)/10002200(日曜祝日)

定休日:年中無休

イートイン席数:12


「ラブニュー」

「ミルフィーユ」出典元:http://www.lavenue-hirai.com/lvnwp/wp-content/uploads/352177529f7cc9e0478f4f799c6db549-e1480317416600-347×260.jpg

「マルキーズ」出典元:http://www.lavenue-hirai.com/lvnwp/wp-content/uploads/marquise.jpg

お薦め商品:「ミルフィーユ」「マルキーズ」「ディジョネ」「モード」

参考価格:「モード」650円・「ミルフィーユ」460

商品インフォメーション:以下参照
モードはヘーゼルナッツ、アプリコット、チョコレートのコンビネーション。中はビスキュイ、チョコレートムース、ホワイトチョコレートクリームのストライプ模様となっています。ガツンとしたチョコレートケーキと言うよりはそれぞれの個性の調和を愉しむケーキといった仕上げです。ミルフィーユはキャラメリゼされたパイ生地と、カスタードクリームのシンプルな構成です。

公式サイト:http://www.lavenue-hirai.com/

「平井茂雄パティシエ」出典元:http://www.lavenue-hirai.com/lvnwp/wp-content/themes/lavenue-2016/images/patissier.png

ショップからのメッセージ:(HPより以下参照)

夕焼け空がだんだんと夜の空に移行して行く様は、数分で世の中の色を次々と変え、目に映る街の景色も変えて行きます。そのような効果を、味で感じることができたら、素敵な感覚に浸れるのかも知れません。私の作るチョコレートは、複雑な味の構成をしているようで、しかし各々がスッキリと後を引かず消えていくので、正に夕焼け空が色を変えて行くように、段階的に味わえる作りとなっております。ほんの少し贅沢なひと時を感じて頂けたなら幸いです。

店舗所在地:650-0003 兵庫県神戸市中央区山本通3丁目73

問合せ:078-252-0766

営業時間:10301900(日曜は~1800まで)

定休日:水曜日

イートイン席数:テイクアウトのみです。


「モロゾフ本店」

①出典元:http://www.morozoff.co.jp/products/pudding/img/custard_pudding_170_1.jpg

②出典元:http://www.morozoff.co.jp/b8e36a4e3ab94625d5a63aaffe9d8fe89ad31fbb.jpg

お薦め商品・参考価格:以下参照

①「カスタードプリン170g」税込324円・

②「デンマーククリームチーズケーキ直径19㎝」税込1620

さんちか店インフォメーション:「ていねいなものづくり」にかけたモロゾフの精神が、人々の「丁寧な暮らし」の中に溶け込むように、モロゾフグランのスイーツは、「暮らしのスイーツ(‘Kurashi no’ Sweets)」として生まれます。モロゾフが求めこだわり続けた『上質』のすべて。 全国に先がけ、さんちか7番街にOPENしました。

公式サイト:http://www.morozoff.co.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/morozoff.limited

出典元:http://www.morozoff.co.jp/img/img_shop.jpg

モロゾフからのメッセージ:1931年神戸トアロードにてモロゾフは、チョコレートショップとして誕生しました。以来、カスタードプリン、チーズケーキ、クッキーなど、お客様の笑顔のために魅力あるスイーツを提供し続けています。

モロゾフ本社所在地:658-0033神戸市東灘区向洋町西五丁目3番地

問合せ:(078)822-5000 

モロゾフグランさんちか店所在地:650-0021兵庫県神戸市中央区三宮町1-10-1

問合せ:078-391-2146

営業時間:10002000

定休日:年中無休


「ユーハイム本店」

出典元:https://e-shop.juchheim.co.jp/upload/save_image/21645_1.jpg

お薦め商品:「究極の抹茶バウム」

参考価格:一個300g税込3240

商品インフォメーション:宇治茶の老舗・丸久小山園が特別に選んだ抹茶を贅沢に使用した、本格的な抹茶のバウムクーヘンです。口に入れた瞬間に抹茶の香りがふわりと広がります。上質のバターと卵をふんだんに使用して焼き上げ、抹茶本来の苦味と香りが引き立つよう、配合には徹底的にこだわりました。しっとりと口どけがよく、抹茶の風味をふんだんに感じられる、まさに究極のバウム。添加物を一切使っていないため、安心してお召し上がりいただけます。限定商品ですので、週に一度、土曜日だけの焼きあげです。(オンラインショップ可)

公式サイト:https://www.juchheim.co.jp/

オンラインショッピング:https://e-shop.juchheim.co.jp/products/detail.php?product_id=85

出典元:https://www.juchheim.co.jp/wp/wp-content/themes/juchheim/images/policy_story_img01.jpg

ユーハイムからのメッセージ:「ユーハイム」の原点は1909年。ドイツのライン河畔にあるカウブ・アム・ライン出身の菓子職人カール・ユーハイムが、当時ドイツの租借地(そしゃくち)だった中国の青島で、ジータス&プランベック氏の店を弱冠23歳という若さで譲り受けて独立したのが始まりです。カールの作るバウムクーヘンは「本場ドイツの味」と評判を呼び、あっという間の5年間が過ぎて、久しぶりにドイツに帰ったカールはひとりの女性を紹介されたのです。その女性こそエリーゼでした。1892年ザンクト・アンドレーアスベルク・ハールツ生まれ。簿記や菓子店経営に必要な学科を習得している聡明な女性でした。ふたりは19147月青島で結婚式をあげました。しかし、折悪しく第一次世界大戦が勃発し、青島は日本軍に占領されてしまい、カールは日本に強制連行されてしまったのです。広島の収容所に入ったカールでしたが、1919年、広島県物産陳列館(現在の原爆ドーム)でたまたま開かれた似島収容所浮虜製作品展覧会で自慢のバウムクーヘンを出品、これこそ日本で初めて焼かれたバウムクーヘンでした。1920年捕虜生活から解放されたカールは、家族を青島から呼び寄せ、横浜に店を開き、その後、神戸にユーハイム本店を開設いたしました。

元町本店店舗所在地:650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通1丁目413

問合せ:078-333-6868

営業時間:10002000

定休日:第三水曜日

イートイン席数:未確認


「ケーニヒス クローネ」

「はちみつアルテナ」出典元:http://konigs-krone.co.jp/shop/wp-content/uploads/sites/2/2013/06/AC-52.jpg

出典元:http://konigs-krone.co.jp/shop/wp-content/uploads/sites/2/2013/06/altenac2.jpg

お薦め商品・参考価格:「はちみつアルテナ(チョコ)」税込1404

商品インフォメーション:絶妙な甘さと軽やかな口当たりのチョコ味のはちみつアルテナ。5号サイズ(直径約14cm)です。*オンラインショッピングもできます。(以下サイト参照)

公式サイト:http://konigs-krone.co.jp/

オンラインショッピング:http://konigs-krone.co.jp/shop/?goods_cat=std-altena

出典元:http://konigs-krone.co.jp/wp-content/uploads/2013/06/5fbaab053050fbc97ccf79fe17eace15.png

ショップからのメッセージ:お母さんが家族のために作るおやつのように、素朴でやさしい味、それがドイツ菓子の魅力です。フランス菓子のような華やかさはありませんが、季節のフルーツの味をそのまま生かしたシンプルで素朴なケーキ。そんなドイツで育まれてきたお菓子づくりの思いを店名に込めました。ケーニヒス クローネとは、ドイツ語で「勝利の王冠」。メインキャラクターのクマさん(名前はポチ)も頭に王冠を乗せていますが、けっして威張ったりはしません。美味しいお菓子をたくさんの人に届けたい思いで一杯です。ドイツへの愛着のこもったお菓子を、どうぞお楽しみください。

店舗所在地:兵庫県神戸市東灘区御影石町41219

問合せ: 078-851-2832

営業時間:10001900

定休日:不定休

イートイン席数:24


「元町ケーキ」

「ざくろ」出典元:https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/59703/320x320_rect_59703261.jpg

お薦め商品:「ざくろ」「りんごタルト」「いちごショート」

参考価格:「ざくろ」「りんごタルト」「いちごショート」各270

商品インフォメーション:「ざくろ」は店の看板の究極のシンプルケーキ。スポンジには卵黄のみを使用し、生クリームは3タイプのクリームをブレンドしています。上にのっている大きないちごは国産にこだわった究極のシンプルケーキ。スポンジと生クリームとの相性が抜群で、店の看板商品。

参考サイト:https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28001007/

出典元:https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/61538/320x320_rect_61538948.jpg

ショップからのメッセージ:元町商店街の5丁目から、アーケードの看板を目印に海側の路地に入るとすぐの場所にあ「ママのえらんだ」というキャッチフレーズでおなじみの老舗です。店のショーケースには朝8時には全ラインアップがそろい、基本的に売り切れゴメン。イートインは可能ですが「生ケーキで勝負」という店のスタイルからドリンクはセルフ方式をとっています

元町本店店舗所在地:650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通5丁目51

問合せ:078-341-6983

営業時間:830~1900

定休日:月一回不定休

イートイン席数:38

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8