甲州ワイナリー紀行


甲州ワイナリー紀行

山梨は信州と並ぶ、国産ワインの名産地です。ドライブには禁物ですがワイナリー探訪は楽しいものです。そこでご案内します「甲州ワイナリー紀行」情報です。「シャトーメルシャン」「マンズワイン勝沼ワイナリー」「しらゆりワイナリー」「大和ワイナリー」「盛田甲州ワイナリー」「まるきワイナリー」「ふじっこワイナリー」「丸藤ワイナリー」「原茂ワイナリー」「シャトージュン」「蒼龍ワイナリー」「シャトー勝沼」「グレースワイナリー」「大泉ワイナリー」「麻屋ワイナリー」。

「シャトーメルシャン」

logo_pc[1]

出典元:http://chateaumercian.com/common/images/logo_pc.png

winery_cover_12[1]

出典元:http://chateaumercian.com/places/winery/images/winery_cover_12.jpg

winery_cover_5[1]

出典元:http://chateaumercian.com/places/winery/images/winery_cover_5.jpg

winery_cover_8[1]

出典元:http://chateaumercian.com/places/winery/images/winery_cover_8.jpg

wine_gridegri2015_01_01[1]

「シャトーメルシャン甲州グリ・ド・グリ2015」出典元」:http://www.drinx.jp/wine/chm/kg_15/wine_gridegri2015_01_01.png

wine_ensemble_moegi2014_01_01[1]

「シャトーメルシャン・アンサンブル萌黄2014」出典元:http://www.drinx.jp/wine/chm/moegi_14/wine_ensemble_moegi2014_01_01.png

4374d694a0b4d0a613c096c95605cf63e377c4ff[1]

「シャトーメルシャン甲州きいろ香2015」出典元:http://www.drinx.jp/wine/upload/4374d694a0b4d0a613c096c95605cf63e377c4ff.png

公式サイト:http://chateaumercian.com/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インフォメーション:(HPより)

時代をさかのぼること130年以上も昔のお話……1877年(明治10年)、メルシャンの源流ともいえる『大日本山梨葡萄酒会社』が創立されました。ここに、国産ワインの歴史が幕を開けたのです。 農業、産業、文化、歴史……多様な側面から日本のワインの未来を担っていく。私たちが背負うものは決して軽くはありません。しかし、私たちはこのプレッシャーを原動力に変え、日夜、ブドウ栽培やワイン造りに挑んでいます。私たちを支えてくださるのは、お客様の「おいしい」という言葉。ぜひ一度、私たち『シャトー・メルシャン』へお立ち寄りください。私たちのブドウ栽培と、ワイン造りへの想いをより一層感じていただけるはずです。ワイナリースタッフ一同お待ちしています。

代表銘柄:「シャトーメルシャン」

所在地:409-1313山梨県甲州市勝沼町下岩崎1425-1

問合せ:0553-44-1011

営業時間:9:3016:30

休業日:火曜日及び年末年始

参考価格:以下参照(税込価格)

「シャトーメルシャンン甲州グリ・ド・グリ20152450

「シャトーメルシャン・アンサンブル萌黄20141771

「シャトーメルシャン甲州きいろ香20152450

WEB購入サイト:http://www.drinx.jp/wine/chm/index.html


「マンズワイン勝沼ワイナリー」

mannswinekatsunuma_winery_01-333x250[1]

出典元:http://www.winery.or.jp/cms/wp-content/uploads/2016/03/mannswinekatsunuma_winery_01-333×250.jpg

mannswinekatsunuma_gallery_01-215x161[1]

出典元:http://www.winery.or.jp/cms/wp-content/uploads/2016/03/mannswinekatsunuma_gallery_01-215×161.jpg

56U960_l[1]

「ソラリス信州シャルドネメトッド・トラディショナルブリュット2009」出典元:http://www.mannswine-shop.com/solaris/img/56U960_l.jpg

56W450_l[1]

「ソラリス信州小諸メルロー2013」出典元:http://www.mannswine-shop.com/solaris/img/56W450_l.jpg

569280_l[1]

「ソラリス・オー・ド・ヴィー・ド・マール信州カベルネソーヴィニヨン2011」出典元:http://www.mannswine-shop.com/solaris/img/569280_l.jpg

公式サイト:http://www.mannswine-shop.com/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト:http://www.winery.or.jp/winery-map/749/

インフォメーション:(HPより)

1962年設立。デイリーワインから日本の風土を表現するこだわりのワインまで多くの種類を製造しています。 勝沼ワイナリーでは、係りの者がご案内するコースと、自由にご見学いただくコースの両方をご用意しています。どちらも無料です。近代的な醸造設備を見ていただくと同時に、古い道具などを展示した資料展示室も充実しています。ご見学いただくと、ワイン造りの歴史的な一面や現在の状況などがおわかりいただけます。なにより、ワインがもっと身近になることでしょう。 ご案内の係りの者がマンズワインの紹介させていただいた後、 プロモーションビデオをご覧いただきます。この部屋でのお時間は10分程度ですが、ワイン用のいろいろな葡萄を紹介したパネルや、実際の発酵の様子をビデオでご覧いただくことで、ワインに対する関心を深めていただけることと思います。 ワイナリー内には、多くの種類のタンクがあります。大きさも、機能も様々です。造るワインの種類や、量の多寡、製造工程などの違いによりこれらを使い分けます。ご案内では、代表的なタンクについて説明して参ります。地下の樽貯蔵庫では、樽にはいったワインがゆっくりとした熟成の時を過ごしています。時間をかけて、樽の香りをその身にまといながらワインは味わいを深めていきます。なんとも言えぬ芳香に満ちたこの地下は時の流れがより緩やかに感じられます。

代表銘柄:「ソラリス」

所在地:409-1306山梨県甲州市勝沼町山400

問合せ:0553-44-2285

営業時間:午前9時より午後5時まで

休業日:未確認

人気のお勧め銘柄:

参考価格:以下参照(税込価格)

「ソラリス信州シャルドネメトッド・トラディショナルブリュット20097020

「ソラリス信州小諸メルロー20137560

「ソラリス・オー・ド・ヴィー・ド・マール信州カベルネソーヴィニヨン20113780円(375ml

WEB購入サイト:http://www.mannswine-shop.com/search/series/soralis.htm


「ロリアンワイン白百合醸造ワイナリー」

koshufield[1]

出典元:http://www.shirayuriwine.com/_/rsrc/1306823612904/winery/factorytour/koshufield.jpg

shop[1]

出典元:http://www.shirayuriwine.com/_/rsrc/1472998474686/winery/shopguide/shop.jpg

KatsunumaKoshu[1]

「ロリアン勝沼甲州2015」出典元:http://www.shirayuriwine.com/_/rsrc/1461549509780/winelist/katsununa-koshu2015/KatsunumaKoshu.jpg?height=320&width=160

chateau-lorient2013[1]

「ロリアン・シャトーロリアン2013」出典元:http://www.shirayuriwine.com/_/rsrc/1474946842735/winelist/chateau-lorient2013/chateau-lorient2013.jpg?height=320&width=160

melrot-ba2014[1]

「ロリアン・メルロー樽熟成2014」出典元:http://www.shirayuriwine.shop/shirayuri/cart/img/wines/melrot-ba2014.jpg

公式サイト:http://www.shirayuriwine.com/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/shirayuriwine

インフォメーション:(HPより)

白百合醸造は、昭和13年に創業し、現在は3代目となります内田多加夫を代表とするファミリーワイナリーです。ロリアン(L’ORIENT)は「東洋」を意味するフランス語で、ヨーロッパに劣らぬ高水準のワイン造りを目指し名付けました。 原料のぶどう栽培からワイン造りまで情熱を持って取り組んでいます。ワイン造りはシンプルだからこそ原料となるぶどうの良否が大切です。

白百合醸造は、気候、地質ともに葡萄栽培に適した山梨県勝沼町に自社畑を持ち、常に一貫性のあるワインを追求しています。50余年の伝統に培われた技術によって生まれるロリアンのワインを是非ご堪能ください。

代表銘柄:「ロリアン」

所在地:〒409-1315山梨県甲州市勝沼町等々力878−2

問合せ:0553-44-3131

営業時間:9001630

休業日:年中無休

参考価格:以下参照(税込価格)

「ロリアン勝沼甲州20151836

「ロリアン・シャトーロリアン20135143

「ロリアン・メルロー樽熟成20143394

WEB購入サイト:http://www.shirayuriwine.com/winelist/award


「大和葡萄酒ワイナリー」

winery_main[1]

出典元:http://www.yamatowine.com/contents/common/images/winery/winery_main.jpg

shop_img2[1]

出典元:http://www.yamatowine.com/contents/common/images/winery/shop_img2.jpg

1_002000000001[1]

Vin de Royal甲龍」出典元:http://gigaplus.makeshop.jp/gmosp534/shopimages/1_002000000001.jpg

1_002000000018[1]

「番イ(ツガイ)2015」出典元:http://gigaplus.makeshop.jp/gmosp534/shopimages/1_002000000018.jpg

1_002000000013[1]

2016ビンテージ甲州」出典元:http://gigaplus.makeshop.jp/gmosp534/shopimages/1_002000000013.jpg

公式サイト:http://www.yamatowine.com/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/huggywine/

インフォメーション:(HPより)

大和葡萄酒の創業家である萩原家は江戸時代初期より山梨市落合にて代々油問屋(250年間)を営んでいました。当時親戚のつくり酒屋と大地主である萩原3家で庄屋としての役割を兼務しており油問屋の当家は代々右八を襲名していました。明治の文明開化と共に、明かりを灯す油は電気に替わり家業の油問屋は廃業を余儀なくされ、現在の山梨市下栗原に移転しました。明治の時代を生き抜いた萩原保太郎(13代目最後の右八)は製材業・穀物卸・ぶどう園・都内不動産貸付・酒屋などを家業に山梨市下栗原の栗原葡萄酒組合(現在の勝沼フジッコワイナリー株式会社の設立に寄与してきました。当社の創業は、保太郎が勝沼に基盤を移した時大正2年と致しています。その後代は啓太郎に替わり、第十一葡萄酒組合の設立に寄与してまいりました。昭和28年第十一葡萄酒組合は大和葡萄酒株式会社に法人化致しました。 昨今では、1990年に長野工場開設、1995年にビール事業、そして2001年より当社骨子になるワインブランド構築を行っています。現在の社長・保樹は4代目です。 2012(創業100周年)よりメインブランド名をD E L I A N(デリアン)からL’HUGGY(リュギィー)に変更致します。L’HUGGY(リュギィー)は創業家萩原の萩(ハギ)に由来したものです。

代表銘柄:「甲龍」

所在地:409-1315山梨県甲州市勝沼町等々力776-1

問合せ:0553-44-0433

営業時間:10001630

休業日:お盆・年末年始

参考価格:以下参照(税込価格)

Vin de Royal甲龍」5441

「番イ(ツガイ)20151483

2016ビンテージ甲州」1503

WEB購入サイト:http://www.yamatowine.com/contents/lineup/symbol.php


「盛田甲州シャンモリワイナリー」

top_image1[1]

出典元:http://www.chanmoris.co.jp/img/top_image1.jpg

farm_02[1]

出典元:http://www.chanmoris.co.jp/img/farm_02.jpg

winery_03[1]

出典元:http://www.chanmoris.co.jp/img/winery_03.jpg

list.item.131.2[1]

「シャンモリ・フィエルテ プライベートリザーブ マスカットベリーA2014」出典元:https://www03.easy-myshop.jp/emsrsc/chanmoris/itemimg/131/list.item.131.2.jpg

list.item.87.1[1]

「グラン・シャンモリ樽熟成マスカットベリーA2015」出典元:https://www03.easy-myshop.jp/emsrsc/chanmoris/itemimg/87/list.item.87.1.jpg

list.item.103.1[1]

「シャンモリ・ナイアガラ」出典元:https://www03.easy-myshop.jp/emsrsc/chanmoris/itemimg/103/list.item.103.1.jpg

公式サイト:http://www.chanmoris.co.jp/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インフォメーション:(HPより)

尾張国知多郡小鈴谷村(現愛知県常滑市小鈴谷)で江戸時代中期から酒、味噌、醤油の醸造業を営んできた盛田家の11代目久左衛門は、明治政府の富国強兵、殖産興業政策に基づく新規事業を模索しておりましたが、1880(明治13年)、当時甲州(山梨県)で栽培されていた葡萄に目をつけ、ワインを醸造して国益を図る決心をし、1881(明治14年)小鈴谷村の官有林520haの使用許可を受けて約50haの葡萄園を開き醸造用葡萄の植え付けを開始しました。政府のワインの原料葡萄の専門家を招き、栽培指導を受けるなどして盛田葡萄園は着実に成長しつつありました。当時日本を訪問したフランス農務省の職員は、日本で最も感銘する葡萄園だと述べています。1886年の農商務省の報告によると葡萄栽培数は、愛知県が全国の約半数を占めるまでになっていました。ワイン先進国フランスのようなワイン造りをという久左衛門の夢は実現向けて、大きく前進していました。1885(明治18年)ワイン醸造場建築の指導者として甲州より技術者を招き、ようやく収穫可能となった葡萄園 から葡萄を収穫し、この年の秋仕込みをする準備を整えていました。しかし、思いもよらない事態が待ち受けていました。当時世界的に猛威を振るっていたフィロキセラ(根アブラムシ)が盛田葡萄園にも襲いかかり、たちまち葡萄園は壊滅状態となってしまいました。フランス並みのワイン造りを目指した久左衛門の夢 は、残念ながら果たされませんでした。14代目久左衛門の次男和昭は、盛田株式会社を引き継ぐと、11代目が果たせなかったワイン造りに再度挑戦することを決意し、1973(昭和48年)葡萄、ワイン造りの本場甲州勝沼にワイナリーを設立し、シャンモリワインと命名しました。その後、順調に発展し、初期工場が手狭となったので、勝沼町の求めに応じて、ワインバレー第1号工場として当工場が完成しました。

代表銘柄:「シャンモリ」

所在地:409-1316山梨県甲州市勝沼町勝沼2842

問合せ:0553-44-2003

営業時間:11001600

休業日:年末年始

参考価格:以下参照(税込価格)

「シャンモリ・フィエルテ プライベートリザーブ マスカットベリーA20143024

「グラン・シャンモリ樽熟成マスカットベリーA20151836

「シャンモリ・ナイアガラ」1296

WEB購入サイト:http://chanmoris.easy-myshop.jp/c-item-list?category_id=0


「まるき葡萄酒ワイナリー」

jukusei_11[1]

出典元:http://marukiwine.co.jp/wp-content/uploads/2016/04/jukusei_11.jpg

jukusei_12[1]

出典元:http://marukiwine.co.jp/wp-content/uploads/2016/04/jukusei_12.jpg

50ca194d619316ac2de6ab41e386f341-80x300[1]

「レゾンルージュ」出典元:http://marukiwine.co.jp/wp-content/uploads/2016/04/50ca194d619316ac2de6ab41e386f341-80×300.jpg

2b67f0210848853bd811649c2341f062-80x300[1]

「レゾン甲州」出典元:http://marukiwine.co.jp/wp-content/uploads/2016/04/2b67f0210848853bd811649c2341f062-80×300.png

4c1869e51ba268628b59ad143764249a-73x300[1]

「ラフィーユシャルドネ」出典元:http://marukiwine.co.jp/wp-content/uploads/2016/04/4c1869e51ba268628b59ad143764249a-73×300.jpg

公式サイト:http://marukiwine.co.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/marukiwine/

インフォメーション:(HPより)

ワイナリーは葡萄の栽培に始まり、醸造、販売、この全てが重要です。社訓である「順理則裕(理に従えばすなわち裕かなり)」は六次産業を行う企業にとって理ともいえるこの三部門全てに真正面から全力を挙げて取り組んでいく企業でありたいという思いを込めています。また、葡萄の栽培については畑で羊を放し、企業としてサスティナビリティにも配慮し、日本でしかできないワイン、山梨、勝沼でしか出来ないワインづくりを目指しています。まるき葡萄酒株式会社は現存する日本最古のワイナリーとして、Innovation throughout history〜歴史に裏付けられた革新」をモットーに新しいことに積極的に挑戦し、多くの皆様にいつまでも愛されるワイナリーでありたいと思っております。

代表銘柄:「レゾン」「ラフィーユ」

所在地:〒409-1313山梨県甲州市勝沼町下岩崎2488

問合せ:0553-44-1005

営業時間:8301730

休業日:年中無休

参考価格:以下参照(税込価格)

「レゾンルージュ」3780

「レゾン甲州」3780

「ラフィーユシャルドネ」3240

WEB購入サイト:http://marukiwine.co.jp/ourproduct

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8