組子職人の技列伝


組子職人の技列伝

生活に根差した建具の超絶技と言えば組子です。全国に点在する職人をご紹介します。「組子職人の技列伝」です。「塩澤正信」「タニハタ」「木下正人」「猪俣美術建具店」「江戸組子健松」「指勘建具工芸」「鹿沼組子豊田木工」「長野栄建具工芸横田栄一」。

「塩澤正信」

出典元:http://shiozawa.jp/profile/img/ph01.jpg

「額装作品」出典元:http://shiozawa.jp/ordermade/img/ph02-1_tb.jpg

「大型建具・町田市浄運寺」出典元:http://shiozawa.jp/awards/img/ph04.jpg

「インテリア照明」出典元:http://shiozawa.jp/hanaakeri/img/ph05_tb.jpg

公式サイト:http://shiozawa.jp/

FACEBOOKhttps://ja-jp.facebook.com/shiozawa.jp/

塩澤正信プロフィール:

1973年長野県飯田市生れ。父は建具職人ではあったが、組子細工を取り入れた建具は製作していなかった。小学校4年生の時、父に連れられて行った全国建具展示会で目にした組子細工に衝撃を受け、その帰路で組子職人への道を決意する。『自分も必ず全国建具展で内閣総理大臣賞を取れるような組子を作ってやる!』それからは父の仕事を手伝いながら組子の研究を続けた。写真を真似、独自の工夫を凝らし、難易度の高い図案への挑戦を続け、中学卒業後、職人の世界へ入門するが、就職先の倒産など苦難の道を歩む。しかし、困難の中でも技能取得の切磋琢磨は続け、応援する多くの人に支えられ、平成13年、全国建具展示会において内閣総理大臣賞を受賞。当時27歳。最年少記録という栄誉を携えての夢の実現だった。塩澤正信が生み出す作品の特徴は、伝承技術を忠実に守りながらも、通常では見られない曲線を多用した『創作組子』を取り入れ、木本来の色と精緻な組子で描き出される『木画』の芸術性である。そして今、新たな素材との組み合わせや、表現手法を研究し、従来の組子作品の領域を超えたアートインテリアの世界に挑戦している。

インフォメーション:塩澤正信作品は基本的にオーダーシステムになっています。

有限会社塩澤工芸所在地:395-0807 長野県飯田市鼎切石5103-21

問合せ:0265-53-4153

E-mailshiozawa@sweet.ocn.ne.jp

営業時間:未確認

定休日:未確認

オーダ&販売関連サイト:上記Emailからご確認ください。


「タニハタ」

「書院障子・1977年内閣総理大臣賞」出典元:https://www.tanihata.co.jp/takumi/win/images/naikaku2.jpg

「ホテル・リッツカールトン居室」出典元:https://www.tanihata.co.jp/contents/cms/wp-content/uploads/rct1.jpg

「イタリア個人宅施工」出典元:https://www.tanihata.co.jp/contents/cms/wp-content/uploads/italia1.jpg

「ホテル・リッツカールトン京都」出典元:https://www.tanihata.co.jp/contents/cms/wp-content/uploads/P20101292.jpg

公式サイト:https://www.tanihata.co.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/tanihata2

インフォメーション:遠く飛鳥時代より長い年月をかけて磨き抜かれ、現代に受け継がれた伝統木工技術「組子」。釘を使用せずに木を組むこの微細な技術を使い、タニハタでは現代建築に合った組子らんま(和風間仕切り、格子の引き戸)を製作してきました。組子職人が、お客様(個人・業者様)の設置場所に合わせて一ミリ単位の寸法で作り上げる受注生産体制にて製作しております。

作品インフォメーション:1977年全国建具展・内閣総理大臣賞受賞「書院障子」

作品は書院障子になります。(写真参照 参考価格 500万円) かなり古い作品ですが、この作品より手の込んだものはいまだにタニハタでは製作したことがありません (拡大鏡とピンセットを駆使しての製作となりました。)この作品は製作日数が1年ほどかかり、タニハタのすべてが凝縮された作品です。

住所:930-0816 富山県富山市上赤江町1丁目73

問合せ:076-441-2820

営業時間:9001730

定休日:土曜・日曜日

オーダ&販売関連サイト:設置等の依頼は以下のサイトからご相談ください。

https://www.tanihata.co.jp/takumi/kumiko/hikidosekou.htm


「木下木芸・木下正人」

出典元:http://kinoshitamokugei.com/work2/img/img_07.jpg

出典元:http://kinoshitamokugei.com/tradition/img/pic_01.jpg

出典元:http://kinoshitamokugei.com/work2/img/img_02.jpg

出典元:http://kinoshitamokugei.com/work4/img/img_01.jpg

出典元:http://www.jrkyushu-aruressha.jp/resource/ja/images/index/slide_03.jpg

公式サイト:http://kinoshitamokugei.com/

参考サイト:http://www.jrkyushu-aruressha.jp/

インフォメーション:古くから日本人の中に息づく、木を慈しむ心。木の香り、手触りに抱く深く暖かい感情は、郷愁を誘います。日本人にとって特別な想いを持つ「木」を、緻密に、繊細に組みながら空間を創り出す木工芸。それが、室町時代から続く家具の町・大川の大川組子です。計算され尽くした規則正しい幾何学の文様が、幾重にも連なり紡ぎだされる圧倒的な美。見る角度によって、光と影を纏いながら様々に表情を変えます。歴史ある伝統工芸でありながら、その類い稀なデザイン性からモダン・テイストとの融合にも大きな可能性を秘めた大川組子。唯一無二の煌めきは、「Team OKAWA」から始まります。

木下正人プロフィール:

昭和39(1964)「木下建具」の次男として、家具の町である福岡県大川市に生まれる。幼少の頃から建具屋になるのが夢だった。昭和57(1982) 福岡県立大川工業高校卒業後、栃木県鹿沼市の建具屋に師事。鹿沼組子に出会い、その素晴らしさに衝撃を受けたことが、同地に赴くきっかけとなった。 建具屋での修行を経て、栃木県鹿沼市の組子屋に師事。平成2(1990) 26歳で大川市に戻り、「木下木芸」を設立。大川で唯一の組子専門工房となる。平成19(2007) 大川地域ブランド「SAJICA」にてフランス・パリの展示会に出展。翌年、翌々年同じくドイツ展示会に出展。平成25(2013) JR九州が運航する日本初のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」の車内装飾に大川組子が採用され、木下木芸「Team OKAWA」として参加。

木下木芸住所:831-0005 福岡県大川市大字向島1037-1

問合せ:0944-86-6328

営業時間:未確認

定休日:未確認

オーダ&販売関連サイト:未確認


「猪俣美術建具店」

「猪俣美術建具店舗」出典元:http://k-ino.jp/wp/wp-content/uploads/2015/10/DSCF0296-320×240.jpg

「建具小物」出典元:http://k-ino.jp/wp/wp-content/uploads/2015/10/box_06-320×234.jpg

「組子・赤倉観光ホテル」出典元:http://k-ino.jp/wp/wp-content/uploads/2015/11/en_01.jpg

「施工建具」出典元:http://k-ino.jp/wp/wp-content/uploads/2015/12/KK2s-320×240.jpg

公式サイト:http://k-ino.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/k.ino.kumikoart

インフォメーション:創業者・猪俣精一が1951年木工職人として木工所に弟子入り。1963年猪俣木工所として独立創業。1989年より2代目として長男・一博が引き継ぐ。1994年工房移転の際に名称を猪俣美術建具店と改名。建具(組子)技術を生かしたクオリティーの高いデザイン性のある製品と、伝統工芸を取り入れたアート作品なども手掛けています。オーダー建具・家具、組子工芸の製造販売しています。こだわりのオーダーお任せください。工場併設のショールームもございます。全国建具展示会にて数々の賞を受賞代表納品「銀座久兵衛」「銀座 祥」「楽天オーナー三木谷邸」など組子特注品を数多く手掛けています。組子行灯は上越市のおみやげとして中国・韓国視察の際に使って頂きました。

住所:943-0823 新潟県上越市高土町3丁目7

問合せ:025-523-6760

Emaili-n-o@joetsu.ne.jp

営業時間:未確認

定休日:未確認

オーダ&販売関連サイト:http://k-ino.jp/order/

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】一休 ユーザーからのお勧めホテル
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒  【PR】るるぶトラベルでホテルを検索!今夜の宿がスグ見つかります!
ads by google


スポンサードリンク

ads by VC