コテコテ京都「京都人の好きなラーメン」8選/2016.4.10修正更新


コテコテ京都「京都人の好きなラーメン」8選

京都人が首をかしげるものが二つあります。「京風」と表示された食べ物と、「小京都」と言われる観光地です。どちらとも「本物とは違います」と表示しているから問題はないのですが、「京都」を語る根性が京都人にはたまらんのでしょうね。ところで、そんな京都人も一寸、誤解されてる部分があるようで、ことラーメンに関してはどうも、あっさりした味をお求めではないようです。結構「しつこい系」がお好きなようでコテコテ、ギトギトのラーメン店が人気のようです。そこで、ご紹介します、「京都人の好きなラーメン店」8選です。

 

和醸良麺「すがり」

つけ麺専門店[麺や高倉二条]の最終兵器的支店がここです。もつそば(卵付き850円)はスープに投入された炙りホソの旨みをさらに生かすため、鶏と煮干しのWスープを新たに開発。箸で持てるほどのハリと風味を持つ特選卵は、途中で飽きがちなつけ麺の味を変化させるための小道具です。まずはプチッと黄身の薄皮を破り、流れ出すまったりとしたコクを全粒粉麺とともに絡めれば、最高。上級者はそば×スープ×卵を楽しんだ後、卵の器にそばを入れ残ったスープを投入するのだとか。しかし直接スープに投入するのは「味がボケる」のでご注意を。

住所:〒604-8222 京都府京都市 中京区観音堂町471-1

電話:075-205-1185

営業時間:[月~金]11:30~15:00・18:00~22:00[土・日・祝]11:30~15:00 18:00~21:00

予算の目安:~1000円

URL:http://www.takakura-nijo.jp/

img02[1]

「つけ麺」出典元:http://www.takakura-nijo.jp/img/ec/img02.jpg


中華そば「東龍(とんりゅう)」北白川本店

「東龍」出典元:http://tonryu.net/

名物はなんといっても東龍そば。出店当時の2001年頃は、京都のラーメン界に激震が走ったほどです。その独自性はいまでも健在。東龍そばは豚骨、鶏ガラ、数々の野菜をぐつぐつ煮込んだとろみのあるクリーミィな塩味のスープです。

住所:〒606-8275 京都府京都市 左京区北白川上別当町1

電話:075-703-0900

営業時間:11:30~22:30

予算の目安:~1000円

URL:http://tonryu.net/


「麺屋・極鶏(ごっけい)」

JqZfEeDz_400x400[1]

「麺屋極鶏」出典元:

https://pbs.twimg.com/profile_images/549470896792956928/JqZfEeDz_400x400.jpeg

京都ラーメンというと「とんこつしょうゆ&背脂チャッチャ系」が有名ですが、ポタージュ系ラーメンで最高峰と言っても過言でないラーメン店が「極鶏」です。立地は、京都のラーメン激戦区『一乗寺』地区に店を構えてます。人気の「鶏だく・赤だく・黒だく・魚だく」はいずれも700円です。

住所:〒606-8123 京都府京都市 左京区一乗寺西閉川原町29−7

電話:075-711-3133

営業時間:11時30分~22時00分(通し営業)

予算の目安:~1000円

ツイッター:https://twitter.com/gokkei

Ce6ij6DUsAEIbJN[1]

「受賞」出典元:https://pbs.twimg.com/media/Ce6ij6DUsAEIbJN.jpg


「らーめんや・亜喜英(あきひで)」

akihide.web122[1]

「亜喜英」出典元:http://akihide.nh-m.com/akihide.web122.jpg

こちらのお店、スープのできが良くないと営業されないとか。不定休というより不定営業と言っても過言ではないようで、まさに幻のお店です。お店には駐車場、駐輪場はないので、くれぐれも他のお店のスペースや路上に駐輪・駐車はお控えください。また、外で待ってる間は線が引いてあるのでその内側でお静かにというのがルールです。メニューはラーメンとライスのみですが、小でも物凄いボリュームです。スープはかなりトロっとしています。豚骨、鶏骨の純濃厚スープですので、分類するなら豚骨ラーメンと鶏白湯のハーフということになるでしょうか。

住所:京都府京都市左京区一乗寺北大丸町5−2

電話:075-702-5611

営業時間:営業する日のみ、開店30分前くらいにツイッターに情報がアップされます。

予算の目安:~1000円

URL:http://akihide.nh-m.com/

akihide2007912[1]

出典元:http://akihide.nh-m.com/akihide2007912.jpg


吟醸らーめん久保田

京都味噌ラーメンの代表格で、味噌つけ麺で有名なのが「吟醸らーめん 久保田」です。もちっとした独特な麺の食感と、複雑に混ざり合う奥深いスープの味わいに、リピーターが続出しています。

住所: 〒600-8326 京都府京都市 下京区西松屋町563-2

電話:075-351-3805

営業時間:11:00~15:00・ 18:00~23:00

予算の目安:~1000円

ブログ:http://ameblo.jp/ginjora-menkubota/

ツイッター:https://twitter.com/ramen_clover


セアブラノ神

10387610_908468015832534_6604146789706770717_n[1]

「セアブラノ神」出典元:https://scontent.xx.fbcdn.net/hphotos-xfa1/

セアブラノ神は背脂醤油の元祖「ますたに」のラーメンを忠実に継承し、うまく進化・発展させていると言う噂です。ますたには、まさに「名人」と呼びたくなる店なのですが、チェーン展開やのれん分けに興味がなく、そこで修行した人がそれぞれ独立して店をやり、その店からまた新しい店が出て、味がさらに幅広く進化している現象があります。その中でも、ここセアブラノ神は注目店です。

住所:〒604-8812 京都府京都市中京区壬生相合町32 中京 区 壬生 相合 町 32 デイ スター アベニュー 1F

電話:075-821-0729

営業時間:11:00〜15:00/18:00~22:00

予算の目安:~1000円

URL:https://www.facebook.com/%E3%82%BB%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%8E%E7%A5%9E-656233544389317/timeline/

12809742_1178027568876576_1144468309665909265_n[1]

「4月限定・鶏醤油らーめん」出典元:https://scontent.xx.fbcdn.net/hphotos-xlf1/


天下一品総本店

白川通りを北進し北大路通りの少し手前の建物1階にある、昭和46年創業の中華そば専門店が天下一品総本店です。今や全国に200店以上を有する一大チェーンの本店で、「総本店」を名乗ります。メニューは、「こってり」「あっさり」「屋台の味」の3種類ある中華そばが並700円・大804円、「チャーシューメン」並845円・大949円といった単品類に加え、「チャーハン定食」「ギョーザ定食」各968円、「鶏の唐揚げ定食」998円などの定食類も充実しています。スープは「こってり」を名乗るだけあってポタポタのコテコテです。

住所:〒606-8175 京都府京都市左京区一乗寺築田町94

電話:075-722-0955

営業時間:【金~水】11:00~翌3:00

予算の目安:~1000円

URL:http://www.tenkaippin.co.jp/


ますたにラーメン今出川店

京都府京都市左京区にある老舗ラーメン店がますたに今出川店。メニューはラーメン、チャーシュー麺にライスと漬物とシンプル。ラーメンとチャーシュー麺はそれぞれ並と大があります。ちなみに大は2玉分とのことなのでご注意下さい。背油いっぱいのスープは醤油ベース。おそらく鶏ガラの旨みでしょう、醤油の風味がスーっと入ってきます。唐辛子も入っていてちょっぴりピリ辛。この辛さは後を引かないのて心配ご無用です。いいアクセントになってます。そして背油からでしょうか、後味にはコクのような風味を楽しむことができます。「ラーメン」650円、「チャーシュウメン」800円です。

住所:〒606-8266 京都府京都市左京区北白川久保田町26

電話:075-781-5762

営業時間:[平 日]10:00~19:00[日・祝日]10:00~18:00

予算の目安: ~1000円

URL:不明

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】一休 ユーザーからのお勧めホテル
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒  【PR】るるぶトラベルでホテルを検索!今夜の宿がスグ見つかります!
ads by google


スポンサードリンク

ads by VC