「おしゃれでラグジュアリーなホテルIN東京」Vol.2/2017年12月更新


「おしゃれでラグジュアリーなホテルIN東京」Vol.2

「御三家」などと称される老舗ホテルが、東京のホテル勢力図をリードしてきましたが最近では、建て替えなどでその状況も変化しています。そこでご紹介します「「おしゃれでラグジュアリーなホテルIN東京」Vol.2です。「セルリアンタワー東急ホテル」「東京ステーションホテル」「ホテル・インターコンチネンタル東京ベイ」「シェラトン都ホテル東京」「帝国ホテル東京」「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」「ザ・キャピタルホテル東急」「丸の内ホテル」「パレスホテル東京」「グランドニッコー東京台場(旧ホテルグランパシフィックLE DAIBA)」「ホテル椿山荘東京」。

「セルリアンタワー東急ホテル」

出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00000355/0/xl/10176393.jpg

公式サイト:https://www.ceruleantower-hotel.com/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/ceruleantowertokyuhotel/

参考サイト:http://www.ikyu.com/00000355/

ホテルコンセプト:以下参照

メインコンセプトは「選択・伝統・創造」。
後世に伝えるべき大切な日本の伝統要素を、現代的に解釈し、新しい形で創造していくことで、未来に向かって大切なものをホテル空間から発信し続けていきたいという想いが込められています。開業当時の「渋谷」は、米国の「シリコン・バレー」に準えて「渋谷=ビット・バレー」とも呼ばれ、その後の日本を劇的に動かしていく、多くのITチャー企業の拠点となっておりました。まさに新しい時代の黎明期にこの地で誕生したセルリアンタワー東急ホテルは、グローバルに活躍する国内外のゲストをお迎えするための最先端のハード、上質な空間を備えながら、サービスはあくまでも日本のホテルならではのあたたかなおもてなしを感じていただくことを目指しています。

インフォメーション:

客室は高層階限定(19階~37階)。高感度なファッションや文化を発信しながら、大人の街へと変貌する渋谷。その渋谷の新しいランドマークがセルリアンタワー東急ホテルです。客室は19階~37階の高層階のみに位置し、東京を一望する素晴らしい眺めが望めます。自慢のレストランは、プロヴァンス料理「クーカーニョ」、鉄人・陳建一による「szhechwan restaurant陳」、新ばしの老舗料亭「金田中」による日本料理など多彩に取り揃えられています。

所在地:150-8512 東京都渋谷区桜丘町261

問合せ:03-3476-3000

宿泊参考予算:以下の一休プランからご確認ください

一休:http://www.ikyu.com/00000355/plan/

チェックイン&アウト:チェックイン14:0025:00 チェックアウト12:00

d_sst1[1]

出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/dg/guide/acc5/00000355/img/d_sst1.jpg

a_tpc2[1]

「ロビー」出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/dg/guide/acc5/00000355/img/a_tpc2.jpg

a_tpc1[1]

「客室からの夜景」出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/dg/guide/acc5/00000355/img/a_tpc1.jpg

d_sst3[1]

「能楽堂」出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/dg/guide/acc5/00000355/img/d_sst3.jpg

「東京ステーションホテル」

出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc3/00001833/4/lg/10414989.jpg
出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc3/00001833/2/xl/10282193.jpg

公式サイト:http://www.tokyostationhotel.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/tokyostationhotel/

参考サイト:http://www.ikyu.com/00001833/

ホテルコンセプト:以下参照

東京の中心で、人や街の歴史を見守り続けておよそ100年。
2012
年秋、東京駅とともに、東京ステーションホテルは新しく生まれ変わりました。それは、国の重要文化財である赤煉瓦の駅舎やかつての文豪が愛した客室など大正の時代からの伝統が息づく場所でありながら現代のホテルに求められる機能性も満たした、特別なOMOTENASHI国内外のお客様に、ここにしかないホテルの過ごし方を提案していきます。これまでの100年を受け継ぎ、次の100年も“語り継がれるホテル”をめざして。

インフォメーション:

【 お知らせ 】客室からの眺望について
東京ステーションホテルが位置するJR東京駅丸の内駅舎の前は現在、駅前広場整備に伴い各種工事が行われております(2017 年春完成予定)。つきましては客室からの眺望が、一部ご案内どおりではない場合があります。整備完了までご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。

所在地:100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目91

問合せ:03-5220-1111

宿泊参考予算:以下の一休プランからご確認ください

一休:http://www.ikyu.com/00001833/plan/

チェックイン&アウト:チェックイン15:0029:00 チェックアウト12:00

img-09[1]

「開業時フロント」出典元:http://www.tokyostationhotel.jp/common/images/about/02/img-09.jpg

img01-02[1]

「アトリウム」出典元:http://www.tokyostationhotel.jp/common/images/rooms/concept/img01-02.jpg

img03-01[1]

「リラクゼーション」出典元:http://www.tokyostationhotel.jp/common/images/rooms/concept/img03-01.jpg?timestamp=1473150623227

img02-03[1]

「ブレックファースト」出典元:http://www.tokyostationhotel.jp/common/images/rooms/concept/img02-03.jpg

「ホテル・インターコンチネンタル東京ベイ」

出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc9/00000079/0/xl/10103077.jpg

公式サイト:http://www.interconti-tokyo.com/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/InterContinentalTokyoBay

参考サイト:http://www.ikyu.com/00000079/

ホテルコンセプト:「極上の上質時間」

インフォメーション:

「東京駅」から最寄駅まで6分、「羽田空港」から最速16分という好立地にありながら、客室からは一面に広がるレインボーブリッジビューや東京スカイツリー®、隅田川をお楽しみいただけるホテル インターコンチネンタル 東京ベイ。201212月に1階ロビーラウンジがリニューアルし、2013年春にかけ18階~24階までの客室を全面改装、更に20142月には最高の寝心地を追求した「シーリー社」「昭和西川」とのコラボによるオリジナルコンセプト寝具を開発し、レギュラーフロアに導入。フロアごとに異なるコンセプトを持つ上質な空間では、快適な寝具をはじめ、ここでしか味わえないおもてなしを。また個室で愉しむ鉄板焼やラグジュアリーなラウンジ・バーは、「特選食材」「くつろぎ」をテーマとして、ホテルでの時間をより充実させます。

所在地:105-8576 東京都港区海岸1丁目162

問合せ:03-5404-2222

宿泊参考予算:以下の一休プランからご確認ください

一休:http://www.ikyu.com/00000079/plan/

チェックイン&アウト:チェックイン15:0026:00 チェックアウト12:00

a_fmap2[1]

出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/dg/guide/acc9/00000079/img/a_fmap2.png

a_club_2[1]

「クラブ インターコンチネンタル ラウンジ」出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/dg/guide/acc9/00000079/img/a_club_2.jpg

「メインエントランス」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc9/00000079/4/md/10295604.jpg

「アメニティー・アグラリア」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc9/00000079/3/xl/10321417.JPG

「シェラトン都ホテル東京」

出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc9/00000209/4/xl/10310947.jpg

公式サイト:http://www.miyakohotels.ne.jp/tokyo/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/sheraton.miyako.tokyo/

参考サイト:http://www.ikyu.com/00000209/

ホテルコンセプト:Modern&Chic/和と洋の融合

港区白金台、四季の彩りが美しい閑静な高台で上質なひととき。Welcome to MIYAKO HOTEL TOKYO

インフォメーション:

都心とは思えない程緑豊かで閑静な港区白金台。シェラトン都ホテル東京はこの瀟洒な高台にあって、日本庭園に美しく映えるホテルです。シックなインテリアでまとめられた館内は気品と風格が溢れ、客室やレストランの大きな窓からはやわらかな光が注ぎ込みます。落ち着いた雰囲気と心をこめたきめ細かなサービスで、くつろぎに満ちたやわらかなひとときをお届けいたします。

所在地:108-8640 東京都港区白金台1丁目150

問合せ:03-3447-3111

宿泊参考予算:以下の一休プランからご確認ください

一休:http://www.ikyu.com/00000209/plan/

チェックイン&アウト:チェックイン15:0026:00 チェックアウト12:00

「庭園」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc9/00000209/4/xl/10310960.jpg

「ロビー」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc9/00000209/4/xl/10307971.jpg

「アメニティー」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc9/00000209/1/xl/10310908.jpg

「帝国ホテル東京」

logo[1]

出典元:http://www.imperialhotel.co.jp/j/brand_story/img/logo.png

003[1]

出典元:http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/photo_gallery/img/index/003.jpg

出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00000315/4/xl/00000161.jpg

公式サイト:http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/

参考サイト:http://www.ikyu.com/00000315/

ホテル(インペリアルフロア)コンセプト:以下参照

本館14階~16階に位置するインペリアルフロアには、1890年の開業以来、国際的にも高く評価されてきた、帝国ホテルならではの「おもてなしの心」を表現した上質な時間が流れています。お迎えする特別な方にふさわしい、品格のある美しさと機能性を備え、最上の寛ぎを提供します。インテリアのトータルコーディネートは英国人デザイナー ジュリアン・リードが手がけたものです。ゲストルームのために選ばれた家具や照明、テキスタイルなどに見られる暖かい調和。いずれも、さりげなく美しく、品位をかもしだします。インペリアルフロアには、
「快適性を追求」
「安全性を強化」
「きめ細やかなおもてなしとサービス」
「ビジネス環境の整備」
という4つのこだわりがあります。

インフォメーション:

帝国ホテルは1890年に開業以来、120余年にわたり国内外のお客様をお迎えしてまいりました。そのおもてなしの心は昔も今も変わりません。宿泊客専用施設として室内プール、サウナ、フィットネスセンターやビジネスセンター、会議室、ミュージックルーム等を備えております。また日比谷公園の深い緑を望み丸の内のビジネス街に程近いだけではなく、ショッピングや観劇、映画鑑賞などが楽しめる日比谷・銀座エリアに位置しています。

所在地:100-8558 東京都千代田区内幸町1−1−1

問合せ:03-3504-1111

宿泊参考予算:以下の一休プランからご確認ください

一休:http://www.ikyu.com/00000315/plan/

チェックイン&アウト:チェックイン14:0024:00 チェックアウト12:00

img_detail_02[1]

「かつてのゲスト」出典元:http://www.imperialhotel.co.jp/j/brand_story/img/tokyo/img_detail_02.jpg

「ロビー」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00000315/4/xl/10319045.jpg
「アメニティー」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00000315/1/xl/10521171.jpg
「プレミアムタワーのアメニティー」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00000315/1/xl/10093476.jpg
「バイキングのルーツ」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00000315/2/xl/10009566.jpg

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」

出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc0/00000620/4/xl/10046553.jpg

公式サイト:http://www.intercontinental-strings.jp/index.php

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/STRINGSICTOKYO

ホテルコンセプト:「遠く都会の喧騒をよそに、ゆったりと癒され、おくつろぎいただける大人の空間」

インフォメーション:

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルは、東京の南側の玄関口を担うJR品川駅に直結し、雨にぬれることなくアクセスできる利便性の良い場所に位置しています。26階ロビーには最上階まで広がる開放的な吹き抜けと水が流れる回廊があり、都会の喧騒からかけ離れた静寂さとゆったりと寛げる空間があります。また、パノラマミックな東京の景観が楽しめる大きな窓に上質な木材をふんだんに取り入れた温かく落ち着いた客室では、日常の緊張感から解放される安らぎのひとときをお過ごしいただけます。

所在地:東京都港区港南2丁目161品川イーストワンタワー26F-32F 品川イーストワンタワー

問合せ:03-4562-1203

宿泊参考予算:以下の一休プランからご確認ください

一休:http://www.ikyu.com/00000620/plan/

チェックイン&アウト:チェックイン15:0024:00 チェックアウト12:00

26階ダイニング」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc0/00000620/0/xl/10548747.jpg

「朝食ブッフェ」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc0/00000620/2/xl/10135599.JPG

 

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8