一寸マニアックな京都観光

Pocket

9「木嶋神社の三柱鳥居」

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E5%B6%8B%E5%9D%90%E5%A4%A9%E7%85%A7%E5%BE%A1%E9%AD%82%E7%A5%9E%E7%A4%BE

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/32/Konoshima-jinja_haisho.JPG/280px-Konoshima-jinja_haisho.JPG

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f6/Konoshima-jinja_mihashira-torii.JPG/220px-Konoshima-jinja_mihashira-torii.JPG

インフォメーション:右京区の木島坐天照御魂神社。読み方は「コノシマニマスアマテルミタマジンジャ」と称し、地元の方は蚕の社、木嶋神社と呼んでいます。続日本紀ショクニホンギ」)によると、蚕ノ社の建立は7世紀頃、このあたりは渡来人の秦氏の勢力地でした。この蚕の社も養蚕の技術を持っていた秦氏が養蚕と織物の神を奉った神社と言われています。三柱鳥居は、鳥居を三角形に組み合わせたような形をしてい三角形の中心には石が積み上げられた神座(「カミクラ」があり宇宙の中心を表しています。神座というのは神が降臨する場所です。「キリスト教の『三位一体』と関係があるのでは」「ユダヤ教の『ダビデの星』の形状に似ている」などなどオカルト的な説もあり論争になっているのですが、現在もこの鳥居の由来は謎のままとなっています。説明書きに書かれている「日本唯一」というのは正確ではなく三柱鳥居は長崎、東京、奈良など全国に数基存在しています。

所在地:京都府京都市右京区太秦森ヶ東町50

問合せ:0758612074

*観光許可時間:自由散策

*関連料金:自由散策


10「安井金比羅宮の絵馬」

公式サイト:http://www.yasui-konpiragu.or.jp/

出典元:http://www.yasui-konpiragu.or.jp/common/img/about/img02.jpg

所在地:605-0823京都市東山区下弁天町70

問合せ:0755615127

見学時間:終日ご参拝いただけます。「縁切り・縁結び碑」でのご祈願も24時間可能です。形代(お札)は形代授与所に終日ご用意しております。なおお守り、絵馬等の授与所は午前9時から午後530分までです

*「縁切り縁結び碑(いし)」

出典元:http://www.yasui-konpiragu.or.jp/common/img/stone/img01.jpg

高さ1.5メートル、幅3メートルの絵馬の形をした巨石で、中央の亀裂を通して神様のお力が円形の穴に注がれています。「○○君と幸せに結婚できますように」という可愛いらしいお願い事から「夫と浮気相手との縁を切って下さい」といった事まで、皆様の様々な願いが書かれた「形代(かたしろ)」(身代わりのおふだ)が貼られ、碑が見えないほどになっています。

 

*「金比羅絵馬館」

出典元:http://www.yasui-konpiragu.or.jp/common/img/facilities/img02.jpg

比羅絵馬館は日本独特の信仰絵画である絵馬を保存・展示するため、古い絵馬堂の建築美をなるべく損なうことなく改築して、昭和51年に開館した日本初の絵馬ギャラリーです。

開館時間:10001600(休館日:月曜日)

関連料金:大人500円・高校生以下400


11「里山の高麗寺」

参考サイト:http://souraku.net/forest/kourai_temple/

出典元:http://souraku.net/forest/kourai_temple/img/index_temple.jpg

出典元:http://souraku.net/forest/kourai_temple/img/index_ryu.jpg

インフォメーション:高麗寺は日本に住む韓国人、または在日二世の心のよりどころとして開かれました。高麗寺は韓国の曹渓宗という宗派の寺院です。日本で宗教法人格を取得しており、正式には「宗教法人曹渓宗総本山高麗寺」といいます。曹渓宗は禅宗の系統で、日本で言うと曹洞宗が近い宗派です。高麗寺には本堂の他に、山の上に山の神様をまつる山神閣があり、川端に水の神様をまつる竜王堂があります。自然を大切にし自然とともに生きるお寺です。

所在地:619-1401 京都府相楽郡南山城村童仙房小字簀子橋13

問合せ:0743931715

*観光許可時間:自由散策


12「伏見稲荷大社の夜」

公式サイト:http://inari.jp/
参考サイト:https://www.goriluckey.com/archives/20180504_night-fushimiinari.html

出典元:https://www.goriluckey.com/wp-content/uploads/P1050765.jpg

出典元:https://www.goriluckey.com/wp-content/uploads/P1050672.jpg

出典元:https://www.goriluckey.com/wp-content/uploads/P1050670.jpg

インフォメーション:京都の伏見稲荷大社は全国におよそ30,000社あると言われる稲荷神社の総本社で2014年から5年連続で外国人に人気の日本の観光スポットランキングの第1位に選ばれてます(TripAdvisor)。国内外からのたくさんの参拝客でにぎわう伏見稲荷大社ですが、意外と知られていないの24時間参拝可能ということですそのことは現在、ネットなどで拡散され、夜の参拝が人気だと言うことです。驚くのは殆どの参拝客が昼間と同じように本殿での参拝を終わらせた後に稲荷山へ向かうことです。夜の千本鳥居は独特の雰囲気があるスポットです。

所在地:612-0882 京都府京都市伏見区深草藪之内町68

問合せ:0756417331

*観光許可時間:自由参拝

*関連料金:自由参拝


13「宝厳院の羅漢」

宝厳院公式サイト:http://www.hogonin.jp/
参考サイト:http://ebisuya.com/branch/arashiyama_recommend/

出典元:http://ebisuya.com/wordpress/wp-content/uploads/2014/12/recommend_arashiyama05c.jpg

出典元:http://ebisuya.com/wordpress/wp-content/uploads/2014/12/recommend_arashiyama05d.jpg

インフォメーション:天龍寺塔頭寺院の一つ「宝厳院」京都でも有数の紅葉の名所です。阪神・淡路大震災以降に宝厳院の呼び掛けで、日本各地の個人や企業がそれぞれ思いを石仏に託し奉納されたものが「嵐山羅漢」です。羅漢とは阿羅漢の略称で、剃髪し、袈裟を着た僧形で悟りを開いた高僧のことです。釈迦の直弟子のうちでも位の高いものは阿羅漢で、弟子の中でも最高の階位としていました。現在では「嵐山羅漢は日本人よりも外国人観光客に人気があり、今や嵐山の新しい観光スポットになっており夜にはライトアップされていす。

所在地:616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町4526

問合せ:0758610091

*観光許可時間:9001630(閉門1700

*関連料金:季節によって拝観料が必要になります。


14「法輪寺のだるま」

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E8%BC%AA%E5%AF%BA_(%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E4%B8%8A%E4%BA%AC%E5%8C%BA)
参考サイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000184437/

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/img/6/kuchikomi/3956/KXL/541f2_0003956341_1.jpg

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/img/5/kuchikomi/1845/KXL/46f07_0001845619_1.jpg

インフォメーション:別名だるま寺は元々法輪寺という名で1727年、万海により創建されましたが、戦後の日本を復興させようとする目的でお堂にだるまを飾り始めたことをきっかけに、だるま寺と呼ばれるようになりました。そして70年経った今でも地元の人や修学旅行生に人気のあるお寺として位置付けられており、4年前からは日本人だけなく、欧米系の観光客も徐々に増えているそうです。だるま堂の中に入ってみるとそれぞれ形の違う鮮やかなだるまの置物が飾られており、数え切れないほど多くのだるまがずらり。彼らの迫力に圧倒されます。

所在地:602-8366 京都府京都市上京区下立売通天神道西入行衛町457

問合せ:0758417878

*観光許可時間:9001600(閉門1630

*関連料金:拝観料・大人(16歳以上)300円・中人(1513歳)200円・小人(127歳)100


15「金蔵寺の墓所」

参考サイト:http://outdoor.geocities.jp/wakayama_haikc1975/kosoyama20180410.html

出典元:http://outdoor.geocities.jp/wakayama_haikc1975/P4101060kosioyama20180410.jpg

インフォメーション:京都・金蔵寺の奥地に謎のお墓の墓場があります。西山地区の奥地に全国各地で不要となった墓や仏像などが安置されている「墓の墓場」と呼ばれる場所があります。実は京都の山好きの中では結構、有名な場所で小塩山という夜景がきれいな山から、紅葉で有名な善峰寺へと向かう登山道(東海自然歩道)の途中にあり、知る人ぞ知るマニアックな場所です。道路沿いも看板には「金蔵寺無縁塚」と書かれたものが掲出されています。所在地:京都市西京区大原野石作町

問合せ:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*観光許可時間:・・・・・・・・・・・・・・・・

*関連料金:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8