日光の知恵に触れる/2016年3月19日修正更新版


ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


日光の知恵に触れる

日光には歴史文化に彩られた時間をそのまま保存した数々のミュージアムがあります。そこを訪れると静かな時間の下で人々の息使いが聞こえてきそうな気がします。

 

イタリア大使館別荘記念公園

明治中ごろから昭和初期にかけての中禅寺湖は、各国の大使館をはじめ多くの外国人別荘が建てられ、国際避暑地として発展しました。園内の建物は、昭和3年イタリア大使館の夏季別荘として建造され、平成9年まで歴代の大使が使用していたものを当時の設計図をもとに復元し、皆様にご利用いただける展示館として公開しています。

fukutei2[1]

出典元:http://www.nikko-nsm.co.jp/

italia3[1]

出典元:http://www.nikko-nsm.co.jp/
住所:〒321-1661栃木県日光市中宮祠2482
電話番号:0288-55-0880 (日光自然博物館)
開園期間 4月1日~11月30日
開館時間 4~6月、9~11月:午前9時から午後4時  7~8月:午前9時から午後5時
料金:無料(ひとり100円程度の協力金をお願いしています)
アクセス:JR日光駅・東武日光駅から湯元温泉行または中禅寺温泉行バス乗車約50分、中禅寺温泉バス停下車、徒歩40分。


田母沢御用邸記念公園

御用邸三階家外観[1]

出典元:http://www.park-tochigi.com/
田母沢御用邸記念公園は、栃木県日光市にある栃木県立の都市公園(歴史公園)です。日光観光のシンボルである神橋から大谷川を1kmほど上流にさかのぼったところに位置します。御用邸の創設は明治32年(1899年)で、病弱であった皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)の夏の静養所として設けられたもので、建物と庭園を公園として整備し一般公開しています。明治期以降に数多く造られた御用邸建築のうち、全体がほぼ完存する唯一の例として貴重であり、建造物群は国の重要文化財に指定されています。

S120705-03[1]

出典元:http://www.park-tochigi.com/

所在地:〒321-1434栃木県日光市本町8-27

TEL :0288-53-6767

アクセス:JR日光駅、東武日光駅より、東武バス・湯元温泉行き・「田母沢」下車1分

開園時間:4月~10月:午前9時~午後5時00分(受付は4時まで)11月~3月:午前9時~午後4時30分(受付は4時まで)
入園料:

高校生・大人:510円 小・中学生:250円

駐車料:普 通 車 : 200円(2時間)


日光植物園

000138084-1_m[1]

出典元:http://imgcache.its-mo.com/
東京大学大学院理学系研究科附属植物園の分園です。高山植物や寒冷地の植物の研究と教育を主な目的に、1902年(明治35年)に東照宮付近に開設され、1911年(明治44年)に現在地へ移転しました。その後、旧田母沢御用邸の一部や近接地が加えられ、現在の面積104,850m2(31,717坪)になりました。日本の高山並びに温帯から亜寒帯に生育する種類、及びそれらに関係の深い外国の種類も集められています。

住所: 〒321-1435 栃木県日光市花石町1842
電話:0288-54-0206
開園:4月15日~11月30日 9:00~16:30
交通アクセス 日光駅からバスで 花石町下車から徒歩ですぐ


小杉放庵記念日光美術館

出典元:http://www.khmoan.jp/cgi-bin/cms/cms_res/img/000/000/1490886301_28.jpg
神橋の赤い欄干を望むことができる高台に、小杉放菴記念日光美術館はあります。小杉放菴記念日光美術館では、「自然へのいつくしみ」を基本テーマに、日光市の名誉市民である画家・小杉放菴の画業を御紹介するとともに、この画家を育んだ近代の日光における、さまざまな文化的事象について考察することも目標としています。

住所:〒321-1431 日光市山内2388-3
電話:0288-50-1200
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:一般720(640)円、大学生510(460)円、高校生以下は無料
URL:http://www.khmoan.jp/


うるし博物館

image06[1]

出典元:http://www.kuranomachi.com/
うるし博物館は、江戸期より代々、東照宮・輪王寺の漆塗りや極彩色などを手掛けてきた、小西美術工芸社の付属博物館としてオープンした施設です。(小西美術工芸社は、伊勢神宮の御神宝、新天皇ご即位の際の大神宝づくりも勤めている。)これらの神宝の図や試作品、奈良時代から続く日光の数多くの美術工芸品が展示保管されています。四季折々の自然が目にしみる小倉山森林公園の中にあり、小さな、しかし美と歴史とを充分に探索できる空間です。

uru-07[1]

出典元:http://www.kuranomachi.com/
住所: 〒321-1421 栃木県日光市所野2829−1
電話/0288-53-6807
開館時間/10:00 ~ 16:30
観覧料/大人 400円、大・高校生 300円、小・中学生 200円
交通 JR日光駅・東武日光駅より「霜降高原行」乗車約7分、丸美バス停車場下車徒歩約10分
URL:http://www.urushimuseum.jp/

スポンサードリンク

ads by A8