日光でおもてなしを受ける/2016年3月19日修正更新版


ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


日光でおもてなしを受ける

「日光らしいおもてなし自慢」「日光らしい風格のあるおもてなし」そんな時間を堪能できるお宿へご案内いたします。お足元にご注意を。

 

別邸・向日葵

maisonette03[1]

出典元:http://www.himawari-nikko.jp/

日常の喧騒から離れ大切な人とゆったりと過ごしたい。そんな思いをかたちにしたのが「別邸 向日葵」です。一寸、大袈裟かも知れませんが、大切な人の笑顔が見たくなったら「別邸 向日葵」へお出かけになってみて下さい。世界遺産の街「日光」にある「別邸 向日葵」はその日の気分に合わせて思いのまま寛げるお部屋が3つのスタイルで用意されていて自分なりの旅ごころに応えてくれます。

Y321602287[1]

出典元:http://www.jhpds.net/

Y321602239[1]

出典元:http://www.jhpds.net/

住所:栃木県日光市七里813
電話:0288-54-2602
アクセス 東武、JR日光駅より徒歩15分。
日光宇都宮有料道路日光インターより、車で3分位。
チェックイン: 15:00~18:00 チェックアウト: 11:00
駐車場 宿泊者無料
URL www.himawari-nikko.jp/


別邸 向日葵での宿泊を一休.comで予約


奥日光ホテル四季彩

sec1_2[1]

出典元:http://www.hotel-shikisai.co.jp/

男体山に抱かれ、穏やかな中禅寺湖を間近に望む四季彩は、季節の彩りとたおやかな時をのんびりゆっくりと過ごせます。シックな色調にまとめたダイニング、暖炉を設け静寂と語らいを重視したロビー、都会の喧騒を離れゆったりとした時の流れを楽しめるライブラリーラウンジ、そしてくつろぎのスパタイムを提供する露天風呂増設、と大人の楽しませ方を熟知しています。全館・全室禁煙となっており喫煙の際にはテラスのご利用となります。客室は露天風呂付きや掘りごたつ付き、またビューバスとテラスが付いた部屋といった趣の異なるものが揃っています。食事は新鮮な山海の幸をはじめ季節ごとに変わる「新創作和食」を味わう事が出来ます。また男女とも大浴場と高原の空気とともに天然温泉が楽しめる露天風呂があります。泉質は硫黄泉。季節によって七色に変化する湯は「美肌の湯」としても有名です。

sec1_1[1]

出典元:http://www.hotel-shikisai.co.jp/

sec3_img1[1]

「評判の朝食」出典元:http://www.hotel-shikisai.co.jp/

住所: 〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2485
電話:0288-55-1010
チェックイン-アウト 15:00-11:00
アクセス 日光道清滝インター出口より国道121号で約30分
URL http://www.hotel-shikisai.co.jp/


奥日光ホテル四季彩での宿泊を一休.comで予約


星野リゾート界 日光

img_index_02[1]

出典元:http://kai-nikko.jp/

3000坪に33室だけのゆとりある贅を尽くした造り。大きな迎賓門をくぐると、客室、湯殿、トラベルライブラリーなどがゆったり配され、日常から解き放たれる特別な空間が待っています。 中禅寺湖畔の高台からの景色は、ここでしか望むことの出来ない極上の絵画です。刻々と変える湖面、朝もやが優しく包む日光の山々など、時間と共に異なる極上の美しい景色が待っています。贅沢な畳敷きの廊下に続くお部屋は全室60㎡以上のゆとりのある造り。重厚な木組みでできた贅沢な檜造りの内風呂や岩造りの野趣あふれた露天風呂で湯浴みが堪能できます。

img_index_03[1]

出典元:http://kai-nikko.jp/

cuisine688_2[1]

出典元:http://kai-nikko.jp/

住所:〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2482
アクセス 車の場合:日光宇都宮道路 清滝インターから20分
電車の場合:JR日光駅/東武日光駅から東武バスで40分(いろは坂)
/中禅寺 温泉下車、徒歩10分
URL:http://hoshinoresort.com/


金谷ホテル

history-nkh[1]

出典元:http://www.kanayahotel.co.jp/

1893年(明治26年)、金谷善一郎は30の客室を備えるホテル「金谷ホテル」を大谷川岸の高台にオープンさせました。明治、大正、昭和そして平成へと時代が移り変わる中、金谷ホテルは日本最古のリゾートホテルとしての伝統と誇りを大切にし、長年培ったおもてなしの精神を受け継ぎ今日に至っています。日本の建築美に西洋の家具や備品がとけ込みクラシックホテルならではの雰囲気が漂う日光金谷ホテルは、明治の趣を今にとどめ、訪れるものを不思議と懐かしい優しい気分にさせてくれます。日光で大人の旅を満喫されたい方には絶対おすすめです。

0424000100058[1]

出典元:https://asp.hotel-story.ne.jp/

0424000100020[1]

出典元:https://asp.hotel-story.ne.jp/

0424000100050[1]

出典元:https://asp.hotel-story.ne.jp/

0424000100055[1]

出典元:https://asp.hotel-story.ne.jp/

住所: 〒321-1401 栃木県日光市上鉢石町1300
電話:0288-54-0001 チェックイン:15:00~ チェックアウト:11:00
アクセス 東北自動車道「宇都宮IC」から日光道「日光IC」より約5分
東武鉄道(スペーシア)で東武日光駅まで約1時間45分。駅からホテルまでタクシーで約5分
URL http://www.kanayahotel.co.jp/nkh/


日光金谷ホテルでの宿泊を一休.comで予約


奥日光 源泉の宿 ゆの森

th_dsc_0680[1]

出典元:http://www.okunikko-yunomori.com/

日光湯元温泉の奥まった場所に建つ宿。掛け流しの温泉が全ての客室露天風呂に注がれています。大浴場にも同じく掛け流しの温泉を使用。乳白色で美肌効果があり、効能豊かな温泉を堪能できます。客室は12室で、和風モダン、欧スタイル、ZENの趣向を凝らした3タイプがあるので人数や好みでお選び頂けます。湯の湖周辺を散策するなど、自然を感じながらのんびり過ごすのにおすすめです。

dsc_6138[1]

出典元:http://www.okunikko-yunomori.com/

th_dsc_5831[1]

th_dsc_5959[1]

th_dsc_5948[1]

出典元:http://www.okunikko-yunomori.com/

住所:〒321-1662 栃木県日光市湯元温泉
TEL:.0288-62-2800
チェックイン:14:00~チェックアウト:~11:00
温泉:日光湯元温泉(天然温泉100%) 温泉掛け流し
アクセス東武日光駅下車東武バスにて終点湯元温泉まで約1時間。湯元温泉より徒歩5分。
URL:www.okunikko-yunomori.com/

スポンサードリンク

ads by A8