日光の技に酔う/2017.3.19更新


日光の技に酔う

日光を訪れたら、日光の食文化・食の技に浸りましょう。脈々と伝えられてきた日光ならではの味、おもてなしに敬服です。さあ、いただきましょう!

日光ゆば・海老屋長造

出典元:http://www.nikko-shinisekai.com/images/ebiya_outlook2.jpg

海老屋は1872(明治5)年の創業以来、田母沢御用邸へ献上の御用を賜るなど日光を代表する食文化として「日光湯波」を大切に育んでいます。また1984年(昭和59)年には地元料理店と共に「湯波料理」の提供を始め、今日に至ります。厳選した国産大豆と日光連山の名水のみを原料に、消泡剤を使用せず手作りで製造されてます。京都とは趣きがことなる日光湯葉を是非、ご賞味下さい。

出典元:http://www.nikko-shinisekai.com/images/ebiya_item02.jpg

出典元:http://www.nikko-shinisekai.com/images/ebiya_item03.jpg

住所:〒321-1403栃木県日光市下鉢石町948
電話番号:0288-53-1177
営業時間:9:00~18:00
アクセス:JR日光駅・東武日光駅より、東武バス中禅寺温泉または湯元温泉行きで「郷土 センター前」下車徒歩2分
公式サイト:http://www.nikko-ebiya.com/

参考サイト:http://www.nikko-shinisekai.com/s_ebiya.html


吉田屋羊羹本舗

出典元:http://www.nikko-shinisekai.com/images/yoshida_outlook.jpg

「霊山日光の僧侶らが冬の閑散期に好んで食したといわれる日光羊羹」を伝える老舗が吉田屋。東照宮、輪王寺、二荒山、それぞれの寺社の御用も務めていらっしゃいます。そのほか、大正時代は日光御用邸に献上もされています。絶品と言われているのが、水ようかん。なまものなので、冷蔵庫に入れて消費期限が5日ほど。甘さはクドくなく、さっぱりとした甘さ。日光の定番お土産として「吉田屋」の水羊羹、オススメですよ。

出典元:http://www.yoshidaya-youkan.com/images/collections_01-gf.jpg

出典元:http://www.yoshidaya-youkan.com/images/items_mizuyoukan-gf1.jpg

出典元:http://www.yoshidaya-youkan.com/images/collections_03-gf.jpg

〒321-1402 栃木県日光市中鉢石町903TEL 0288-54-0009
[営業時間] AM9:00~PM6:00 [定休日] 水曜日(営業の場合あり)
アクセス JR日光駅・東武日光駅より徒歩20分
公式サイト:http://www.yoshidaya-youkan.com/

参考サイト:http://www.nikko-shinisekai.com/s_yoshidaya.html


三ツ山羊羹本舗

出典元:http://www.mitsuyamayoukan.co.jp/company/img/company02.jpg

創業百余年の羊羹専門店。厳選した国産小豆のみを使用し、伝統の製法を守り、上品な小豆の風味が特徴です。人気の水羊羹は清らかな潤いを漆黒の肌に折り込んであり、上品な甘みと濃密な口どけが信条です。伝統に培われた昔ながらの技と吟味された素材。そして、日光連山を源とする柔らかな水が醸し出す、純朴な味わい。この地でしか味わうことのできない、極上の楽しみです。

「水羊羹」出典元:http://www.mitsuyamayoukan.co.jp/mizu/img/mizu01s.jpg

「塩羊羹」出典元:http://www.mitsuyamayoukan.co.jp/saomono/img/s_shio01s.jpg

「一口羊羹」出典元:http://www.mitsuyamayoukan.co.jp/hitokuchi/img/hitokuchi01s.jpg

住所:栃木県日光市中鉢石町914
TEL:0288-54-0068
営業時間 8:00~18:30 日曜営業
交通手段:東武日光駅から徒歩で約20分
公式サイト:http://www.mitsuyamayoukan.co.jp/

参考サイト:http://www.nikko-shinisekai.com/s_mitsuyama.html


村上豊八商店

出典元:https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=266×1024:format=jpg/path/sb457f3b5fe75a866/image/iab267b20dd3d6404/version/1450434701/image.jpg

出典元:https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=619×10000:format=png/path/sb457f3b5fe75a866/image/i2a7bd8952da47915/version/1408588023/image.png

日光彫は日光東照宮が建てられた江戸時代に始まったといわれています。1636年の東照宮の造替にあたり、全国から宮大工・彫物大工・漆工・金工・絵師などの多くの職人が集められました。これらの人々が余暇を利用して彫った作品などが、土産物として普及しはじめ、日光彫と呼ばれるようになりました。これが日光彫の起こりと伝えられています。その日光彫りの伝統を継承するのが村上豊八商店です。ここを訪れると歴史と技術のエッセンスと出会えます。

出典元:https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=266×355:format=jpg/path/sb457f3b5fe75a866/image/ibe4d6853e5c39119/version/1401602072/image.jpg

出典元:https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=266×355:format=jpg/path/sb457f3b5fe75a866/image/ie9f06408d9f39b74/version/1400464383/image.jpg

出典元:https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=266×355:format=jpg/path/sb457f3b5fe75a866/image/ie33782e04d095708/version/1401256246/image.jpg

住所:〒321−1406 栃木県日光市松原町256
電話:0288-53-3811
営業時間 9:00〜17:00
アクセス JR日光駅・東武日光駅→徒歩2分
公式サイト:http://www.toyohachi.net/


 金谷ベーカリー

出典元:http://www.kanayahotelbakery.co.jp/history/images/nk-history2.jpg
出典元:http://www.kanayahotelbakery.co.jp/history/images/photo04.jpg

世界遺産にも選ばれた日本有数のリゾート地「日光」。明治時代より数々の外国人が訪れ、もたらした西洋文化と、豊かな自然に恵まれた歴史と伝統の空間。その中で1873年(明治6年)に開業した金谷カッテージイン(現:金谷ホテル)から、脈々と受け継がれた一流の味を金谷ホテルベーカリーは届けてくれます。厳選された良質な素材と、日光の名水から金谷ホテルベーカリーのパンや料理は生まれています。特に材料の吟味と厳格な工程管理は他の追随を許さず、最高のパンを求め続ける心。これこそが金谷ホテルの伝統です。老舗の味を是非、お勧めしたいと思います。

「イギリスパン」出典元:http://www.kanayahotelbakery.co.jp/item/images/item/100009.jpg

「ロイヤルブレッド」出典元:http://www.kanayahotelbakery.co.jp/item/images/item/100001.jpg

金谷ベーカリー公式サイト:http://www.nikko-shinisekai.com/s_kanaya.html

住所:321-1434 日光市本町1-25
電話 :0288-50-1873
アクセスJR日光駅・東武日光駅からバス「田母沢」下車2分(金谷ホテルベーカリー カテッジイン直営店)

スポンサードリンク

ads by A8