日光桜紀行2017年


日光桜紀行2017

日光には絶好の桜スポットがございます。今年も楽しみですが、そこでご紹介します「日光桜紀行2017年」です。「日光街道桜並木」「中禅寺湖畔の桜」「高田家枝垂桜」「大杉神社虚空蔵尊枝垂桜」「岸野家枝垂桜」「輪王寺金剛桜」「御用邸記念公園枝垂桜」「含満公園化地蔵桜」「慈雲寺山門前桜」「大谷川憾満ケ淵桜」「五色沼高嶺桜」「イベント日光桜回遊」。

「日光街道桜並木」

img_038[1]

出典元:http://www.utsunomiya-cvb.org/sakura/image/img_038.jpg

09sakura_nikkokaido1m[1]

出典元:http://e-kabe.sakura.ne.jp/kabe/2flower/09sakura_nikkokaido1m.jpg

e181391a[1]

出典元:http://www.jalan.net/jalan/img/1/event/0181/KL/e181391a.jpg

参考サイト:http://plaza.rakuten.co.jp/kabegamimura/diary/200904130000/

参考サイト:http://www.utsunomiya-cvb.org/sakura/page_01_09.html

参考サイト:http://www.jalan.net/event/evt_181391/

植樹規模:1500

今年度開花予想:4月中旬~下旬

インフォメーション:以下参照

日光街道は、江戸時代に日本橋を起点に徳川家康を祀る日光東照宮までに至るまでの道として徳川幕府が整備した街道。そこに日光市まで16kmにわたる全国屈指の桜並木があります。季節には約1,500本が一斉に花開き、桜のトンネルがつくられます。ピンク色の桜のトンネルは圧巻で「日本さくら名所100選」にも選ばれています。

所在地:栃木県宇都宮市上戸祭3丁目~日光市山口付近

問合せ:028-632-2445 (宇都宮観光コンベンション)

関連料金:無料・自由散策


「中禅寺湖畔の桜」

1399702655_6405[1]

出典元:http://nikko.4-seasons.jp/cgi-bin/cms/cms_res/img/000/006/1399702655_6405.jpg

0024346355_55303[1]

出典元:http://img.4-seasons.jp/s/0024346355_55303.jpg

0027597547_60663[1]

出典元:http://img.4-seasons.jp/s/0027597547_60663.jpg

参考サイト:http://nikko.4-seasons.jp/nikko/

植樹規模:エゾヤマザクラ50

今年度開花予想:5月上旬~中旬2017年は多少早まる可能性があります) 

インフォメーション:以下参照

2万年もの昔、男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ原形ができたといわれる日光を代表する湖です。湖の南側には八丁出島と呼ばれる細長く突き出した半島があります。周辺には多くの宿や商店があり、湖畔にはフランスやベルギーなどの大使館別荘などもあります。桜の季節には標高約1300m、中禅寺湖のさわやかな景色を臨みながら、東京都心とは異なる、ひと足遅い春をお楽しみいただけます。標高約1300mの高地にあるため「中禅寺湖」では例年5月上旬にヤマザクラが見頃を迎えます。高原の澄んだ空と男体山を背景に、薄桃色の可憐な花が咲き誇る様子は、幻想的で見応えがあります。遊歩道をのんびり散策しながら花見が楽しめ、晴れた日には水面に映る桜も観賞できます。

所在地:栃木県日光市中宮祠

問合せ:0288-22-1525 (日光市観光協会)

関連料金:無料・自由散策


「高田家枝垂桜」

0027353160_60274[1]

出典元:http://img.4-seasons.jp/s/0027353160_60274.jpg

1369702425_518[1]

出典元:http://system.nikkobrand.jp/cgi-bin/cms/cms_res/img/000/000/1369702425_518.jpg

参考サイト:http://system.nikkobrand.jp/nominate_nature_detail.shtml?0:220

参考サイト:http://sakura.4-seasons.jp/d15613_1941.shtml

植樹規模:一本桜

今年度開花予想:4月中旬~下旬

インフォメーション:

古くから地域に愛される桜。満開時にはライトアップも行われます。(※個人宅ですので観覧の際は御配慮下さい)高さ:約13m・幹の太さ:約5・樹齢:推定370年。

併催イベント:ライトアップ

所在地:栃木県日光市稲荷町

問合せ:0288-22-1525 (日光市観光協会)

関連料金:無料・自由散策


「大杉神社虚空蔵尊枝垂桜」

0024160128_55098[1]

出典元:http://img.4-seasons.jp/s/0024160128_55098.jpg

1397192969_72197[1]

出典元:http://img.4-seasons.jp/s/1397192969_72197.jpg

1397694441_72213[1]

出典元:http://img.4-seasons.jp/s/1397694441_72213.jpg

参考サイト:http://sakura.4-seasons.jp/d18765_1941.shtml

植樹規模:一本桜

今年度開花予想:4月中旬~下旬

インフォメーション:以下参照

観音寺虚空蔵堂の創建は寛永17年(1640)神橋右岸にある星の宮(磐裂神社)の分霊を勧請し東町六ヶ町の鎮守としたのが始まりと伝えられています。祭神が虚空蔵尊と仏式の神を祀り境内には鳥居や狛犬が安置されているなど神仏混合の色彩が濃い境内です。杉の大木が目立つ境内奥と異なり、神社前方にはしだれ桜を初めとする広葉樹が淡い緑色を見せます。石垣の左右には庚申塔群が林立し、二基の鳥居を潜り境内に入ると、左に大杉神社、古い狛犬に護られた聖徳太子堂等が、右には末社、石仏等が配され、正面に文政10年生まれの狛犬に護られて「虚空蔵尊」社殿が建立されています。

所在地:321-1411栃木県日光市稲荷町1丁目671

問合せ:0288-54-1111

関連料金:無料・自由散策


「岸野家枝垂桜」

1460342379_10455[1]

出典元:http://nikko.4-seasons.jp/cgi-bin/cms/cms_res/img/000/010/1460342379_10455.jpg

参考サイト:http://nikko.4-seasons.jp/special/kouyou2016/photo_sekai.shtml?10

植樹規模:一本桜

今年度開花予想:4月中~下旬

インフォメーション:以下参照

樹齢を感じさせる趣のある枝振りの桜です。近くには栃木県天然記念物のヒメコマツもあります。(個人宅ですので、観覧の際には御配慮下さい。高さ:約8m・幹の太さ:約5m・樹齢:推定500年。

所在地:栃木県日光市御幸町

問合せ: 0288-22-1525(日光市観光協会)

関連料金:無料・自由散策


「輪王寺金剛桜」

20020419w[1]

出典元:http://rinnoji.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2013/04/20020419w.jpg

sakura0425-3[1]

出典元:http://rinnoji.or.jp/images/kongosakura2016/sakura0425-3.jpg

sakura0419[1]

出典元:http://rinnoji.or.jp/images/kongosakura2016/sakura0419.jpg

公式サイト:http://rinnoji.or.jp/precincts/kongo

植樹規模:ヤマザクラ1本桜

今年度開花予想:4月中~下旬

インフォメーション:(HPより)以下参照

本堂の前庭にある黄芽のヤマザクラは、樹齢約500年の国指定天然記念物。今を去る120年前(明治14年・1881)、日光山の総本堂である大伽藍「三仏堂」は、明治政府の神仏分離令に従い、新宮の境内地(現在の二荒山神社)より現在地への移築を余儀なくされました。時の門跡「彦坂 諶厚(じんこう)」大僧正は、三仏堂の新たな境内地にふさわしい景観を整えようと、隣接境内(御霊殿)に生える山桜の大木を移植されました。当時すでに推定樹齢400年といわれる老木の移植でしたから、すぐに枯れてしまうのではないかと周囲の心配は大変なものでした。そこで大僧正は毎日この樹の下に来てはお経を唱えたり養生に努めました。その祈りと努力が天に通じ、新たに4本の幹が根元から生え出し、以前にも増して枝葉が繁茂するようになったのです。明治31(1898)7月、大僧正は亡くなられ「金剛心院大僧正諶厚大和尚」という諡(おくりな・生前の偉業を讃えて付けられる名前)がつけられました。そして大僧正ゆかりのこの桜は、いつしか「金剛桜」と呼ばれるようになったということです。昭和11(1936)、金剛桜は文部省嘱託の三好理学博士の調査により、山桜の優れた突然変異種であり、美しい容姿を伴った名木として国指定の天然記念物に指定されました。当時は三仏堂の石段下まで枝が広がる大木でしたが、昭和30年代に入り、樹勢の衰退が見られたため、昭和39(1964)から同41(1966)3ヶ年にわたり一度目の樹勢回復治療が施されました。その35年後、平成10年(1998)から平成12年(2000)かけて二度目の本格的な樹勢回復治療が施されて現在に至っています。すでに2000年春には写真の通り、例年になく多くの花房がついて多くの参拝者の心を和ませてくれました。金剛心院大僧正の遺徳を偲ぶとともに、金剛桜が往年の勢いを取り戻してくれるものと関係者一同大変よろこび、かつまた期待しております。

所在地:栃木県日光市日光山内2300

問合せ:0288-54-0531 輪王寺

関連料金:無料・自由散策

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】一休 ユーザーからのお勧めホテル
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒  【PR】るるぶトラベルでホテルを検索!今夜の宿がスグ見つかります!
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8