縁起菓子の銘菓おこし列伝


縁起菓子の銘菓おこし列伝

最近では「おこし」が話題になることがあまりないようですが、どっこい、全国に人気商品がございます。そこでご紹介します「縁起菓子の銘菓おこし列伝」情報です。「浅草・雷おこし」「大阪・粟おこし」「大阪・岩おこし」「長崎・森長おこし」「愛媛・米おこし」「久留米・阿わやおこし」「高萩・八千代おこし」「唐津・松原おこし」「岐阜・こくせん」「笠松・しこらん」「豊橋・ゆたかおこし」。

「浅草・雷おこし」

photo_tokiwado1

出典元:http://asakusa.gr.jp/shop/images/photo_tokiwado.jpg

photo_tokiwado_051

「厳選和菓あさくさ」出典元:http://asakusa.gr.jp/shop/images/photo_tokiwado_05.jpg

hana_top_051

出典元:http://www.kaminari-okoshi.co.jp/shop/home/1773/template/current/img/hana_top_05.gif

2017875_listimage1

「雷おこし函もの 」出典元:http://www.kaminari-okoshi.co.jp/shop/home/1773/item_img/2017875_listImage.jpg

お勧め店:常盤堂

お勧め商品・参考価格:雷おこし函もの(詰合せ)・税込2160円・「厳選和菓あさくさ」5400

公式サイト:http://tokiwado.tokyo/

参考サイト:http://asakusa.gr.jp/shop/tokiwado.html

インフォメーション:(HPより抜粋)

「雷おこし」の名称は、皆さんご存じの雷門(正式には風雷神門)に由来します。この門は名前の通り 風神・雷神を祀ったものですが、いつの頃からか雷様だけがスターになってしまい、古川柳に “風神の居候する雷門”と言われるほど風の神様はかすんで門の名前まで“雷門”となってしまいました。「雷おこし」は、この名をとってブランドネームとし、四万六千日(ほおずき市)観音様ご開帳の日に 「“ほおずき”と“雷おこし”は雷除けのおまじない」などというキャッチフレーズで売られました。もちろん 当時は境内の掛小屋で売られていたものですが観音様参詣のおみやげに無くてはならぬものとなり、 「家を起こす」「名を起こす」縁起を喜ばれて売上も急上昇していきました。明治の中頃には、雷門脇 (と、いっても門はありませんでしたが・・)の現在地に店舗を構え、現在では東京を代表する銘菓 として全国に知られております。

店舗所在地:111-0032東京都台東区浅草1-3-2

問合せ:0338415656

営業時間:9002030

定休日:年中無休

お取り寄せ関連サイト:http://www.kaminari-okoshi.co.jp/shop/item_detail?category_id=198422&item_id=2017875


「大阪・粟おこし」

ts1f2sga1

出典元:https://pbs.twimg.com/profile_images/689075119063318528/TS1f2SGa.png

honkan_thumb1

出典元:http://www.daikoku.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2016/01/honkan_thumb.jpg

amida_brand1

出典元:http://www.daikoku.ne.jp/shop/images/amida_brand.jpg

02261641_56d001ad51f991

「岩おこし10枚束」出典元:http://www.daikoku.ne.jp/shop/upload/save_image/02261641_56d001ad51f99.jpg

お勧め店:あみだ池 大黒本店

お勧め商品・参考価格:「岩おこし10枚束」税込756

公式サイト:http://www.daikoku.ne.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/amidaikedaikoku

TWITTERhttps://twitter.com/daikoku201602

インフォメーション:(HPより抜粋)

江戸時代の大坂は、河川の改修や堀の開削を行い、千石船によって各地の藩の蔵屋敷へ年貢米が運ばれるなど『水の都』として繁栄を極めます。堂島の米市場では世界最初の先物取引が行われるほど 経済の発展を見せ、同時に元禄文化が花開きました。全国物産の集散地となった大坂は「天下の台所」と呼ばれ「おこし」の原料である良質の米・飴などが入手しやすい環境にありました。初代はこれに着目し長堀川の河畔、あみだ池に店舗工場を建て、美味い「お米のおこし」を作り始めるようになりました。こうして大坂が栄えると共に”おこし”は<身を起こし 家を起こし国を起こす>縁起の良いお菓子として大阪名物になり、広く人々に親しまれるようになりました。 明治37年、日露戦争の時に明治天皇より戦地の兵隊さんに配られる菊の御紋章入り「恩賜のおこし」35万函の大量注文をあみだ池大黒が受けました。このおこしが兵隊さん達に非常に好評で、帰国の後に「おこし」を大阪で求める風潮が高まり「おこし」が大阪名物として、さらに全国に認知されることとなりました。

店舗所在地:550-0014大阪市西区北堀江3-11-26

問合せ:06-6538-2987

営業時間:月〜金 9:0018:30 9:0017:30

定休日:日曜祝日

お取り寄せ関連サイト:http://www.daikoku.ne.jp/shop/products/detail.php?product_id=7


「大阪・岩おこし」

iwaokoshi_31

出典元:http://www.tsunose.co.jp/60004812/wp-content/uploads/2016/11/iwaokoshi_3.jpg

shinkabuki21

出典元:http://www.tsunose.co.jp/60004812/wp-content/uploads/2016/11/shinkabuki2.jpg

05_iwaokoshi1002_5001

「岩おこし10枚」出典元:http://www.tsunose.co.jp/60004812/wp-content/uploads/2016/11/05_iwaokoshi1002_500.jpg

05_iwaokoshi10_5001

「岩おこし10枚」出典元:http://www.tsunose.co.jp/60004812/wp-content/uploads/2016/11/05_iwaokoshi10_500.jpg

お勧め店:津の清

お勧め商品・参考価格:「岩おこし10枚」税込648

公式サイト:http://www.tsunose.co.jp/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インフォメーション:(HPより抜粋)

つのせは、古くから大阪の名物として知られる「おこし」の製造・販売に取り組んでおります。シンプルながら上品な見栄えと独特の味わいは、時代を問わず親しまれ、お土産の代名詞として幅広い方々からご愛顧を賜っております。おやつに、またはお茶菓子にと皆様より、大阪を代表する銘菓の誉れをいただいているつのせのおこしには、その名声にお応えするためのこだわりがあります。

店社所在地:558-0002大阪市住吉区長居西1丁目51

問合せ:0120-7-18054(イワオコシ) 06-6690-0981

営業時間:HPより取扱各店情報を参照ください

定休日:HPより取扱各店情報を参照ください

お取り寄せ関連サイト:http://www.tsunose.co.jp/shop/products/list.php?category_id=15


「長崎・森長おこし」

「八坂町本店」出典元:http://www.kashuen-moricho.co.jp/company/img/sub_pic_05.jpg

fukkokuokoshi6401

出典元:http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/kasutera-moricho/cabinet/01979415/fukkokuokoshi640.jpg?_ex=200×200&s=0&r=1

okoshi_21

出典元:http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/kasutera-moricho/cabinet/01979415/okoshi_2.jpg

お勧め店:菓秀苑 森長

お勧め商品・参考価格:復刻版黒おこし12枚・税込1296円(楽天オンラインショップ価格)

公式サイト:http://www.kashuen-moricho.co.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/castella.moricho/

インフォメーション:

創業時から作り続ける「おこし」、食べたときに昔懐かしさを感じる、今も変わらぬ定番商品です。手延べの工法を再現した黒おこしを形もノスタルジックな板状につくり、本舗昭和初期の包装紙に包みました。 昔なつかしい味わいをお楽しみください。当商品は皇太子殿下のお茶受けのお菓子にも採用されました。

店舗所在地:854-0022 長崎県諫早市幸町3830

問合せ:0957-21-2121

営業時間:9002000

定休日:日曜日

お取り寄せ関連サイト:http://item.rakuten.co.jp/kasutera-moricho/ok01/


「愛媛・米おこし」

main-image41

出典元:http://kanazawa-seika.jp/images/main-image4.jpg

main-image11

出典元:http://kanazawa-seika.jp/images/main-image1.jpg

md1-21

出典元:http://kanazawa-seika.jp/images/slider/md1-2.jpg

md1-11

出典元:http://kanazawa-seika.jp/images/slider/md1-1.jpg

お勧め店:金沢製菓

お勧め商品・参考価格:米おこし10枚入り税込432

公式サイト:http://kanazawa-seika.jp/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インフォメーション:

製造当初より、米菓子の命ともいえる『米』探しには重点をおき、味・品質共に納得できるものをと、厳選して参りました。 その結果、国産の酒米 『松山三井』一・二等級をもって、55年を越え安定的に米菓子の製造販売を続けております。米おこしは 国産酒米『松山三井』をはじかせ、特性糖蜜ブレンドで一粒一粒にコーティング(攪拌)し、太鼓型に成型しました。 本来のお米の旨さとほんのり塩味が利いた上品な味に仕上がっております。カリッとした歯ごたえのある食感をお楽しみいただけます。

店舗所在地:愛媛県伊予市灘町212

問合せ:089-982-0866

お取り寄せ関連サイト:http://item.rakuten.co.jp/e-bussan/c/0000000438/


「久留米・阿わやおこし」

%e9%98%bf%e3%82%8f%e3%82%84%e3%81%8a%e3%81%93%e3%81%97%e6%9c%ac%e5%ba%97-%e4%b9%85%e7%95%99%e7%b1%b31

出典元https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=254×10000:format=jpg/path/sbadf02d530162344/image/i65fb7a1d4edb75e6/version/1457958089/%E9%98%BF%E3%82%8F%E3%82%84%E3%81%8A%E3%81%93%E3%81%97%E6%9C%AC%E5%BA%97-%E4%B9%85%E7%95%99%E7%B1%B3.jpg

dish1

出典元:http://www1.bbiq.jp/awayaokoshi/dish.jpg

100758411_th1

出典元:http://img21.shop-pro.jp/PA01351/751/product/100758411_th.jpg

お勧め店:阿わやおこし本舗

お勧め商品・参考価格:阿わやおこし2600

公式サイト:http://www1.bbiq.jp/awayaokoshi/

参考サイト:https://kurumekasi.jimdo.com/%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8B/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インフォメーション:

有馬藩の殿様に献上され、200年を超えても皆様にご愛顧いただいております。主原料には、粳米、黒砂糖、水飴ほか、卵等の副原料なども吟味精選し、創業以来つねに良き品をお届けできるように、心がけて参りました。当社独自の製法、あのサクっとおいしいあわやおこしを是非ご賞味ください。

店舗所在地:830-0044 福岡県久留米市本町1−2

問合せ:0942-32-4695

営業時間:9301830

定休日:日曜日

お取り寄せ関連サイト:http://awaya-okoshi.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=

≪次ページ・パート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8