静寂の日本「著名な茶室」


静寂の日本「著名な茶室」

時には茶道のこころを顧みたくなります。とても狭小な独特の空間ですが日本古来の空間美がそこにはあります。そこでご紹介します「静寂の日本・著名な茶室」です。密庵・如庵・侍庵・忘釜・八窓席・今日庵・不審庵・湘南亭・傘亭・菅田庵・松花堂。

密庵(みったん)/完全非公開

出典元:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

所在寺社:大徳寺

インフォメーション:龍光院(りょうこういん)は、京都府京都市北区紫野にある臨済宗の寺院。臨済宗大徳寺派大本山大徳寺塔頭である。国宝・重要文化財の建物や美術品を多数有しますが観光を目的とした拝観は一切受け付けておらず、特別公開の類も行いません。いわゆる拝観謝絶の寺院です。密庵は京都・大徳寺塔頭(たっちゅう)光院の書院に接続された四畳半台目の茶室で、小堀遠州のと伝えられます。当初は別棟で、二方に縁が巡っていました。床、違い棚、書院床を備えた四畳半に、台目構えの点前座が付加されています。世に密庵床として知られる書院床は、当院伝来の密庵禅師の墨蹟をかけるためにつくられたといわれますが、江月和尚の茶会ではここに付書院の飾りがなされていたことがありました。違い棚の幕板には、遠州得意の図案である松皮菱と七宝つなぎの透彫りがみられます。柱は、面皮、丸太、角柱を取り混ぜ、一部に長押(なげし)を取り付け、釘隠を打ち、壁は水墨画を描いた張付壁で、書院造の意匠を基調としています。ただ点前座は落天井とし、中柱には全体に釿目を施した杉丸太を用いるなど、用材と技法の選択を通じて草庵らしさを醸し出しています。国宝に指定されています。国宝の茶室は拝観できなくても大徳寺には素晴らしい他の茶室が多数公開されています。大徳寺で常時公開されている塔頭は「龍源院」「大仙院」「瑞峯院」「高桐院」です

所在地住所京都府京都市北区紫野大徳寺町14

問合せ:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公式サイト:http://www.the-kyoto.jp/

訪問期日:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訪問時間:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入場料:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

kotoin3[1]

「高桐院」出典元:http://www.the-kyoto.jp/topics/honzan/img_daitokuji/kotoin3.jpg

shoukou2[1]

「茶室・松向軒」出典元:http://www.the-kyoto.jp/topics/honzan/img_daitokuji/shoukou2.jpg

ihoku[1]

「書院・意北軒」出典元:http://www.the-kyoto.jp/topics/honzan/img_daitokuji/ihoku.jpg

如庵

img_gallery_02[1]

出典元:http://www.m-inuyama-h.co.jp/urakuen/joan/images/img_gallery_02.jpg

img_gallery_03[1]

出典元:http://www.m-inuyama-h.co.jp/urakuen/joan/images/img_gallery_03.jpg

所在寺社:有楽苑

インフォメーション如庵は、愛知県犬山の有楽苑にある茶室昭和47年(1972年)に、名古屋鉄道によって現在地に移築されました。国宝指定は昭和26年(1951)。如庵という名称は一説によれば庵主織田有楽斎のクリスチャンネーム「Joan」または「Johan」から付けられたと言われています。なお、有楽斎はこれより前に如庵の名を持つ茶室を大坂天満屋敷にも造っており、同じ有楽苑内に「元庵」の名で復元されています元和41618年)に、織田信長の弟・織田有楽斎によって、京都建仁寺塔頭正伝院が再興された際に建造された茶室で明治6年(1873年)に正伝院は永源庵跡地に移転しましたが、その際に、祇園町の有志に払い下げられました。明治41年(1908年)に東京三井本邸に移築。この際、解体せず原型のまま車両に積んで東海道を東京まで運搬したのは、京都の数寄屋大工平井家4代竹次郎で。三井の重役で、著名な茶人の益田孝がこれを愛用しました。昭和11年(1936年)に重要文化財(旧国宝)に指定されました。その後、昭和13年(1938年)に、三井高棟によって神奈川県中郡大磯の別荘に移築されました。昭和47年(1972年)に、名古屋鉄道によって堀口捨己の指揮の下で現在地に移築されています。昭和26年(1951年)に文化財保護法による国宝に指定されました

平成28年度拝観情報≫

「如庵」の内部見学会が開催されます。通常は中にお入りいただく事の出来ない、国宝茶室「如庵」の内部で、説明付を聞きながら特別にご覧いただける特別見学会です。建物の保護のため、定員制になっております。各回定員になり次第締め切ますので、ご希望の場合お早目のお申込みをおすすめします。
【開催日時】 (12回・1回定員25)
平成28
7
4日(月) 午前10時~・午後2時~
8
8日(月) 午前10時~・午後3時~
9
5日(月) 午前10時~・午後2時~
10
24日(月)   〃    〃
11
14日(月)   〃    〃
平成29
1
23日(月) 午前10時~・午後2時~
2
6日(月)   〃    〃
3
27日(月)  〃    〃
【料金】
お一人様3,200(入苑・抹茶・特別見学料)
【内容】
・国宝茶室「如庵」の説明と内部(入室)見学
・茶室「弘庵」又は「旧正伝院書院」での抹茶の接待
【参加応募方法】
「往復はがき」でお申し込みください。
住所・氏名・電話番号・参加人員(本人含む)
参加希望日時を第1希望~第2希望まで明記してください。
【参加日の決定】
返信はがきにて当苑よりご連絡いたします。

所在地住所:484-0081 愛知県犬山市大字犬山字御門先6

問合せ:0568-61-4608

公式サイト:http://www.m-inuyama-h.co.jp/urakuen/

訪問期日:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訪問時間:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入場料:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1_20130801kwn2V9fQ[1]

出典元:http://www.m-inuyama-h.co.jp/data/gallery/images/1_20130801kwn2V9fQ.jpg

侍庵/内部非公開

Exif_JPEG_PICTURE

出典元:https://www.eonet.ne.jp/~myoukian-no2/myalbum/pic/album_20120422125143/original/1-9.JPG

所在寺社:妙喜庵

インフォメーション:妙喜庵は京都府乙訓郡大山崎町にある仏教寺院のことで、山号は豊興山。妙喜禅庵とも称します。「妙喜庵」の寺号は、宋の大慧禅師の庵号からつけられたもので、連歌の祖である山崎宗鑑が住んでいたとの説があります。この庵には国宝の茶室「待庵(たいあん)」があます。待庵は、日本最古の茶室建造物であると同時に、千利休が作ったと信じうる唯一の現存茶室です。庵三世、功叔士紡の時、世に天下分け目の天王山の合戦(山崎合戦)がおこりましたが、秀吉は戦争が終わったあとも天王山に城を築き、本拠として半年間ほど住み、千利休を招いて城下に二畳の茶室を作らせたとしています。功叔和尚は利休の弟子といわれており、秀吉が山崎にて茶会を催した折には利休の手伝いをしていたようです。茶室はその後解体され、慶長年代(15961615)にこの妙喜庵に移されたといわれています。
また他にも、室町時代の文明年間(14691487年)に妙心寺の霊雲院書院を模して建てられたとされた書院明月堂があります。この書院の正面に男山があり、その頂より月が上るのが眺められたため明月堂という名がつけられました。連歌の祖である明月堂は山崎宗鑑の旧居と伝わりますが、跡地として関大明神社の前が有力でありますがはっきりしていません。なお、今の建物は昭和初期に新築されたものです。妙喜庵を見学するには、およそ1か月前までに往復はがきによる予約が必要です。見学が許可された場合も、待庵はにじり口からの見学で、内部に立ち入ることはできません。

拝観申込方法:1ヶ月以上前に往復はがきで複数の日を記載してお申し込み。

ハガキの記載法
往信裏:1.住所、2.拝観希望者の名前、3.拝観希望者の電話番号、4.希望日(時間は指定できません)、5.人数(最大10名)
往信表:〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町竜光56 妙喜庵 御中
返信裏:白紙のまま 返信表:拝観希望者の住所、氏名

志納金(一人千円)が必要。申し込み人数は、1グループ10名様まで。

高校生以下の方の拝観は拝観できません。

所在地住所:6180071 京都府乙訓郡大山崎町竜光56

問合せ:075-956-0103

公式サイト:http://www.eonet.ne.jp/~myoukian-no2/

関連サイト:http://www.kyoto-kankou.or.jp/info_search/?id=3221&r=1468561026.6494

関連サイト:http://oyamazaki.sakura.ne.jp/view/strange-kian/

訪問期日:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訪問時間:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入場料:1000円~志納

87d32a3d8244c890469c4ac938296379[1]

出典元:http://oyamazaki.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2013/07/87d32a3d8244c890469c4ac938296379.jpg

808cee3e04ff3d0f1f6e318796fe9173-240x159[1]

出典元:http://oyamazaki.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2013/07/808cee3e04ff3d0f1f6e318796fe9173-240×159.jpg

忘筌(ぼうぜん)/非公開

04[1]

出典元:http://www.kyobunka.or.jp/tearoom/part_02/one_image/04.jpg

所在寺社:大徳寺

インフォメーション:大徳寺は臨済宗大徳寺派の大本山です1315年、大徳寺の開祖である宗峰妙超が洛北の紫野に小堂を建立したのが大徳寺の起源と言われています。1325年、花園上皇が宗峰に帰依し、大徳寺を祈願所とした頃に本格的な寺院の形態になりました。侘び茶の創始者、村田珠光が一休に参禅して以来、茶の湯と縁の深い寺となり、千利休など多くの茶人が大徳寺と関係を持っています。大徳寺の建物は重要文化財に指定されていて中でも茶室「忘筌」は茶の湯を知るものなら一度は訪れたい聖地ともよばれています非公開ですが数年に1回は10日間程度の特別公開があります

所在地住所:京都府京都市北区紫野大徳寺町14

問合せ:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公式サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連サイト:http://www.kyobunka.or.jp/tearoom/part_02/

訪問期日:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訪問時間:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入場料:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05[1]

出典元:http://www.kyobunka.or.jp/tearoom/part_02/one_image/05.jpg

八窓席

01[1]

出典元:http://www.kyobunka.or.jp/tearoom/part_02/one_image/01.jpg

所在寺社:金地院

インフォメーション:小堀遠州が金地院崇伝の依頼を受け、金地院に以前からあったものに手を加えたもので、寛永5年(1628)頃までに完成したと考えられています。外観は柿葺(こけらぶき)の片流れ屋根です。三畳台目の平面で、亭主の着席する点前座と床の間が並んだ形式となっています。床柱が赤松皮付き、相手柱が櫟(くぬぎ)の皮付き、そして床框(とこがまち)は黒漆が塗られています。床の間と点前座との境の壁には墨蹟窓(ぼくせきまど)があけられています。点前座は、いわゆる台目構えという形式です。台目切りに炉が切られ、椿の中柱が立てられ、袖壁(そでかべ)には下地窓があけられています。亭主の場所を小さく扱うのは、りっぱな道具立てによる格式の高い茶の湯を拒否する形式で、また袖壁や中柱といった要素によって次の間、つまり格下の空間のように見せています。一方、点前座と床の間が並ぶことによって、客は床の間の姿と亭主の手前を両方一緒に見ることができます。これは客の目を楽しませる構成といえるでしょう。なお、この茶室には多くの窓があけられています。外に面しては三つの連子窓と一つの下地窓、そして床の間と点前座の袖壁です。窓が多い茶室は遠州の茶室の特色ですが、八窓庵と称しながら六つの窓しかあけられていません

なお 茶室「八窓席」は予約制です(往復はがきで申し込み)

所在地住所:606-8435 京都府京都市左京区南禅寺福地町86−12

問合せ:075-771-3511

関連サイト:http://www.kyobunka.or.jp/tearoom/part_02/

訪問期日:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訪問時間:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入場料:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

02[1]

出典元:http://www.kyobunka.or.jp/tearoom/part_02/one_image/02.jpg

03[1]

出典元:http://www.kyobunka.or.jp/tearoom/part_02/one_image/03.jpg

 

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 一度は訪れたい全国の名旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒ 復興支援・宮城からのお取り寄せ
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選


ads by google


スポンサードリンク

ads by VC