「おしゃれな本屋2016」東京編Vol.1/2017年12月更新版


ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


「おしゃれな本屋2016」東京編

書店経営は大変だと、よく聞きます。携帯の普及とともに「活字離れ」が加速していることが原因とも言われています。でも、「本が好き」「本屋が好き」と言う人も沢山います。そのせいでしょうか、街中には素敵な本屋が綺羅星のごとく存在しています。そこでご紹介します、「おしゃれな本屋2016」東京編Vol.1です。

 

スノーショベリングブックス&ギャラリー

access[1]

出典元:http://snow-shoveling.jp/

所在地:〒158-0081 東京都世田谷区 深沢4-35-7 深沢ビル2F-C

電話:03-6432-2576

営業時間:12時~不定。

情報:

2015年9月9日、駒沢通り深沢不動交差点近くに、ブックス&ギャラリー「SNOW SHOVELING(スノー ショベリング)BOOKS & GALLERY」がオープンした。「本やアート好きが集まるカルチャースペース」がコンセプトの同店。オーナーの中村秀一さんがセレクトした新刊書籍や古書をメーンに、店内で使用しているアンティークソファセットなどの調度品や本に関する雑貨なども販売する。中村さんの本業はグラフィックデザイナー。趣味の旅行では必ず書店を訪れ、これまで数多くの国内外の書店を見て歩いたという。その経験から、開放的なラウンジスペースを備えた書店を作りたいと、専門スクール「スクーリング・パッド」デザインコミュニケーション学部ブックコンシェルジュコースで学び、満を持して同店をオープン。取り扱う書籍は、小説やアート、デザイン、旅行関連など幅広い内容で、蔵書数は3000冊強。「敷居が高く一般客が通いにくいイメージの古書店と、何らかの目的を達成するために行く一般書店。その中間的立場を目指したい」といい、普段本を読まない人にも「偶然の出会いを楽しんでもらえる」ようにさまざまなテーマでそろえた棚も用意。読みたいイメージと本をつなぐコンシェルジュサービスも行う。

定休日:火・水曜日 (2015年改定)

URL:http://snow-shoveling.jp/

5[1]

「店内」出典元:http://snow-shoveling.jp/


ユトレヒト

2014.10.10-Fresh-Service0918-1280x960[1]

出典元:http://utrecht.jp/

所在地:東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C

電話:03-6427-4041

営業時間:12:00-20:00

情報:

UTRECHT(ユトレヒト)は2002年7月にオンラインショップを、同年11月には代官山にショップをオープンしました。その後、中目黒での予約制の書店を経て2008年、表参道に移転、そして2014年に渋谷神宮前、現在の場所にオープンしました。書籍の販売や流通に留まらず、インテリア・アパレルショップ等のブックセレクト、シェアオフィス等各種施設におけるライブラリーのディレクション、アートブックフェア『THE TOKYO ART BOOK FAIR』の共同開催など、さまざまな本にまつわる活動を行っています。渋谷のショップでは、一般書店では目にすることの少ない、国内外のアート、デザイン、ファッション関連書籍を中心に取り扱っています。作家・アーティストが自ら制作・発行したもの、デザインの変わったもの、少部数のものなど、作り手の顔がみえるような書籍を販売しています。

定休日:月曜日休み(祝日の場合は翌日)

URL:http://utrecht.jp/

2014.10.10-Fresh-Service0894-1280x960[1]

「店内」出典元:http://utrecht.jp/


シブヤ パブリッシング ブックセラー

mainvisual[1]

出典元:http://www.shibuyabooks.co.jp/

所在地:〒154-0047 東京都渋谷区神山町17−3

電話:03-5465-0588

営業時間:月~土 12:00‐24:00/日 12:00‐22:00

情報:

渋谷駅の喧噪を抜け、15分ほど歩いた住宅街にある、ガラス越しに編集部が見えるユニークなつくりの書店です。白を基調とした店内は、さまざまな年代の有名なデザイン家具を配置し、ファッション誌の撮影などにもよく使用されています。この書店「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(略称SPBS)」は、2008年1月に、文化的で好感度な方々が多くお住まい・お勤めの「奥渋谷」と呼ばれるエリアにオープンしました。お客様の日常に寄り添えるような本を中心に、丁寧な本選びがなされています。「こんな本見たことない」「ワクワクする」「おもしろそう」…といった、お客様の顔を想像しながら、スタッフがおすすめできる書籍や、本のそばにある暮らしをイメージした雑貨がセレクトされています。小さなお店ですので、あらゆる書籍が揃っていませんが、ふらりと立ち寄って思いがけない本との出会いをお楽しみいただくのにはちょうど良い。そんな心地よい場です。

定休日:不定休

URL:http://www.shibuyabooks.co.jp/

img_bookshop[1]

「店内」出典元:http://www.shibuyabooks.co.jp/


タワーブックス

CerVdPeWIAA0pPv[1]

出典元:https://pbs.twimg.com/

所在地:〒150-0041 東京都渋谷区 神南1−22−14

電話:03-3496-3661

営業時間:10:00 – 23:00

情報:

音楽関係の書籍、雑誌が国内外問わずズラリと揃っているのはもちろんですが、案外、他のジャンルでおもしろい本を見つけられるところがまた意外性があって楽しいのです。たとえば、料理や旅の本、インテリアの本など。「ロンドンのキッチン」(ロンドンのアーティスト22人のユニークなキッチンを写真と文で紹介)という本をひと目見て気にいって買ってみたり、Books On Japan(日本についての本/洋書)の棚を眺めて海外の友人のことを思ったり、Travelのコーナーで大型の本に見入ったり。

定休日:不定休

URL:https://twitter.com/tower_books

 

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫

スポンサードリンク

ads by A8