昭和初期の歴史的建造物・東京首都圏編vol.1


昭和初期の歴史的建造物・東京首都圏編vol.1

今、昭和ノスタルジーのブームが潜行していますが、戦前の昭和初期に建造された建物で「東京都選定歴史的建造物Vol.1」の指定を受けたものを収集してみました。

「新宿区・新宿御苑旧御涼亭(台湾閣)」

出典元:http://www.kanko-shinjuku.jp/uploadfiles/thumb/img_377_20160214111854_0.jpg

正式名称:新宿御苑旧御涼亭・台湾閣

インフォメーション:昭和天皇の御成婚を記念して、当時の台湾在住邦人の有志の方々から寄贈された建物で、建築家、森山松之助の設計により、昭和2年に竣工されました。この建物は中国南方地方(福建省)の建築(ビンナン建築)と同じ様式で造られており、本格的中国風建築の日本における数少ない建物として、貴重なものと評価されています。建築当時世界的に流行したアールデコ調の装飾をふんだんに使っており、装飾性の豊かな低層部分の上に、外観の柱で垂直線を強調した上層部分が続き、屋上には明治通りと新宿通りに面して二つの塔が建ちます。内部から日本庭園を眺めることができます。

公式サイト:http://www.kanko-shinjuku.jp/spot/-/article_377.html

所在地:160-0014東京都新宿区内藤町11新宿御苑

問合せ:03-3350-1372

建築年:1927

構造:木造平屋建て

設計者:森山松之助


「新宿区・旧小笠原邸」

出典元:http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/bunka_seisaku/files/0000000233/ogasawara_big.jpg

「喫煙室」出典元:http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/bunka_seisaku/files/0000000233/ogasawara_2.jpg

正式名称:旧小笠原邸

インフォメーション:小倉藩江戸下屋敷。新宿 河田町のこの地に小笠原長幹が本邸を建てられたのは、1927年(昭和2年)のことでした。スパニッシュスタイルで構成された外観は、スペイン瓦やタイルの装飾壁面などにより優美な雰囲気を醸し出しています。喫煙室にはイスラム様式の装飾が施され、大理石モザイクタイル貼りの床、彩色漆喰彫刻の壁なども高く評価されています。

公式サイト:http://www.ogasawaratei.com/about/access/

参考サイト:http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/bunka_seisaku/0000000233.html

所在地:162-0054東京都新宿区河田町10-10

問合せ:03-5388-3158 東京都文化振興部企画調整課

建築年:1927

構造:RC造り地上二階建て・地下一階

設計者:曾禰中條建設事務所


「中央区・カトリック築地教会聖堂」

出典元:http://tsukijicatholic.jp/tsukiji1.jpg

正式名称: カトリック築地教会聖堂

インフォメーション:カトリック築地教会は東京都中央区明石町にあるキリスト教の教会およびその聖堂で。教会堂名は「聖ヨゼフ」カトリック神田教会と同じく東京で比較的早い段階から日本人のために開かれていた教会で、現在の聖堂は東京都選定歴史的建造物および東京都中央区の区民文化財に指定されています。ギリシャ神殿風の教会として珍しい存在で、居留地時代の息吹を今に伝える建物です

公式サイト:http://tsukijicatholic.jp/

所在地:104-0044 東京都中央区明石町526

問合せ:03-3541-8185

建築年:1927

構造:木造二階建て

設計者:石川音二郎・ジロジアス神父


「世田谷区・駒澤大学耕雲館」

出典元:https://www.komazawa-u.ac.jp/facilities/museum/files/zenpaku_gaikan.jpg

「菅原栄蔵」出典元:https://www.komazawa-u.ac.jp/facilities/museum/img/sugawara.jpg

正式名称: 駒澤大学禅文化歴史博物館・耕雲館

インフォメーション:キャンパスの中で高層の建物に囲まれながらも、堂々とした風格を備えたタイル造りの「耕雲館」。旧新橋演舞場、銀座サッポロライオンビヤホールなどで著名な菅原榮蔵(1892-1968)の設計で、昭和31928)年に図書館として建設されました。現在は「禅文化歴史博物館」として広く公開しています。昭和481973)年、現図書館が完成すると、宗教行事も行う癒しの場「耕雲館」としてその役割を担うことになりました。「耕雲館」の名は禅語「耕雲種月(雲を耕し、月に種を植えるように、高い理想を掲げ、着実に努力する意)」から採られました。平成111999)年「東京都歴史的建造物」に選定されたことを契機に博物館としてリニューアル計画が進められ、資料保存を考慮した館内環境の確保と建物の外観保存との両立を目指しています

公式サイト:https://www.komazawa-u.ac.jp/facilities/museum/overview/kounkan.html

所在地:154-0012 東京都世田谷区駒沢1丁目231

問合せ:03-3418-9610

建築年:1928

構造:RC造り三階建て

設計者:菅原栄蔵


「新宿区・日立目白クラブ」

出典元:http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/keikan/rekiken/files/18b.jpg

正式名称:「日立目白クラブ(本館及び別館)」

インフォメーション:東京都選定歴史的建造物に選定されており、選定名称は「日立目白クラブ(本館及び別館)」昭和3(1928)の建設で、スパニッシュ調の個性的な街並みを形成する7棟の住宅建築群の構成になっています。そもそも学習院高等科の昭和寮として整備された建物ですが、本館・別館・日立目白独身寮第一~第四寮などが残っています。現在は日立グループの福利厚生施設として使用されていますので、一般公開はされていません。

参考サイト:http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/keikan/rekiken/re_list06.htm

所在地:161-0033 東京都新宿区下落合2-13-28

問合せ:03-5388-3359 都市整備局都市づくり政策部緑地景観課

建築年:1928

構造:RC造り本館二階建て/地下一階・別館二階建て

設計者:宮内省内匠寮


「中央区・宮川食鳥鶏卵」

出典元:http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/keikan/rekiken/files/89b.jpg

正式名称: 宮川食鳥鶏卵

インフォメーション:東京及び近県で、関東大震災以降に多く建てられた看板建築の一つで、壁材の銅板が青黒く見え、昭和初期の商店の雰囲気を醸し出しています。築地界隈には戦争中の空襲から免れた古い日本家屋がいくつも残っていますが、その中でも異彩を放っているのが「宮川食鳥鶏卵」の店舗です。この建物が建造されたのは、関東大震災後の1929(昭和4)年で当時の建築基準法では木造3階建て許可されていなかったはずですが、どう見ても3階建てです。

参考サイト:http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/keikan/rekiken/re_list30.htm

所在地:104-0045 東京都中央区築地1丁目47戸田ビル

問合せ:03-3541-0177

建築年:1929

構造:木造三階建て

設計者:不詳


「中央区・鈴木ビル」

出典元:http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/keikan/rekiken/files/64b.jpg

正式名称: 鈴木ビル

インフォメーション:公演や稽古事等に部屋を貸し出していた貸席建築です。外観は馬蹄形の窓を持つ銅版葺きの屋根、デザインを変えた窓、一階円柱の幾何学的レリーフ、内部の壁に用いられている布目タイルなどが特徴となっています。かつて甲子屋倶楽部と呼ばれ、公演や稽古事等に部屋を貸し出していた建物でります2階に芝居等の公演ができる広い舞台があり、3階は住居、その他は予備室や貸室となっていました。スクラッチタイルや浮き彫り、さまざまな形の窓枠で装飾された外壁が見事です

参考サイト:http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/keikan/rekiken/re_list22.htm

所在地:東京都中央区銀座一丁目285

建築年:1929

構造:RC五階建て

設計者:新定蔵・山中設計事務所

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8