東京都内の昭和レトロな横丁

Pocket

11「新橋有楽町ガード下」

参考サイト:https://www.hotpepper.jp/magazine/595991000058961/

出典元:https://imgfp.hotp.jp/magazine/images/5285d677-ab39-454f-ad96-284e575b5481.jpg

インフォメーション:サラリーマン天国”というイメージが強いガード下。しかし一歩足を踏み入れると、どこか異国情緒漂う不思議な魅力がそこにはあります。ビールケースを椅子にして飲むような赤提灯系の飲み屋に、近年よく見受けられるのが ”ガード下女子”の姿。彼女たちは「バリバリ働き、ぐびぐび飲む」。そんな現代社会が垣間見れるガード下に、実は芸能人もよく訪れるといいます。それも納得、周辺には東京宝塚劇場や帝国劇場など多くの劇場が立ち並ぶエリア。公演の帰り「ちょいと一杯ひっかけに」立ち寄るのかもしれません。

通り所在地:

主な人気店/有名店:以下参照

①「バル&レストラン・まんぷく食堂」

赤を基調とした暖かい色合いで内装された、女子にうれしい明るく清潔感のある店内。店外席は夜におすすめ!秋のさわやかな夜風にあたりながら、明るいガード下での飲み会は話もはずみます。伊勢の食材を中心とした、和洋中問わない豊富なメニューがお店の自慢。女性のお客さんも多いので、女子会開催にもおすすめのお店です。

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/60293/320x320_rect_60293398.jpg
参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13010984/

住所:100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目41

問合せ:0332116001

席数:48

②「バーデン・バーデン」

本格的なドイツビールとドイツ料理が味わえるビアホール「バーデン・バーデン」。内装も凝っていて、まるでドイツにいるかのような気分になれます。自然醸造法で作られたドイツの樽生ビール「ホフブロイ(580(税抜))」は味わい深く、人気No.1の「ボイルソーセージ盛り合わせ(1,580(税抜))」ともベストマッチ。ほどよく潰れたじゃがいもの食感がたまらない「ジャーマンポテト(580(税抜))」もビールのお供に人気です。どれもガード下らしくリーズナブルに楽しめるのもポイント。

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/40872/320x320_rect_40872502.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/24734/320x320_rect_24734350.jpg
公式サイト:http://badenbaden-net.com/index.html
参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13002212/

住所:東京都千代田区有楽町218

問合せ:05055925158

席数:120

③「あちこーこー」

有楽町にある「あちこーこー」は、炭火焼きと本格的な沖縄料理を楽しめるガード下近くのお店。明るいうちからお酒を楽しんでいる人も多く、ふらっと立ち寄るのにピッタリなお店。「ゴーヤチャンプルー(780(税込))」や「沖縄そば(480(税込))」など沖縄定番料理、焼き立て熱々の串焼きが名物です。特に「トロトロに煮込んだ炭火焼ラフテー串(380(税込))」はボリュームたっぷり、コラーゲンもたっぷりの豚肉が香ばしく柔らかくて絶品です。

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/35609/320x320_rect_35609398.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/5583/320x320_rect_5583210.jpg
参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13023625/

住所:100-0006 東京都千代田区有楽町1F 新白石ビル232

問合せ:0335693488

席数:45


12「立石吞んべ横丁」

参考サイト:https://www.inshokuten.com/foodist/article/4527/

出典元:https://d2ij38769uvyqz.cloudfront.net/inshokuten-com/foodist/upload_picture/body_949840e5a71196dfae4d5eff70fe4e749fab96b3.JPG

インフォメーション:スカイツリーから京成線で10分弱、各駅停車の止まる立石駅にある、呑んべ横丁。南口には商店街の立石仲見世があり、もつ焼きの宇ち多゛に、おでんの二毛作、鳥料理の鳥房に栄寿司などの有名店があります。北口の線路沿いを東へ進むと現れるのが呑んべ横丁で、30mほどの2本の路地に居酒屋やスナックなど数十軒がびっしりと並びます。昭和30年頃は「立石デパート」と呼ばれた商店街でしたが、現在はトタン屋根で覆われたアーケードの所々から青空がのぞき、廃屋になっている所もいくつかあります。そのディープさは都内でも随一。ネオンの瞬く店のほとんどが外から中が見えないので、ある意味上級者向けと言えるかもしれませんが、スナックの扉の向こうでは、酸いも甘いも知っているママ達が意外と温かく迎えてくれたりも。初心者は比較的入りやすい、おらんだ屋や、おでんやから攻めてみて。「昭和の雰囲気が漂う街」として映画やテレビドラマのロケでも使われる一方、狭い路地に古い木造住宅が密集していることから、地震での倒壊や火災事故での延焼のリスクが高く、駅周辺は再開発の計画が進んでいます。再開発は京成押上線を高架化する立体交差事業と連動しており2018年内を目処に「呑んべ横丁」の一部を含む線路沿いの建築物が撤去されることが決まっています

通り所在地:東京都葛飾区立石7-1

主な人気店/有名店:以下参照

①「おでんや」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/53980/320x320_rect_53980280.jpg
参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13032303/

住所:東京都葛飾区立石717吞んべ横丁内

問合せ:非公開

席数:5


13「有楽町産直飲食街」

公式サイト:http://www.sanchoku-inshokugai.com/yurakucho/
参考サイト:http://www.gotokyo.org/jp/kanko/chiyoda/spot/y_003.html

出典元:http://www.gotokyo.org/jp/kanko/chiyoda/spot/images/fasado_main.jpg

インフォメーション:

『有楽町 産直飲食街』は、地方の生産者と消費者をつなぐ、地方生産者と地域活性化を目的としたプロジェクトとしてスタートした今までにない新しい地域専門性のPR店を集合させた横丁プロジェクトです。 地方には、おいしい食材がたくさんあります。でも小規模の生産者には、自分の生産した商品を人が集まっている東京へPRするノウハウを持っていなかったり、流通ルートが確保出来なかったりと様々な問題点を抱えています。また、消費者も地方にはおいしい食材がたくさんあることを知っていながら、それを購入する手段の大半はお取り寄せなどと、買いやすい方法ではありません。そんな状況の中、考えついたのが『産直飲食街』です。地方の生産者と消費者の架け橋に、消費者の身近な存在である飲食店が入ることによって、今まで耳にしたことはあってもなかなか東京では手に入らないような珍しい食材を使用したメニュー、また調理方法がわからないような郷土料理のメニューの展開が可能になります。そして、この新しいプロジェクトの立地として、アンテナショップが賑わう銀座エリアから徒歩圏内の有楽町を選びました

通り所在地:100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目11インターナショナルアーケード

主な人気店/有名店:以下参照

①「小澤牧場・牛〇」

牛◯では、北海道 函館の広大な土地で、生産から販売まで一貫して手がける小澤牧場にて飼料から自社で生産された甘みがある大沼牛を中心としたメニューと北海道の郷土料理をご用意しております。イチオシは、熱々の鉄板に乗せ、お客様の前で切り分ける大沼牛のポンドステーキ。 そして牛肉本来の旨味が楽しめる牛串の炭火焼きをはじめ、懐かしさが漂うビーフシチュー、メンチカツ、コロッケなどの牛肉のメニューと鮭のちゃんちゃん焼きを北海道のお酒に合わせてお召し上がりください。

出典元:http://www.sanchoku-inshokugai.com/yurakucho/wp/wp-content/themes/yurakucho/images/floorplan/gyumaru/gyumaru_shop_img.png
公式サイト:http://www.sanchoku-inshokugai.com/yurakucho/floorplan/gyumaru/index.html

住所:100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目11インターナショナルアーケード

問合せ:0355101488

②「魚〇本店」

遠く富士山を望む駿河湾は、最深部が水深2800mに達する日本一深い湾です。また、暖かな黒潮と冷たい親潮が交じり合う場所です。その特徴から、湾内には約1,000種の魚貝類が生息していると言われています。桜えびやしらす、キンメ、サザエをはじめ、マグロ、カツオなどの遠洋漁業の拠点としても知られています。魚◯本店では、種類豊富な魚貝類を鮮度そのままに沼津港より直送いたします。産地直送の素材をそのままお刺身でまた、焼き物、揚げ物、煮物としてお召し上がり頂けます。そしてお食事の〆には、魚貝類を海鮮丼や石炊きご飯、弁天汁(アラ汁)としてお楽しみください。

出典元:http://www.sanchoku-inshokugai.com/yurakucho/wp/wp-content/themes/yurakucho/images/floorplan/uomaru/uomaru_shop_img.png
公式サイト:http://www.sanchoku-inshokugai.com/yurakucho/wp/wp-content/themes/yurakucho/images/floorplan/uomaru/uomaru_shop_img.png

住所:100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目11インターナショナルアーケード

問合せ:0355101278


14「三軒茶屋エコー仲見世商店街(三角地帯)」

参考サイト:http://www.sangen-jaya.com/

出典元:http://www.sangen-jaya.com/nakamise/yenbank/yenbank01.jpg

インフォメーション:三軒茶屋には、世田谷通り、国道246に囲まれた、通称「三角地帯」と呼ばれる一角がある。この三角地帯には、エコー仲見世商店街やゆうらく通り、三茶3番街といった路地が平行しており、迷路のような路地には飲み屋や商店が軒を連ねている。戦後の焼け跡になった商店街にバラック建ての商店が並び始め、昭和25年には仲見世商店街が現れた。発展に道路の整備が追いつかないまま、当時の混沌とした面影を残す町並みが形成された。そこにある店、集う客は年代もさまざまだ。日本酒好きなら知らない人はいない赤鬼や、焼き鳥の名店、床島をはじめとした昔ながらの店もありつつ、カレーやアジア料理、ワインが楽しめる店などニューウェーブもある。路地が狭いだけに店と人、人同士の距離も近い。眠らない土地、三角地帯のエネルギーは今日も酔客を引きつけている。

通り所在地:東京都世田谷区三軒茶屋2

主な人気店/有名店:以下参照

「三茶ファーム」

東京都世田谷区三軒茶屋で、有機野菜や自然栽培の野菜などを販売しています。その時期のオススメや、その野菜にあった調理法など、野菜に関する情報をスタッフがご説明します。また、スタッフに管理栄養士がおりますので、野菜をメインにしたヘルシーなレシピの提供もしています。お気軽にご相談ください。三軒茶屋駅世田谷通り出口から15秒で到着します。みなさまのお越しをお待ちしております! 

出典元:https://sanchafarm.com/wp-content/themes/sanchafarm/images/shop_image1.jpg
公式サイト:https://sanchafarm.com/

住所:東京都世田谷区三軒茶屋21316

問合せ:07054548318

②「ダール・ロワゾー(旧クスクスリーロワゾー)」

モロッコの代表食、クスクスやタジンを手軽に、召し上がっていただけるレストランです。フランスに例えるなら、パッサージュ(アーケード)内にロワゾーはあります。モロッコ革のクッションとテーブル、じゅうたん、ミントティーに使う、クスミ・テの缶が目印です。

出典元:http://sangen-jaya.com/nakamise/roiseau/roiseau01.jpg
参考サイト:http://sangen-jaya.com/nakamise/roiseau/

住所:東京都世田谷区三軒茶屋21317

問合せ:0334188603

席数:15

③「パティスリーフラワー」

大阪で半世紀、素材にこだわり続けた老舗洋菓子屋が初の東京進出店です。東京ではデパートの催事などでしか味わえなかったフラワーが三軒茶屋に進出しました。ぜひお立ち寄りください。

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/66938/320x320_rect_66938987.jpg
公式サイト:http://www.cf-flour.jp/
参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13200256/

住所:東京都世田谷区三軒茶屋21311

問合せ:0354329306

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8