都心ハイタウン地域の老舗銭湯

Pocket

都心ハイタウン地域の老舗銭湯

「こんなところに銭湯が」という、老舗の底力を見せつける銭湯が都内高級住宅地には数多くございます。そこでご紹介します「都心ハイタウン地域の老舗銭湯」情報です。

≪ノミネートリスト≫

1「銀座/金春湯」

2「南青山/清水湯」

3「南麻布/竹の湯」

4「広尾/廣尾湯」

5「白金/三越湯」

6「池尻/文化浴泉」

7「池上/桜館」

8「豪徳寺/鶴の湯」

9「学芸大学/千代の湯」

10「新宿余丁町/弁天湯」

11「笹塚/栄湯」

12「成田東/吉の湯」

13「中野/高砂湯」

14「落合/松の湯」

15「練馬桜台/久松湯」


1「銀座/金春湯」

金春湯公式サイト:http://www002.upp.so-net.ne.jp/konparu/

公式Facebookhttps://www.facebook.com/konparu/

公設銀座湯サイト:http://spa-tokyo.net/z-t-ginza/

出典元:http://www002.upp.so-net.ne.jp/konparu/images/image6.jpg

出典元:http://www002.upp.so-net.ne.jp/konparu/images/si01.jpg

出典元:http://www002.upp.so-net.ne.jp/konparu/images/ns08.jpg

出典元:http://www002.upp.so-net.ne.jp/konparu/images/ns14.jpg

インフォメーション:以下参照

東京都内の銭湯は昭和12年には約2900軒の銭湯が営業していましたが、昭和20年の東京大空襲により約400軒に激減しました。その後は復興を遂げ、昭和43年には2687軒まで回復しました。しかし以降はその数も減り、現在では約564軒の公衆浴場が営業しています。昭和43年の時点では銀座だけでも8軒の銭湯が存在しましたが、現在では1丁目の公設「銀座湯」と、こちら8丁目の「金春湯」を残すのみとなってしまいました。 「金春湯」文久3(1863)、金春湯は銀座に開業しました。当初は木造建てでしたが、昭和32年に改築し、ビル内に銭湯を構える現在の形になりました。改築当時はビル内に銭湯を構えることは珍しいことでした。また、周囲に高い建物がなく、このビルが一番高い建物でした。タイル絵が浴場を彩ります。錦鯉、春秋花鳥のタイル絵はいずれも章仙描く鈴栄堂製の九谷焼です。昔は今の倍のタイルがありました。 ペンキ絵は日本で2人しかいないペンキ絵師のうちの1人、中島盛夫さんの作品男湯と女湯で異なる富士山が描かれています。

参考価格:以下参照

大人(12歳以上)

460

中人(小学生)

180

小人(未就学児)

80

所在地:104-0061 東京都中央区銀座8丁目75

問合せ:0335715469

営業時間:14002200

定休日:日曜日


2「南青山/清水湯」

公式サイト:http://shimizuyu.jp/

出典元:http://shimizuyu.jp/wp-content/uploads/2018/03/header2.jpg

「ジェットバス」出典元:http://shimizuyu.jp/wp-content/uploads/2018/03/header3.jpg

「コンフォートサウナ」出典元:http://shimizuyu.jp/wp-content/uploads/2018/03/sauna_b2.jpg

インフォメーション:(HPより)

充実のリラックスを提供する南青山清水湯は、都市ならではの銭湯です。全館軟水使用をはじめ、高濃度炭酸泉、シルク風呂など、銭湯の主役“お湯”に、徹底的にこだわりました。健康と美容に役立てていただけるように、風呂の基本を大切にしています。また、明るく清潔感溢れる館内インテリア、ドリンクなどのサービスも充実したレストスペース、皆さまの安心・安全をまもる、バリアフリー化など、南青山 清水湯ならではのホスピタリティをご提供していきます。

参考価格:以下参照

銭湯コース 大人(中学生以上)

¥460

銭湯コース(レンタルタオル付)

¥760

サウナコース(入浴料込)

¥1,000

サウナコース(レンタルタオル/石けん/リンスインシャンプー付)

¥1,200

サウナのみ(入浴券持参の方)

¥550

中人入浴券(6才以上12歳未満)

¥180

6才未満(2名まで)

無料

共通入浴券(10枚)

¥4,200

手ぶらセット 男 女

¥310

レンタルタオル(バスタオル/フェイスタオル)

¥300

カラータオル

¥210

ナイロンフレッサー

¥410

所在地:107-0062 東京都港区南青山3丁目123

問合せ:0334014404

営業時間:1200000(土日は~2300まで)

定休日:金曜日


3「南麻布/竹の湯」

参考サイト:http://www.1010.or.jp/mag-tokyosento-azabutakenoyu/

出典元:http://www.1010.or.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/9_2045-300×200.jpg

出典元:http://www.1010.or.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/12_1927-300×200.jpg

出典元:http://www.1010.or.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/8_1960-300×200.jpg

インフォメーション:(HPより)以下参照

当店は大正2年、「ラジウム温泉」として当時ではめずらしい健康ランド風の経営をしておりました。その後、2回建て替え、現在は鉄筋4階建てマンションの1階で営業しております。以前は地元・麻布竹谷町の銭湯「竹の湯」として、特に温泉の申請もせずにいましたが、もっと多くの方にこのお湯の良さを知っていただきたく思い、平成1412月に温泉の認可をとりました。温泉名は「麻布黒美水(こくびすい)温泉」。この名前は黒褐色の水の色と、このお湯に入ると肌がつるつるするというお客様の声をもとに付けました。私は生まれてからずっとこの温泉に入っていますが、自分が入浴したどの温泉より気持ちが良いと思っています!是非一度ご入浴下さい。

参考価格:大人(中学生以上)460円・中人(小学生)180円・小人(未就学児)80

所在地:106-0047 東京都港区南麻布1丁目1512

問合せ:0334531446

営業時間:15302300

定休日:金曜・月曜日


4「広尾/廣尾湯」

参考サイト:http://www.1010.or.jp/mag-tokyosento-hirooyu/

出典元:http://www.1010.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/th_photo2-300×199.jpg

出典元:http://www.1010.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/th_photo6-300×199.jpg

出典元:http://www.1010.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/th_photo7-300×199.jpg

インフォメーション:高級住宅街としてのイメージが強い広尾。そんな広尾の地下鉄の駅と、ほぼ直結と言っていい絶好の立地に100年ほど前から店を構える銭湯が「広尾湯」20177月にリニューアルオープンしまし のれんをくぐり、扉を開ければ年季の入ったフロントが出迎えてくれます。タオルやシャンプー、石けんなどは持ち込みが前提なので、手ぶらで入浴する際は入浴料を支払うタイミングで一緒に購入してください 湯船は気泡風呂とジェットバスの2種類があり、それぞれ座風呂・立ち風呂で湯船の深さが異なります。お湯の温度は4243℃前後なので、ゆっくりと入っていられます。特にリニューアル後に好評なのがジェットバスの立ち風呂95cmの深さがある湯船に身をおさめれば、三方向からジェットが体をもみほぐし、リラックス効果は抜群です

参考価格:大人460円・小学生180円・未就学児80

所在地:150-0012 東京都渋谷区広尾5416幸田ビル

問合せ:0334730624

営業時間:1500000

定休日:水曜日


5「白金/三越湯」

参考サイト:http://spa-tokyo.net/z-t-mitsukoshi/

出典元:http://spa-tokyo.net/z-t-mitsukoshi/miysukoshiyu120030002001006.jpg

出典元:http://spa-tokyo.net/z-t-mitsukoshi/miysukoshiyu120030002001000.jpg

出典元:http://spa-tokyo.net/z-t-mitsukoshi/miysukoshiyu120030002001011.jpg

インフォメーション:以下参照

東京都港区にて20053月に新築オープンし生まれ変わった銭湯です。和モダンな建物内が売りで、フロント付近のオブジェが特徴です。2タイプある浴室のうち、 1つは露天風呂付で週替わりです。泡風呂・電気風呂やボディエステ・サウナ等あります。外気浴できる半露天岩風呂付の浴場も、男女週替わりで楽しめます。入浴後は、時間帯によっては、檜バーカウンターにて飲食ができます

参考価格:以下参照

料金   201471日改定   

サウナは、15際以上の方が 利用できます。  小学生.・ 中学生は御利用できません。

  

大人 ( 中学生以上 )

子供 ( 小学生以下 )

入浴のみ 入浴料

460

180円 
未就学児は80

浴室 ・ サウナ 利用  入浴料  
(
 バスタオル・タオルレンタル込 )

1,300

サウナの御利用できません

手ぶらセット
フェイスタオル ・ 石鹸 ・ シャンプー & リンス等

入浴料 + 250

フェイスタオル レンタル

入浴料 + 1250

所在地:108-0072 東京都港区白金51216ヒルズ白金1F

問合せ:0334419576

営業時間:15302200

定休日:金曜日・第三木曜日


6「池尻/文化浴泉」

公式サイト:https://bunkayokusen.grupo.jp/

出典元:https://x.grupo.jp/dynamic/3c/07/fcb971eba36d71d5b67148d01bf157ac19263c07w720_1963321.jpg

出典元:https://x.grupo.jp/dynamic/e5/2f/643bc866a9804aa665e052b27acd5d6a56b0e52fw720_1978452.jpg

出典元:https://x.grupo.jp/dynamic/db/d2/c632b1b1bc6e1351fa6f34b34b445383d27adbd2w250ts_1963328.jpg

インフォメーション:(HPより)以下参照

昭和3年からこの地で営業を続ける「文化浴泉」です。その昔、テレビドラマ「風呂上りの夜空に」の舞台にもなりました。通常はnano湯ですが、日曜日だけは特別に“ 生 ”の薬湯を実施しています。「宝寿湯」・文化浴泉特製「生薬の湯」など身体の芯からぽかぽか温まりますよ。ぜひ一度足をお運びください。お待ちしております。

参考価格:入浴料460円・サウナ代300円・手ぶらセット550円・・手ぶらサウナセット830

所在地:153-0043 東京都目黒区東山3丁目68

問合せ:0337924126

営業時間:1530~翌100(日曜は80012001530~翌100

定休日:年中無休


7「池上/桜館」

公式サイト:http://sakurakan.biz/

出典元:http://sakurakan.biz/wp-content/uploads/2014/11/a868c0c55cc0eec7ae9738b80231d784-225×300.gif

「ジェットバス」出典元:http://sakurakan.biz/wp-content/uploads/2014/11/092611dbe02c20f4a1ec8eeda2b3a8dc-300×225.gif

「展望露天」出典元:http://sakurakan.biz/wp-content/uploads/2014/11/7ff9aed96383ae1ee17a2c18123d5d641-300×225.gif

インフォメーション:(HPより)平成16年、全面改装により新しくなった当館は、平成26年、27年と、さらなる改装を重ねて新しい歩みを続けます。湯船に満ちる天然温泉は、黒き宝源「純養褐層泉」の恵み。展望風呂からは輝く星空を仰ぐことができます。どうぞ湯三昧のくつろぎのひとときをお過ごしください。・・いらっしゃいませ。ようこそ夢の館へ。当館の温泉は古くは重曹泉と呼ばれるものです。日本では龍神温泉や肘折温泉など「美人の湯」として多くの人たちに親しまれてきた温泉と同種のものです。また黒褐色のため「黒湯」とも呼ばれています。これは古代よりの腐植物(草木)が長い年月をかけて地中深くたくわえられたものです。大田地区では多く見られる温泉ですが、その質は同じ黒湯でも千差万別だと言われており、その効用もさまざまです。

参考価格:大人460円・中人(小学生)180円・小人(未就学児)80

所在地:146-0082 東京都大田区池上6丁目355

問合せ:0337542637

営業時間:1200~翌100(土日は1000~翌100

定休日:年中無休


8「豪徳寺/鶴の湯」

参考サイト:http://spa-tokyo.net/z-t-g-tsuru/index.html

参考サイト:http://www003.upp.so-net.ne.jp/turunoyu/

出典元:http://www003.upp.so-net.ne.jp/turunoyu/img/image7.JPG

出典元:http://spa-tokyo.net/z-t-g-tsuru/gotokujit55790000000002.jpg

出典元:http://spa-tokyo.net/z-t-g-tsuru/gotokujit55790000000001.jpg

出典元:http://spa-tokyo.net/z-t-g-tsuru/gotokujit55790000000003.jpg

インフォメーション:以下参照

小田急線豪徳寺駅、世田谷線山下駅から南に100mほど歩いた先のセブンイレブンの向かいにあるのが『鶴の湯』です1949年に建てられた宮造り建築は、2012年の改装時にも活かされ、吹き抜けの格天井はそのままです。浴場内もカランの間を広げてゆったり、開放感と清潔感あふれる雰囲気です。いちばんの特徴は「つるつるピカピカ」の軟水。お肌にやさしい軟水のお風呂が子ども連れや女性客にも人気で、とくに週末になるとお客さんが増えているそうです。また露天風呂と井戸水かけ流しの水風呂も好評、中島盛夫氏のペンキ絵も必見です。駐車場は入口をふさがない程度の小型車1台はOK。ただし50m程度の近隣にコインパーキングもあります。

参考価格:大人460円・中人(小学生)180円・小人(未就学児)80

所在地:154-0021 東京都世田谷区豪徳寺1丁目2320

問合せ:0334262360

営業時間:1500000

定休日:水曜日・第二火曜日

≪次ページパート2≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8