東京ハイタウン/東急世田谷線トリップ


東京ハイタウン/東急世田谷線トリップ

東急世田谷線は三軒茶屋から下高井戸までの10キロの路線です。沿線には数多くの観光・グルメスポットがあり、最近、情報番組での紹介も急増しています。そこでご紹介します「東京ハイタウン/東急世田谷線トリップ」情報です。「サマリーレポート」「路線情報」「三軒茶屋」「西太子堂」「若林」「松陰神社」「世田谷」「上町」「宮の坂」「山下」「松原」「下高井戸」。

「サマリーレポート」

沿線の特徴:かつて「玉電」と呼ばれていた路面電車路線で、東急田園都市線「三軒茶屋」と京王線「下高井戸」を結ぶ5キロ10駅からなります。

観光スポット:基本的に世田谷の住宅地を運行していますが、沿線には著名な神社仏閣が沢山、点在しています。

注目グルメ:お洒落で人気のカフェ、スイーツ店、ブーランジェリーがひしめいています。

「路線情報」

≪路線情報≫

公式サイト:http://www.tokyu.co.jp/ekitown/sg/index.html

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%80%A5%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E7%B7%9A

「路線図」出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d3/Linemap_of_Tokyu_Setagaya_Line.PNG/300px-Linemap_of_Tokyu_Setagaya_Line.PNG

インフォメーション:現在の世田谷線の区間は、1925(大正14年)118三軒茶屋駅世田谷駅間が玉川電気鉄道(玉電)の支線として開業したのに始まります。同年51には残りの世田谷駅下高井戸駅間が開業しました。1938(昭和13年)310、玉川電気鉄道は東京横浜電鉄(現・東京急行電鉄)に合併され、玉川線となります。そのため、現在でも玉川電気鉄道の略称、玉川線の愛称であった「玉電」と呼ばれることがあります都電荒川線とともに東京都内に残っている路面電車形式の軌道線ですが、全線が新設軌道となっており、併用軌道はありません。駅間距離はすべて1km未満。車両は路面電車タイプの電車を使用しています。全区間乗車した場合の所要時間は1718分です。運賃は全区間均一制で、201441日現在で大人150円・小児80円(ICカード利用の場合は大人144円・小児72円)。東急の鉄道各線とは別建ての線内完結の運賃制度であり、東急の他の路線との運賃通算・乗継割引制度や山下駅で接続する小田急線豪徳寺駅下高井戸駅で接続する京王線との乗継割引はありません

 

 

≪電車情報≫

「引退したデハ80形車両」出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/09/Tokyu-80.jpg/800px-Tokyu-80.jpg

「東急300系車両」出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/bd/Tokyu-EC300-3.jpg/280px-Tokyu-EC300-3.jpg

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%80%A5300%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

インフォメーション:現在世田谷線用の車両30010編成あり、全列車がこれの2両編成で運行されています。以前は木の床など昔ながらの路面電車の構造をした車両で運行されていましたが、2001にすべて300系に入れ換えられました。また江ノ島電鉄に譲渡されていた旧車両が宮の坂駅前に静態保存されています300系が導入される前の運賃箱は現金をそのまま入れるだけの小型のもので、釣銭が必要な場合は両端の乗車口にいる運転士車掌に現金を渡して釣銭を受け取っていましたが、300系導入時に路線バスと同じタイプのものに変更されました。車体の色は玉電カラーの×クリームをはじめ、赤系、青系、黄系などカラフルで、10編成すべてで異なっています。また車体にラッピング(広告等)を施して走ることも増加しています

 

 

≪お得な乗車切符情報/「世田谷線散策きっぷ」≫

出典元:http://www.tokyu.co.jp/railway/ticket/types/value_ticket/img/setagaya_ticket_img01.jpg

参考サイト:http://www.tokyu.co.jp/railway/ticket/types/value_ticket/setagaya_ticket.html

切符インフォメーション:当日に限り、何回でも世田谷線各駅で乗り降りできるおトクなきっぷです。乗車券裏面は散策に便利な沿線案内になっています。

発売箇所:世田谷線三軒茶屋駅、上町駅、下高井戸駅の三駅。三駅以外の世田谷線各駅からご乗車になる場合は、普通運賃を現金でお支払いのうえ乗務員から「きっぷ購入券」を受け取ってください。上記発売箇所に「きっぷ購入券」を提示すると、差額で「世田谷線散策きっぷ」をお求めいただけます。

発売価格:おとな330円/こども170

有効期間:初日当日限り


「各駅スポットガイド」

①「三軒茶屋」

「駅」出典元:http://www.tokyu.co.jp/image/railway/img/30_img03.jpg

駅員からの地域ガイド:田園都市線渋谷から2つ目の急行停車駅。ホームは地下にあり、世田谷線の三軒茶屋駅とは改札を出てから地下通路でつながっています。昭和女子大学の最寄駅でもあり、平日は学生でにぎやか。とはいえ、いくつもの商店街やアーケード街には、年配の方の姿も多く見られます。昔ながらの商店やレトロな店が連なる路地は、“世田谷の下町”と称される三茶の魅力の一つです。また、イベントが多いことでも知られる三軒茶屋。8月の三茶ラテンフェスティバル、10月の世田谷アートタウン 三茶de大道芸や青空ふれあいフェスティバルなどバラエティ豊富。さらに、三軒茶屋と池尻大橋の間には世田谷公園があり、地域住民の憩いの場に。周囲には緑道も多く、散策や運動にうってつけです。


≪観光スポット≫

「世田谷公園」

「世田谷公園」出典元:http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00004239_d/img/004_s.jpg

インフォメーション:テレビや映画のロケにもよく使われる美しい公園。1年中、四季折々の花が咲いている。5月にタイムカプセルの丘をおおうツツジが特に美しい。広々とした園内は、中央広場の噴水を中心にして、ミニSLに乗れるSL広場、交通広場、スケートボード広場、プレーパーク、プール、芝生広場、児童遊園などの施設が充実している。テニスコート・軟式野球場は登録制の有料施設。プレーパークは子供たちに人気の冒険広場。古タイヤやロープなどリーダーの指導のもと遊べる。

参考サイト:http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00004239.html

所在地:東京都世田谷区池尻1丁目527

問合せ先:0334120432(世田谷公園有料施設窓口)


「キャロットタワー」

「キャロットタワー」出典元:http://www.t-build.com/files/3314/2667/0126/0419_0039a_T.jpg

インフォメーション:キャロットタワーは地上27124m。歴史ある世田谷・三軒茶屋のシンボル「キャロットタワー」は、東急田園都市線・世田谷線三軒茶屋駅に直結する高層複合ビル。渋谷まで東急田園都市線で5分、大手町までは東京メトロ半蔵門線との直通運転で21分。ビジネスの拠点にふさわしい交通網が魅力です。グレードの高いタワーオフィスからは、世田谷随一の眺望をのぞむことができます。タワー内に商業施設のほか劇場などの文化施設も揃い、一歩外に踏み出せば、三宿など話題のエリアもすぐ。仕事だけでなくライフスタイルにも自分らしさを追求できる、ゆとりある新時代のビジネスにふさわしい環境を提供しています。

参考サイト:http://www.t-build.com/build/ca/

所在地:東京都世田谷区太子堂4丁目1-1

問合せ先:0334776520(東急電鉄オフィスビル)

駐車場:282


「スノードーム美術館」

「スノードーム美術館」出典元:http://www.snowdome-museum.org/wp-content/themes/snowdome/images/main_museum.jpg

インフォメーション:あなたの心の片隅でそっとそっと時を刻み続けるスノードーム。その歴史は古く、1889年パリ万博で誕生しました。以来、世界中でずっとずっと、それぞれのあふれる思い出をそのドームいっぱいに、抱き続けています。透明なガラスドームの中の人や街並み。ゆっくりと舞い落ちる雪、ほっと心安らぐ、不思議な小宇宙。当協会は、この小宇宙を通して一人でも多くの方と趣味を持つ楽しさ、ものづくりの楽しさを共有し、心の安らぎのお手伝いができればと会員の皆様のご支援とご協力により、ささやかではありますが活動を続けているNPO法人です。

公式サイト:http://www.snowdome-museum.org/

所在地:154-0001 東京都世田谷区池尻2丁目45

問合せ先:0354330081

開館時間:11001700

休館日:月曜日

入館料:入場無料


≪グルメスポット≫

「ヴォイヴォイ」

「ヴォイヴォイ」出典元:http://www.pancakemama.com/files/cache/0cc5344f2a6ac31ee27840a3b499901d.JPG

出典元:http://www.pancakemama.com/files/cache/0954ef0e0ea83f4920d1a67ca8c46c03.JPG

インフォメーション:おかげさまで三軒茶屋VoiVoi2016年夏に10周年を迎えることができました。日頃のご愛顧に心より感謝を申し上げます。全国から足を運んでくださる、お客様一人一人に、パンケーキの魔法と幸せをお届けできるよう、いつでも焼きたてにこだわり心のあるパンケーキをおつくりしていきます。

公式サイト:http://www.pancakemama.com/sancha/

参考予算:「クラッシックバターミルクケーキ」700円・「VoiVoiスペシャルパンケーキ」1000

所在地:154-0024 東京都世田谷区 三軒茶屋1丁目3515

問合せ先:0334111214

営業時間:月水11302000/木金11302100/土11001900/日11001800

定休日:火曜日

席数:22


「カフェ ルポポ」

「カフェ ルポポ」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/17511/320x320_rect_17511777.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/7415/320x320_rect_7415440.jpg

インフォメーション:LUPOPOは「ものづくりを楽しむ空間をつくりたい」そんな思いから生まれた、カフェと雑貨・手づくり作品のお店です。挽きたてのコーヒーの飲みながらホっと一息?手づくり作品を見てワクワク?それとも、自分で作った作品を販売してみようかな?お散歩の途中にふらり。お昼休みや学校帰りにゆったり。cafe & gallery LUPOPOに遊びにいらしてください

公式サイト:http://lupopo.net/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13107015/

参考予算:「ランチセットメニュー」1000円・「チーズケーキ」550円・「カフェオレ」550

所在地:東京都世田谷区三軒茶屋1丁目3520

問合せ先:0362281097

営業時間:11301930

定休日:火曜・水曜日

席数:7


HiDE/ヒデファームキッチン」

「ヒデファームキッチン」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/22142/320x320_rect_22142178.jpg

「マキノファーム産グリル野菜」出典元:http://www.hide9.com/img/menu01.jpg

インフォメーション:(HPより)FARM KITCHENとは親戚が北海道で農園を営んでいる為、大自然が産んだ食材を直送してもらい様々な料理が楽しめるお店を作りたいという思いからきています。友人宅に遊びに来る感覚でご寛ぎ下さい。お客様に元気と喜びを伝えられるような気楽に集まれる環境をつくりたい!その想いを実現するため、HiDEをオープンしました。北海道から産地直送の新鮮で旬の食材で、今日はこんな料理を食べてもらいたい。この料理にはこのワインが合うんじゃないかな。そんな気持ちで料理をご用意しています。スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ちしております。ぜひ、お立ち寄りください。

公式サイト:http://www.hide9.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13161370/

参考予算:「プロシュートサラダ」900円・「焼きナスの香味ドレッシング和え」600

所在地:東京都世田谷区太子堂4丁目62ホリエビル 2F

問合せ先:0368055960

営業時間:1130150018002400

定休日:不定休

席数:19


「ぱんやのパングワン」

「ぱんやのパングワン」出典元:http://www.pingouin.sakura.ne.jp/misegamae2.jpg

「ペンギンパン」出典元:http://www.pingouin.sakura.ne.jp/whitepingouin1.jpg

Aセット」出典元:http://www.pingouin.sakura.ne.jp/IMG_0814.jpg

インフォメーション:ぱんやのパングワンは、三軒茶屋で最も歴史のあるパン屋の精養堂が生まれ変わったお店です。創業当時から地元の皆さまに愛されてきた昔ながらのパンや、自家製天然酵母を使用した様々な国のパンも幅広く取り揃えております。

公式サイト:http://www.pingouin.sakura.ne.jp/

参考予算:「パングアンペンギンパン」230円・「バゲット」240円・「メロンパン」130円・「ランチAセット(サンドイッチセット)」1000

所在地:154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋13615

問合せ先:0334210615

営業時間:7301900

定休日:月曜・火曜日

席数:26

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8