感動のショット「スポーツフォトグラファー列伝」2016.5.28更新


感動のショット「スポーツフォトグラファー列伝」

「一瞬を切り取る」ではなくて「一瞬を切り撮る」のがスポーツフォトグラファーです。改めて、よく見るとスポーツの躍動の一瞬はひとつの素晴らしいドラマだと実感させられます。ご紹介します、「スポーツフォトグラファー列伝」です。

 

サッカー「高橋学」

gra03[1]
出典元:http://www.tva.ac.jp/stardream/images/gra03.png

生年月日:1975年福島県生まれ。
プロフィール:父親が地元新聞社のカメラマンだった影響もあり、自らもカメラマンを志すようになる。福島商業高校卒業後は専門学校東京ビジュアルアーツに入学し写真学科でスポーツフォトを専攻。専門学校卒業後はスポーツカメラマンの菅原正治氏に師事し、有限会社ジャパンスポーツに所属。5年間、サッカーを中心にスポーツフォトの実績を重ねてフリーランスに。日本国内だけでなく世界のサッカー、フットサル、陸上など様々なスポーツフォトの第一線で活躍している。小さい頃から好きな鉄道は今でも国内外を問わず撮り続けている。日本スポーツプレス協会会員。
(同姓同名で有名なモータースポーツ写真家の「高橋学」氏もいます)

関連サイト:http://www.tva.ac.jp/stardream/03/

関連サイト:http://futsal-navi.jp/post-884/

所属先:フリーランス

ph1[1]
「作品」出典元:http://www.tva.ac.jp/stardream/03/images/name.png

AH7T0486-1024x682[1]
「作品」出典元:http://futsal-navi.jp/wp-content/uploads/2015/03/AH7T0486-1024×682.jpg

AG6I2321[1]
「作品」出典元:http://futsal-navi.jp/wp-content/uploads/2016/04/AG6I2321.jpg


女子サッカー「早草紀子」

3187[1]

出典元:http://www.digi-came.com/jp/uploads/photos0/3187.jpg
生年月日:兵庫県神戸市生まれ
プロフィール:東京工芸短大写真技術科卒業。1993年よりJリーグ撮影を開始。1996年から日本女子サッカーリーグのオフィシャルカメラマンとなる。以降、サッカー専門誌で培った経験を武器に、サッカー撮影にどっぷり浸かる。現在はJリーグ・大宮アルディージャのオフィシャルフォトブラファーであり、日本サッカー協会オフィシャルウェブサイトでは女子サッカー連載コラムを担当している。

関連サイト:http://www.digi-came.com/jp/modules/person/entry.php?entryID=62&categoryID=7

関連サイト:http://number.bunshun.jp/

関連サイト:http://sportiva.shueisha.co.jp/

関連サイト:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160309-00010002-sportiva-socc&p=2

所属先:Jリーグ・大宮アルディージャ

写真集作品:
なでしこジャパンフォトブック「あすなろなでしこ」
「がけっぷち上等! なでしこは泣いて笑って強くなる」

img_4db36a7971ee107b44b7c6ab96576cf0401256[1]
「作品」出典元:http://number.ismcdn.jp/mwimgs/4/d/350/img_4db36a7971ee107b44b7c6ab96576cf0401256.jpg

1369578265-thumb-450x298-522[1]
「作品」出典元:http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/assets_c/2011/07/1369578265-thumb-450×298-522.jpg

20160309-00010002-sportiva-000-view[1]
「作品」出典元:http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160309-00010002-sportiva-000-view.jpg


モータースポーツ「熱田護」

55ca65_61c911f6d984493fbc3694b8107e8969[1]

出典元:https://static.wixstatic.com/media/55ca65_61c911f6d984493fbc3694b8107e8969.jpg/v1/fill/w_258,h_331,al_c,q_80,usm_0.66_1.00_0.01/55ca65_61c911f6d984493fbc3694b8107e8969.jpg
生年月日:1963年三重県鈴鹿市生まれ。
プロフィール:東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。85年ヴェガインターナショナル入社。坪内隆直氏に師事し、2輪世界GPを転戦。1991年よりフリーランスとしてF1をはじめとするモータースポーツや市販車の撮影を行う。広告のほか、雑誌「カーグラフィック」(二玄社)、「Number」(文藝春秋)、「F1モデリング」(東邦出版)などに作品を発表している。

公式サイト:http://www.mamoru-atsuta.com/

関連サイト:http://cweb.canon.jp/eos/special/only1/contents/atsuta/index.html

関連サイト:http://suzuka21.com/

関連サイト:https://www.sandisk.co.jp/home/extreme-team/mamoru-atsuta

所属先:フリーランス
写真集作品:
1992 「フォーカシングワン」FREE PRESS
1994 アイルトン・セナ写真集「サウダージ」山海堂
1996 CD-ROM写真集「フォーミュラワン」メディアミューズ
1999 「Turn in」三樹書房
2003 「IGNITION」 TOKIMEKIパブリッシング
2006 「皇帝ミハエル・シューマッハ フォトドキュメント」 山海堂
2009 「The F1 Spirit Takuma SATO」佐藤琢磨ビジュアルブック 二玄社
2010 [Time to say goodbye] トヨタF1写真集 三樹書房

Ayrton-Senna-da-Silva-300x202[1]

「作品」出典元:http://suzuka21.com/wp-content/uploads/2014/03/Ayrton-Senna-da-Silva-300×202.png

L_atsuta_004[1]
「作品」出典元:https://www.sandisk.co.jp/content/dam/sandisk-main/en_us/assets/extreme/mamoru-atsuta/gallery/L_atsuta_004.jpg

photo[1]
「作品」出典元:http://cweb.canon.jp/eos/special/only1/img/copyguard.gif

31qUvIdUR-L._SY215_BO1,204,203,200_[1]
写真集「Turn in」出典元:http://ecx.images-amazon.com/images/I/31qUvIdUR-L._SY215_BO1,204,203,200_.jpg


スポーツ全般「戸村巧臣」

profile[1]
出典元:http://www.nikon-image.com/sp/my_nikkor/common/images/article/30_a.tomura/profile.jpg
生年月日:1973年、東京生まれ。
プロフィール:15歳で渡米し、スキー、スノーボードを学ぶ。その後、SIERA NEVADA COLLEGE にてファインアート/写真映像を学ぶ。スキー写真家のBill Stevenson氏に師事。日本、アメリカの出版社の依頼を受けてフリーランス活動を開始する。2000年よりスポーツカメラマン集団「アフロスポーツ」に所属。雑誌だけでなく、様々なクライアントの撮影をこなす。

関連サイト:http://dc.watch.impress.co.jp/docs/special/20120523_534368.html

関連サイト:http://www.nikon-image.com/

sec03[1]

「作品」出典元:http://www.nikon-image.com/sp/my_nikkor/common/images/article/30_a.tomura/sec03.jpg

001_s[1]
「作品」出典元:http://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/534/368/001_s.jpg
戸村功臣が目指す1枚は「カッコいい写真」だ。日本語でいうと、彼が言いたいニュアンスは伝わりづらいだろう。英語でいえば「COOL」だ。アフロスポーツを紹介され、2000年に入社後、ウインタースポーツを中心に撮ってきたのが、一転してあらゆるスポーツを撮ることになった。知らない競技を撮る時、無理やり事前に知識を詰め込むことはしないという。現場を見て、その中でいかにカッコいい一瞬を見つけて、つかまえるか。戸村にとって、ルールを学ぶより大事なものがあるのだ。戸村の意識は撮影中、コンマ何秒の光景の中に秘められたドラマを感じ取っている。
所属先:「アフロスポーツ」
URL:http://sport.aflo.com/
写真集作品:不明

003_s[1]
「作品」出典元:http://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/534/368/003_s.jpg

004_s[1]
「作品」出典元:http://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/534/368/004_s.jpg


スポーツ全般「水谷章人」

photo04[1]

出典元:http://web.canon.jp/event/skating/images/best_shot/photo04.jpg
生年月日:1940年、長野県飯田市生まれ
プロフィール:スポーツフォトグラファー界の大御所「水谷章人」。1965年、東京綜合写真専門学校卒業。以後、スポーツ専門のフリーランスカメラマンとして現在に至る。写真集、個展多数。第12回講談社出版文化賞(1981年)、第3回飯田市藤本四八写真文化賞(2002年)、2007日本写真協会賞作家賞(2007年)受賞。日本スポーツプレス協会会長。『CAPA』の月例フォトコンテスト「スポーツの部」審査員。この道50年の写真家はこう語ります。いままで弟子は9人、水谷塾の卒業生は50人。若手の育成をしないと将来、スポーツ写真家というジャンルが残らないから。報道写真ではなくプロの写真家を育成したい。お金稼ぐには報道写真に走りやすいけど、本当の職人を育てたいんです。だから若い子もどんどん写真展をやるべき。最近のスポーツは一般は撮影禁止だから、色々と自分で撮って勉強するチャンスが無いのは淋しいこと。写真家を目指すには難しい時代を迎えています。私はいい時代に写真家人生を送れたなと痛感しています。さすが第一人者です。

関連サイト:http://web.canon.jp/event/skating/best_shot/mizutani01.html

関連サイト:http://www.gitzo.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/%E6%B0%B4%E8%B0%B7%E7%AB%A0%E4%BA%BA-2/Series+Contents+J/118508914

所属先:フリーランス
写真集作品:
1976年「極限の形象」スキージャーナル社
1980年「白銀の閃光」
1987年「水谷章人のスポーツ写真入門」実業乃日本社
1992年「THE SKI-水谷章人スキー写真集」実業乃日本社
2002年「アルプス」山と渓谷社 等々

t600_main_img_I[1]

「作品」出典元:http://mediacdn.shopatron.com/media/mfg/2747/media_image/dev_1/t600_main_img_I.jpg?1404902833

sub_img_j01_l[1]
「作品」出典元:http://mediacdn.shopatron.com/media/mfg/2747/media_image/dev_1/sub_img_j01_l.jpg?1404900956

sub_img_j03[1]

「作品」出典元:http://mediacdn.shopatron.com/media/mfg/2747/media_image/dev_1/sub_img_j03.jpg?1404901321

sub_img_j04[1]
「作品」出典元:http://mediacdn.shopatron.com/media/mfg/2747/media_image/dev_1/sub_img_j04.jpg?1404901497


ラグビー「早川明生」

person[1]
出典元:http://www.japanupdate.co.uk/img/article/522/uklive/person.jpg
生年月日:1975年8月24日名古屋生まれ。
プロフィール:副業と言いながら、本業顔負けのエネルギーをつぎ込んで、 スポーツカメラマンとして活躍されている早川さん。 イングランド、ラグビーワールドカップでも「ジャパン」とともに大奮闘されました。名古屋で生まれ三歳までいましたが、父の起業とともに家族でロンドンに移住。日本で法政大学卒業後、トヨタの販社で三年程働いて、ロンドンへ戻られました。実家の仕事に就きながら、カメラをさわり始めたのはサッカー、チャンピオンズリーグのアーセナルの試合を撮影したのが始まり。ラグビーではプレミアシップのサラセンズ(Saracens)に来た菊谷崇選手を撮影。なでしこジャパンの大儀見選手がチェルシーにいた頃の写真が、ヤフーなどで採用されて認められ、国際スポーツ記者協会(AIPS)にも登録。ラグビーワールドカップのカメラマン登録は講習などへ行って、顔を覚えてもらえるように努力して、申請したら認められたそうです。本格的に写真を撮り始め五年半で、既に本職顔負けの腕前。精力的な取材活動にも驚きです。今後が注目される写真家です。

関連サイト:http://www.japanupdate.co.uk/

関連サイト:https://twitter.com/_taropon_

所属先:フリーランス
URL:不明
写真集作品:まだ刊行されたものはありません。

 

CRE5VtlWsAAmE1W[1]
「ワールドカップ」より出典元:https://twitter.com/_taropon_/status/653366468076244992

ChDT8BgVEAAzXHW[1]
「ワールドカップ」より出典元:https://pbs.twimg.com/media/ChDT8BgVEAAzXHW.jpg

CPrHclIWUAA1IVU[1]
「ワールドカップ」より出典元:https://pbs.twimg.com/media/CPrHclIWUAA1IVU.png

 

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】一休 ユーザーからのお勧めホテル
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒  【PR】るるぶトラベルでホテルを検索!今夜の宿がスグ見つかります!
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8