「軽井沢で温泉を楽しむ」2016年3月18日修正更新版


ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】一休 ユーザーからのお勧めホテル
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒  【PR】るるぶトラベルでホテルを検索!今夜の宿がスグ見つかります!
ads by google


軽井沢で温泉を楽しむ

浅間山は日本を代表する活火山で噴火の記憶も新たです。その浅間山のうれしい贈り物が裾野に広がる温泉です。軽井沢探訪と温泉の組み合わせは大人の旅の黄金律ではないでしょうか。いざ、温泉へ!

≪星野温泉とは≫

「星野温泉の歴史と泉質」

tonbo-subph-03_mini[1]

出典元;http://www.hoshinoresort.com/

古くは赤岩鉱泉と呼ばれ草津温泉の仕上げ湯と言われていました。1913年、製糸業を営む星野嘉助によりボーリングが行われ源泉開発に成功。これを利用して翌1914年星野温泉ホテルが開業されました。当時は与謝野鉄幹・晶子夫妻が命名した「明星館」と称していました。」2002年日帰り温泉施設「トンボの湯」を開設、2003年ホテルは全施設を閉鎖して2005年7月に「星のや軽井沢」としてリニューアルオープンしています。温泉泉質は「ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉」源泉温度46.6度。

 

「星野温泉のおすすめ宿」

星のや軽井沢

「星のや軽井沢」のサービスコンセプトは「現代を休む」。また設計のテーマは「もうひとつの日本」となっており非日常感の演出には高い評価が与えられています。兎に角、おもてなしの極致かもしれません。

星のや軽井沢を一休.comで宿泊予約する

hoshinoya-karuizawa-subph-01_mini[1]

出典元:http://www.hoshinoresort.com/
住所: 〒389-0194 長野県北佐久郡 軽井沢町星野
電話:050-3786-0066


トンボの湯(日帰り温泉)

tonbo-subph-02_mini[1]

出典元:http://www.hoshinoresort.com/
建物は和モダンで、檜が香る内湯と四季折々の景色が楽しめる露天で源泉掛け流しが堪能できます。
利用料金 大人1,300円 / 子供750円(3才~小学生)貸しタオルセット 300円

住所: 〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148
電話:0267-44-3580
営業期間:10時~23時(受付~22時)
交通アクセス:上信越道碓氷軽井沢ICより20分


≪千ケ滝温泉とは≫

「千ケ滝温泉の歴史と泉質」

ht03[1]

出典元:http://www.princehotels.co.jp/sengataki/

日帰り温泉施設の「軽井沢千ケ滝温泉」は四季を通じて趣の異なる美しい風景と源泉のやわらかな湯が自慢の温泉です。軽井沢の雄大な自然に抱かれたここの温泉施設は格別の風合が堪能できます。泉質は「ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉」。PH7.5、源泉温度48度。

住所: 〒389-0111 長野県北佐久郡 軽井沢町千ヶ滝温泉
電話:0267-46-1111
営業時間 12時00分~20時45分
アクセス しなの鉄道中軽井沢駅から西武高原バス万座温泉・草津温泉方面行きで5分、千ヶ滝温泉下車すぐ

 

「千ケ滝温泉のおすすめ施設」

ht01[1]

出典元:http://www.princehotels.co.jp/sengataki/

日帰り温泉施設・軽井沢千ケ滝温泉
内容については上記をご参照下さい。なお参考のため入浴料金を記載いたします。
大人:平日1130円・土曜休日1240円
こども:平日620円・土曜休日720円


塩壺温泉

d11,2[1]

出典元:http://nttbj.itp.ne.jp/0267455441/d11,2.jpg

約800年前、善光寺の参詣からの帰路にこの地に立ち寄った源頼朝が、1羽の鶴がこの温泉で傷を癒しているのを発見したとの伝説が残ります。1913年、星野リゾート創業者である星野国次が赤岩鉱泉(のちの星野温泉)とともに塩坪の湯を開発。のちに塩壺温泉と改められました。温泉名の由来は、軽井沢で初めて発見された湯壺であることから初壺(しょつぼ)、それが転じて塩壺になったとされます。1934年には塩壺温泉ホテルが開業。政治家の尾崎行雄は「長命泉」と呼びこの湯を愛しました。
外湯はなく、宿泊施設が1軒。塩壺温泉ホテルがあり、日帰り入浴も可能で浴場にはジャグジー、寝湯、露天風呂を備えます。
泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉。 源泉温度48.5℃。

300px-Shiotsubo_Onsen_Hotel[1]

出典元:https://upload.wikimedia.org/


小瀬温泉

roten[1]

出典元:http://www.koseonsen.com/

旧軽銀座より三笠通りを進み、標高1300メートルの森の中にたたずむ秘湯の一件宿。明治に開業し旧草軽電鉄の駅にもなっており、文人墨客にも愛されていた宿。木々に囲まれた宿の目の前には小川が流れ、郷愁を感じさせる雰囲気があります。内湯は岩壁で覆われた長方形の湯船で、窓を開ければ露天風呂の雰囲気も味わえます。露天風呂は貸切の贅沢な総檜風呂で眺望も最高です。源泉は炭酸水素イオンが主成分のまろやかな単純泉で掛け流し。僅かに鉄味を感じ、気泡も付く新鮮なお湯です。軽井沢の喧噪を忘れさせてくれる落ち着いた雰囲気が心地良さを約束してくれます。
泉質・単純泉 温度44.7度 PH7.8。
datsui_img2[1]

出典元:http://www.koseonsen.com/

スポンサードリンク

ads by VC