夏の軽井沢を楽しむ情報2016.7.25更新


夏の軽井沢を楽しむ情報

そろそろ軽井沢のトップシーズンがやってきます。ところで軽井沢に来たら一寸シックな楽しみを見つけたいものです。そこでご紹介します「夏の軽井沢を楽しむ情報」です。

星空ビアテラス2016

ƒvƒŠƒ“ƒg

出典元:http://www.hoshino-area.jp/hungryspot/assets_c/2013/02/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BCtop-thumb-700xauto-3980.jpg

インフォメーション:今夏も、もみの木広場にて「星空ビアテラス」を開催いたします。クラフトビール醸造所「ヤッホーブルーイング」から直送される樽ビール8種や特製のおつまみを、きらめく星空の下でいただけます。「よなよなリアルエール」をはじめ「軽井沢高原ビール夏季限定2016」や「軽井沢高原ビール長期熟成2014」の樽生など、軽井沢では星野エリアでしか味わけない希少なビールが目白押し。トンボの湯のお風呂上り、涼風が吹き抜ける軽井沢の夏の夜をご堪能ください。

開催地住所:もみの木広場・カフェハングリースポット

問合せ:星野エリア カフェハングリースポット 0267-44-3571

開催期間:20167/16()~8/21()

時間:各日15:00~21:00

関連料金:

クラフトビール
・生ビール季節の地ビール 各グラス¥580 ジョッキ¥700
・リアルエール ¥680
・ノンアルコールビール¥550

「星空ビアテラス ドリンク&フードメニュー」
 星空ビアテラス 提供ビール8
・よなよなリアルエール(アメリカンペールエール)
・軽井沢高原ビール ワイルドフォレスト(ブロンドエール)
・軽井沢高原ビール ナショナルトラスト(ポーター)
・軽井沢高原ビール シーズナル2016(ベルジャンゴールデンエール)
・軽井沢高原ビール ベルジャンホワイト
・軽井沢高原ビール 夏季限定(セッションIPA
・軽井沢高原ビール 長期熟成2014(バーレイワイン)
・インドの青鬼(IPA
*飲み比べセットもございます。

公式サイト:http://www.hoshino-area.jp/hungryspot/

140723_beer_02-thumb-500x333-5562-thumb-260xauto-6968[1]

出典元:http://www.hoshino-area.jp/hungryspot/assets_c/2016/06/140723_beer_02-thumb-500×333-5562-thumb-260xauto-6968.jpg

軽井沢白糸の滝ライトアップイリュージョン2016

shiraito_lightup_tokusyubanner[1]

出典元:http://karuizawa-kankokyokai.jp/wordpress/wp-content/uploads/shiraito_lightup_tokusyubanner.jpg

インフォメーション:浅間山の噴火~大地の形成、そして5年の年月をかけて浅間山に降った雨水の一滴が白糸の滝の伏流水となるストーリーを演出します。Cool Shareスポット白糸の滝へ是非お越しください。2016年、今年のテーマは「白糸の滝&浅間山の恵み」です。

開催地住所:389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉

問合せ:0267-31-0070 白糸ハイランドウェイ

開催期間2016/7.298.28毎週金・土・日」。8.108.15は毎日開催

時間:19:0021:00

プロジェクションマッピングは、毎時00分、15分、30分、45分/19回 実施

関連料金:自由観覧

公式サイト:http://www.karuizawa-shw.com/

関連サイト:http://karuizawa-kankokyokai.jp/event/20069/

SlidePhoto02[1]

出典元:http://www.karuizawa-shw.com/img/Photos/SlidePhoto02.jpg

松本路子展「Portraits‐女性アーチストの肖像」

parmanentEx160428_03_01[1]

出典元:http://moca-karuizawa.jp/images/exhibitions/parmanentEx160428_03_01.png

インフォメーション:松本路子は1980年代からニューヨーク、パリ、東京など世界各地で現代を代表するアーティストやダンサーを撮り始め、その肖像を中心に作品を発表しています。自身が会いたいと願う独特の存在感を持つ女性アーティストたちを訪ねて、特別な演出をすることなく『個』と向き合った作品群は、作家の存在感をあるがままにとらえたものとして高く評価されています。今回は1974年から90年代にかけて撮影されたオノヨーコや草間彌生など14作家のモノクロ写真17点を展示する予定です。

開催個所:軽井沢現代美術館

開催地住所:389-0111長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2052-2

問合せ:TEL 0267-31-5141

開催期間:2016428日~95

時間:10001700

関連料金:大人1000円・大学高校生800円・小中学生500

公式サイト:http://moca-karuizawa.jp/exhibitions/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/%E8%BB%BD%E4%BA%95%E6%B2%A2%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8-THE-MUSEUM-OF-CONTEMPORARY-ARTKARUIZAWA-282926985079596/

13516435_1136087779763508_7383304892101632892_n[1]

出典元:https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/13516435_1136087779763508_7383304892101632892_n.jpg?oh=348d04dc8d4da9617fb4d54c9da214de&oe=581D0452

slider01[1]

出典元:http://moca-karuizawa.jp/images/top/slider01.jpg

軽井沢草花館「軽井沢の草絵染展」

museum-2016-exhibit[1]

出典元:http://www.kusabana.net/museum/exhibit/museum-2016-exhibit.jpg

インフォメーション:画家・石川功一の草花画と草木染工芸作家の山崎青樹、山崎和樹、浅沼真知とのコラボ企画。石川功一の描いた軽井沢の草花スケッチに並べて、草木染によって染められた染色見本が展示されています。植物の持つ楚々とした美しさに加え、草木染の色彩美と奥深さを感じ取ることができます。会期は全5期。第2期はカマツカ、ナナカマドなど新緑時の植物を中心に草花画(水彩・油彩)41点、草木染見本26種前後を公開予定。

開催箇所:小さな美術館 軽井沢草花館

住所:389-0104 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東1940

問合せ:0267-42-0716

期日&時間:2016423112310001700

料金:中学生以上500

公式サイト:http://www.kusabana.net/index.html

gaikan-b-tyusya[1]

出典元:http://www.kusabana.net/museum/img/gaikan-b-tyusya.jpg

indoor-2F-1[1]

出典元:http://www.kusabana.net/museum/img/indoor-2F-1.jpg

三井財閥の別荘と老舗レストラン訪問

section01_01[1]

出典元:http://www.karuizawa.co.jp/20160425/guidetour/commons/img/section01_01.png

インフォメーション:軽井沢の歴史や文化を伝える軽井沢総合研究所(所在地:長野県北佐久郡軽井沢、代表:土屋勇磨)は、朝ドラヒロインのモデルとなった実業家『広岡浅子』が夏を過ごした、長野県・軽井沢にある三井三郎助別荘を見学するツアーを20161127()まで開催 ツアーは、小石川三井家八代当主・三井三郎助(高景)が明治33(1990)に建て、浅子が夏を過ごした軽井沢最古の洋館別荘を見学するツアーです。
鹿島の森別荘地を回り、片岡別荘(ヴォーリズ建築・登録有形文化財)やインドの詩人タゴールが瞑想した大モミの木、日本女子大創設者 成瀬仁蔵の像、浅子をはじめ政財界人も滞在した三井財閥の別荘内を見学。浅子が使った籐椅子などもあり、当時の上流階級の別荘ライフを垣間見ることができます。 昼食は、川端康成ら別荘族に愛された創業80年の老舗レストラン「菊水」でいただきます。浅子を支援した伊藤博文、大隈重信、渋沢栄一らが利用した軽井沢の鹿鳴館・三笠ホテルのレシピによる西洋風カレー特別ランチ・サラダ・三笠ホテルブレンドコーヒー・デザートをお楽しみいただけます。

開催箇所:コース

      (1) 聖パウロカトリック教会
      (2) 片岡別荘(登録有形文化財)
      (3) 旧彌永家別荘(登録有形文化財)
      (4) 鹿島の森別荘地
      (5) 日本女子大学三泉寮
      (6) 三井三朗助別荘新館跡
      (7) 大もみの木
      (8) 三井三郎助別荘 室内見学
      (9) 老舗レストラン菊水

問合せ:予約専用ダイヤル/05058352038

期日&時間:423()1127()までの土・日・祝(8月は毎日)

料金:参加費7,000(税別) ※昼食・資料付き

公式サイト:http://www.karuizawa.co.jp/20160425/guidetour/

関連サイト:http://kri-inc.co.jp/project2

rokyuka[1]

出典元:http://kri-inc.co.jp/wp/wp-content/themes/wpKRI_ver2/images/rokyuka.jpg

ニューアートミュージアム「嶋本昭三展」

f26478a4fe4c685f7619a238ee7a0444[1]

出典元:http://knam.jp/s/wp-content/uploads/2016/03/f26478a4fe4c685f7619a238ee7a0444.jpg

インフォメーション嶋本昭三は“筆”という一般的な道具を用いた表現方法から離れ、画面を破壊するようなアクション(行為)そのものが制作者の意図を超越するという芸術の新たな可能性を提示してみせた画家です。直接的なアプローチに新たな価値を見出した嶋本は、強い偶発性を必然とする表現を模索し、塗料を詰めた瓶を画面に投げつけ、粉々となった瓶の破片や画面上に分散する塗料の跡をそのままタブロー作品にするという「ビン投げ」パフォーマンスを発表。そうして生まれたタブロー作品は、もはや行為の痕跡による副産物としてではなく、生々しく随一の存在価値を発揮しています

開催箇所:軽井沢ニューアートミュージアム

住所:389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5

問合せ:Tel. 0267-46-8691

期日&時間:20160429-20160922 7– 910:0018:00

休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、8月は無休

料金:一般 : 1,500 65歳以上・高大生 : 1,200 中・小生 : 700

公式サイト:http://knam.jp/exhibitions/2016/%E5%B6%8B%E6%9C%AC-%E6%98%AD%E4%B8%89%E5%B1%95/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/KaruizawaNewArtMuseum/photos/pcb.1028151257263580/1028150197263686/?type=3

1654383_796305747114800_5103343414159255899_n[1]

出典元:https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/1654383_796305747114800_5103343414159255899_n.jpg?oh=1219e959b33314eb78d4e2e77ee3622d&oe=57C6E40E

佐久市立近代美術館「葉祥明アート展」

youshoumei_p[1]

出典元:https://www.city.saku.nagano.jp/museum/special-exhibitions/youshoumei.images/youshoumei_p.jpg

インフォメーション:葉祥明(1946-熊本県熊本市出身)は、デビュー以来44年間、犬のジェイクシリーズや「地雷ではなく花をください」などをはじめとする多くの作品を発表、世代も性別も国境も超え愛される日本を代表する絵本作家として活躍しています。また、小説『東京タワー』(リリー・フランキー著)で紹介された『母親というものは』(学習研究社)などにより、詩人としても知られています。一貫してシンプルな構図、抒情豊かな優しい色彩で描かれる作品は見る人を平穏に導き、さまざまな活躍をするキャラクターたちは、頑なになりがちな心と頭を柔軟にすること、自分を大切に生きること、同時に自分以外の誰かへの気づきなど、いろいろなことを私たちに教えてくれます。今回は絵本原画から油彩画、詩作まで、幅広く葉祥明の世界をご覧いただく信州初開催の展覧会となります。大切な人とまたはひとりでゆっくりとあたたかくて穏やかな空間に包まれてみませんか。

開催箇所:佐久市立近代美術館

住所:385-0011 長野県佐久市猿久保355

問合せ:0267-67-1055

期日&時間:79日から828会期中の休館日なし 9301700

料金:一般600/高校生大学生400/中学生以下無料

公式サイト:https://www.city.saku.nagano.jp/museum/special-exhibitions/youshoumei.html


軽井沢マルシェ

marhetop2016[1]

出典元:http://www.hoshino-area.jp/tonbo/upload_img/marhetop2016.jpg

インフォメーション:豊かな自然のなか開催される「軽井沢マルシェ」。テーマは「信州の食、新発見・再発見」。軽井沢をはじめ、信州で生産方法や素材にこだわる生産者が集まり、旬の野菜や果物、加工品が並びます。食卓を豊かにする新しい食のスタイルを提案するマルシェです。

開催箇所:もみの木広場(星野温泉トンボの湯前広場)

住所:長野県北佐久郡軽井沢町星野

問合せ:0267-45-5853 ハルニレテラス

期日:

72日、316日、17

86日、713日、1420日、2127日、28

93日、417日、18

時間:930分~16

公式サイト:http://www.hoshino-area.jp/tonbo/backnumber/2016/02/01_1000.shtml


脇田美術館「女のひとと鳥」

top_main[1]

出典元:http://www.wakita-museum.com/event/exhibit/wakitakaz2016/top_main.jpg

インフォメーション:脇田和のフォルムと色彩と、詩人・朝倉勇の詩。互いに呼応し織りなす芸術の融和。美をいくえにも編む二人の芸術の世界が生み出されます。本特別展は、二人の芸術家がコラボレーションした「女のひとと鳥」(2005年展覧会/詩画集)のフランス語版発行を記念して開催いたします。

開催箇所:脇田美術館

住所:389-0102 長野県軽井沢町旧道1570-4

問合せ:0267-42-2639

期日&時間:201675日~1026日午前10時~午後5

料金:一般1,000円(900円)大高生600円(500円)

公式サイト:http://www.wakita-museum.com/event/exhibit/wakitakaz_hitototori/index.html

pic3[1]

出典元:http://www.wakita-museum.com/event/exhibit/wakitakaz_hitototori/pic3.jpg

大賀ホール「第5回軽井沢JAZZフェスティバル」

2016052613503500[1]

出典元:http://www.ohgahall.or.jp/phpImages/cons/2016052613503500.jpg

インフォメーション:出演はmeg(ヴォーカル)with spooky wolf
外山喜雄(トランペット&ヴォーカル)とデキシーセインツ
寺久保エレナ(アルトサックス)クァルテット
ニューヨーク・スタンダーズ・クァルテット
TOKU
(フリューゲルホーン&ヴォーカル)&宮本貴奈(ピアノ)
Keiko Lee
(ヴォーカル)スペシャルトリオ featuring 野力奏一(ピアノ)・岡部洋一(パーカッション)

開催箇所:大賀ホール

住所:389-0104 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東28-4

問合せ:TEL.0267-42-0055

期日&時間20160730[] 開場1330、開演1400、終演予定1800

料金:全席指定S5,000

公式サイト:http://www.ohgahall.or.jp/concert/details.php?cid=2601&year=2016&mon=7&v=1


軽井沢高原教会「サマーゴスペルコンサート」

02

出典元:http://www.karuizawachurch.org/calendar/img/883e3b09ad.jpg

インフォメーション:毎年恒例となった軽井沢高原教会サマーゴスペルコンサート。軽井沢高原教会をホームチャーチとする亀渕友香&The Voices of Japanのメンバーが今年も帰ってきます日曜ゴスペル礼拝の歌い手である軽井沢高原教会クワイアも加わり、パワフルな歌声を皆様へお届けいたします。今年のサマーゴスペルコンサートは、『瞬く(またたく)』というテーマでお送りします。参加は事前申し込み・抽選制です。応募フォームは以下に記載します。

応募フォーム:https://www.karuizawachurch.org/order/index.php?id=1

開催箇所:軽井沢高原教会

住所:389-0195 長野県軽井沢町星野

問合せ:TEL0267-45-3333

期日&時間:2016731日(日)受付開始15:30/開場16:00/開演16:30

公式サイト:http://www.karuizawachurch.org/sp/schedule/event.html?id=18


大賀ホール「夏の宵の狂言」

2016033114590800[1]

出典元:http://www.ohgahall.or.jp/phpImages/cons/2016033114590800.jpg

インフォメーション:
【入間川】
東国の大名が都より本国に帰る途中、入間川にさしかかります。この地方には入間様(いるまよう)と言って、逆さ言葉を話す風習があります。なまじ大名はこの逆さ言葉を知っていたために、言葉遊びに引っかかってしまいます。
【樋の酒】
主人は太郎冠者に米蔵、次郎冠者に酒蔵の番をするように言いつけて出かけます。次郎冠者が酒を飲み始めるのを知った太郎冠者は、樋(とい)を通してもらい酒にありつきます。飲めや謡えやの酒盛りが始まったところへ主人が帰ってきます。
【吹取】
清水の観世音より月夜に五条の橋で笛を吹けば妻を授かると告げられた男は、笛を吹けないので、知人に吹いてほしいと頼む。知人と共に出かけ、笛を吹いてもらうと、お告げどおり女が現れますが……。

開催箇所:大賀ホール

住所:〒389-0104 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東28-4

問合せ:TEL.0267-42-0055

期日&時間:20160806[] 開場1700、開演1800、終演予定2000

料金:全席指定
S
席 7,000
A
席 5,000
B
席 4,000

公式サイト:http://www.ohgahall.or.jp/concert/details.php?cid=2603

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】一休 ユーザーからのお勧めホテル
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒  【PR】るるぶトラベルでホテルを検索!今夜の宿がスグ見つかります!
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8