日本全国・こんなところに人気店情報


「ガッビアーノ」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14591/320x320_rect_14591973.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13284/320x320_rect_13284018.jpg

業態:イタリアンカフェ

ヘッドライナー:紺碧の海と橋を臨む絶景カフェ

インフォメーション:「角島大橋」の入口、「海士ヶ瀬(あまがせ)公園」隣の高台にあり、海と空に映える白亜の壁が印象的なイタリアンのお店「ガッビアーノ」海と空のブルーに映える白亜の建物が印象的です。眼前は日本海なのに、まるで地中海にいるような雰囲気です。自慢の料理には地元産の食材がふんだんに使われています。お店のおすすめピザは「特牛(こっとい)イカとエビとツナのジェノベーゼ」(税込2,080円)。「特牛イカ」とは地元豊北産ケンサキイカのブランド名で、甘み際立つ絶品の味わいで人気です。

公式サイト:http://www.gabbiano.ne.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/yamaguchi/A3502/A350201/35006649/

参考予算:以下参照

「パスタランチ」税込3280

「ピザランチ」税込3280

「季節のフルーツパフェ」税込1280

所在地:山口県下関市豊北町大字神田35021

問合せ:0837860331

営業時間:平日11001700・土日祝日11001800

定休日:火曜日

席数:18


「雲海テラス てんぼうカフェ」

出典元:http://www.snowtomamu.jp/summer/unkai/images/index_key.jpg

出典元:http://www.snowtomamu.jp/summer/unkai/images/unkai_photo05tmb.jpg

業態:カフェ

ヘッドライナー:雲海を臨む絶景カフェ

インフォメーション:「雲海テラス」内にある「てんぼうかふぇ」で温かい珈琲を飲みながら、朝日が昇るまでのひとときを過ごす時間は「一度は行きたい絶景」に出会うまでのカウントダウン。空のグラデーションが壮大でドラマチックに移り変わっていきます。秋の澄み切った空気の中、日高山脈から昇ってくる日の出は、息をするのを忘れてしまうほどの神々しさを感じます。ここでのサンライズは雲がなくとも見応えがあり、「天国に最も近いカフェ」と呼ばれるのも納得の美しさです。 星野リゾートセンターゴンドラ乗り場からゴンドラ利用して、てんぼうカフェまで行く必要があります。5月中旬~10月中旬までの営業で特に雲海が発生しやすいのが朝晩の気温差が激しい6月~9月です。

公式サイト:http://www.snowtomamu.jp/summer/unkai/

参考予算:以下参照

「本日のスープ」700

「雲海ソーダ」500

「雲海コーヒー」500

*ゴンドラ往復料金:大人1900円・小学生1200円・ペット500

所在地:北海道勇払郡宇都占冠村字中トマム

問合せ:0167581111

営業時間:50080011001400

定休日:不定休

席数:未確認


「カフェ崖の上」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/1731/320x320_rect_1731401.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/1731/320x320_rect_1731400.jpg

業態:カフェ

ヘッドライナー:崖の縁に突き出す絶景カフェ

インフォメーション:北海道の定山渓にある「カフェ・崖の上(cafe gakenoue)」は、その名の通り今にも落っこちてしまうんじゃないかという絶壁に作られたカフェ。スリルあるロケーションから見られる北海道の自然は美しく、ココロ奪われる人が続出。崖ぎりぎりにある奥の席が全面ガラス張りで人気ですが、外のウッドテラスは席数も多く、自然との一体感に心癒されます。

参考サイト:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010305/1006508/

参考予算:「コーヒー・マイルド」560円・「紅茶ダージリン」560

所在地:061-2301 北海道札幌市 南区定山渓567-36

問合せ:011-598-2077

営業時間:10301800(*基本的に日没まで)

定休日:月曜日(※冬期12月〜2月は月曜〜金曜)

席数:10


IWABA CAFE

出典元:http://iwabacafe.com/images/nai3.jpg

「神の席からの眺望」出典元:http://iwabacafe.com/images/kami3.jpg

「クールシェイク」出典元:http://iwabacafe.com/images_photo/IMG_2152_mini.jpg

業態:カフェ

ヘッドライナー:東尋坊最先端の臨海カフェ

インフォメーション:東尋坊を一望できるロケーション快晴な空に荒々しい東尋坊の岩肌、そしてどこまでも青い海こんな風景を眺めながらいただけるコーヒーは格別です。店内には、お一人様用のカウンターやラウンジデッキなどもありすべての席から壮大な日本海を眺めることができますIWABA CAFE一押しは岩場タルト。またビターな甘さがオススメなガトーショコラなどもあります。(*20177月上旬現在、食べログに掲載保留表示が掲示されています

公式サイト:http://iwabacafe.com/

参考予算:以下参照

「クールシェイク」650

IWABAサンデー」600

IWABAタルト」600

「ホットカフェラテ」600

IWABAブレンドコーヒーM400

所在地:福井県坂井市三国町安島64-1-9

問合せ:080-3047-0725

営業時間:1000~日没まで

定休日:未確認

席数:未確認


SEA BiRDS CAFE

出典元:http://seabirdscafe.com/wp/wp-content/themes/sparkling/images/home-aisatu-p.jpg

「サラダランチ」出典元:http://seabirdscafe.com/wp/wp-content/uploads/2017/03/lunchmenu03.jpg

業態:カフェ

ヘッドライナー:海に浮くようなグッドデザインの天空カフェ

インフォメーション:日立市出身の世界的建築家、妹島和世さんがデザインを監修し、2012年にグッドデザイン賞を受賞しました。また、カフェが直結する日立駅は、2014年に鉄道の国際デザインコンペティション「ブルネル賞駅舎部門」最優秀賞を受賞し、話題となっております。世界の最も美しい駅舎の一つとして、その斬新で美しい建物は高く評価されています。全面ガラス張りのため、店内は明るく開放感があり、 ポップな家具やアンティークチェアーが並び、まるでリゾートのような雰囲気。カフェでありながらフードメニューも充実しています

公式サイト:http://seabirdscafe.com/

参考予算:以下参照

「オリジナルパンケーキ」850

「フレンチトースト」850

「ボルケーノ」850

「ロコモコ」900

「サラダランチ」900

所在地:317-0074茨城県日立市旭町1-3-20

問合せ:0294-26-0187

営業時間:7002100

定休日:年中無休

席数:38

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8