信州の人気スポット「蓼科への旅」/2016年3月26日修正更新版


信州の人気スポット「蓼科への旅」

蓼科は一年を通して楽しめるリゾート地です。それは多分、自然が豊かだからだと思います。都会からのアクセスも簡単ですから、ついつい出かけたくなります。それでは自然と時を過ごす癒しのリゾートエリア蓼科へご案内します。

 

 

≪蓼科の豊かなる自然≫

蓼科湖

周囲をカラマツや白樺の林に囲まれ、湖面に蓼科山を映す蓼科湖は、湖畔にレストランやみやげ物店が立ち並び、観光客で賑わいを見せます。一角にある蓼科湖レジャーランド(料金:無料、時間:9~17時、閉鎖:降雪時から湖面が凍結するまで、問合せ:0266-67-2100東洋観光事業)では、ペダルボート30分1000円~や、レンタサイクル30分300円などを楽しめます。でも、蓼科湖の一番の楽しみは四季の景色の移ろいを眺める事かも知れません。

住所:長野県茅野市北山

電話:0266-67-2222 (蓼科観光案内所)

参考サイト:http://tateshina.ne.jp/spot/guide_1.html

出典元:http://tateshina.ne.jp/spot/img/tateshinako_1.jpg

「木道」出典元:http://tateshina.ne.jp/spot/img/tateshinako_2.jpg

「 錦秋の水辺」出典元:http://tateshina.ne.jp/spot/img/tateshinako_5.jpg

「冬景色」出典元:http://tateshina.ne.jp/spot/img/tateshinako_3.jpg

蓼科大滝

プール平にある蓼科郵便局の裏手から、苔むした原生林の中を通って行くと大滝に出ます。蓼科山から流れる滝の湯川にある大滝は新緑や紅葉が美しいことで知られており、滝に向かう途中の森は大きなサワラ(ヒノキ科)に囲まれています。また武田信玄がこの滝に打たれて戦の戦略を考えたとも言われています。冬の時期の滝は迫力にはかけますが雪に包まれて静かで、また違った一面を見ることができます。散策される際は雪があり滑りやすいですのでお気をつけください。

所在地:茅野市 北山蓼科

電話:0266-67-2354大滝キャンプ場

観光協会・URL:http://kk.tateshina.ne.jp/tokenkyou015.html

「蓼科大滝」出典元:http://www.tateshina-shinyu.com/

pc28-36[1]

出典元:http://www.tateshinakougen.gr.jp/


杜鵑峡(とけんきょう)

現在、ウォーキングがブームですが旅先でも散策程度のウォーキングが楽しみ、と言われる方が増えています。そこでご紹介したいのが蓼科のパワースポットのひとつ「杜鵑峡」です。人少ない散策遊歩道を歩くとき、大自然からパワーを感じます。隠れた蓼科のスポットです。「ホトトギスが鳴く峡谷」から杜鵑峡と名づけられ、春夏秋冬と四季折々の彩りが豊かです。

所在地:長野県茅野市北山

問合せ先:0266-72-2637茅野市観光案内所

参考サイト:http://www.tateshina-tokyu.com/info/info/post-938.php

出典元:http://www.tateshina-tokyu.com/info/images/tokennkyou1-thumb-300×225.jpg

横谷峡

横谷峡遊歩道の散策をお勧めします。渓流に沿った遊歩道は、蓼科高原の自然をたっぷり満喫できます。渓流沿いですのでマイナスイオンが沢山発生しています。健康増進にも役立つ自然の空気を楽しんでください。横谷渓谷の絶景ポイントは「王滝」です。2段に落ちる滝は圧巻。新緑の季節も素晴らしくさらに紅葉の季節(10月中旬)の渓谷を彩るあざやかさは最高です。 また横谷展望台からの王滝や遠くの山々の眺望も見事です。

横谷峡案内URL:http://www.mtlabs.co.jp/shinshu/hike/yokoya.htm

散策ルート説明:

URL:http://www.tateshinachuoukougen.com/yokoyakyo.html

yokview[1]

「秋の王滝」出典元:http://www.mtlabs.co.jp/

yokrock[1]

「横谷峡の一枚岩」出典元:http://www.mtlabs.co.jp/


白駒池

蓼科高原から北八ヶ岳を横断して佐久穂町にのびるメルヘン街道の最高地点、標高2127mの麦草峠のすぐ近くにあり、冬期間は通行不能となります。池の周囲にはトレッキングコースや北八ヶ岳の山々への登山ルートも開かれており、夏から秋のシーズンにはにぎわいを見せます。標高2000mを越える山地にある池としては日本の中で最大といえます。紅葉の秋には湖岸の木々が真っ赤に染まり湖面を写すことで有名です。

所在地:佐久穂町(旧八千穂村)

問い合わせ:TEL.0267-88-2525佐久穂町役場 八千穂庁舎

参考URL:http://yachiho-kogen.jp/sightseeing/shirakomaike/

ph1[1]

「秋の白駒の池」出典元:http://yachiho-kogen.jp/

ph2[1]

「散策舗道周辺」出典元:http://yachiho-kogen.jp/


白樺湖

白樺湖は周囲約4km、標高約1500mに位置し夏は涼しく、冬は白銀の世界となり湖を囲んだリゾート地です。「白樺湖」と、富士山に似た「蓼科山」は清涼感にあふれ、見る人を魅了します。心癒される景色は、写真撮影や絵画、俳句づくりにもぴったりかも。

所在地:〒391-0301  長野県茅野市白樺湖

電話:0266-72-2637 (茅野市観光案内所)

URL:http://www.shirakabakogen.jp/

7[1]

「秋の白樺湖と蓼科山」出典元:http://www.shirakabakogen.jp/

DSC_0446[1]

「夏の白樺湖」出典元:http://www.tateshinakougen.gr.jp/


女神湖

季節ごとに表情を変える女神湖。周りの美しい緑を見ながらゆったり漕ぐボートは下界の雑踏を忘れさせます。視点を上に上げますと雄大な蓼科山を臨むことができます。また、秋になると赤や黄色の紅葉が最高にきれいです。周りの遊歩道もきちんと整備されておりますので、ゆっくり散策を楽しむことができます。女神湖はご家族連れはもちろんカップルやご年配の方にもお勧めの湖です。

所在地:〒384-2309  長野県北佐久郡立科町大字芦田八ヶ野982

電話:0267-55-6210 女神湖センター

URL:http://www.lake-megamiko.com/index.shtml

1[1]

「女神湖」出典元:http://www.shirakabakogen.jp/

 

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8