伝統の味/天麩羅名店巡り・東京編


伝統の味/天麩羅名店巡り・東京編

天麩羅だけは、家庭料理として作るのがむつかしいという話を、よく耳にします。そこでご紹介します「伝統の味/天麩羅名店巡り・東京編」です。

≪名店ノミネートリスト≫

1「神楽坂・天麩羅あら井」

2「六本木・てんぷら味覚」

3「月島・清壽」

4「恵比寿・天ぷら魚新」

5「銀座・七丁目京星」

6「中目黒・天雅」

7「銀座・天ぷら近藤」

8「八丁堀・てんぷら小野」

9「平河町・天真」

10「麻布十番・天冨良よこ田」

11「福住・みかわ是山居」

12「築地・なかがわ」

13「蔵前・天婦羅みやこし」

14「虎ノ門・天ぷら逢坂」

15「南青山・天ぷら元吉」

1「神楽坂・天麩羅あら井」

出典元:http://tempura-arai.jp/img/027.jpg

出典元:http://tempura-arai.jp/img/010.jpg

公式サイト:http://tempura-arai.jp/

お店紹介:以下参照(HPより)

御座敷天婦羅 天孝のセカンドブランド。天孝二代目主人 新井均が手掛けた極上の空間。若手中心の育成の場とし天孝の天ぷらを継承しつつ世界発信出来ればと思います。カウンター12席のみで隠れ家的なお店。モダンな落ち着いた空間で極上の天ぷらをどうぞ。カリフォルニアワインが豊富に揃えてあり、日本酒も季節でセレクションしております。

人気お品書き/参考予算:「おまかせコース」10000円~・「天茶漬け/天バラ御飯」2000円~

店舗所在地:162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目6

問合せ先:0332691441

営業時間:1200143017002500

定休日:日曜祝祭日

席数:12


2「六本木・てんぷら味覚」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/65421/320x320_rect_65421664.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/24799/320x320_rect_24799407.jpg

公式サイト:http://www.tenpura-mikaku.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13016615/

お店紹介:以下参照

創業昭和6年。日本橋八重洲てんぷら味覚から六本木てんぷら味覚へ。日本橋から六本木に移って早30余年。25年前から始めた農作業も順調です。てんぷら味覚の畑の場所は神奈川県は厚木市。平日は営業のため、週末限りの農作業。丹精込めて自ら作った農薬知らずの体にやさしい自然な野菜たち。 野菜天丼、おまかせ天丼、塩天丼、天丼にとろろで天とろ丼、穴子天丼も。そして油は今井の玉絞め一番搾りの胡麻油。吟味に吟味を重ねてたどり着いた今井の玉締め一番搾りの胡麻油です。旬の魚と、体に優しい農薬知らずの有機野菜を、今井の玉締め一番搾りの胡麻油で是非一度ご賞味くださいませ。ご来店心よりお待ち申し上げます。

人気お品書き/参考予算:以下参照

「お昼のお任せ天丼」1600円・「夜のてんぷらコース雪」5000円・「夜のてんぷらコース月」6000円・「夜のてんぷらコース花」8000

店舗所在地106-0032 東京都港区六本木6丁目717

問合せ先:0334041400

営業時間:1130140018002200

定休日:祝日

席数:30


3「月島・清壽」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/15409/320x320_rect_15409271.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/10618/320x320_rect_10618695.jpg

公式サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13058904/

お店紹介:以下参照

築地本願寺のたもと。日本最大の魚河岸にほど近いこの地で、2008 年に店を構えたのが「清壽」です。静謐な数奇屋造りの設えに、わずか13 席。毎朝通う築地市場で仕入れた良質な旬菜旬魚が衣を纏い、生から搾る100%の太白胡麻油のなかで小気味よい音を奏でていきます。店主の清水良晃氏は、名人・石倉楫士氏の赤坂「楽亭」の門を叩き、薫陶を受けました。タネはもちろん、油も大切な素材と捉え、鮮度を保つために1 組ごとに新しい油に替えていきます。手間を惜しまない仕事は、師匠の教示を守りながらも、つねに「清壽」の流儀へと昇華させています。現在では「江戸前」の語源となる江戸の前の海=東京湾近海で獲れた魚介だけを扱うのは難しいのですが、「丁寧な仕事のなかに、江戸前の良心を映し出すことが肝心」と店主。カウンター越しで黙々と仕事する主人の前で、油の旨みを含んだ見事な江戸前がさらりと揚がります。

人気お品書き/参考予算:「おまかせコース」15000

店舗所在地:104-0045 東京都中央区築地3丁目169アーバンメイツビル

問合せ先:0335462622

営業時間:17002100

定休日:月曜日

席数:13


4「恵比寿・天ぷら魚新」

出典元:https://imgfp.hotp.jp/IMGH/86/23/P027998623/P027998623_480.jpg

出典元:https://imgfp.hotp.jp/IMGH/86/84/P027998684/P027998684_480.jpg

公式サイト:http://www.uoshin.ne.jp/ebisu/index.html

参考サイト:http://www.uoshin.ne.jp/ebisu/lunch/index.html

参考サイト:https://www.hotpepper.jp/strJ001178780/

お店紹介:以下参照

明治23年。赤坂に創業の鮮魚店をルーツに六本木で25年、日本橋と西麻布で13年。変わらぬ素材へのこだわりと職人の技術を活かした天ぷらで人びとをもてなしてきた「天ぷら魚新」。毎日市場から仕入れた新鮮な食材をカウンター越しに揚げる天ぷら。シンプルに素材の味を大切にしながらも、ひと口で確かな職人技を実感できます。天ぷらだけでなく、酒肴や、旬の食材をふんだんにつかった会席料理なども用意。季節感たっぷりのおもてなしは、必ずやゲストを満足させてくれます。相性の良い日本酒やワインと共に、じっくり堪能してはいかがでしょう。社用・プライベート問わず、訪れたいお店です。

人気お品書き/参考予算:以下参照

「ランチ竹コース8品」4000円・「ランチ特製天丼」1800円・「ランチ天ばら」1800円・「ディナー竹コース8品」4000円・「ディナー懐石コースあやめ」7500

店舗所在地:150-6038 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー38F

問合せ先:0364503117

営業時間:1130150017302300(土日は 1130153017302300

定休日:年中無休

席数:25


5「銀座・七丁目京星」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/5247/320x320_rect_5247558.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13722/320x320_rect_13722689.jpg

公式サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002637/

お店紹介:以下参照

銀座でも一・二を争う高級天ぷら店「七丁目京星」。過去にミシュランガイドの三つ星にも輝いた天ぷらの名店です。メニューは全ておまかせで、海老、蓮根、松茸、イカなど、厳選された素材を熟練の技で天ぷらに仕立てます。コースの合間に出てくる「才巻海老」はお店の名物。その都度揚げ方を変えて出される才巻海老は絶品です。

人気お品書き/参考予算:昼・夜ともご予算30000円~

店舗所在地:104-0061 東京都中央区銀座5丁目59

問合せ先:0335723568

営業時間:17002100

定休日:年中無休(*お盆とお正月は休業日があります)

席数:10


6「中目黒・天雅」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/33239/320x320_rect_33239461.jpg

出典元:http://www.ten-masa.info/index/cover04.jpg

公式サイト:http://www.ten-masa.info/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13147445/

お店紹介:以下参照

目の前で揚げるライブ感をお愉しみいただける半円のカウンター席と、ゆったりとご歓談しながらお召し上がりいただけるテーブル席で、 お客様のリズムに配慮し最善のおもてなしをすべく、完全予約制とさせていただいております。お料理は、天ぷらをメインとした「天雅会席」2コース。毎月変わる献立で、季節感を楽しんで下さい。美味しい料理を食べた時の至福の思いを心の底から感じて頂けるよう、精一杯のおもてなしでスタッフ一同真摯に努めさせていただきます。「完全予約制」です。

人気お品書き/参考予算:以下参照

「天ぷら会席Aコース」10000円・「天ぷら会席Bコース」15000

店舗所在地:153-0051 東京都目黒区 上目黒3丁目1613 CUBE-M B1

問合せ先:0363034005

営業時間:18002300

定休日:月曜日

席数:22


7「銀座・天ぷら近藤」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/36221/320x320_rect_36221283.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/34957/320x320_rect_34957253.jpg

公式サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13004993/

お店紹介:以下参照

長きに亘り東京の美食の最前線に立ち続ける名店「てんぷら近藤」。各界著名人をはじめ、海外のゲストからも支持を集める原動力は、店主・近藤文夫氏の探究心にあります。「天ぷらはこういうもの、という常識からの脱却」との言葉通り、氏の天ぷらはまさに変幻自在。たとえば複数の食材を組み合わせ、あるいは目にも美しい立体的な盛り付け。江戸前魚介が中心であった天ぷらの主役に旬の野菜を据えたのも、近藤氏の功績です。あまりに型破りなスタイルに料理評論家から苦言を呈されることもあったようですが「お客さんが喜んでくれればそれでいい」と、どこ吹く風。かの池波正太郎をも魅了した理由は、そんな気概に隠されているのかもしれません。

人気お品書き/参考予算:以下参照

「コース藤」11000円・「コース楓」14000円・「コース蓬」18000

店舗所在地:104-0061 東京都中央区銀座5丁目513

問合せ先:0355680923

営業時間:1200150017002030

定休日:日曜日

席数:25


8「八丁堀・てんぷら小野」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/8315/320x320_rect_8315743.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/11794/320x320_rect_11794036.jpg

公式サイト:http://tempura-ono.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13035267/

お店紹介:以下参照

契約農家現地直接買い付けの厳選野菜をはじめ毎日築地から仕入れる鮮度抜群の魚、野菜で揚げる 最大限素材の味を引っ張り出したてんぷらを是非お楽しみください。 二代目は英語も話しますので、外国のお客様の接待も全く心配いりません。 ベジタリアンの中でも最も対応の難しいヴィーガンのお客様の対応も致します。 レベルの違うサービスをご堪能ください。秋の新メニューの予約受付を開始します。少しづつ秋から冬へメニューを組み替えていきます。

人気お品書き/参考予算:以下参照

「昼のランチコース」2800円・「昼の梅コース」7000円・「夜のディナーコース」12000

店舗所在地:104-0032 東京都中央区八丁堀2−15−5 5三神ビル

問合せ先:0335524600

営業時間:1130130018002200(月曜日18002200

定休日:土曜・日曜

席数:11

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8