東京散歩・素敵な図書館巡りVol.1


東京散歩・素敵な図書館巡りVol.1

東京には驚くほどたくさんの図書館があります。その実力や中味を知ると、とても行ってみたくなります。そこでご紹介します「東京散歩・素敵な図書館巡り」Vol.1です。初回のVol.1は美術・芸術関係の書籍や資料が揃っているライブラリを中心にご案内します。

東京国立近代美術館アートライブラリ

newsd_132_11

出典元:http://www.momat.go.jp/am/wp-content/uploads/sites/3/2015/01/newsd_132_1.jpg

slide01-1024x5121

出典元:http://www.momat.go.jp/am/wp-content/uploads/sites/3/2015/01/slide01-1024×512.jpg

公式サイト:http://www.momat.go.jp/am/visit/library/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インフォメーション:(HPより)

2002116日、当館のリニューアル・オープン展「未完の世紀」の開催とともに2階レストランの対面、国立公文書館側の一隅にアートライブラリを開室しました。約300平米弱の小さなライブラリには、8つの閲覧席と2つのキャレルおよび検索端末が3台置かれ、面積のほとんどを積層の電動集密書架が占めて、ここにおよそ6万余の図書、展覧会カタログと1,000誌を越す美術雑誌や全国の美術館館報、ニュースなどが閉架されています。 東京国立近代美術館は、ご存知の通り、竹橋の美術館、北の丸公園の工芸館と京橋のフィルムセンターという3つの建物において、近現代の美術、工芸、映画の収集、保存、公開が行われ、それぞれにその事業と調査研究のための文献資料が蓄積されてきました。フィルムセンターでは19956月から4階に図書室を公開してきましたが、この度の美術館の増改築に伴い、工芸館を含んで、美術、工芸の資料についても公開する閲覧施設が、ようやく整いました。3カ所に分散する資料は、ネットワークで結ばれた同一の図書館システムのデータベースに入力されていますので、当館がカバーする3つの分野を横断的に検索することが可能になっています。 リニューアルにあわせて、3階の常設展示場の一角に情報コーナーも設けられ、所蔵作品を検索する来館者システムの端末3台と開催中の企画展カタログや所蔵品目録、『現代の眼』、年報、紀要と若干の美術参考図書がご覧いただけます。展示場に並ぶ作品について、情報コーナーで参照していただき、さらにアートライブラリの蔵書が有効に活用されれば幸いです。すでに四半世紀の公開の歴史を重ねてきた東京都現代美術館の美術図書室*や横浜美術館、愛知芸術文化センターに比して、面積・蔵書ともに小さなこのアートライブラリですが、半世紀を迎える当館の所蔵品や展覧会の蓄積と密接に関わりながら、蔵書の一層の整備につとめるとともに、現在の蔵書の多くが、これまで国内外の美術館や画廊その他の機関、個人のみなさまからご寄贈いただいた資料でありますから、その資料がより広く有効な利用に結びつけられることを目標にしていきたいと考えております。

所蔵数:約6万冊

所蔵資料:・「近現代美術関連図書」「展覧会カタログ」「美術雑誌」

所在地:102-8322千代田区北の丸公園3-1

問合せ:03-5777-8600

開室日:火~土曜日

開室時間:10:3017:00

休室日:日・月曜日、祝祭日、美術館の休館日、年末年始および特別整理期間

関連料金:無料


国立新美術館アートライブラリ別館閲覧室

annex1

出典元:http://www.nact.jp/art-library/img/annex.jpg

10d21e9986df9c25_h4801

出典元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.deece.jp/uploads/amusement/image/63939199/10d21e9986df9c25_h480.JPG

公式サイト:http://www.nact.jp/art-library/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト:https://deece.jp/amusement/44516422

インフォメーション:

別館1階にある「アートライブラリー別館閲覧室」では展覧会カタログや美術関連図に加えて、休刊・終刊した雑誌のバックナンバーなども閲覧することができます。予約により貴重な資料を閲覧することも可能です。「国立情報学研究所」の情報検索サービス「CiNii Articles」や「国立国会図書館デジタル化資料」、明治・大正・昭和前期に刊行された雑誌の掲載記事が検索できる「ざっさくプラス」や朝日新聞、週刊朝日、AERAの記事データベース「聞蔵IIビジュアル」を利用することも可能。1回につき60分の利用制限が設けられています。

(蔵書内容は以下の構成です)

1945年以前に刊行された展覧会カタログ」1945年以前に刊行された美術関連図書」「美術及び美術の周辺領域の図書」「休刊・終刊した雑誌」「美術館・博物館等の年報・紀要・ニュースレター(バックナンバー)」「マイクロ資料」。

所蔵数:未確認

所在地:106-8558東京都港区六本木7-22-2

問合せ:03-6812-990

開館時間:

休館日:毎週火曜日・年末年始

関連料金:無料


東京文化会館音楽資料室

ph_library01b1

出典元:http://www.t-bunka.jp/library/images/ph_library01b.jpg

3db1d96a496a1793_h4801

出典元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.deece.jp/uploads/amusement/image/71487983/3db1d96a496a1793_h480.jpeg

455b00efcf1b9777_h4801

出典元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.deece.jp/uploads/amusement/image/49128146/455b00efcf1b9777_h480.jpg

公式サイト:http://www.t-bunka.jp/library/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト:https://deece.jp/amusement/43431923

インフォメーション:

音楽資料室は数少ない音楽専門の図書館として、昭和3610月に開設されました。クラシック音楽を中心に民族音楽、邦楽、舞踊などの資料を無料で閲覧・視聴することができます。

所蔵数:約3万冊・楽譜35千点・その他音源・映像資料多数

所在地:110-8716 東京都台東区上野公園545

問合せ:03-3828-2111 

開館時間:13:0020:00(火曜日~土曜日) 13:0017:00(日曜・祝日)

休館日:毎週月曜日/年末年始

関連料金:無料


東京国立博物館資料室

uid000071_201109021124378c9f7cfb1

出典元:http://www.tnm.jp/uploads/fckeditor/Research/ResearchandInformationCenter/uid000071_201109021124378c9f7cfb.jpg

uid000001_20110225000626433acbfb1

出典元:http://www.tnm.jp/uploads/fckeditor/uid000001_20110225000626433acbfb.jpg

8538_631196173574905_981576707_n1

出典元:https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/8538_631196173574905_981576707_n.jpg?oh=a9ed53de09fb529156b6b4c2f6eec5c1&oe=58878AFC

公式サイト:http://www.tnm.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/TokyoNationalMuseum

インフォメーション:

東京国立博物館資料館は1872年(明治5年)の博物館の創設以来、博物館が収集・保管してきた写真・図書などの学術資料を、研究者を中心に広く公開する施設として1984年(昭和59年)21日に開館しました。現在、資料館で所蔵している資料は図書資料と写真資料に大別されます。図書資料は日本・東洋の美術・工芸、歴史・考古分野を中心に、和・漢・洋書、展覧会カタログ、埋蔵文化財の発掘調査報告書などの図書約22万冊、雑誌約7000タイトルを所蔵しています。写真資料は、東京国立博物館の館蔵品を中心とした文化財の写真原板及びデジタルデータ約35万件を収蔵しています。デジタル化した画像情報は、インターネットでも公開している他、焼付写真を貼付した写真カードを閲覧室のキャビネットに配架しています。

所蔵数:22万冊

所在地:110-8712 東京都台東区上野公園13-9

問合せ:03-5777-8600

開館時間:930分~1700

休館日:土曜日・日曜日・祝休日・ 毎月の末日・年末年始

関連料金:無料


東京国立近代美術館フィルムセンター図書室

c0c975909a799dc9caeba3c647df4d351-1024x5121

出典元:http://www.momat.go.jp/fc/wp-content/uploads/sites/5/2015/01/c0c975909a799dc9caeba3c647df4d351-1024×512.jpg

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典元:http://www.momat.go.jp/fc/wp-content/uploads/sites/5/2015/01/newsd_256_1.jpg

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典元:http://www.momat.go.jp/fc/wp-content/uploads/sites/5/2015/01/newsd_256_3.jpg

公式サイト:http://www.momat.go.jp/fc/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インフォメーション:フィルムセンターでは、映画フィルムのみならず映画に関係するあらゆる資料の収集・保存に努めています。4Fの映画専門図書室では和書を中心とする映画文献を公開し研究者はもちろん広く一般の方にご利用いただいています。

所蔵数:36千冊

所在地:104-0031東京都中央区京橋 3-7-6

問合せ:03-5777-8600

開室日:火~土曜日

開館時間:12001830

休館日:毎週日曜・月曜、祝祭日、図書整理等臨時休室期間、年末年始

関連料金:無料


国立新美術館アートライブラリー

972e4c340013c902_h4801

出典元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.deece.jp/uploads/amusement/image/38316886/972e4c340013c902_h480.jpg

artlibrary1

出典元:http://www.nact.jp/art-library/img/artlibrary.jpg

公式サイト:http://www.nact.jp/art-library/3f.html

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト:https://deece.jp/amusement/44516422

インフォメーション:(蔵書内容は以下の構成です)

1946年以降に刊行された展覧会カタログ」「1946年以降に刊行された近現代美術を中心とする 図書・雑誌」「現代美術の周辺領域の図書・雑誌(建築・メディアアート・写真・印刷・デザイン)」「美術館・博物館等のニュースレター(各タイトルの最新号から2年分。それ以前のバックナンバーはアートライブラリー別館閲覧室でご利用いただけます)」「所蔵品目録」「美術参考図書」。

所蔵数:約15万冊

所在地:東京都港区六本木7-22-2

問合せ:03-5777-8600

開館時間:11:00 – 18:00

休館日:毎週火曜日・年末年始

関連料金:無料

≪次ページ・パート2.≫もご覧ください。

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】一休 ユーザーからのお勧めホテル
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒  【PR】るるぶトラベルでホテルを検索!今夜の宿がスグ見つかります!
ads by google


スポンサードリンク

ads by VC