東京セレブ「人気の高級スーパー一覧」2017.4月更新


 久世福商店

shop-1938_03[1]

「渋谷ヒカリエ店」出典元:http://www.kuzefuku.jp/shop/images/shop-1938_03.jpg

009-7[1]

「人気のおとうふドーナツ」出典元:http://www.kuzefuku.jp/selected/images/009-7.jpg

“ザ・ジャパニーズ・グルメストア”をコンセプトに、日本全国から集めた “うまいもの”セレクトショップ、それが久世福商店です。千年の歴史を持つ糀を使用した日本酒・味噌・醤油・みりん・黒酢など、本物の発酵醸造食品を軸に、海外市場を目指して和食文化を発信しています。日本各地には、小規模ながら地元で愛される食品を作る誇り高き生産者がいます。そんな造り手の皆さんと一緒に開発した、だし・調味料・冷凍食品・お菓子・台所道具など、約2000品目を取り揃えています。全国36店を展開しています。

所在地:久世福商店店舗一覧(住所・電話)は以下URL参照

http://www.stcousair.co.jp/shop/#tab-kuzefuku

久世福商店公式HP:http://www.kuzefuku.jp/


麻布・ナショナルマーケット

main_image[1]

「店景」出典元:http://www.national-azabu.com/

1962年に創業.近辺の多くの外国人の方々に愛されているスーパーで、「本当によいものだけ」「ヘルシー」「インターナショナル」「コミュニティの場」この4つのコンセプトをモットーに経営されています。外国のお客様の要望が多いということで安全な食べ物をを置くようにしてオーガニックにとても力を入れているということです。お魚の売り方もアメリカのスーパーのようで魚の切り身も大きいです。ハンバーガー用のバンズも日本のスーパーでは手に入りにくいですがここなら沢山売っています。クリスマスにはオレゴンから取り寄せた生のモミの木を売っているんです。ピーナッツとアーモンドのペーストをその場で作れる機械が置いてあり、添加物一切なしの出来立てペーストが買えます。ここは一寸した異空間です。
所在地:〒106-0047 東京都港区南麻布4-5-2
電話:TEL : 03-3442-3181
営業時間:08:30〜21:00 (年始のみ休業)
URL:http://www.national-azabu.com/storeguide.html

FACEBOOK:https://www.facebook.com/National-Azabu-Supermarket-148815671848478/photos?ref=page_internal


 アコメヤトウキョウ

slide_img01[1]

出典元:http://www.akomeya.jp/

情報:成熟した現代のNIPPON文化の中でシンプルでありながら奥深い「食」文化。AKOMEYA TOKYOはその「食」文化の中心にある「お米=ごはん」に注目しましたお店です。炊き立ての一杯の白いごはんのある食卓(食)を豊かにし、その食卓を中心に広がっていく日常(住・衣)まで、ひとりひとりのWay of Life(生き方)を見つけるお手伝いをしている業態店です。作り手の誠実な想いや背景に流れるストーリーによって長い間支持されてきた「モノ」、現代のNIPPONの感性を取り入れたアイデア溢れる品々。一見異質で矛盾するものを融合進化させ、時代に合った新たな価値を提案されています。作り手の想いが使い手に伝わり、使い手の感動が作り手に戻る。AKOMEYA TOKYOは作り手と使い手を結ぶつなぎ手として、新しい文化を生み出す環を作っている最先端の食品マーケットです。一階にはイートインもあります、念のため。

所在地:〒104-6601 東京都中央区 銀座2丁目2−6

電話:03-6758-0270(アコメヤ厨房は03-6758-0271)

席数:27席

営業時間:【お買いもの】11:00〜21:00【AKOMEYA厨房】11:30〜22:00

URL:http://www.akomeya.jp/

slide_img05[1]

「店内」出典元:http://www.akomeya.jp/

slide_img06[1]

「イートイン」出典元:http://www.akomeya.jp/

二子玉川・北野エースブティック

20131031_6BFB5EECB62E9A37[1]

出典元:https://www.ace-group.co.jp/g

お気に入りの食料品がお手ごろな価格でお求めいただけるグロサリー・デイリー専門店。「全てはお客様のために」をコンセプトに、パスタやジャム・スナック・ミネラルウォーター・オリーブオイル…などなど、常日頃よく使うアイテムを国内外から厳選。鮮度感を第一に、季節感、話題性を踏まえた品揃えに努め、ご来店いただくたびに新しい発見と満足感をご提供いたします。

所在地:〒158-0094東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川高島屋SC南館地下1階

電話:03-5717-6590

営業時間:10:00~21:00

URL:https://www.ace-group.co.jp/


飯田橋・三浦屋

shop_07_l[1]

「店舗エントランス」出典元:http://www.miuraya.com/

飯田橋駅ビル「ラムラ」の1階には、食品専門スーパーマーケット「三浦屋 飯田橋ラムラ店」があります。杉並に本社がある高級路線のスーパーで、輸入食品を多く置いていたり、お惣菜やパンなどは都心の高級スーパーのものと、自社製造工場で作ったものの両方を扱ったりと、品揃えに特徴があります。野菜や鮮魚などは質の高い国産品が中心。駅ビルを通り抜ける通路を挟んで陳列棚があり、見ながら通ると何か買わずにはいられなくなります。飯田橋を含む神楽坂周辺は、フランス人、もしくはフランス語を母語とする外国人人口が多いことでも知られます。それは、「アテネフランセ」や「日仏学院」などのフランス語を学ぶ学校が多いこと。そして、在日フランス人学校、リセ・フランコ・ジャポネの存在も大きいといえるしょう。そんな雰囲気を称してか、新聞や雑誌などで一時、「プチフランス」と呼ばれていたこともあり、なかなか予約が取れない人気のフランス料理レストランが多いことでも有名な街です。当店ではそんなことも意識した商品の取り揃えにも気配りしています。

所在地:東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ・ラムラ1F

電話:03-5225-1188

営業時間:10:00~21:00

URL:http://www.miuraya.com/index.html


 六本木・「もとまちユニオン」

motomachi_union_4[1]

出典元:http://www.keikyu-store.co.jp/

そもそもは1958年創業の高級スーパーマーケット横浜元町ユニオンでしたが、2008年の京急グループ入りから2013年の合併に際して順次京急ストアに運営が移管されました。全9店舗中、都内に3店展開中。元々の「元町ユニオン」はシップチャンドラー(船舶納入業者)であった「ユニオン・トレーディング商会」と水産品の加工品販売会社である「宝幸水産」などが運営する「ユニオン・スーパーマーケット」が、1958(昭和33)年に外国人向けに創業。野菜以外の商品は、チョコレートやマヨネーズやスパイスなどの調味料、ウイスキーやバーボンといった洋酒などを取り扱っていました。当時、これらの商品は「もとまちユニオン」でしか手に入らなかったそうで、そんな“日本では珍しい商品を売っている”という評判が広まっていき、次第に日本人客も買い物に来るようになったそうです。六本木店の店内は野菜や食材のディスプレイにも気を使ってあり、とても見やすくて、ついつい買い過ぎてしまいそうな演出です。また土地柄なのか、ワインコーナーやチーズのコーナーなどが充実しており、種類も豊富なので、お酒をたしなむ方はうれしいですね。

所在地:〒106-0032 東京都港区六本木3丁目7-1THE ROPPONGI TOKYO PLAZA

電話:03-3582-9450

営業時間:10:00~23:00

URL:http://www.keikyu-store.co.jp/motomachi_union/index.html

bag_top_img[1]

「人気のユニオントート」出典元:http://www.keikyu-store.co.jp/

 

≪次ページ・パート3.もご覧ください≫

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8