お役立ちトマトニュース


「トマトスイーツ」

①お薦めアイテム:「グリーンショート・トマト」

お薦め店:「パティスリー・ポタジエ」

「グリーンショート・トマト」出典元:https://www.potager.co.jp/user_data/packages/default1/img/shop_02/07.jpg

「ホールサイズ」出典元:https://www.potager.co.jp/user_data/packages/default1/img/shop_02/01.jpg

出典元:https://www.potager.co.jp/user_data/packages/default1/img/shop/top_img.jpg

公式サイト:https://www.potager.co.jp/

インフォメーション:(HPより)以下参照

東京中目黒にあるパティスリー ポタジエは一番人気のグリーンショートトマトの他、季節のお野菜を使ったスイーツがショーケースいっぱいに並びます。店内イートインスペースもご用意しておりますので、是非一度お越し下さいませ。

参考価格:「グリーンショート・トマト」税込470円・「ホール5号(15cm)」税込3240

店舗所在地:153-0051 東京都目黒区上目黒2-44-9

問合せ:0362797754

営業時間:11002000

定休日:火曜日

イートイン席数:20


②お薦めアイテム:「完熟トマトのブリュレ」

お薦め店:「セレブ・デ・トマト」

「完熟トマトのブリュレ」出典元:http://www.celeb-de-tomato.com/omotesandou/imgs/restaurant/dessert_kantoma-brulee.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/23959/320x320_rect_23959728.jpg

公式サイト:http://www.celeb-de-tomato.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13091607/

インフォメーション:表参道の隠れ家レストラン「セレブ・デ・トマト」。厳選されたトマトを使い、トマト尽くしのコース料理を楽しめるお店です。こちらのお店では、もちろんスイーツもトマトを使ったものばかり。甘くて柔らかい完熟トマトのブリュレは絶品です。その他にもトマトジュースや、トマトを使ったカクテルなども楽しめ、トマト好きにはたまらないお店として有名です。「完熟トマトのブリュレ」は当店定番デザート。絶対に一度は味わってください。トマト1コ使っているのにアッという間にお口の中でとろけてしまいます。 なお当店は移転準備中のため2017831日で一時閉店されています。≫

表参道本店店舗所在地:107-0061 東京都港区北青山3155ポルトフィーノB1

問合せ:0364279922

営業時間:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

定休日:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「トマトキャンディ」

お薦めアイテム:「扇雀飴濃厚トマトキャンデー」

お薦め店:「扇雀飴本舗」

出典元:http://image1.shopserve.jp/senjakuame.com/pic-labo/tomato.jpg?t=20120427104112

参考サイト:http://www.senjakuame.co.jp/product/2012/04/post-47.html

インフォメーション:以下参照

扇雀飴本舗は、大正14年創業以来あめ、キャンデー一筋にその「技」を磨き続けてまいりました。一粒一粒のおいしさを追求したあめ、キャンデーを工場直送でお客様にお届けしております。健康野菜「トマト」を手軽に、おいしく提案致します。リコピンやカロテンといった、健康に興味のある全ての人に嬉しい成分入りです。完熟トマトをイメージした、濃厚な味わい仕上げを楽しむ事ができます。

参考価格:85g12袋・税込2160円(直営オンラインショッピング価格)

本社所在地:542-0066 大阪市中央区瓦屋2丁目52

問合せ:06-6763-0912

直営オンラインショッピング:http://www.senjakuame.com/SHOP/22190.html


「トマトの画」

①作品タイトル:「サバ、レモン及びトマトがある静物」

出典元:http://img21.shop-pro.jp/PA01335/421/product/103168830.jpg?cmsp_timestamp=20160609160159

制作者:「フィンセント・ファン・ゴッホ」

制作年度:18878

作品所蔵先: フィンセント・ヴァン・ゴッホ美術館

インフォメーション:後期印象派を代表する巨匠フィンセント・ファン・ゴッホ独特な筆使いにて数多くの静物画を残しており、この作品もそのうちの一つと言われています

参考サイト:http://www.meigakan.com/?pid=103168830


②作品タイトル:「キャンベルのトマトスープ缶」

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41hJsw0HAHL.jpg

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51uCS9nqOHL.jpg

制作者:「アンディーウォーホル」

制作年度:・1962

作品所蔵先:ロンドンナショナルギャラリー

インフォメーション:以下参照

『キャンベルのスープ缶』(キャンベルのスープかん、Campbell’s Soup Cans)はアンディ・ウォーホルによって1962年に製作された美術作品で、ときに『32個のキャンベルのスープ缶』(32このキャンベルのスープかん、32 Campbell’s Soup Cans)と言及されることもあります。作品は32枚のカンバスから成り、高さ20インチ、幅16インチの寸法の個々のカンバスにはキャンベル・スープ・カンパニーのスープ缶の絵が描かれています。描かれているスープ缶は、当時キャンベルが販売していたスープ缶詰で。それぞれの絵は版画製作の方法、則ち、機械化されたスクリーン印刷screenprinting)工程という、非絵画的な仕方で制作されています。『キャンベルのスープ缶』という作品は大衆文化に由来するテーマへ依存していたことにより、アメリカ合衆国における主要な美術運動としてポップアートが到来する大きなエポックとなりました。

参考サイト:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%AB-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%97%E7%BC%B6-1968/dp/B008AGPHK4/ref=sr_1_4?s=home&ie=UTF8&qid=1506723578&sr=1-4&refinements=p_4%3A%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3+%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%AB

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8