一寸おしゃれでグルメなツナ缶

Pocket

一寸おしゃれなグルメなツナ缶

サバ缶が静かなブームのようですが、フィッシュ系の一番人気は何と言っててもツナ缶です。そこでご紹介します「一寸おしゃれなグルメなツナ缶」情報です。

≪ノミネートリスト≫

1「モンマルシェ/オーシャンプリンセス ホワイトツナ」

2SSK/オリーブオイルツナ缶(バジル&ガーリック)」

3「由比缶詰所/熟成まぐろオリーブ漬」

4「伊藤食品/鮪ライトツナフレーク」

5「三洋食品/プリンスツナフレーク赤缶」

6「はごろも/シーチキンとろ限定品」

7「ラミレス社/ツナのオリーブオイル漬」

8「ラミレス社/ポルトのツナ缶」

9「カリポ社/オリーブオイル漬」

10「テノリオ社/ツナオリーブオイル漬」

11JOHN WEST社/マグロのマヨネーズ&スイートコーン」

12「バレーナ社/ツナオイル漬」

13「ラ・ベル・イロリーズ社/ブルターニュのツナ缶」


1「モンマルシェ/オーシャンプリンセス ホワイトツナ」

公式サイト:http://shop.mon-marche.jp/

出典元:http://giga-images-makeshop-jp.akamaized.net/monmarche/shopimages/24/00/1_000000000024.jpg?1516677277

出典元:https://shop21-makeshop.akamaized.net/shopimages/monmarche/000000000024_1_thumb.jpeg

正式商品名: オーシャンプリンセス ホワイトツナ綿実油(フレーク)90

インフォメーション:以下参照

「ツナ缶」の市場は、国内生産・輸入を合わせて年間約1,000万ケース(1ケース48缶計算)と言われており、日本国内でつくられているツナ缶の9割以上は静岡県で作られています。日本で初めてツナ缶が誕生したのは1929年。ツナ缶の歴史はモンマルシェの関連会社清水食品株式会社から始まりました。1930年に清水食品がびん長まぐろの油漬け缶を製品化しアメリカへ輸出すると、クオリティの高い日本製が大ヒットし静岡の缶詰の町への始まりとなったのです。時が流れ、缶詰が普及するころからツナ缶の中身が変化。低価格化とともに、原料はキハダマグロやカツオなどに移り、漬け込み油も安価な大豆油やキャノーラ油に代用されたツナ缶が主流となり、本来の高級ツナ缶は市場から消滅傾向にありました。そんな中、今一度原点に立ち返って本来のツナ缶を造りたいと、モンマルシェの前身である「ツキジフーズ」が、清水食品の培ってきた製法と技術をすべて継承し2009年に誕生したのが「オーシャンプリンセスホワイトツナ」です。「こんなに旨いツナ缶があったなんて…」ときっと感じていただける、熟成されたツナの味わいを、まずはぜひ、そのままでお召し上がりください。

参考価格:オーシャンプリンセス ホワイトツナ綿実油(フレーク)903缶・税込1048

オンラインショッピング:http://shop.mon-marche.jp/shopdetail/000000000024/ct8/page1/order/

原産国:日本

製造販売社:「モンマルシェ株式会社」

所在地:424-0949 静岡県静岡市清水区本町17

問合せ先:0120285530


2SSK/オリーブオイルツナ缶(バジル&ガーリック)」

SSKセールス公式サイト:http://www.ssk-ltd.co.jp/index.html

出典元:https://tshop.r10s.jp/seikatsu/cabinet/ikou_20091006/img58373661.jpg?downsize=350:*

出典元:https://image.rakuten.co.jp/seikatsu/cabinet/00343987/img58373561.jpg

正式商品名:「オリーブオイルツナフレーク(バジル&ガーリック)」90g

インフォメーション:以下参照

イタリア産オリーブを原料としてコールドプレス法あるいは常温プレス法により製造されたオリーブオイル。その中でも最上質のエクストラヴァージングレードのみを使用しました。香りが良く、まろやかでオリーブらしい果実味があるオイルです。びんながまぐろは上品な白い肉質であることから「ホワイトツナ」と呼ばれます。肉質は柔らかく、クセのない味です。油漬の缶詰に加工して熟成されると、油が染みておいしさが際立ちます。白く上品な肉質は、料理のおいしさをアップさせるとともに見た目の鮮やかさにも一役買います。ヨーロッパ産岩塩を使用して味を調え、素材の旨みを引き出しました。

参考価格:「オリーブオイルツナフレーク(バジル&ガーリック)」90g税込368円(楽天価格)

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/seikatsu/10001693/#10001693

原産国:日本

製造販売社:「SSKセールス株式会社」

所在地:420-0859静岡県静岡市葵区栄町1-3鈴与静岡ビル3

問合せ先:0542218520


3「由比缶詰所/熟成まぐろオリーブ漬」

由比缶詰所 公式サイト:http://yuican.com/

「特選まぐろオリーブ油漬ファンシー」出典元:http://www.yuican.com/product_olive/image/imgOlive01.jpg

「特選まぐろオリーブ油漬フレーク」出典元:http://www.yuican.com/product_olive/image/imgOlive03.jpg

正式商品名:「特選まぐろオリーブ油漬ファンシー・特選まぐろオリーブ油漬フレーク」

インフォメーション:以下参照

由比缶詰所のツナ缶は素材や材料にこだわって製造していて、農林水産省の食品流通局長賞を受賞しています。最高級のビンナガマグロを使用したブロックタイプのツナを、地中海で育ったオリーブから絞ったナチュラルなオイルに漬けて作られています。オリーブオイルの風味も同時に味わえる一品です

参考価格:オリーブファンシー175g3缶税込1247

出典元:http://img17.shop-pro.jp/PA01150/601/product/36081914.jpg?20130602210517

オンラインショッピング:http://yuican.shop-pro.jp/?pid=36081914

原産国:日本

製造販売社:「株式会社由比缶詰所」

所在地:静岡県静岡市清水区由比4291

問合せ先:01202725480543752121


4「伊藤食品/鮪ライトツナフレーク」

伊藤食品公式サイト:http://www.ito-foods.jp/

出典元:http://www.ito-foods.jp/images/200.jpg

正式商品名: 鮪ライトツナフレーク油漬け・金70g

インフォメーション:以下参照

静岡自社工場で丁寧にフレーク状にした鮪を、当社にて乾燥野菜(キャベツ、たまねぎ、にんじん)から煮だした自家製スープで煮つけ、米油でさっぱりと仕上げました。こだわり抜いた国産のマグロを使用。ローストしたたまねぎのコクを活かした野菜スープと米油に漬けています。最近ではスーパーで売られていることも多くなっているので、他のツナ缶と食べ比べてみてはいかがでしょうか。

参考価格:鮪ライトツナフレーク油漬け・金70g245076

オンラインショッピング:http://www.ito-foods.jp/onlineshop/maguroraitotunafire-kukinn.html

原産国:日本

製造販売社:「伊藤食品株式会社」

所在地:424-0923静岡県静岡市清水区幸町2-67

問合せ先:01204127380543342281


5「三洋食品/プリンスツナフレーク赤缶」

公式サイト:http://www.sanyo-shokuhin.jp/

出典元:http://www.sanyo-shokuhin.jp/wp-content/themes/bootstrap/common/prince/69.png

出典元:https://img21.shop-pro.jp/PA01381/718/product/114151014_o1.png?cmsp_timestamp=20170223221238

出典元:https://img21.shop-pro.jp/PA01381/718/etc/prince_aka01.jpg

正式商品名: プリンスツナフレーク赤缶70g

インフォメーション:以下参照

旬獲りの小型びんながまぐろのみを指定原料としたこだわりのツナ缶です。油は綿実油を使用、ホテルやレストラン、料亭などで使用されている風味のよい油です。びんながまぐろとの相性がよく、さらに酸化しにくいので、いつまでも風味と味わいを楽しめます。缶の中で熟成され、びんながまぐろの旨みがほどよく油となじんで身も柔らかくなり味わいが変化。長年愛されているロングセラーです。

参考価格: プリンスツナフレーク赤缶6缶セット税込1080

オンラインショッピング:https://sanyo-shokuhin.shop-pro.jp/?pid=114151014

原産国:日本

製造販売社:「三洋食品株式会社」

所在地:425-0026静岡県焼津市焼津5丁目73

問合せ先:0120342540


6「はごろも/シーチキンとろ限定品」

はごろもフーズ公式サイト:https://www.hagoromofoods.co.jp/

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61NjipEPm7L._SL1000_.jpg

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/916LCWPKdbL._SL1500_.jpg

正式商品名: はごろも/シーチキンとろ(びんなが)75g 限定品

インフォメーション:以下参照

ビンナガマグロの旬は夏。その時期に獲れた最高級のビンナガマグロのとろの部分を使用し、11つ丁寧に缶詰にされたこだわりの逸品です。最近ではビンナガマグロのとろのビントロがとろけるほど美味しいと、寿司ネタとしても人気となっています。パサパサとした食感ではなく、とても柔らかい肉質が特徴です。1匹のビンナガマグロから少量しかとれないビントロを贅沢に使用したこちらの商品。オイルまで美味しいと話題です。

参考価格:はごろも/シーチキンとろ(びんなが)75g限定品6個入り2899円(アマゾン価格)

オンラインショッピング:https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%94%E3%82%8D%E3%82%82-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%8D-%E3%81%B3%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%8C-75g-%C3%976%E5%80%8B/dp/B079M8C8XM/ref=pd_sbs_325_1?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B079M8C8XM&pd_rd_r=9f7e539e-7b4b-11e8-b142-81bacad1ebf1&pd_rd_w=QmSRC&pd_rd_wg=iADol&pf_rd_i=desktop-dp-sims&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_p=5805929820760247504&pf_rd_r=4YEAD74TW550JADNP8R5&pf_rd_s=desktop-dp-sims&pf_rd_t=40701&psc=1&refRID=4YEAD74TW550JADNP8R5

原産国:日本

製造販売社:「はごろもフーズ株式会社」

所在地:422-8067静岡県静岡市駿河区南町11-1静銀・中京銀静岡駅南ビル3F

問合せ先:0120504881


7「ラミレス社/ツナのオリーブオイル漬」

Ramirez公式サイト:http://ramirez.pt/

出典元:https://www.cbshop.jp/shop/world/images/buy/porutobuy.jpg

出典元:https://www.cbshop.jp/shop/world/images/poruto-hikaku.jpg

出典元:https://www.cbshop.jp/shop/world/images/fk.jpg

正式商品名: ラミレス社/ツナのオリーブオイル漬385g

インフォメーション:以下参照

ポルトガルの第二の都市ポルト。そのポルト沖でとれた新鮮なカツオを、大豆のオイルでつけ込んだツナ缶です。塩のみで味付けされたツナ缶は、カツオの旨味がいかされたシンプルな味付けになっています。容量は385gと、日本の缶詰にくらべてかなり大きめのサイズです。

日本ではペリーが黒船で来航した年に、Sebastian Ramirez社は創業されました。現存する会社では、世界で最も古い缶詰メーカーです。現在一般的になっている、缶詰を開けるイージーオープンも、Sebastian Ramirez社が、世界で最初に採用しています。

参考価格:税込780

オンラインショッピング:https://www.cbshop.jp/shop/world/poruttunakan.php

原産国:ポルトガル

製造販売社:「Sebastian Ramirez社」

輸入販売社:mr.kansoWEBショップ(運営会社:クリーン・ブラザーズ株式会社)

所在地:大阪府大阪市西区南堀江1-4-19 なんばスミソウビル3F

問合せ先:0665433088

≪次ページパート2≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8