日本の伝統グルメ「うなぎの老舗列伝」東京編/2017年12月更新


日本の伝統グルメ「うなぎの老舗列伝」東京編

うなぎの老舗名店をご紹介します、「うなぎの老舗列伝」東京編です。神田「きくかわ」・新富町「宮川本廛」・神泉「いちのや」・麻布飯倉「五代目野田岩」・日本橋「大江戸」・浅草「色川」・小伝馬町「近三」・早稲田「すず金」・上野「伊豆榮」本店・麹町「秋本」・木挽町「竹葉亭本店」。

併せて最新の記事・続編「日本の伝統グルメうなぎ老舗列伝・続編/東京編」も是非ご覧ください。

最新記事サイト:http://bonvoyagejapan.com/unagi-sinise-tokyo-zokuhen/

 

神田「きくかわ」

idx_kanda_kikukawa[1]

出典元:http://www.kanda-kikukawa.co.jp/common/images/idx_kanda_kikukawa.gif

インフォメーション:

昭和22年創業の老舗江戸前うなぎの名店。注文を受けてから蒸し、レンゲの蜂蜜を使ったタレでじっくり焼き上げる淡白でふんわりした柔らか仕上がりが特徴。箸ですっと切れ、骨も気にせず食べることが出来ます。たれの染みたご飯も絶品。

住所: 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1−24−2

電話:03-3251-1506

営業時間:平日11:00~21:00・土日祝日11:00~20:30

席数:68席

定休日:月曜日

参考価格:「うな重イ」2830円

URL:http://www.kanda-kikukawa.co.jp/

txt_menu01[1]

出典元:http://www.kanda-kikukawa.co.jp/menu/images/txt_menu01.png

新富町「宮川本廛」

photo-01[1]

出典元:http://www.unagi-miyagawanorenkai.jp/

インフォメーション:

創業者・渡辺助之丞が深川のうなぎ専門店「宮川」での修行を終え、のれんを受け継いで明治26年、散切り頭の助之丞二十八歳は築地橋、東詰めにうなぎやを開業。一杯六厘のうな丼が文明開化の幕開けとともに誕生しました。作り足しているたれは創業以来変わらぬ味。注文を受けてから、蒸し、焼きあげるという昔ながらの方法を守り続けている。

住所:東京都中央区築地1-4-6 宮川本店ビル

電話:03-3541-1292

営業時間:月~金11:30~14:00・17:00~20:30/日・祝終了が20:00

席数:70席

定休日:土曜日

参考価格:「うな重イ」3024円

URL:http://www.unagi-miyagawanorenkai.jp/

photo-01[1]

「うな重」出典元:http://www.unagi-miyagawanorenkai.jp/menu/images/photo-01.jpg

神泉「いちのや」

インフォメーション:落ち着いた上品な雰囲気の店「いちのや 神泉店」。注文してから蒸して焼く、肉厚のふっくらうな重が味わえる。ふわふわのうなぎに硬めのご飯、こってり系のタレの相性が抜群!作るのに50分ほどかかるので、ゆっくりしたい時に予約を取ってから行くのがおすすめ。(なお本店は川越です)

住所:〒150-0045 東京都渋谷区 神泉町20-22 MKC神泉ハイツ 1F

電話:03-5459-6862

営業時間:11:30~14:00・ 17:30~22:00

席数:20席

定休日:無休

参考価格:「上うな重」5800円

関連(川越本店)URL:http://www.unagi-ichinoya.jp/

unajyu_02_13[1]

「うな重」出典元:http://www.unagi-ichinoya.jp/images/unajyu_02_13.jpg

麻布飯倉「五代目野田岩」

omise_iikuraimg1[1]

出典元:http://www.nodaiwa.co.jp/images/omise_iikuraimg1.jpg

インフォメーション:

創業以来、200年以上受け継がれてきた伝統の味で、多くのゲストを魅了してきた「五代目 野田岩 麻布飯倉本店」。厳選した国産鰻を中心に使い、じっくりと蒸してから秘伝のタレにつけ、丁寧に焼き上げる。定番の鰻料理のほか、アレンジして供されるメニューも好評。特にワインは、当主自ら産地に赴き選んだ、鰻と好相性の品が並ぶ。

住所:〒106-0044 東京都港区東麻布1-5-4

電話:03-3583-7852

営業時間:11:00~13:30・17:00~20:00

席数:75席

定休日:日曜日

参考価格:「うな重」税込2200円~

URL:http://www.nodaiwa.co.jp/

oryouri_img1[1]

「うな重」出典元:http://www.nodaiwa.co.jp/images/oryouri_img1.jpg

日本橋「大江戸」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/62181/320x320_rect_62181732.jpg

インフォメーション:

江戸の昔より多くの人々に親しまれてきた蒲焼。「蒲焼」の歴史と共に歩みを重ねてきたここ「大江戸」は、知る人ぞ知る「うなぎ割烹」の老舗。創業 江戸寛政年間(1800年)初代草加屋吉兵衛が江戸の地に店を構え、以来営々と代々受け継がれている。商談や宴会など幅広くご利用いただけるお座敷、個室から、気軽に立ち寄れる個室風の食堂もあります。

住所: 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目7-10

電話:03-3241-3838

営業時間:月~金11:00~22:00・土11:00~21:00

席数:150席

定休日:日曜日

参考価格:「うな重」税込3888円

FACEBOOK:https://www.facebook.com/unagi.ooedo/photos?ref=page_internal

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13000314/

「二本いかだ」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/8799/320x320_rect_8799612.jpg

浅草「色川」

5[1]

出典元:http://www.guidenet.jp/shop/222z/images/additional_5/5.jpg

インフォメーション:

浅草の雷門近くにあるうなぎ専門店「うなぎ色川」。文久元年から受け継げれている絶品うなぎが頂けます。こじんまりとしながらも風情を感じさせる店内。オススメは何と言ってもうな重で蓋を開けた瞬間から甘く香ばしい香りが広がります。こんがりとした焼き加減や上品なタレの絶妙なバランスはまさに職人技。お得にお安い価格で、人気の美味しい料理を楽しめます。

住所:東京都台東区雷門2-6-11

電話:03-3844-1187

営業時間:11:30~13:30/17:00~売切れ次第終了

席数:12席

定休日:日曜日

参考価格:「うな重大」3500円

関連URL:http://www.guidenet.jp/shop/222z/

6511[1]

出典元:http://www.guidenet.jp/shop/222z/images/2958/240×240/6511.jpg

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8